気仙沼のタグまとめ (19件)

気仙沼のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには気仙沼に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 藤田八束の日記

藤田八束の鉄道写真@国会の議員諸君何をすべきか間違っていませんか?・・・・観光事業と鉄道最近に始まったわけではないのですが、国会議員に払う給料を国民が査定してはどうだろうか。仕事をしている人としていない人のその差がひどすぎます。民進党は何をしたいのでしょうか。森友学園の問題がそんなにうれしいのだろうか。日本の国の政治の悪さは人の上げ足を取ってここぞばかりにバッシング、…情けない限りである。仕...

by 藤田八束の日記

藤田八束の大震災からの復興、頑張れ気仙沼@東日本の今、東日本大震災は何を教えてくれた今日は3月11日、まるまるあの大震災から6年である。大震災から復興の道のりは大変な毎日でした。でもまだまだ復興の途中です。気仙沼は復興できるのか本当に心配をしています。新聞、テレビの報道は一斉に大震災から6年をテーマに放送が始まりました。いま国民はどんな報道を待っているのか、答えはただ一つ町が、村が、市が、市...

by 藤田八束の日記

藤田八束の大災害から学ぶ@阪神淡路大震災と東日本大震災を経験し、そして学んだこと②大震災を経験して考えたことの一つに、震災はなぜおこったのか・・。こう変えてみると日本全土でも各地で起きているものである。しかしどうでしょう。国民はそれを乗り越えて今日があります。私たちは沢山のことを学校で教えてもらっています。その先人たちの記録が目の当たりにします。先人たちの努力結束力乗り越える具体的法、それら...

by 藤田八束の日記

藤田八束の大災害から学ぶ@阪神淡路大震災と東日本大震災を経験し、そして学んだこと大災害から学んだことは何ですか?そう聞かれることが有ります。さてなんなのだろうか・・・・。しばらく考えてみるとその場面場面で答えが変わる。ということはいろんなことを学んだということです。そして、その災害を恨むよりも感謝する次第です。その訳は・・・今がとっても幸せだからである。その幸せはどこから来るのか、、、答えが...

by 藤田八束の日記

災害はあるものとして人生を生きる、そのためには心の備えが必要震災、災害は日本に居たら必ず受けるものとして日々゛を送る必要があります。だから神代の昔から「震災は忘れたころにやって来る。」という諺が有り教えられています。震災を受ける時に最小限の被害となるように日頃から備えをしなさいと言うことでしょう。私は阪神淡路大震災と東日本大震災を二度経験しましたがこの経験から言えることは震災は出来たら避けた...

by 藤田八束の日記

藤田八束の鉄道写真@気仙沼の雪景色・・・気仙沼の素敵な雪景色気仙沼へ行きました。夜遅くになりましたので暗くて外の様子はわかりませんでしたが、朝目が覚めて窓を開けると素晴らしい雪景色が目の前に広がりました。こんなに素晴らしい雪景色、夢の世界のようでした。冬の気仙沼はとっても素晴らしいですよ。勿論メカジキのお寿司、サンマの棒寿司は特別に美味しい季節です。今夜は雪見酒となるようです。て港には大型の...

by 藤田八束の日記

藤田八束の被災地の若者達へのメッセージ@ 若者たちの大震災と未来・・・報道に惑わされない選択 震災から6年、3月11日が近づくと東日本大震災の関連の番組が多くなる。私は若者たちのことが一番心配です。これからの生活、幸せ多い生活を、生涯を全うできる良い道を選んで欲しいと思います。被災地を離れるか、被災地に残るか、特に正義漢の有る若者たちは悩むと思います。新聞・テレビはこれらの若者たちを追います...

by 藤田八束の日記

気仙沼の復興、そしてこれからの繁栄・・・水産都市としての未来像 これからの地域創生は自分の町のことだけ考えていても発展性はないと思います。日本の役割、日本の中の宮城県、宮城県にあっての自らの町の役割を考えるべきです。国から何かをしてもらう町ではなく、何が出来るか、この県の為に、国の為に・・・。そう考えると意外と見えてくるものである。気仙沼の場合、水産都市としての役割があます。しかし、気仙沼だ...

by 藤田八束の日記

気仙沼は最高!! 三陸の復興は気仙沼に任せた・・・気仙沼の水産は牽引者に成れ堺丈明さんは気仙沼プラザホテル支配人、気仙沼の観光に大きく関係しておられます。先にはスイスに観光研修をされたということでそのお話も伺いました。若者が地元の発展に大いに努力、研鑚する姿は見ていても嬉しいものです。きっとこうした視察、研修がなんだかの形で気仙沼だけでなく、三陸の観光に大きく寄与していくものと大いに期待して...

by 藤田八束の日記

藤田八束の鉄道写真@東北本線一ノ関にて・・・一ノ関と気仙沼をピカチュー列車が走る、子供たちに大人気です貨物列車「金太郎」がたくさんの荷物を引っ張って入線してきました。北海道、青函トンネルを通り、青森、盛岡から東京へと向かいます。たった一人の運転手さんでこれだけの荷物を運びます。これからはトラック輸送に変わって貨物列車が絶対に見直されてくると思います。かっこ良いし、絵になります。貨物列車が通る...

by 藤田八束の日記

気仙沼の防潮堤、どうする防潮堤・・・・子供の未来をどう考えるのかそれが大切恐ろしい防潮堤が出来ている。これから気仙沼の海岸線をこの防潮堤で固めるという。素晴らしい計画だ、・・・・?。大島からのフェリーでこの防潮堤を見るになんだか比較してはいけないのだろうが、網走刑務所の方がまだ人間らしい。この防潮堤で気仙沼を固めるというのは本気なんだろうか。こんなことに私たちの税金が惜しげもなく投入されてい...

by 藤田八束の日記

頑張れ気仙沼、気仙沼が東日本大震災の復興のシンボルになれ!!港町、気仙沼は大震災から6年を迎えます。現地は懸命な復興が進められています。頑張れ気仙沼!! 大変な状況の中、懸命な復興か進められ少しずつではあるが気仙沼の姿が見えてきたと思います。私は三陸の復興は気仙沼が引っ張っていかないとあり得ないと思っています。賢明な気仙沼の人たちによって見事によみがえる町の姿を想像して期待しています。気仙沼...

by 藤田八束の日記

東北新幹線仙台駅での撮影、気仙沼の写真もちょっとだけ・・・・・気仙沼港の様子の写真です。・・・・大島とフェリーで結びます。なかなかいい雰囲気です。造船所もいいですね。タイ河川を花で埋め尽くしたらどうでしょうか。桜かハナミズキは必須でしょう。ナナカマドも考えていいとえー思います。とにかく対岸は美しくすべきです。実にもったいない。新幹線が良い、・・・この中の良い新幹線がとっても好きです。この新幹...

by 藤田八束の日記

気仙沼プラザホテルで朝を迎えました・・・目が覚めると窓からは素晴らしい気仙沼の街が、夜明けの気仙沼夜に気仙沼に入りましたので気仙沼の様子が今一つよくわかりませんでした。夜が明けたらそこには美しい気仙沼の情景がありました。(気仙沼プラザホテル 606号室から)気仙沼の街はまだまだ復興道半ばですが、懸命に復興に向かう人たちの姿はとても力強く印象的でした。この復興の様子も大いに勉強になります。子供...

by 藤田八束の日記

復興へ向けて懸命に頑張っています、頑張れ気仙沼・・・・気仙沼プラザホテルからの絶景復興して行く町の姿を見ることが出来ます。震災からの復興は必ずしも早いものではありません。それだけ大きな被害を受けました。でも気仙沼の皆様の懸命な努力が伺えます。美しい気仙沼はきっとよみがえると思います。ホテルから見る美しい気仙沼に復興の姿をだぶらせていました。どんな素晴らしい街として復興するのだろうか、私は大い...

by 藤田八束の日記

藤田八束の港の写真@気仙沼の朝・・・・気仙沼プラザホテルで素晴らしい朝を迎える気仙沼の朝は本当に綺麗です。特にここ気仙沼プラザホテルからの景色は本当に綺麗です。泊まるたびに素晴らしい情景を見せてくれます。気仙沼から大島への連絡船が出ていくところです。朝日が出かかっています。今日はちょっと雲が多いようですが雲と山間の間隙が真っ赤に染まってきました。これは又素晴らしい光景です。今度は大島からの帰...

by 藤田八束の日記

藤田八束の鉄道写真@夜の一ノ関駅から列車の撮影、翌日の朝気仙沼の夜明けを気仙沼プラザで迎える気仙沼へ向かいました。仙台から新幹線で一ノ関に向かい、ここで大船渡線に乗ります。ちょうどその列車が出たばっかりですが、こうした状況もなかなかいいものです。一ノ関駅は広く、とても撮影の場所としては良い所です。世界遺産平泉はここから乗り換えて向かいます。一ノ関駅はとっても魅力的な鉄道写真撮影のポイントだと...

雪がチラついて参りましたが、まーだ虹鱒は活性良い感じ。水は澄んで、サイトフィッシングが楽しめています!

by 藤田八束の日記

藤田八束の素敵な街、素敵なホテル@気仙沼プラザホテルの美しい朝・・・サンマの棒寿司は最高!!、鉄道と街の繁栄 久し振りの気仙沼です。気仙沼の朝は早く、薄明かりが差すころにはすっかり港は活気づいています。今日の朝日もとっても綺麗です。行き交う船がそれは朝の元気に火を付けてくれます。大島からの連絡船が気仙沼港に入ってきました。まだ、復興は完全ではありませんが、復興に向かう元気な息遣いが見られまし...

似ているタグ