歴史のタグまとめ

歴史」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには歴史に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「歴史」タグの記事(218)

  1. ジョン・ハリソンという人 - イ課長ブログ

    ジョン・ハリソンという人

    計時技術編の前にやはりこの人のことを書いておかねばならぬと気付いた。英国ってわりと階級意識が強い国のはずで、偉大な学者や政治家になった人には立派な家柄の出身者が多い。そういう家柄じゃないと高等教育を受けられなかったからね。出自がモノをいう。昔はその傾向がさらに強かったはずだ。しかしそんな英国でも時として低い身分出身の、輝ける才能の持ち主が歴史に名を残す。ニュートンなんかはわりとそうで、ケンブ...

  2. 高校受験準備 社会の暗記道場 - 時空先生のドリルプリント

    高校受験準備 社会の暗記道場

    中学生向けの一問一答問題をお試し下さい。地理、歴史の重要語句が覚えられます。単元ごとに進められるので大変便利です。iPhoneを使えば、画面上で一問一答の暗記練習ができます。パソコンで印刷すれば、同じ問題のテスト(15問)ができます。iPhoneで覚える ⇒ 紙に書いてテストこの繰り返しで社会に強くなろう!時空先生のドリルプリント

  3. グリニッジ天文台【子午線編】 - イ課長ブログ

    グリニッジ天文台【子午線編】

    ちょいと箸休めを挟んで、グリニッジ天文台に戻りましょう。「子午線編」っつうからには、別の編もあるみたいですねー、続くんですねー、こわいですねー。さてだ。現在は博物館として公開されているグリニッジ天文台。展示内容も普通の天文台とは違って、子午線とか標準時とかに関するものが多い。「ここならではの展示」ってことだよな。本日はその中でも子午線の話をしたい。 まずはいきなりで恐縮だがイ課長のアホ面写真...

  4. 7/29~8/2 韓日青少年平和交流団が北陸へ - 第二次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会

    7/29~8/2 韓日青少年平和交流団が北陸へ

    来る7月29日から8月2日、4泊5日の日程で韓国光(クァン)州(ジュ)市より高校生16人と引率者5人の計21人が富山・金沢を訪問します。高校生たちは韓日青少年平和交流団として、フィールドワークや交流会・ホームステイなど、歴史学習と交流を行う予定です。今回は7月26日から28日までの名古屋訪問に引き続いての北陸訪問で、全行程としては1週間の滞在になります。北陸でのスケジュールにつきましては、下...

  5. おばあちゃんと一緒に国泰寺に行ってきた。Vol.03 - フユビヨリ

    おばあちゃんと一緒に国泰寺に行ってきた。Vol.03

    EOS 60Dお店は一軒しか営業してなかった。たけのこの季節はもう終わってるからなんだろうけど… スマホで調べたら、3000円~とかでるし。お昼でその値段とか高すぎやしないかい( ̄ー ̄; ヒヤリとりあえず、聞いてみるか…だって、他に食べるとこないし…聞いたら、単品もあるとのことなんで一安心。お店の人が「皆様、竹の子料理って高そうっておっしゃるんですよ~」って笑ってた。きっと、和食でちょっと手...

  6. <怪物図録>五つ首、ゴンゴばかやろ、子を抱く先妻、井戸の中の家、人語を解する猫 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    <怪物図録>五つ首、ゴンゴばかやろ、子を抱く先妻、井戸...

    五つ首那覇のとあるホテルは御嶽を潰して建てられた。裏に入ると雑居ビルが犇めくような場所で沢山人死にの噂がある。ゴミに埋もれ祠が作られているが、額に梵字入りのお札が貼られたマネキンの首が、5つ供えられている。方言で落書きされ内地の坊主や地元のおかしな信仰も集める。首吊りのあった部屋ではその男と何故か上半身裸の女が現れた 。(小原猛「沖縄の怖い話 弐」三十〜三十二)現実的に、盛らずにこうだろうと...

  7. 進撃の赤鬼-彦根東高校野球部 - 滋賀県議会議員 近江の人 木沢まさと  のブログ

    進撃の赤鬼-彦根東高校野球部

    本日は、野球部出身の同級生と、母校(彦根東)の観戦応援に、皇子山球場へ。先日の2回戦も彦根球場まで応援に行っておりました。本日3回戦の相手は春のセンバツ出場校の「滋賀学園」 初回、相手3番、後藤君の豪快なツーランに度肝を抜かれるも、すぐさま、反撃し同点に。 3回には、こちらも3番の高村君のソロホームランで逆点。 投げては、先発の2年生左腕増居君が、何度かのピンチの場面をキッチリ抑え、9回も相...

  8. 平和の祈り-東近江市平和祈念式典 - 滋賀県議会議員 近江の人 木沢まさと  のブログ

    平和の祈り-東近江市平和祈念式典

    今から72年前の、昭和20年7月末、旧陸軍の八日市飛行場があった現東近江市一帯は、太平洋上の米海軍空母から飛び立った艦載機により、空襲を受けます。幼児が、機銃掃射により犠牲になったり、迎撃にあたった日本軍機パイロットが空中で散華されたりと、実際の戦争が、東近江市の上空で展開されていました。そんなことにも思いを馳せながら、7月8日は、市内愛東コミュニティーセンターで開催された、東近江市平和祈念...

  9. 西垂水を初めて知りました - おひとりさま 徒然なる老後

    西垂水を初めて知りました

    昨日、垂水銀座で大好物の"冷し中"を食べていたら、西垂水の祭りを紹介するポスターが貼ってありました。"西垂水"?お店のお姉さんに尋ねると「へっ?、ここ西、(手で指さしながら)あっち東」ときょとんとして返事されました。その後、馴染みのカフェでそのことを話すと「へ?、あそこの高校いっとたのに知らんの?この辺、西垂水町やで」と笑われました。写真をみてください。行政も西垂水の存在を認知・肯定していま...

  10. 日野原先生105歳の大往生 - 青い薔薇の部屋

    日野原先生105歳の大往生

     日野原先生が亡くなった、105歳の大往生である。100歳を越えての現役医師とは世界でも日野原先生だけだったと思う。この人の人生は沢山の物語がありすぎる。自分が知っているエピソードは、よど号ハイジャック事件の人質の一人だったという話。日野原先生はこの事件で、人生が変わったそうである。それまでは~ただただ立派な業績と名声を求める人生であったそうな、ソレが事件に遭遇して残りの命は人に奉仕する生き...

  11. 鼻の頭(人吉SL)。 - 青い海と空を追いかけて。

    鼻の頭(人吉SL)。

    人吉SL。乗務員さんが、何やら機関車の鼻の頭を操作しています。何をしているのでしょうね。2017.7月撮影@熊本坂本。EOS KISS X3

  12. 江戸怪談 ねこのはなし再び・津軽ねこ二題 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    江戸怪談 ねこのはなし再び・津軽ねこ二題

    私が少年の頃、どこの猫かわからないがとても大きなものが夜な夜な来ては膳棚(食器棚)を荒らし、食物を取って食い食器を壊すさま、人間がやったことかと思われるまでとなった。そんなこんなでこいつを捕えて酷い目にあわせてやろうとするけれど、素早く逃げ去り何もできなかった。 ある日、二人の手伝いと共に計画して猫の逃げるであろうところを隅々まで塞ぎ、その夜は三人とも寝ずに覗いていたところ、またい...

  13. 鹿島神宮のナゾの石(小ネタ) - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    鹿島神宮のナゾの石(小ネタ)

    良縁祈願のお礼の御札が下がっていたが、一枚だけ。。御幣が立ってるので何らかの祭祀を行ってるんだとおもいますが、要石ともども三輪山の磐座を思い出したさりげなさでした。 三枚目はパワスポという海中鳥居。但し最近再建されたらしい。(mixiサルベージ)要石については宮崎探訪記もご参照ください。。2013年08月05日19:35

  14. グリニッジに行ってみよう その2 - イ課長ブログ

    グリニッジに行ってみよう その2

    エレベーターを待ってると自転車ニイチャンだの、乳母車ママだの、だんだん人が増えてきた。下から上がってきたエレベーターにもけっこう人が乗ってるから、人の通行はけっこう多いトンネルみたいだ。 ぐぃーん・・と下に降りる。別にダイヤモンド鉱山に降りるワケじゃないから、階段でも十分なくらいの深さだけど、それでもちょいとワクワクするってもんだ。 どぉーん。これがトンネル。ただし名称は知らない。地図で見る...

  15. 江戸怪談 猫多羅天女のはなし - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    江戸怪談 猫多羅天女のはなし

    2012年06月19日越後の弥彦神社の末社に猫多羅天女(みゃうたらてんにょ)の髪というものがあった。これには言い伝えがある。佐渡ヶ島の雑太郡小沢に一人暮らしの老婆がいた。腰は曲がり足は弱り、畑を作って生活するのにも難渋する様子だった。ある夏の夕方、裏山に上がり涼んでいたところ、一匹の老いた猫が現れた。見慣れない猫だったが老婆に寄ってきて足元に戯れた。 「これでも食うかい」 老婆は昼の残りの飯...

  16. 江戸怪談 動物魚介変化のはなし - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    江戸怪談 動物魚介変化のはなし

    2013年02月01日板屋桂意広長は土佐家の御用絵師だ。その息子の桂舟が未成年のとき、文政七年五月のことだった。何か鉢植えにする物があって鉢を探していると、縁の下に古い鉢があった。取り出して見れば、梅・菖蒲・雪の下などが植えてあるが、みな枯れ果てて土も乾いていたので、すべてぶちまけ空にした。すると土の中から魚の形をした物が飛び出た。よく見れば菖蒲の根が蠢いている。桂舟とても驚いて父を呼んだ。...

  17. 江戸怪談 蛇と竜のはなし - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    江戸怪談 蛇と竜のはなし

    2013年03月13日本所南割下水(葛飾北斎生誕推定地附近)本所割下水そばに住む芹沢某の門に、毎年燕が巣を作っていた。ある年お勤めの留守に、三、四尺もある蛇が燕の子を狙って、ずるずると門の柱をつたい巣に近寄っていた。それを下男らが見つけて打ち殺し、前の割下水に投げ捨てた。 五、七日ほど過ぎた頃のことである。 門前に蟻が夥しく出て、柱を伝い燕の巣に群れ入っているところが見つかった。 燕の子は全...

  18. 近代怪談「墓石の戒名」 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    近代怪談「墓石の戒名」

    2012年08月22日東京市小石川区第六天町江戸川縁から拓大の方へ往く途中の谷あいの街に、黒板塀の古い家があるが、其の家へ元松嶺の藩主であった酒井と云う子爵が引越した。引越したのは不幸続きで、地所も家作も持っていたが、それがどうにもならない結果であった。 ところで、其の家へ引越してみると、どうにもならなかった地所が高く売れたり、区割整理で家作が買収されたりして、めきめきと有福になったので、そ...

  19. 最新学説で読み解く 日本の古代史 - 二丁目の鉄人29号

    最新学説で読み解く 日本の古代史

    宝島社飛鳥~奈良時代あたりまでの古代史はミステリアスでほんとうに面白い。新しい学説によって古代史に新たな光があたると、ワクワクします。なのに、奈良は法隆寺と東大寺くらいしか訪れたことがない。そうだ、奈良に(も)行こう。

  20. (継続中)動物の個別墓塔を戒名入りで建てるようになったのはいつからか - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    (継続中)動物の個別墓塔を戒名入りで建てるようになった...

    犬猫供養は仏教の教えと相いれない部分が否めないが、両国回向院は将軍自ら愛馬供養を依頼し、豪徳寺は井伊家ゆかりの猫の墓を作り以後どちらも貴賤問わずのペット供養のメッカとなっていたようだ。しかしながらそういう行為はしばしば馬鹿にされ、戒名までもらって個別に墓石を建てられることはさすがにあまりみられないように思う。イチコに愛犬の口寄せをさせ皆に呆れられる滑稽話が出るくらいである。将軍家の馬でさえ小...

1 - 20 / 総件数:218 件

似ているタグ