植松聖のタグまとめ

植松聖」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには植松聖に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「植松聖」タグの記事(10)

  1. 日本で最近起きたテロ事件って単独犯で共謀罪で防げない - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    日本で最近起きたテロ事件って単独犯で共謀罪で防げない

    日本で最近起きたテロ事件って単独犯で共謀罪で防げない日本でも、ここ10年近くでテロ事件はいくつかあります。2008年6月8日加藤智大被疑者が秋葉原でトラックで暴走、連続殺傷。2010年6月22日 引寺利明被疑者がマツダ工場内を暴走。2015年6月30日新幹線で年金に不満の年配男性が自爆テロ。2016年7月26日植松聖による相模原大虐殺 単独犯8月7日 杉並区で、お祭りの行列通過のタイミングを...

  2. 警察よ、百田尚樹逮捕こそ、相模原大虐殺の教訓を活かす道だ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    警察よ、百田尚樹逮捕こそ、相模原大虐殺の教訓を活かす道だ

    警察よ、百田尚樹逮捕こそ、相模原大虐殺の教訓を活かす道だ相模原大虐殺では、テロ予告をしていた植松聖被疑者を、精神障がい者扱いし、病院に丸投げしてしまった。警察がきちんと植松を威力業務妨害で逮捕しなかったために、事件が起きてしまったのは明白である。精神保健福祉法改悪なんぞで、相模原事件は防げないのである。今、百田尚樹がテロ予告をしている。警察は百田を逮捕した方が良いのではないか?百田がテロを起...

  3. 前提から間違っている精神保健福祉法改悪 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    前提から間違っている精神保健福祉法改悪

    前提から間違っている精神保健福祉法改悪精神保健福祉法改悪案って、そもそも、前提が間違っています。要は、相模原大虐殺の植松聖被疑者が精神障がい者だから虐殺を行ったという前提に基づいた改悪案です。植松聖は精神障がい者だから虐殺を行ったのでしょうか?違いますね。植松は、今の世の中で「主流」になりつつあること(弱者は死ね的な価値観)を実行しただけですよ。「人工透析患者殺せ」の長谷川豊さん、あるいは、...

  4. 【相模原大虐殺】植松聖被疑者、起訴へ 精神鑑定で「自己愛性パーソナリティー障害、責任能力有り」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【相模原大虐殺】植松聖被疑者、起訴へ 精神鑑定で「自己...

    植松被疑者、起訴へ自己愛性パーソナリティー障害とのことで、「自分を特別の存在と思いたがる」というだけのことで、「責任能力」はあるそうです。まあ、「私は正しい、なぜなら私は総理大臣だから」などという人も似たような状態ではないでしょうか?そういう人を日本人は「信念がある」とか言って高い支持率を与えているわけですよね?ですので、植松被疑者は、事件さえ起こさなければ自民党か大阪維新あたりで市議くらい...

  5. トランプとクリントンの悪い部分をハイブリッドした長谷川豊さん、千葉一区で維新から立候補へ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    トランプとクリントンの悪い部分をハイブリッドした長谷川...

     「人工透析患者を殺せ」「保育園待機児童問題は『親の甘え』」「育休を取れない女性に『バカ女』」こんな発言を繰り返してきたフリーアナウンサーの長谷川豊さんが、来る衆院選に千葉一区から大阪維新公認で立候補されることになりました。 長谷川さんの思想は乱暴に言えば、「トランプの品の悪さ(ないし、古くささ)」と「クリントンの新自由主義)」をハイブリッドしたようなものです。 相模原大虐殺の植松聖被疑者に...

  6. 本社社主街頭演説 「植松を後押しした『役に立たない奴はいらない』思想、克服を」「共謀罪がなければ開けない五輪は止めてしまえ。」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    本社社主街頭演説 「植松を後押しした『役に立たない奴は...

    さとうしゅういちは、1月26日、広島市安佐南区祇園出張所前で街頭演説。第一に植松聖被疑者による相模原大虐殺の犠牲者にお悔やみ申し上げるとともに、「『国や企業に役に立たない奴は必要ない的』な特に政治家やジャーナリストなどの考え方が植松被疑者を後押ししたのではないか?」と危機感を表明しました。その上で「人間、いつ何時、病気やけがで障害が残るか分からない。ひとりひとりが安心して暮らせるようにするこ...

  7. 相模原大虐殺から半年 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    相模原大虐殺から半年

    障害者施設の元職員・植松聖被疑者が入所者を虐殺した相模原大虐殺から半年が経ちました。改めて、犠牲となられた皆様にお悔やみ申し上げます。植松被疑者の行った犯罪は許しがたい。それとともに、しかし、植松被疑者を後押しするような社会や政治、ジャーナリズムの流れが根強くあるのではないか?「国や大手企業に貢献できない奴は死ね」的なイデオロギーが根強く蔓延しているのではないか?具体的には「人工透析の患者は...

  8. 革新県政だった神奈川県も「植松はエライ人、そんなの常識」になってしまったのか? - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    革新県政だった神奈川県も「植松はエライ人、そんなの常識...

    革新県政だった神奈川県も「植松はエライ人、そんなの常識」になってしまったのか? 植松聖被疑者による相模原大虐殺から半年になろうとしています。 しかし、神奈川県の福祉行政界隈そのものが「植松はエライ人、そんなの常識」的なイデオロギーに汚染されているのではないか?言い換えれば「弱者なんぞ勝手に死ね」的なイデオロギーです。 そんな事件が最近ありました。 神奈川県小田原市の生活保護担当課の「ジャンパ...

  9. もはや今は戦時中、だからこそ「植松はエライ人 そんなの常識~」になりかねない! - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    もはや今は戦時中、だからこそ「植松はエライ人 そんなの...

    こんなコメントを以下の記事に対して見つけました。71歳の運転手のタクシーが、93歳の乗客を乗せたまま行方不明になった事件についてのコメントです。「安楽死の合法化に弾みをつけてほしい。そろそろ段階世代も安楽死の合法化を真剣に考えろや。年金で人に迷惑かけるな(怒)」全くもって恐ろしい考え方です。まさに、相模原大虐殺の植松聖被疑者そのものです。人々の心から余裕がなくなっている。それにより、ますます...

  10. 米欧の「アンチポストモダニズム」よりたちが悪い現代日本の「弱者叩き」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    米欧の「アンチポストモダニズム」よりたちが悪い現代日本...

    米欧の「アンチポストモダニズム」よりたちが悪い現代日本の「弱者叩き」2016年は、「ポストモダニズム」が崩壊しました。それに伴い、「ポスト真実の政治」がウケたとも言われています。欧米の場合は、冷戦崩壊後のいわゆるポストモダン期に、一定程度の多様性尊重の一方で、格差が拡大したことへの反動が、排外主義になってあらわています。他方で、排外主義者も、格差是正は大義名分としては掲げています。確かに、格...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ