気仙沼のタグまとめ

気仙沼」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには気仙沼に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「気仙沼」タグの記事(17)

  1. 【気仙沼⑤/最終話】GWゴテゴテの旅。 - 風景ノート。

    【気仙沼⑤/最終話】GWゴテゴテの旅。

    気仙沼に来たら行きたい場所がありました。それが、「安波山」という山。東日本大震災のときにサンドウィッチマンの2人が逃げて生き延びた場所。いったいどんなところだろう。::::::::::そこは市内から車で10分くらいのところにあり市街地を一望できる場所でした。一望できると同時に市街地がとても近い位置に見えてしまいます。震災の時、彼らがここから見た風景はどんなに悲惨だったのか考えさせられました。...

  2. 【気仙沼④】GWゴテゴテの旅。 - 風景ノート。

    【気仙沼④】GWゴテゴテの旅。

    約1時間の島内観光を終えて気仙沼に戻ります。今度は夏に、旅館を予約して海水浴しながら遊びに来ますねと心のなかで約束しました。次に来るときは、車で橋をわたるのかな?それとも、まだ船がある頃なら船で来るのかな?そんなことを考えてノスタルジックな気分に浸れるのはおそらく、この船の内装がとてもレトロで味わい深いから。午後の日差しが差し込むと、ますます懐かしい雰囲気になるのです。そして、まだ船がある頃...

  3. 【気仙沼③】GWゴテゴテの旅。 - 風景ノート。

    【気仙沼③】GWゴテゴテの旅。

    うみねこやかもめと戯れながらの船の旅を終えていよいよ、気仙沼大島へ上陸しました。船で島へ訪れるときって最高の気分だよね。海を渡って、陸から離れた場所へやってきた感というかそういう高揚する気持ちがありますよね。とりあえず、観光協会へ行って自転車を借りたり情報収集しようと、港から数百メートル歩きました。自転車はちょうどラスト2台だったようで島の地図とあわせてGET!ラスト2台を手に入れただけでも...

  4. 【気仙沼②】GWゴテゴテの旅。 - 風景ノート。

    【気仙沼②】GWゴテゴテの旅。

    「唐や」で満腹になった我ら一行。次なる行き先は、気仙沼大島。数年内に完全に橋がかかって定期船が無くなるかもしれないということを聞いて、その前に船で行ってみたいという好奇心に駆られた我ら一行。しかし、そこはゴテゴテツアーズの我ら一行。船が出発する5分前にギリギリ到着、からの乗船。MF5(Majiで船出る5分前)だったよね、ほんと。乗船時間は30分弱くらいだったでしょうか。途中、ウワサの橋を見た...

  5. 【気仙沼①】GWゴテゴテの旅。 - 風景ノート。

    【気仙沼①】GWゴテゴテの旅。

    今年のGWはゴテゴテに動いていたらどこのホテルも予約できなくなってしまい県内で遊びましょ、ということになりました。どんだけゴテゴテかというと行き先は当日の朝に決めるというくらい。そんな我らが当日選んだ行き先は・・・気仙沼&大島なのら。::::::::::::::::::::朝9時半頃に家を出て気仙沼に到着したのが11時半頃。まずは腹ごしらえしましょうと選んだお店が「唐や」というお店。結果から...

  6. 藤田八束の水産業対策@②不漁が深刻化する日本の水産業・・・・食品としての水産物、水産資源を守る - 藤田八束の日記

    藤田八束の水産業対策@②不漁が深刻化する日本の水産業・...

    藤田八束の水産業対策@②不漁が深刻化する日本の水産業・・・・食品としての水産物、水産資源を守る水産資源を守ろうとするとどうしても人間が中心になってしまう。生活を守らないと・・・そう考えると更に人間が中心になった考え方になっていく。解決するものごとを解決する方法としては次のように考えてみてはどうだろうか。これまでに豊漁の時があった、不漁の時もあった・・ご先祖様たち、先輩たち、そして我々はどう対...

  7. GWはアウトドアで - 気仙沼-小さな森の管理釣り場グローヴガーデン

    GWはアウトドアで

    ゴールデンウィークは暖かくなってきたし、アウトドアでスポーツや森林浴やら、その前に釣りをして材料を調達し家族で集合し、炭火でバーベキューが楽しいんじゃないでしょうか!自分で釣り上げた魚は、美味しさ間違いないでしょう!!安全で焼台の準備なしの当店が簡単で何よりじゃないでしょうか。ね。    まずは釣りからです!!!営業時間9:00~17:00ゴールデンウィークお待ちしております。

  8. 4月ですね。 - 気仙沼 シャークスのブログ

    4月ですね。

    2017年もあっという間に4月になりますね。年度変わりで、皆さんお忙しいと思いますがそれでも「春」を感じる新年度は、気持ちの切り替えにもいいですね。そんな新年度に身の回りの小物も新調してみる。シャークスでは春らしい新色のラウンドファスナーを取り揃えました。パールカラーでどれも優しい色合いです。シャークスネットショッピングで是非ご覧下さいませ♪http://sharksjapan.shopse...

  9. 藤田八束の鉄道写真@国会の議員諸君何をすべきか間違っていませんか?・・・・観光事業と鉄道 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@国会の議員諸君何をすべきか間違って...

    藤田八束の鉄道写真@国会の議員諸君何をすべきか間違っていませんか?・・・・観光事業と鉄道最近に始まったわけではないのですが、国会議員に払う給料を国民が査定してはどうだろうか。仕事をしている人としていない人のその差がひどすぎます。民進党は何をしたいのでしょうか。森友学園の問題がそんなにうれしいのだろうか。日本の国の政治の悪さは人の上げ足を取ってここぞばかりにバッシング、…情けない限りである。仕...

  10. 藤田八束の大震災からの復興、頑張れ気仙沼@東日本の今、東日本大震災は何を教えてくれた - 藤田八束の日記

    藤田八束の大震災からの復興、頑張れ気仙沼@東日本の今、...

    藤田八束の大震災からの復興、頑張れ気仙沼@東日本の今、東日本大震災は何を教えてくれた今日は3月11日、まるまるあの大震災から6年である。大震災から復興の道のりは大変な毎日でした。でもまだまだ復興の途中です。気仙沼は復興できるのか本当に心配をしています。新聞、テレビの報道は一斉に大震災から6年をテーマに放送が始まりました。いま国民はどんな報道を待っているのか、答えはただ一つ町が、村が、市が、市...

  11. 藤田八束の大災害から学ぶ@阪神淡路大震災と東日本大震災を経験し、そして学んだこと② - 藤田八束の日記

    藤田八束の大災害から学ぶ@阪神淡路大震災と東日本大震災...

    藤田八束の大災害から学ぶ@阪神淡路大震災と東日本大震災を経験し、そして学んだこと②大震災を経験して考えたことの一つに、震災はなぜおこったのか・・。こう変えてみると日本全土でも各地で起きているものである。しかしどうでしょう。国民はそれを乗り越えて今日があります。私たちは沢山のことを学校で教えてもらっています。その先人たちの記録が目の当たりにします。先人たちの努力結束力乗り越える具体的法、それら...

  12. 藤田八束の大災害から学ぶ@阪神淡路大震災と東日本大震災を経験し、そして学んだこと - 藤田八束の日記

    藤田八束の大災害から学ぶ@阪神淡路大震災と東日本大震災...

    藤田八束の大災害から学ぶ@阪神淡路大震災と東日本大震災を経験し、そして学んだこと大災害から学んだことは何ですか?そう聞かれることが有ります。さてなんなのだろうか・・・・。しばらく考えてみるとその場面場面で答えが変わる。ということはいろんなことを学んだということです。そして、その災害を恨むよりも感謝する次第です。その訳は・・・今がとっても幸せだからである。その幸せはどこから来るのか、、、答えが...

  13. 災害はあるものとして人生を生きる、そのためには心の備えが必要 - 藤田八束の日記

    災害はあるものとして人生を生きる、そのためには心の備えが必要

    災害はあるものとして人生を生きる、そのためには心の備えが必要震災、災害は日本に居たら必ず受けるものとして日々゛を送る必要があります。だから神代の昔から「震災は忘れたころにやって来る。」という諺が有り教えられています。震災を受ける時に最小限の被害となるように日頃から備えをしなさいと言うことでしょう。私は阪神淡路大震災と東日本大震災を二度経験しましたがこの経験から言えることは震災は出来たら避けた...

  14. 藤田八束の鉄道写真@気仙沼の雪景色・・・気仙沼の素敵な雪景色 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@気仙沼の雪景色・・・気仙沼の素敵な雪景色

    藤田八束の鉄道写真@気仙沼の雪景色・・・気仙沼の素敵な雪景色気仙沼へ行きました。夜遅くになりましたので暗くて外の様子はわかりませんでしたが、朝目が覚めて窓を開けると素晴らしい雪景色が目の前に広がりました。こんなに素晴らしい雪景色、夢の世界のようでした。冬の気仙沼はとっても素晴らしいですよ。勿論メカジキのお寿司、サンマの棒寿司は特別に美味しい季節です。今夜は雪見酒となるようです。て港には大型の...

  15. 藤田八束の被災地の若者達へのメッセージ@ 若者たちの大震災と未来・・・報道に惑わされない選択 - 藤田八束の日記

    藤田八束の被災地の若者達へのメッセージ@ 若者たちの大...

    藤田八束の被災地の若者達へのメッセージ@ 若者たちの大震災と未来・・・報道に惑わされない選択 震災から6年、3月11日が近づくと東日本大震災の関連の番組が多くなる。私は若者たちのことが一番心配です。これからの生活、幸せ多い生活を、生涯を全うできる良い道を選んで欲しいと思います。被災地を離れるか、被災地に残るか、特に正義漢の有る若者たちは悩むと思います。新聞・テレビはこれらの若者たちを追います...

  16. 気仙沼の復興、そしてこれからの繁栄・・・水産都市としての未来像 - 藤田八束の日記

    気仙沼の復興、そしてこれからの繁栄・・・水産都市として...

    気仙沼の復興、そしてこれからの繁栄・・・水産都市としての未来像 これからの地域創生は自分の町のことだけ考えていても発展性はないと思います。日本の役割、日本の中の宮城県、宮城県にあっての自らの町の役割を考えるべきです。国から何かをしてもらう町ではなく、何が出来るか、この県の為に、国の為に・・・。そう考えると意外と見えてくるものである。気仙沼の場合、水産都市としての役割があます。しかし、気仙沼だ...

  17. 気仙沼は最高!! 三陸の復興は気仙沼に任せた・・・気仙沼の水産は牽引者に成れ - 藤田八束の日記

    気仙沼は最高!! 三陸の復興は気仙沼に任せた・・・気仙...

    気仙沼は最高!! 三陸の復興は気仙沼に任せた・・・気仙沼の水産は牽引者に成れ堺丈明さんは気仙沼プラザホテル支配人、気仙沼の観光に大きく関係しておられます。先にはスイスに観光研修をされたということでそのお話も伺いました。若者が地元の発展に大いに努力、研鑚する姿は見ていても嬉しいものです。きっとこうした視察、研修がなんだかの形で気仙沼だけでなく、三陸の観光に大きく寄与していくものと大いに期待して...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ