森のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには森に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「森」タグの記事(100)

  1. スカイライトと、アースキッス - ひつじ雲日記

    スカイライトと、アースキッス

    長野県、東御市にてテガタチドリの花が、草原に咲いていた。野生蘭で、かつ高山植物。華やかな彩りは、草原の緑に映える。少し、仰ぐようにして撮ってみる。空の光りを入れ、バックを明るく爽やかにしたいから。少しでも見下ろす位置だと、暗い緑の床となる。もっとも、それはそれで良いのだが、気分は明るさを欲していた。ただ、気分はともかく。高々30cm程度の花を仰ぐには、地面にへばり付いて撮れねばならない。地球...

  2. 万願寺の森で道草友達とキノコをウォッチ! - 万願寺通信

    万願寺の森で道草友達とキノコをウォッチ!

    今日は道草友達のTさんと森をぱとろーる。キノコ、生えてるよ~。Tさんが見つけたキノコの赤ちゃん、キュート! (ノ≧▽≦)ノ~~~~ΣΣ(゚д゚lll)ドクベニタケだって・・・。もっとメルヘンな名前が似合うよ・・・。私が密かにZAQと呼んでる白いキノコ。うっわ~、ZAQがいっぱい!やのうて、これはアート。京都造形芸術大学・京都精華大学の学生さんたちの作品です。森のはずれの公園にて。。。春はあま...

  3. 鮮やかな、霧 - ひつじ雲日記

    鮮やかな、霧

    長野県・安曇野市、燕岳にてひと月程前、6月の中旬。標高2,000mのカラマツは、丁度、新緑だった。緑が冴えるのは、霧のお蔭もあるだろう。「ディフューズ」というフラッシュ撮影の技法がある。難しそうに聞こえるが。。。要は、フラッシュの前にトレーシングペーパーみたいなものを置いて、光りを柔らかくする。フラッシュは影がキツく出やすいが、ディフューズすると落着いた感じに仕上がる。光りが拡散されるのなら...

  4. 苔の森 - 心 色

    苔の森

    毎日暑い日が続いていますねそれからやっと梅雨も明けたみたいですそしてまた苦手な夏がきます もう既にバテてますが^^:16日に東京から姉と姪っ子が帰省していました久しぶりに徳島の彼方此方をドライブして17日にどこかいい所はないかな?というので私達が5年前に行った事のある苔の森に行くことになりました私達も徳島にいながら新聞で5年前に初めて知った場所でしたこだまが彼方此方から現れそうな森「上勝町の...

  5. うつらうつらしています - 木洩れ日の森から

    うつらうつらしています

    17-07-17連休の最終日静けさを取り戻した森午前中は曇っていましたが今は夏の日差しが眩しいですあまりの鬱蒼度に、昨日玄関前の木を一本だけ伐りました細いが背の高い木でしたので伐るとすっぽりと穴が空き、その穴から夏の日差しが少しだけこぼれ落ちてきますやっと、ノエルの森に木洩れ日が戻って来ました少しだけ明るくなった森のデッキうつらうつらしています聞こえるのは鳴き交わす鳥の声と、虫たちの羽音だけ

  6. #238 Fresh green 新緑 - THIS MOMENT

    #238 Fresh green 新緑

    本日もフレッシュな写真を。梅雨入前の暑い日に、涼しさを求めてドライブがてら近所のキャンプ場へ。絵の具で塗ったような鮮やかなグリーンの森が広がっていました。自然の色ってすごいですね。OLYMPUS PEN Lite E-PL5OLYMPAS M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm★ランキングに参加しています。1日1クリックしていただけると、大変励みになります!(^^)↓ ↓ ↓にほ...

  7. 青い森 - kitte hatte マスキングテープで貼り絵

    青い森

    青い森。前の作品同様、マステで模様を作ってみました。青系のマステを幾つか選んで組み合わせ。色がしっくりくると嬉しい!シンプルな構図なので、木の配置に時間が掛かりました。連日の蒸し暑さで作品も、涼を感じさせるのが多くなってます。

  8. 一陽来復の、野生蘭 - ひつじ雲日記

    一陽来復の、野生蘭

    長野県、東御市にてイチヨウランの花。高さ20cm位であろうか、小さな花だ。色合いも地味で、湿った森の林床に生育するので、目立たない。しかし、花をよく見ると、蘭の華やかさが、そこに宿る。何の変哲もない草かと思いきや、中々の別嬪さん。この意外性が、野生蘭の面白さ、であろうか。漢字だと「一葉蘭」。名の通り、葉が一枚の蘭だ。今回の花旅でご一緒したMさんは、ガンを患っている。ちょっと、字は違うけれど。...

  9. 森の光りキラキラ~♪ - やさしい時間を過ごしながらフォトエッセイ

    森の光りキラキラ~♪

    森の光りキラキラ~♪3年前 いや4年前に同じ場所に行った事を思い出しました森は光りいっぱいにキラキラと~みどりの中をゆっくり歩くと癒されます~小さな植物にも会えて・・こころ癒されて森の光りに元気貰いました~ 身体もこころもリフレッシュ~小さな自然を見つけましょう毎日暑いです水分補給を~♪     kosumosu24   やさしい時間を過ごしながらフォトエッセイ遊びに来て頂いて有難うございま...

  10. パックラフティング+上高地徳本峠道20170708-9 - ハイク,BCクロカンの研究 -森と雪を求めて-

    パックラフティング+上高地徳本峠道20170708-9

    今回の目的①パックラフティング講習②上高地-徳本峠越-島島サニーエモーションのパックラフティング講習を受けるために、早朝に明科松本に着く便がスイス村しかなかったので、深夜2時前に松本に着く便を選らんだ。なので、初めてネットカフェで仮眠をとる形になった。松本駅付近で唯一、「ネットカフェネムル」というところを予約した。予約しないと満席で入れなかったのは後で知った。ドリンク飲み放題、お湯は事由に使...

  11. その動物、凶暴につき - ひつじ雲日記

    その動物、凶暴につき

    長野県、東御市にてハクサンチドリの花。とある高原に、咲いていた。アブが、蜜を求めて舞う。春から夏にかけて山を歩くと、虫が寄ってくる。蚊、ブヨ、アブなど。ハチも怖いが、基本的に防衛の為に刺す。それに比べ、吸血性の虫にとって、人間は「獲物」なのである。彼らは、体温や二酸化炭素の濃度で、人間を察知するらしい。二酸化炭素が見えるのか、と不思議になるが、二酸化炭素は赤外線を吸収する。もしかすると、虫の...

  12. 天国にいちばん近い森 - ひつじ雲日記

    天国にいちばん近い森

    長野県・安曇野市、燕岳にて残雪とダケカンバの木々。斜光線が、幹を力強く描く。それにしても、この急斜面に、よく生えるものだと、感心する。高い山では、寒さ、風、雪など、木々が十分に育たなくなる。その限界を森林限界という。甲信越の山の場合、裾から、ブナなどの広葉樹、コメツガなどの針葉樹、そして、ダケカンバの木を最後に、森林限界となる。これより高いところでは、地を這うようなハイマツなどしか、育たない...

  13. 自然との距離 - 果実な日々

    自然との距離

    あまりよく撮れたものがないなーと現像に出したフィルムがもどってきて落ちこんでしまいまして...そんなこともあるけれどこの一枚はまぁ気に入りましたペースが落ちていたので春の写真ですよ~ひとは自然のひとつなんだなーっていうことを最近の作品群をまとめているときに考えていてまだうまく表現できないのだけれどなんか仰々しいことではなくて自然回帰だとか環境保護だとかそういう感じじゃないんだけど街にうまれて...

  14. ムラサキニガナ - 鹿深の森

    ムラサキニガナ

    ムラサキニガナ(紫苦菜)キク科 ムラサキニガナ属 この森には沢山咲いているでも、もう終わりかけ

  15. 褐色の恋人 - ひつじ雲日記

    褐色の恋人

    山梨県、富士河口湖町にてヒメムヨウランの花。漢字だと「姫無葉蘭」、葉の無い野生蘭である。葉緑素がないので、光合成はしない。地中の菌類から、栄養素を得ている。ギンリョウソウと同じような、 菌従属栄養植物である。野草は緑色、の固定観念があるから、不思議な感じである。枯草のような色だが、枯れている訳でもなく、褐色の花を付けている。しかも、よく見ると蘭らしく、小さいながらも、絢爛な佇まい。「菌類」と...

  16. キビタキ - さえずるほうへ

    キビタキ

    キビ様かっこいい!

  17. 『Dream forest again』コンサート - AZの森

    『Dream forest again』コンサート

    2017年7月22日(土)15:00 open 17:00 Live start 会場は鉄の彫刻家、浅井憲一のギャラリーですので早めに来て頂き見学して頂ければ嬉しいです。ライブ前に食べれるようにライブフード(有料)なども予定しています。前売り2,000 円 当日2,300円(幼児無料 小中学生半額 ワンドリンク付)ライヴ後交流会 1,000円、出来ましたらご予約を。 (差し入れ歓迎・軽食・お...

  18. 武蔵野紀行16 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行16

                                  今回は樹木の下部の形が面白いモノを見つけて撮った                                              森の番人のような姿を...

  19. 武蔵野紀行14 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行14

                                   菖蒲を撮り終わって、菖蒲園の背後に広がる森へ入った                               其処は巨木だらけの森だった                                                      続く                             

  20. 武蔵野紀行12 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行12

                                  池を過ぎて日本庭園方面へ歩いて行くと                              枝を広げて立つ見た事が無い樹木のグループに出会った                              一寸見ると竹のようで竹じゃない印象で、タグを見ると                              「タイミンチク」と...

1 - 20 / 総件数:100 件

似ているタグ