歌舞伎座のタグまとめ (10件)

歌舞伎座のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには歌舞伎座に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by カステラさん

よく通る場所だけど、歌舞伎座を写真に撮るのは初めてかも。夜の部(午後)が始まってすぐの時間だったので、人はほとんどおらず。地下のお土産売場を通過することに。ここのお土産売り場は、海外からのお客様が喜びそうなモノがたくさん!(もちろん、日本人でも、喜びそうよ♪)お雛様が飾られていました。(“顔が命のよ~しとく~”♪←CM の声、高音すぎる^_^;)あら!?去年の4月に発売になった、タリーズ×リ...

by 小天堂 江戸日記

歌舞伎座、千穐楽。 うっかりチケット予約日を失念していたので、お席が「あー」。その上、前に座ったお方がガタイよくって髪もモリモリなオネエサン。舞台の中央がそのオネエサンで、ねー。江戸歌舞伎三百九十年「猿若祭二月大歌舞伎」ってだけあって、まず幕開けは「猿若江戸の初櫓」。猿若と出雲の阿国が江戸のでてきて常小屋を持つ流れを華やかに。勘九郎さん、踊りがうまいね。菊五郎劇団も加わり「大商蛭子島」「四千...

by jinsnap (weblog on a snap shot)

歌舞伎座の前を通って。勝鬨橋へ向かいますw以前に撮影をさせていただいた和田環さん。その環さんからお知らせをいただきました。明日2月10日から12日までの期間限定です。環さんも連日お迎えされるそうですw

by K's Sweet Kitchen

平成29年の私の歌舞伎見物初めは、1月11日の歌舞伎座。大好きな玉さまがご出演の、夜の部でした。ひと幕目。北條秀司作の“井伊大老”。桜田門外の変の前夜を中心に、その前と後の、井伊直弼とその夫人や側室の心の有りようを見せていくもので、お正月早々、重い内容のお芝居を良く思い切ってかけたものです。NHK大河ドラマに便乗したかったのでしょうか?どうにも華やかさに欠ける幕開けでしたが、玉さま登場で少し...

昨日は本当に久しぶりの銀座に行って、初の新春大歌舞伎を見てきました。純喫茶は、2軒行ったのですが、最初の店はイマイチだったので、2軒目の歌舞伎座の近く、「樹の花」だけ。穴子を食べたり、デパ地下で和菓子巡りをした後に、歌舞伎座の近くで休憩しようと行ったのが、東銀座の「樹の花」です。樹の花はジョンレノンとオノヨーコが来たことがあるそうで、2階に上がってゆきます。そこは白壁と天井にはおおきな梁、印...

by 小天堂 江戸日記

歌舞伎座、昼の部。三階すみっこ。観劇の前に隣のお稲荷さんに初詣し、歌舞伎のますますの発展を祈念。お正月恒例の鏡餅やら餅飾りなど、場外・場内ともにお正月らしい設え。見慣れぬケーブルの束があちらこちらに取り回してあったので、何事かとおもったら、どうやらTV関連みたいだ。そういえば、そうだな。初日なので関係者が多いのかスーツや袴姿のオジサマ達が目立つ。着飾ったオネエサマ達で、客席は豪華絢爛。着物率...

by K's Sweet Kitchen

今月の歌舞伎座は、三部制。夜の観劇は、帰りが寒いのでこの時期はなるべく避けたいところですが、迷わず最終の第三部を取りました。ひと幕目も二幕目も、両方とも舞踊ではありますが、玉さまがご出演あそばされるからです。綺麗な玉さまを、久し振りにじっくり拝見してまいりました。ひと幕目、二人椀久。玉さまはもちろん、松山太夫。玉さま贔屓としては、どうしてもそちらに目が行きます。すでに、何度も見ているこの舞踊...

by 小天堂 江戸日記

まさかの三部制だし、プログラムが「なんだかな~」だったので見るのやめようかともおもったのだけど、けっきょくいつもの三階ALLする。クリスマスに観る「あらしのよるに」は、なかなかに面白く、客層もいつもよりカジュアル。いやぁ、跳ねてましたね、松也さんも獅童さんも。松也さんが花道に出る手前ですべってころんで、獅童さんの「こけ方もかわいいっ」というフォロー(ツッコミ?)に大うけする。黒御簾のジングル...

ついに12月、師走ですね。酉年の年賀状デザインの紹介の前に、今日はタイムリーなお仕事のご紹介です。本日12月2日(金)に初日を迎えた、歌舞伎座「十二月大歌舞伎」の特別ポスターにて作品タイトルを書かせていただきました。(※第二部のみ)       『菅原伝授手習鑑』「寺子屋」「寺入りよりいろは送りまで」 / 『吹雪峠』■特別ポスターのデザインは、こちら文字はいわゆる、歌舞伎らしいイメージの書体...

by K's Sweet Kitchen

11月は、歌舞伎座と国立劇場の双方で歌舞伎を観劇しました。まず歌舞伎座は、吉例顔見世大歌舞伎。八代目中村芝翫とご子息三名の、一家揃ってという襲名披露公演となりましたので、口上のある夜の部を拝見しました。歌舞伎の世界の次代を担う若者が、素直に育って順当に襲名される姿を観ると、とても安心します。ただ、口上の他の演目が、ちょっと寂しいと感じたのは、私だけでしょうか。お祝い出演の幹部の方々のお顔も、...

似ているタグ