武田泰淳のタグまとめ

武田泰淳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには武田泰淳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「武田泰淳」タグの記事(3)

  1. 武田泰淳「十三妹」。 - <徳島早苗の間>

    武田泰淳「十三妹」。

     武田泰淳「十三妹」(中公文庫刊)。  武田泰淳というと「ひかりごけ」の印象が強いが(つーかそれしか読んだ事が無い) 、こういう中国“忍者”小説も書いていたとは意外。  内容は中国古典『三侠五義』『児女英雄伝』『儒林外史』をくっつけて各々の主人公を邂逅させるというものだったが全体的に散漫な印象を受けた。 クライマックスは十三妹と白玉堂(「三侠五義」主人公)との対決シーンだったのか、それとも安...

  2. 急に涼しい日 - はれ、のちくもり

    急に涼しい日

    連日猛暑が続いて、急にきょうは涼しい。靴下と長袖のシャツを着るほどに涼しい。雑草はどんどん庭を覆ってしまうから、毎日バケツ一杯分の雑草を抜くのを心掛けているけれど、暑いとすぐにいやになってしまう.こんな涼しい日は滅多にないから、ふだんよりも時間をかけて抜いた。華氏100度(摂氏38度くらい)前後の日々で、きょうは70度(摂氏21度くらい)。ふだんは熱気が入ってこないように窓を閉めっきりだった...

  3. 『ひかりごけ』武田泰淳 - Tomomoの備忘録

    『ひかりごけ』武田泰淳

    ・内容紹介雪と氷に閉ざされた北海の洞窟の中で、生死の境に追いつめられた人間同士が相食むにいたる惨劇を通して、極限状況における人間心理を真正面から直視した問題作「ひかりごけ」。仏門に生れ、人間でありながら人間以外の何ものかとして生きることを余儀なくされた若き僧侶の苦悩を描いて、武田文学の原点をうかがわせる「異形の者」。ほかに「海肌の匂い」「流人島にて」を収録する。・メモ開口健のエッセイに出てき...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ