池井戸潤のタグまとめ

池井戸潤」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには池井戸潤に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「池井戸潤」タグの記事(7)

  1. 「アキラとあきら」 - あれからそれから。

    「アキラとあきら」

    「アキラとあきら」池井戸潤を読みました。WOWOWでTV放送されるそうですね。題名のアキラがどちらで、あきらが誰がやるのか。よくわかりません。正直、変な題名で編集者が付けたものだろうかと最初思いましたもの。彬(あきら)は向井理。瑛(あきら)は斎藤工。の配役だそうです。面白かったです。世の中理不尽なことが多いけれどもハッピーエンドで終われるなら小説の中ぐらいそういう終わり方を選択してほしい。池...

  2. 「アキラとあきら」 - 天使と一緒に幸せごはん

    「アキラとあきら」

    つい先日まで私が一番夢中になっていたもの、それが小説「アキラとあきら」です。これは 10 年前に月刊小説誌に連載されて完結していたにも関わらず、新刊本にも文庫にもならず、ずっと眠らされていた池井戸潤氏の小説です。こんな面白い小説がどうして日の目を見なかったのか、よくわからないけど今年の5月にいきなり文庫化されました。私がこの文庫を手にしたのは、6月の下旬でしたが、読み始めたその瞬間から、この...

  3. アキラとあきら - ほろ酔いにて

    アキラとあきら

    下町ロケット・空飛ぶタイヤ・陸王の池井戸作品だよー。普通の単行本2冊分の分厚い本だったけど、面白くて1日で読めちゃったよ。推理小説好きの福山君が池井戸作品を読むのはきっとサラリーマンの挫折やら現実やら理想が書かれているからなんだろうな〜と思う鬼嫁。こういった小説では大抵、お仕事が大変な危機に面し家に帰れば奥さんは鬼嫁で子供も問題ありのパターンでも、最後は仕事も家庭もハッピーエンドになったりす...

  4. 📕「アキラとあきら」池井戸潤(#1744) - 続☆今日が一番・・・♪

    📕「アキラとあきら」池井戸潤(#1744)

    零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(あきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まったーー。(文庫本表紙カバーから)この小説、10年前に月刊誌で連載されてたものらしいのですが...

  5. 池井戸 潤著「アキラとあきら」を読み終える - 折々の記

    池井戸 潤著「アキラとあきら」を読み終える

    久々に、池井戸潤さんの作品を読み終える。「アキラとあきら」(徳間文庫、\1000+税)である。現在書店に行くと、山積され、大々的に宣伝されている。実は、この作品2006年12月号から2009年4月号まで、「問題小説」に連載されていたもので、大幅に加筆、修正し、今回単行本として出版された、オリジナル文庫である。池井戸ファンにとっては待望の作品と言える。 705頁もの大作である。本来は直木賞受賞...

  6. 「陸王」届く 〈追記あり〉 - ジェンマとおっちゃんの日記2

    「陸王」届く 〈追記あり〉

    池井戸潤の「陸王」のモデルとなった、きねや足袋の無敵が届きました!これで記録が伸びるでしょうか?..モチロン アスリートデハ アリマセンウォーキング+ジョギングテイドデ キロクトハ マッタクカンケイアリマセン(アセ.親指側に人差し指も入れる二股構造?〈追記〉ちゃんと、1+4本指となっていました(^^;本日、6km位をジョギングとウォーキング(ほとんどはウォーキング)してみました。ちょっとした...

  7. 『ようこそ、わが家へ』池井戸潤 - Tomomoの備忘録

    『ようこそ、わが家へ』池井戸潤

    ・内容紹介真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。さらに、車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ