沖ノ島のタグまとめ

沖ノ島」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには沖ノ島に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「沖ノ島」タグの記事(9)

  1. 筑前大島オルレ - マツビーの日曜お散歩写真

    筑前大島オルレ

    2017年8月19日(土)思いついて「そうだ、大島へいこう」。今から大島行くけど・・・と、急な誘いにも乗ってくれた仲間と出かけました

  2. ■ SNSで拡散してください - takeAwalk 遊歩道

    ■ SNSで拡散してください

    沖ノ島 神宿る海の正倉院 |日本橋タカシマヤ

  3. 「沖ノ島」ほか8資産含めユネスコ世界遺産となった宗像へ✨ - Cheka Chekaのスパイスな日常

    「沖ノ島」ほか8資産含めユネスコ世界遺産となった宗像へ✨

    世界遺産に認定された宗像三女神様へご挨拶をしに宗像、大島まで行ってきました^^宗像大社へのお参りはよく行くのですが大島へ渡るまではなかなか致しません。この度で二回目✨まずは宗像大社辺津宮へご挨拶して神湊から大島港へフェリーで渡ります。フェリーの中では挨拶がバンバン飛び交うという〜皆さん仲良し顔見知りww中津宮大嶽宮沖津宮遥拝所女性は沖ノ島へは入れませんのでこちらからお参りさせていただきます。...

  4. もめ事になる前に上陸の一律禁止は正しい選択かもねー>沖ノ島 - 見たこと聞いたこと 予備3

    もめ事になる前に上陸の一律禁止は正しい選択かもねー>沖ノ島

    yahoo:「沖ノ島、一般の上陸全面禁止へ 現地大祭を中止」宗像大社(福岡県宗像市)は、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産への登録が決まった沖ノ島を保護するため、毎年5月に島で開催してきた現地大祭を来年から中止する方針を固めた。原則入島禁止で、年に1度だけ一般の上陸が認められる機会だったが、遺産登録に合わせて運用を厳しくする。 宗像大社によると、大祭は日露戦争の日本海海戦が190...

  5. 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録 - バイオリンクの片隅から

    「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録

     昨夜、福岡県の沖ノ島だけでなく、その関連遺産もユネスコの世界文化遺産に登録されることに決まったのは、嬉しいニュースだった。 「クラクフで開催中の国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は9日、日本が推薦した「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県、5か所8構成資産)を世界文化遺産に登録すると決定した。沖ノ島(宗像大社沖津宮、周辺の3岩礁を含む)のほか、ユネスコの諮問機関...

  6. 世界遺産に認定されない方が良かった - 見たこと聞いたこと 予備3

    世界遺産に認定されない方が良かった

    Yahoo:「宗像・沖ノ島世界遺産登録 海人族の歴史に誇り “満額回答”関係者ら喜び」福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が9日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されることになった。遺産の核となる沖ノ島は厳しい入島制限に守られてきた沖合約60キロの“絶海の孤島”だけに、関係者には「歓迎」だけでは割り切れない思いも残る。 ユネスコ世界遺産委員会の審議を見届けるた...

  7. 世界遺産になった三女神・お仕事は天孫の奉助 - 地図を楽しむ・古代史の謎

    世界遺産になった三女神・お仕事は天孫の奉助

    宗像三女神のお仕事は天孫を助け奉ること奥津宮(田心媛たごりひめ)、中津宮(湍津姫たぎつひめ)、辺津宮(市杵島姫いちきしまひめ)の三女神は、天孫を助けるために宗像大社に祀られているのです。大社側のパンフレットにもそう書かれています。そもそも、宗像は「大社」です。天皇家の安泰を祈るための延喜式内社(名神大社)でもありますから、三女神のお仕事の第一は「天皇家に仕えること」ですよね。では、この地域で...

  8. 海の正倉院沖ノ島・世界遺産になる - 地図を楽しむ・古代史の謎

    海の正倉院沖ノ島・世界遺産になる

    神宿る島・沖ノ島2017年7月9日・海の正倉院沖ノ島が世界遺産に沖ノ島を日本だけでなく世界の人に知ってもらえるのは、喜ばしいことです。ただ女人禁制の島なので、女性の上陸は許されていません。女性でなくとも、島に上陸する男性は全裸で禊ぎをしなければなりませんし、島のものは草木一本持ち出すことはできません。「お言わずノ島」ですから、沖ノ島で見たことも一切しゃべってもなりません。そう云うことですから...

  9. 氏神さまと鎮守さま - 奈良・桜井の歴史と社会

    氏神さまと鎮守さま

    神社とはなに?談山神社の氏子総代だったり、町の役員として阿部八幡社の祭祀に日頃から関わりを持っていても、「神社とは何?」という決め手は、恥ずかしながら勉強不足。そんなとき、「氏神さまと鎮守さま・・神社の民俗史」という本を、桜井市の図書館の新刊コーナーで見かけた。国立民俗博物館で仕事をされ、現在は國學院大学の教授の新谷尚紀さんが書かれている。「稲の民俗学」からはじまる。田んぼの造成と稲作作業が...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ