歌舞伎のタグまとめ

歌舞伎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには歌舞伎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「歌舞伎」タグの記事(40)

  1. こんぴら大芝居その3 - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    こんぴら大芝居その3

    つうわけで旧金比羅大芝居(金丸座)の第33回四国こんぴら歌舞伎大芝居は五代目中村雀右衛門の襲名披露の掉尾を飾る舞台だそうなんでした。その雀右衛門は第一部は二つ目の演目〈忍夜恋曲者〜将門〉つうこれもまたとっても古風な舞踊劇の滝夜叉姫。これがね。スッポン(花道にある小さいセリ)から出てくるんですけど、歌舞伎の約束事のひとつでスッポンからはニンゲンは登場しない。伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)の...

  2. 6月・7日間!【ウェブ限定】平成29年6月歌舞伎鑑賞教室 出演:中村錦之助、片岡孝太郎 ほか<国立劇場> - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    6月・7日間!【ウェブ限定】平成29年6月歌舞伎鑑賞教...

    6月・7日間!【ウェブ限定】平成29年6月歌舞伎鑑賞教室 出演:中村錦之助、片岡孝太郎 ほか<国立劇場>プログラムと歌舞伎読本の無料配布もあり、歌舞伎入門にぴったりの公演です出演者による実演を交えた解説と名作・名場面の上演◆演目「解説 歌舞伎のみかた」「歌舞伎十八番の内 毛抜」◆出演中村錦之助、片岡孝太郎 ほか◆日時≪11:00開演≫6/4(日)6/5(月)6/18(日)≪14:30開演≫6...

  3. 桜はとりあえず置いといて、こんぴら大芝居その2 - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    桜はとりあえず置いといて、こんぴら大芝居その2

    で、見物したのは午前の部〈神霊矢口渡〜頓兵衛住家の段〉〈将門〉〈お祭り〉の3つ。神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし=上の絵看板右端)というのは平賀源内が福内鬼外つう人を食った筆名で書いたんだそうだが、この人は讃岐の産なんだってね。つまりご当地モノともいうべき演し物ではあるのでしょうが、舞台になった矢口渡ってのはもちろん東急多摩川線矢口渡駅が最寄りです。詳しい物語はウィキペディアでも見ていただ...

  4. 桜も咲いて四国こんぴら大芝居 - swingin' godzilla ! (Kouichirou "ゴジ" Okada)

    桜も咲いて四国こんぴら大芝居

    正面に屋根の上には櫓、軒の下には「まねき」が上がってる。芝居小屋だねえ。いやあもう、こんなところでホントに芝居見物できるなんて。おれの席から見た舞台。なにしろ天保年間に建ったってんだから目の前の柱の1本や2本。ぶどう棚と言うんだそうだ。客席全体に紙吹雪を降らすことが出来るんだって。二階に上る階段。右が下足場と木戸。板のすき間から漏れるのは外の陽の光り。---というわけで一度は行ってみたいと思...

  5. 『夢幻恋双紙』 - 徒然なるままに

    『夢幻恋双紙』

    昨日、赤坂ACTシアターにて「赤坂大歌舞伎 夢幻恋双紙」を見てきました♪数か月前にTVで中村屋への密着番組を見たのですが、その時に映った七之助さんの花魁姿があまりにも綺麗で艶やかで!一目惚れしてチケットをとってみたというわけです 笑作・演出は演劇界で注目を集めている劇作家、蓬莱竜太。演出は中村勘九郎、中村七之助他です。時代は江戸時代。長屋に住む太郎(勘九郎)は隣に引っ越してきた歌(七之助)に...

  6. 結の会2017 ありがとうございました! - Suzuka's diary

    結の会2017 ありがとうございました!

    ひさびさの投稿です。m(_ _)m舞台出演の宣伝はブログでもしたいと思いつつ、毎度のことに色々な仕事が重なり、アレヨアレヨと忙しくなるもので、とうとう本番迎えてしまいまして…( ̄▽ ̄;)お客様からたまにはブログ書いて下さいね!とのプレッシャーじゃなかった、ありがたいお言葉をいただいてしまいましたので、会の感想はちゃんと書きたいと思います!( ̄^ ̄)ゞ今年もチャリティ公演結の会に参加させて頂き...

  7. 市川海老蔵    「 古典への誘い 」 - 手づくりはうす  フローラル・幸

    市川海老蔵 「 古典への誘い 」

    この歳まで全く縁のなかった「 歌舞伎 」ですがわが家から1分の公共施設で 公演があると聞き昨年12月 古くからの知人にチケットをゲットしていただき今日は 初、歌舞伎でした〜♫さすが海老蔵さん!!すぐに チケット完売だったようです 息子から「 演目見て 事前に下調べしていったほうがいいよ 」と 言われ少し予習をしたので大体は理解できたけれどそうでなかったらのんきな私は ?だったか...

  8. 俳優祭 - ひびののひび

    俳優祭

    3月28日(火)歌舞伎役者が開くたった一日の舞台。そこに「あらしのよるに」のガブとメイが出るというので見せていただく。演目はたった1日昼夜の2回だけ。毎月の舞台の合間で稽古も充分なはずはないけど流石に全員がプロ。舞踊「二つ巴」はカツラもメイクも無く男と女を踊りわけ「石橋」では女形が獅子のカツラを付け立役と一緒に首をガンガン回す。歌舞伎だからどちらも男性だけど柔に見える女形の首が飛びそう。また...

  9. ネコ歌舞伎と、のの太郎 海を渡る - 続ねこのひと~むらよしみのぶろぐ

    ネコ歌舞伎と、のの太郎 海を渡る

    イラストレーターの むらよしみです。猫展の記事が 出来上がったそう。3月31日から はじまりますが、第二弾の猫展も控えていて・・・その記事。そろそろ 第二弾に送る準備をはじめないと・・・落款を 作ろうと思っています。キュレーターさんからの 提案です。落款が押してあると、さらに 和のかんじが増すものね。美術館クオリティのジクレー印刷の イラストのマット色を 白からカラフルに替えます。あれ?やる...

  10. 三月大歌舞伎@歌舞伎座 - 小天堂 江戸日記

    三月大歌舞伎@歌舞伎座

    今月は仁左さんの碇知盛、海老ちゃんの助六と、個人的には昼・夜とも豪華絢爛フルコースな気分。でも三階。やっぱり一階に席を取ればよかったと後悔する。三津五郎さんの三回忌の遺影がロビーに飾られている。それもあって巳之助さんが大車輪。碇知盛の相模五郎(ちょと力みすぎ?)、どんつく(ほぼ主役)、助六の福山のかつぎ。「どんつく」の出で顔が三津五郎さんそっくりで思わず声がでた。親方役の松緑さんのすっきりと...

  11. 国立劇場初春歌舞伎は見逃したけれど。 - K's Sweet Kitchen

    国立劇場初春歌舞伎は見逃したけれど。

    国立劇場の今年の初春歌舞伎公演は、40年ぶりの上演叶った通し狂言「しらぬい譚(ものがたり)」でした。観たい、観たいと思いながらも、結局観られず一月は終了。とても残念に思ったのも束の間で、なんと千秋楽から数日後の二月の初めに、NHKBSのプレミアムシアターで、舞台録画が放映されました。これは、ちょっと珍しいことです。もちろん録画しました。ちょうど、時期的にお教室が忙しい時期で、録画もできた安心...

  12. ぐるり140センチの壁 - 続ねこのひと~むらよしみのぶろぐ

    ぐるり140センチの壁

    イラストレーターの むらよしみです。あ・・・・、上着にガムテが くっついたまま寝ていたよ・・・・オーストラリアへEMSを ひさしぶりに送りました。2年ぶりかな?日本と、オーストラリアでは、送れる荷物の大きさが、ちがいます。日本からは、安く送れても、オーストラリアから 返ってくるときに規格が大きすぎて、倍以上の送料になってしまうことがあります。だから、キュレーターさんが、まえもって 気をつける...

  13. ひなまつりは歌舞伎の巻 - ハレルヤ

    ひなまつりは歌舞伎の巻

    もう三月かい。早いなあ。昨日は銀座にお出かけ。歌舞伎座です。「三月大歌舞伎」の初日に行って来ました。観たのは「夜の部」。『引窓』と『けいせい浜真砂』に『助六由縁江戸桜』。『引窓』は世話物です。『けいせい浜真砂』は11分の寸劇。『助六』は歌舞伎十八番のひとつ。歌舞伎には詳しくないので細かいことは語れませんが、たまに観るとおもしろい(よく観る人はもっとおもしろいことでしょう)。最近はプライベート...

  14. 実はEテレ好き - 京都の片隅で

    実はEテレ好き

    最近楽しみにしている番組Eテレ 火曜日の夜 9時から放送している『趣味どきっ! 中村獅童のいざ歌舞伎へ 』京都で歌舞伎公演があるのは日本最古の歌舞伎小屋、南座という劇場ですがその南座は現在耐震補強工事中。昨年末の顔見世はまねきだけが南座に上がり、公演はすぐ近くの、先斗町歌舞練場で行われました。出雲阿国がかぶき踊りを踊ったのが今の歌舞伎の始まり、とも言われていますがその発祥の地、京都での歌舞伎...

  15. 北神戸地域には、珍しい「農村歌舞伎舞台」が現存する。<バックナンバーシリーズ> - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    北神戸地域には、珍しい「農村歌舞伎舞台」が現存する。<...

    今日は神戸市北区界隈を廻った。ついでではあるが足を伸ばし、下谷上の天津彦根神社の境内にある「農村歌舞伎舞台」を観に行ってきた。3年前に訪れたときと何ら変わらないが、外観をみながら佇むだけで、当時行われていた歌舞伎や浄瑠璃などの舞台情景が浮かんでくるようだ。 江戸時代に農民の娯楽であった農村歌舞伎や人形浄瑠璃を上演する農村舞台がいまも全国で1000以上残っている。そのうちの1割が兵庫県内にある...

  16. 猿若祭二月大歌舞伎 - 小天堂 江戸日記

    猿若祭二月大歌舞伎

    歌舞伎座、千穐楽。 うっかりチケット予約日を失念していたので、お席が「あー」。その上、前に座ったお方がガタイよくって髪もモリモリなオネエサン。舞台の中央がそのオネエサンで、ねー。江戸歌舞伎三百九十年「猿若祭二月大歌舞伎」ってだけあって、まず幕開けは「猿若江戸の初櫓」。猿若と出雲の阿国が江戸のでてきて常小屋を持つ流れを華やかに。勘九郎さん、踊りがうまいね。菊五郎劇団も加わり「大商蛭子島」「四千...

  17. 二月花形歌舞伎(午後の部) - 私邸周辺

    二月花形歌舞伎(午後の部)

    [画像]色々やっている間に千秋楽になってしまいましたが、まずはおめでとうございます。という訳で楽日も近い日に二月花形歌舞伎、午後の部に行きました。今月はどっちかというと個人的には女形で見たい壱太郎さんと尾上右近さんが立役でしたが、新たな魅力を見た感じで良かったです。もちろん女形として出ていた梅枝さんと新悟さんもそれぞれの役で良い感じでした。最初に松也さんのご挨拶、歌舞伎らしく口上で始まるのか...

  18. 2月花形歌舞伎はイマイチ - 「だっからよー な日々」

    2月花形歌舞伎はイマイチ

    今年二度目の松竹座は2月花形歌舞伎役者を見ると出演者がイマイチと思われるかもしれないが若手の中で私の一押しの壱太郎くんと松也くんが出ているのだから見に行かなければいけません。午前11時開幕の昼の部は「義経千本桜~渡海屋 大物浦」一押し第一号の壱太郎くんは8年前2009年2月の松竹座 毛抜きのお姫様役コミカルな女形だが将来伸びるだろうなと感じた。藤十郎や雁治郎の女形見ててもどうも感情移入でき難...

  19. 桃太郎を観る - 早未恵理の あそび Tips

    桃太郎を観る

    かなり前から、大きな仕掛け紙芝居を作ろうと思っていて…いろいろ考えていました。「むかしばなし」を片っぱしからやりたいなぁ と。2年前、ドイツのブレーメンで、仕掛け時計の下の屋外ステージで「ハーメルンの笛吹き男」の話を子どもたちが演じているのを見て気持ちが再熱したのですが、なかなか、着手できないままでいます。。。そうだ、あれだ…!と、歌舞伎の舞台の仕掛けや書き割りに興味があっていつか観たいと思...

  20. 気分転換ふたつ - 晴れときどきドキドキうきうき

    気分転換ふたつ

    時間のない忙しい生活をしている私ですが・・・気分転換には 熱心ですブロ友さんのブログへお邪魔も いい気分転換先日みたブログの中で 重たいまな板を軽いまな板に変えて気分スッキリという記事をみたのですあ~ そうだわ私も今使っている重いプラまな板変えてもいいわって思い さっそくニトリへいろんな種類・サイズのまな板があったのですが薄いペラペラのものよりも やっぱりちょっと厚みが欲しいと選んだのが 上...

1 - 20 / 総件数:40 件

似ているタグ