橋本治のタグまとめ

橋本治」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには橋本治に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「橋本治」タグの記事(3)

  1. 「だめだし日本語論」 - 気まぐれ感想文

    「だめだし日本語論」

    橋本治、橋爪大三郎著。太田出版。次々と本を出されているお二人の対談本。「日本語は、そもそも文字を持たなかった日本人が、いい加減に漢字を使うところから始まった―成り行き任せ、混沌だらけの日本語の謎に挑みながら、日本人の本質にまで迫る。あっけに取られるほど手ごわくて、面白い日本語論」と、紹介されている本です。 確かに面白いけど手ごわい本。手ごわいというか、あやふやなものを掴む感じというか、範囲が...

  2. 「たとえ世界が終わっても」 - 気まぐれ感想文

    「たとえ世界が終わっても」

    副題は、その先の日本を生きる君たちへ。橋本治著、集英社新書。時事問題を扱った橋本治の本を久々に読みました。90年代から2000年代は読みまくってましたが、あの頃は執筆ペースも鬼のように早かったですよね。ペースが落ちた時は心配したものでした。まえがきで著者本人が体力の減少に触れてたんだけど、なんと、もうすぐ70歳なんですか。自分も年くったんだから当然なんだけど、時は流れてますねえ。まあそういっ...

  3. 今からでも遅くない、イヨッ!テテン 橋本治「義太夫を聴こう」 - 梟通信~ホンの戯言

    今からでも遅くない、イヨッ!テテン 橋本治「義太夫を聴こう」

    今朝5時台はベッドのなかでNHKFMの清元「お染」を聞きながら本を読んでいた。これも浄瑠璃、こないだから面白がっている文楽の義太夫も浄瑠璃、浄瑠璃というのは「物語を語る芸能」、もともとは牛若丸との恋物語の主人公の名前が浄瑠璃といって、それが大ヒットしたから違う物語を語っても浄瑠璃というようになった(と橋本に教わった)。義太夫と清元では歌い方や三味線が違う、その違いが分かった。長唄と義太夫の真...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ