沈黙のタグまとめ

沈黙」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには沈黙に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「沈黙」タグの記事(12)

  1. 映画「沈黙-サイレンス-」 - Lovely is my Rader

    映画「沈黙-サイレンス-」

    出典:映画.com 今日は巨匠マーティン・スコセッシが描く日本ということで話題になってる映画「沈黙-サイレンス-」を観てきました。 28年前にマーティン・スコセッシが読んで感銘を受けたという遠藤周作の「沈黙」。江戸時代初期の日本におけるキリスト教徒弾圧を描いた遠藤周作の「沈黙」を、原作に忠実に巨匠マーティン・スコセッシが映画化した。映画を観る前まではマーティン・スコセッシが描く日本ってどんな...

  2. 聞こえてくる... - You too?

    聞こえてくる...

    沈黙すれば、聞こえてくる。歩いてきた時間の足音が...。

  3. 踏み絵を踏んだらおしまいだ 永井愛「歌わせたい男たち」 - 梟通信~ホンの戯言

    踏み絵を踏んだらおしまいだ 永井愛「歌わせたい男たち」

    国策に沿わない報道はしないと断言した前のNHKの会長発言に象徴される権力による報道管制、その空気にまけて報道を自粛するメデイアの内部の葛藤をコミカルかつシリアスに(現在の状況は昔なら荒唐無稽なものがリアルになって、シリアスに迫ってくるのだ。「1984年」が売れてるという)描いた新劇、「ザ・空気」を見て作演出の永井愛を初めてだと書いたような気がする。そうしたら、Mさんがいつものように何冊もの本...

  4. 沈黙-サイレンス-を見てきた - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    沈黙-サイレンス-を見てきた

    沈黙-サイレンス-を見てきた江戸時代に切支丹らに布教活動にきた司祭らの棄教がテーマの映画である江戸時代に鎖国政策もあってキリスト教は国家的に禁止踏み絵ということばは日本人なら誰でも知っている歴史用語である私はキリスト教の信者でないので信者がどういう気持ちで踏絵したかは想像の域でしかない遠藤周作はキリスト教の信者であるが我々が学生時代に読んだコリアン先生としての小説は非常に面白くてその小説から...

  5. 桐の花 新渡(しんと)の鸚鵡 不言(ものいわず) - 憂き世忘れ

    桐の花 新渡(しんと)の鸚鵡 不言(ものいわず)

     タイムリーに「沈黙」ネタで。  (どこが! とツッコむ天の声)この句も色々と不可解です。「長崎屋源左衛門家に紅毛来貢の品々奇」と但し書きが付いています。 素直に読むと「西洋の珍しいものがある。桐の花が飾ってある。届いたばかりのオウムだから不言。」 こんなイメージでございましょうが、それは「表面」。 不自然なのが「新渡」。前回の「乞食」同様、適切な表現とは思えない。同音異義語を疑わざるを得ま...

  6. 『沈黙』と三浦朱門の死 - 楽なログ

    『沈黙』と三浦朱門の死

     映画化で話題になっている『沈黙』の原作者である遠藤周作はキリスト教徒で、その縁から三浦朱門と親しくしており、信仰だけでなく政治的にも一緒になって右翼同人誌を発行してたりする人だったので実際に右曲がりの言動があったけれど、映画化と作者は違うことがある。 この映画のマーチンスコセッシ監督は前に『最後の誘惑』という映画を撮っていて、デビッドボウイがピラト総督の役で最後に出て来るなど異色の出演者で...

  7. 映画「沈黙-サイレンス」を観てきた☆ - カードセラピー @横浜

    映画「沈黙-サイレンス」を観てきた☆

    久しぶりに映画のレビューを書いてみます♪この時期は観たい映画が多すぎで、時間をみつけては映画館に通っています。「沈黙-サイレンス」を観てきました☆巨匠マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の「沈黙」を映画化したものです。この映画にはオーディションで合格した日本人キャストが多くでていて、スコセッシ映画に日本人がたくさん出演してるなんて感激でしたー☆あらすじは、ざっくりすぎですが、江戸時代初期の...

  8. マーティン・スコセッシ監督『沈黙』を語る -2- - 殿様の試写室

    マーティン・スコセッシ監督『沈黙』を語る -2-

    マーティン・スコセッシ監督『沈黙』を語る-2-1月16日(月)来日記者会見リッツ・カールトン東京グランドボールルーム マーティン・スコセッシ監督語る原作を読んでから映画化までに28年かかりました。しかし、若い時に映画化をしていたら今とは全然違う作品になっていたと思います。脚本を書いて、挑戦してもいいかもしれないと本気で思い始めたのは『ギャング・オブ・ニューヨーク』を撮っていた2003年のこと...

  9. 解釈とこの現実、教義と真実 - ちょっとだけでも祈ろう、真剣に

    解釈とこの現実、教義と真実

    SUN OF GODの続きを書こうとしていましたが、風邪をひきました。前回とずいぶん間が空いてしまいました。さて、そうだ。続きといえば、続きの話。月に2回位、所属教会の信仰の先輩方と、ランチを共にさせていただいて。ザックバランに自由に、信仰に限らずいろいろ話をするのですけど。やはりね、世代間ギャップがあります、信仰的に。今ちょうど映画で「沈黙」が日本公開になったばかりです。その事も話題になり...

  10. 隠れキリシタンの島 - 勇気 散歩道 出会い 

    隠れキリシタンの島

    遠藤周作さんの小説「沈黙」サイレンスの映画作品を見てきました。過酷な弾圧と、棄教を迫る役人、踏み絵隠れキリシタン・宣教のバーデレ祈り・沈黙の神様・実際にあった歴史上の真実です。

  11. 沈黙 -サイレンス- -2- - 殿様の試写室

    沈黙 -サイレンス- -2-

    沈黙―サイレンス―-2-Copyright :(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reservedなぜ、この時期、日本の時代劇である「沈黙」をアメリカ人であるマーティン・スコセッシ監督が映画化するのでしょう。監督は言います。「人々の信仰の在り方が大きく変わり、それを疑うようになり、宗教的な組織や施設にも、おそらくは懐疑の眼が向けられている今の世界だからこそ作...

  12. 沈黙-サイレンス- -1-  - 殿様の試写室

    沈黙-サイレンス- -1- 

    沈黙―サイレンス―-1-Copyright :(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved1966年に刊行された遠藤周作の「沈黙」は2016年に50年を迎えました。キリスト教徒である遠藤周作が江戸時代の初め、長崎に繰り広げられたキリシタン弾圧を背景に、神の沈黙を問いかけた作品です。2016年はまた遠藤氏没後20年という年でした。世界の20カ国以上で翻...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ