森見登美彦のタグまとめ

森見登美彦」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには森見登美彦に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「森見登美彦」タグの記事(6)

  1. 森見登美彦作「夜行」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    森見登美彦作「夜行」を読みました。

    さて、おちゃらけファンタジー作家として名声を築きつつある森見先生の集大成作品であるとか。これまでは電子書籍であっても単行本値段でしたし、第一部だけ試し読みしたところでは、まじめなファンタジーでありましたので、二の足を踏んでいたのですが、キャンペーン価格で安くなったのもあり森見熱が上がっていたこともあり、思わず購入して見ました。大変美しいファンタジー小説でありました。小説は、尾道、奥飛騨、津軽...

  2. 森見登美彦作「有頂天家族・二代目の帰朝」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    森見登美彦作「有頂天家族・二代目の帰朝」を読みました。

    森見登美彦作「有頂天家族・二代目の帰朝」を読みました。前作、有頂天家族の続編です。相変わらず可愛い毛玉が大活躍します。自らの体に流れる阿呆の血がなせる「面白き事は良き事なり」をモットーとする矢三郎狸は、相変わらず、出町商店街裏にある桝形コーポに隠棲する老天狗、赤玉先生の世話を焼きに来ています。なんとその平和だった京都に、さまざまな家具が天狗つぶてとして降り、それとともに、赤玉先生の二代目が英...

  3. 森見登美彦作「聖なる怠け者の冒険」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    森見登美彦作「聖なる怠け者の冒険」を読みました。

    森見先生の京都ものです。夜は短し歩けよ乙女から派生したように、例の達磨、偽電気ブランなどのモチーフが再び登場します。主人公は、極めつけの怠け者小和田君です。彼は毎週末を何とか怠けきろうと毎日画策しています。その彼に近づくのが京都に巣食う謎のぽんぽこ仮面です。正義の味方として週末のみに活動し、善行を積む仮面は、小和田君を二代目にしようと盛んに勧誘します。そのぽんぽこ仮面を追う人々がいます。これ...

  4. 森見登美彦作「有頂天家族」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    森見登美彦作「有頂天家族」を読みました。

    森見先生の京都ファンタジーシリーズです。京都の街は、実は天狗と狸と人間によって差配されていました。その天狗の一人、赤玉先生は、出町柳商店街のコーポ枡形に隠棲しており、彼の世話をしに、人間に化けた矢三郎狸が訪れます。赤玉先生は、アパートにくすぶりながら、かつて琵琶湖のふもとから攫ってきて、仙術を教え、今やほとんど天狗となった弁天のことを待ち焦がれています。ところが彼女は仙力を得て、空を飛んでは...

  5. 森見登美彦作「夜は短し歩けよ乙女」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    森見登美彦作「夜は短し歩けよ乙女」を読みました。

    小説、「夜は短し歩けよ乙女」を読みました。山本周五郎賞を取り、本屋大賞二位に輝いた、キュートでポップな恋愛ファンタジーであるとか。現在映画化され、公開中であるとか。大変有名な作品らしいので読んでみましたら、これが驚きの面白さでした。連れはファンタジー嫌いですので、あまり好みでない模様でしたが、私はファンタジーOKですので大変楽しんで読みました。ではご紹介したいと思います。お話は4つの掌編から...

  6. 【夜は短し歩けよ乙女】 - 酒とシネマと不登校児な日々

    【夜は短し歩けよ乙女】

    【夜は短し歩けよ乙女】原作:森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」監督:湯浅政明脚本:上田誠声優:星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次、中井和哉38.5度の発熱でうなされている時にみる、長い長い夢のような作品。夢のひずみでたわいなく遊ぶ、学生(京大生)達の、何と無邪気な事か。独特な絵柄に好き嫌いは分かれるだろうが、この原作を実写ではなくアニメにした作り手の、確固たる意思がビンビン伝わってくる。映像...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ