死のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには死に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「死」タグの記事(11)

  1. 一生過ぎ易し - 仏教フリーク

    一生過ぎ易し

    さればいまだ万歳の人身をうけたりということを聞かず。(蓮如上人 白骨の章)確かにうちのおばあちゃん1万2321歳という人など見たことも聞いたこともない。一生過ぎやすし。今に至って、誰か100年の形体を保つべきや。当時は人間50年といわれていた時代。我や先 人や先ほとんどの人は「人や先、人や先」だと思っている。誰かが死んだと聞いたらやっぱり人や先、人や先と思う。少しまじめに考えた人でも「人や先...

  2. 命 - 月夜ゆらら

    最近思うんだよねぇ。。。確かにこの世に生まれてきたことには感謝してるし奇跡に近いことだと思うのだけど何万年、何億年の世界の中で人が生きるのって長くても100年。この世界にいる100年のおかげで死があるんだよね。この世界が、何億年もある中のほんの一瞬があるから死んでいくということがあるなきゃ死ぬことはない。生きるっていろいろ大変だね。無になっていくことを知りながら人生を送る儚いけどでもやっぱり...

  3. 山田かまちのメッセージ - 仏教フリーク

    山田かまちのメッセージ

    今日は知ってるつもりという番組で放映された山田かまちという人の生涯を紹介したい。といっても彼はわずか17歳で感電死して短い生涯を閉じてしまいました。みなさんよりも若くして死んでしまった。ところが彼の絵が非常に訴えるものが多く今日でも多くの人に影響を与えている。だから彼は●『ボクって何だろう』これもよく判るね。自分とは一体何だろう。●『オレにはもっと本当の生きがあるはず』本当の生き、本当の人生...

  4. 身近な存在ほど、いつまでも側にいてくれる勘違いしてしまう。 〜家族犬、コロが去りました。 - 旅するイラストレーター こまつきょうこの日常図鑑

    身近な存在ほど、いつまでも側にいてくれる勘違いしてしま...

    身近な存在ほど、いつまでも側にいてくれる、なんて勘違いをしてしまう。昨日、うちの犬コロが息を引き取りました。動いてない体を見ても、実感湧かなくて、しばらく何も感じなかった。「もう呼んでも、こっち向いてくれないんだ」ってわかったら、今度は途端に動揺した。でも、高齢で最近弱ってきていて、ケガの治りが遅く、辛そうだったコロの顔は、やっとゆっくりとしたように見えた。高齢だとわかっていても体が弱ってい...

  5. 寂しさ・・・栄枯盛衰 - いぬ猫フェレット&人間

    寂しさ・・・栄枯盛衰

    昨日27日(日)は久々に「モヤっと」とした不快指数が高い砂漠地帯のような、「裸ならまだしも」のスチーム中温サウナのような夏日ではなく、暑くとも、一昔前のような夏日。夏とはいっても、もう晩夏なのだけれど、今年は不快指数ばかり高い天気の悪い日続きだったので、見上げる空も有難い。おかげか?気分的には低空飛行が続いてはいるけれど、不安感があまりなくて済んだ。気分の低空飛行は、この右脚の付け根から、内...

  6. 人生って何?? - 想い出

    人生って何??

    ネットは自粛するつもりでしたが、このblogだけ動かすことにしました。*****************人生って何??#ニャーニャーの死。*****************街は回ってゆく 人ひとり消えた日も何も変わる様子もなく 忙しく忙しく先へとかけがえのないものなどいないと風は吹くby永久欠番 - 中島みゆき こんな日は中島みゆきが染みるね、、、、、。https://www.youtube...

  7. 生き方を変えるときが来た - 月夜ゆらら

    生き方を変えるときが来た

    人生はあっと言う間もなく涼しそうに私の前を通っていったのでしょうか気がつけば、もういい年です職場の子から、そらさんが年をとったら風吹ジュンみたいな顔になるんですよ~といわれ少し嬉しかったあんな可愛いく年取れるなんて私はこれから一年、一年、年を取ります仕方ないことですが老いていくのです現実には逆らえません。私は新しい服を買うのをやめようと決意しましたもうこれ以上、増えても仕方ないでしょ何かあっ...

  8. 若い人の訃報に思う~ - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    若い人の訃報に思う~

    ~~小輪系アルストロメリア~~おそらくは、30歳前後 女性。病んでいて、「もう、ダメなんだあ」と聞いていた。その日が来た。結婚はしていた。子どもはどうだったんだろうか?病名は何だったんだろうか?聞くことが辛すぎる。もう、ダメなんだ~って、家族も本人も・・・この世に心残りがありすぎる。意識があるその瞬間まで、その暗闇に落ちていく恐怖は計り知れない。私たちは、自分で生きているように思ってる。息も...

  9. ゴブちゃんが死にました。 - A DAY IN THE LIFE/猫屋敷の日常

    ゴブちゃんが死にました。

    6月5日夜、ゴブが死にました。2014年12月6日生まれ。4匹きょうだいとして生まれ、ちょうど出産ラッシュの時期で、数字シリーズで名前がつけられていた頃で、女の子なのに、五分刈りみたいなヘアスタイルだったので、ついた名前が、「ゴブ」。一家の中では最も短髪。スレンダーボディ。そのへんのオシャレなおばちゃんみたく、ベリーショートでスリムな、カッコイイ猫でした。きょうだいであるイチとバニラも冬に死...

  10. スズメのビノ - YO!YOPPARAI.

    スズメのビノ

    昨日の夕方、道の真ん中に坐りこむようにして、微動だにしないスズメの雛を見つけた。死んでいるのか?そうだとしてもこのままじゃ踏まれてしまうと思い、端に寄せてやろうとするとかすかに体が上下している、息をしていた.....!たぶんこのままこの場所に置いておいても、絶対に死んでしまうという予感、どうすればいいかとあわてふためきながら連れて帰った。 運んでも、全く嫌がらない、嫌がる元気さえないのか。ツ...

  11. 備え有れば憂なし - 仏教フリーク

    備え有れば憂なし

    どうして「死」という暗い面見るのか。もっと明るく生きるべき?この世の中みんな明るく生きたいのに、心がどうも暗いというのが事実。そういう私が心が暗かったりする。だいたい人生っていっただけで、あたしの人生暗かった。人生ってやつは思いどおりにならないもんだね。とか、人生いうただけで暗いというイメージがある。暗い響きがある。これもどうも事実。なぜかというとその人の心が暗いから。本当に生きるのが軽いな...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ