歌舞伎のタグまとめ (43件)

歌舞伎のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには歌舞伎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

イラストレーターの むらよしみです。あ・・・・、上着にガムテが くっついたまま寝ていたよ・・・・オーストラリアへEMSを ひさしぶりに送りました。2年ぶりかな?日本と、オーストラリアでは、送れる荷物の大きさが、ちがいます。日本からは、安く送れても、オーストラリアから 返ってくるときに規格が大きすぎて、倍以上の送料になってしまうことがあります。だから、キュレーターさんが、まえもって 気をつける...

by ハレルヤ

もう三月かい。早いなあ。昨日は銀座にお出かけ。歌舞伎座です。「三月大歌舞伎」の初日に行って来ました。観たのは「夜の部」。『引窓』と『けいせい浜真砂』に『助六由縁江戸桜』。『引窓』は世話物です。『けいせい浜真砂』は11分の寸劇。『助六』は歌舞伎十八番のひとつ。歌舞伎には詳しくないので細かいことは語れませんが、たまに観るとおもしろい(よく観る人はもっとおもしろいことでしょう)。最近はプライベート...

by 京都の片隅で

最近楽しみにしている番組Eテレ 火曜日の夜 9時から放送している『趣味どきっ! 中村獅童のいざ歌舞伎へ 』京都で歌舞伎公演があるのは日本最古の歌舞伎小屋、南座という劇場ですがその南座は現在耐震補強工事中。昨年末の顔見世はまねきだけが南座に上がり、公演はすぐ近くの、先斗町歌舞練場で行われました。出雲阿国がかぶき踊りを踊ったのが今の歌舞伎の始まり、とも言われていますがその発祥の地、京都での歌舞伎...

今日は神戸市北区界隈を廻った。ついでではあるが足を伸ばし、下谷上の天津彦根神社の境内にある「農村歌舞伎舞台」を観に行ってきた。3年前に訪れたときと何ら変わらないが、外観をみながら佇むだけで、当時行われていた歌舞伎や浄瑠璃などの舞台情景が浮かんでくるようだ。 江戸時代に農民の娯楽であった農村歌舞伎や人形浄瑠璃を上演する農村舞台がいまも全国で1000以上残っている。そのうちの1割が兵庫県内にある...

by 小天堂 江戸日記

歌舞伎座、千穐楽。 うっかりチケット予約日を失念していたので、お席が「あー」。その上、前に座ったお方がガタイよくって髪もモリモリなオネエサン。舞台の中央がそのオネエサンで、ねー。江戸歌舞伎三百九十年「猿若祭二月大歌舞伎」ってだけあって、まず幕開けは「猿若江戸の初櫓」。猿若と出雲の阿国が江戸のでてきて常小屋を持つ流れを華やかに。勘九郎さん、踊りがうまいね。菊五郎劇団も加わり「大商蛭子島」「四千...

by 私邸周辺

[画像]色々やっている間に千秋楽になってしまいましたが、まずはおめでとうございます。という訳で楽日も近い日に二月花形歌舞伎、午後の部に行きました。今月はどっちかというと個人的には女形で見たい壱太郎さんと尾上右近さんが立役でしたが、新たな魅力を見た感じで良かったです。もちろん女形として出ていた梅枝さんと新悟さんもそれぞれの役で良い感じでした。最初に松也さんのご挨拶、歌舞伎らしく口上で始まるのか...

by 「だっからよー な日々」

今年二度目の松竹座は2月花形歌舞伎役者を見ると出演者がイマイチと思われるかもしれないが若手の中で私の一押しの壱太郎くんと松也くんが出ているのだから見に行かなければいけません。午前11時開幕の昼の部は「義経千本桜~渡海屋 大物浦」一押し第一号の壱太郎くんは8年前2009年2月の松竹座 毛抜きのお姫様役コミカルな女形だが将来伸びるだろうなと感じた。藤十郎や雁治郎の女形見ててもどうも感情移入でき難...

by 早未恵理の あそび Tips

かなり前から、大きな仕掛け紙芝居を作ろうと思っていて…いろいろ考えていました。「むかしばなし」を片っぱしからやりたいなぁ と。2年前、ドイツのブレーメンで、仕掛け時計の下の屋外ステージで「ハーメルンの笛吹き男」の話を子どもたちが演じているのを見て気持ちが再熱したのですが、なかなか、着手できないままでいます。。。そうだ、あれだ…!と、歌舞伎の舞台の仕掛けや書き割りに興味があっていつか観たいと思...

by 晴れときどきドキドキうきうき

時間のない忙しい生活をしている私ですが・・・気分転換には 熱心ですブロ友さんのブログへお邪魔も いい気分転換先日みたブログの中で 重たいまな板を軽いまな板に変えて気分スッキリという記事をみたのですあ~ そうだわ私も今使っている重いプラまな板変えてもいいわって思い さっそくニトリへいろんな種類・サイズのまな板があったのですが薄いペラペラのものよりも やっぱりちょっと厚みが欲しいと選んだのが 上...

イラストレーターの むらよしみです。ちょっと 先のおはなし3月末から4月26日までPop Japan 2017 In Brisbane ― 猫が好き I loveCats ! ―展に 参加いたします。フライヤーが もうできたのですね。はやい。黒猫たん、かわいい。オーストラリアは とっても広い~~ブリスベンでの展示は はじめてです。と言っても、むらよしみは、日本を離れません。海外の展示が多いの...

by *ちょっとコーヒーでも*

おとといは、母と一緒に歌舞伎座へ。地下の通路から、もう二人のポスターが出迎えてくれるのです。「門出二人桃太郎」、とっても可愛かったな♡豪華な顔ぶれが二人を盛りたて見守り、和やかな舞台でした。これから成長していく様子が楽しみです。そして、最後の「梅ごよみ」の勘九郎、菊之助、面白かった~2階席からでも十分楽しめました♪奮発した甲斐がありました^^;(歌舞伎はお高いのでね…そんなに気軽に行けません...

by SUGAR & BUTTER

博多座二月花形歌舞伎、市川猿之助「男の花道」「艶姿澤瀉祭」(はですがたおもだかまつり)に行ってきました。実は、私の住む福津市では、少し前から、「博多座の観劇を半額補助してくれる」という市民サービス制度(?)ができたらしく、そんな嬉しい制度使わなくては!とハガキで申し込んだら、一発で当選!やった~!(みんなあんまり申し込まないのかなあ・・・??)しかも、公演初日のA席!一人分で二人行けるので、...

by 移動祝祭日

節分の昨夜、中村屋ご兄弟の初舞台を観に行きました♪長男の七緒八君(5歳)が三代目中村勘太郎、次男の哲之君(3歳)が二代目中村長三郎を襲名。初舞台の演目は『門出二人桃太郎』。祝幕の二つの桃が可愛い。2階ロビーには中村屋三代の初舞台写真が展示されています。十八世の初舞台は勘九郎で襲名。まさに天才子役でした。当代の勘九郎丈と七之助丈の初舞台を観たのは、遥か昔....歌右衛門丈、仁左衛門丈、梅幸丈等...

by 私邸周辺

[画像]現在では演じられるのは玉三郎さんお一人という阿古屋のシネマ歌舞伎版ですが、玉三郎さんも公式サイトで述べられているように動きの少ないお芝居ですのでシネマ歌舞伎には向かないかと思っていました。私も実際の舞台も見た事がありますが、演奏の場面では舞台と客席の空気のようなものも影響しているイメージでしたし。しかし、その空気は舞台を作り上げていく過程を映像として見せる事でカバーしている感じで、ド...

by 好きなものに囲まれて2

穴子のお造り昨日は昼間に国立劇場で歌舞伎を観たあと、夕方走るように犬の散歩。そして夜は「一空」で古文書の先生の送別会。お懐石料理。です。穴子料理と謳っているのですが、入ったことがなく初めて予約しました。実は我が家のご近所です。全然期待してなかったのですが、超美味しかったです。最初の白子のポン酢を撮り忘れましたが、、。穴子のお造り、スズキの椀物、八寸(穴子の白焼き白髪ねぎ、車海老、牡蠣、つぶ貝...

by ヤチ代の俳句投句結果

国立劇場国立劇場の新春歌舞伎に行ってきました。2010年から毎年お正月は国立劇場に足を運んで今年で8回目です。半蔵門駅国立劇場の壁面(4枚の内の1枚)国立劇場正面入り口劇場入り口内正面演目は通し狂言「しらぬい譚(ものがたり)」筋書きはさっぱりなんですが場面場面がとても楽しく恒例の世相を反映してのギャグはピコ太郎を亀蔵が演じての大爆笑でした。菊之助の中乗りでは3階席の私たちの目の前まで来て投げ...

by On a clear day

先週日曜日の夜、母と歌舞伎を観に行きました。久々の歌舞伎座~実は新しくなってから初めて(^^;知人から招待券をいただいたので、行ってきました。まずは正面の唐破風を見上げる。隈研吾設計による第五期歌舞伎座。吉田五十八が設計した第四期の建築を踏襲しているので印象として違和感はない。おぉ、歌舞伎座だわ~という感じ。お席は2階2列目のほぼど真ん中。いいお席でした。あとでお値段知ってびっくり。演目は、...

by 小天堂 江戸日記

新橋演舞場、昼の部「(通し狂言)雙生隅田川」。右團次さん、右近クンの襲名披露公演。幕ごとに見せ場があり楽しく観劇す。右團次さんがとてもよかった2幕目。小判が雨のように降り注ぎ、場面は陰惨なんだけど豪勢な感じはお正月らしい・・・?3幕目の猿之助さんは踊りもよく、三人での宙乗りでも猿之助さんの姿は静かでとても美しかった。最後の右團次さん「鯉つかみ」は本水で、最後には猿弥さんまで水に入って大立ち回...

by noriさんのひまつぶ誌

 1月18日(水)、歌舞伎を見た。毎年、1月4日の貸切り公演の夜の部を、事務職員のご夫婦と観るのが恒例だったが、数年前から行かなくなった。その方も、昨年夏に転居されて退職された。 今年は、正月に東京に行ったので見られなかったが、仁左衛門の冨樫を見たくてチケットを取った。席は14列10番だった。  八代目 中村芝翫と、3人のお子さんの同時襲名披露であり、2階のロビーには、歴代の芝翫や...

by 私邸周辺

松竹座と国立文楽劇場は地下街を通れば退屈せずに徒歩で行ける距離なのですが、今月はどちらも幕見があるので同じ日に両方で幕見をしてきました。まずは松竹座[画像]橋之助さんが芝翫さんになられるという事で、松竹座での襲名披露。梶原平三誉石切を見ました。襲名披露では配役が豪華になるもので、たまに豪華すぎてバランスが何だか~という事があるのですが今回はそれがなく、全てを見通す目と名刀に対する礼儀正しさの...

似ているタグ