法隆寺のタグまとめ

法隆寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには法隆寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「法隆寺」タグの記事(7)

  1. 法隆寺 - NATURALLY

    法隆寺

  2. 国宝・重要文化財・世界遺産 【法隆寺】 重要文化財建造物画像 - 近代文化遺産見学案内所

    国宝・重要文化財・世界遺産 【法隆寺】 重要文化財建造物画像

    to page lastサイトマップ > 奈良県 江戸時代以前の文化財リスト > 法隆寺 アクセス・見学のしかた > 重要文化財建造物 フォトギャラリー法隆寺内 文化財分布マップ1 ↓西院大垣西面2 ↓西院大垣南面3 ↓西院東南隅子院築垣西面4 ↓西院西南隅子院築垣東面5 ↓西園院上土門6 ↓西園院唐門7 ↓西院西南隅子院築垣北面8 ↓大湯屋表門9 ↓薬師坊庫裡10 ↓中院本堂、寶珠院本堂...

  3. 国宝・世界遺産 【法隆寺】 国宝建造物 画像 - 近代文化遺産見学案内所

    国宝・世界遺産 【法隆寺】 国宝建造物 画像

    to page lastサイトマップ > 奈良県 江戸時代以前の文化財リスト > 法隆寺 アクセス・見学のしかた > 国宝建造物フォトギャラリー法隆寺内 文化財分布マップ1〜3 南大門12345 ↓中門6〜8 西円堂6789〜12 三経院910111213〜23 五重塔131415161718192021222324〜35 金堂242526272829303132333435〜38 西回廊...

  4. 221 飛鳥建築と”以材為祖” 2 - 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅

    221 飛鳥建築と”以材為祖” 2

    日本飛鳥奈良時期建築中反映出的中国南北朝隋唐建築特点               傳熹年 著(文物1992年10月所載)(金堂に続く、法隆寺五重塔、法起寺三重塔) 中国に現存する唐代、遼代のかなり早期の木構造建築中、材をモジュールとしたものを除き、まだ柱高を以って拡大モジュールとするのが、多層建築ではとりわけ明白である。唐、遼の建築中、奥行が四檐の建築は、その大棟の高さは柱高の2倍で、その実...

  5. 220 飛鳥建築と”以材為祖” 1 - 日本じゃ無名?の取って置きの中国一人旅

    220 飛鳥建築と”以材為祖” 1

    日本飛鳥奈良時期建築中反映出的中国南北朝隋唐建築特点               傳熹年 著(文物1992年10月所載) 最近でも、まだ飛鳥建築は高麗尺の説を見かけるが、法隆寺の九州からの移設説など、本筋から外れたような論が目につくなど、こじつけ論も流行るのか、まるで邪馬台国論争のようだ。しかしながら、古建築についてなら、中国の研究成果を抜きにしたのでは、みのりはないのではないか。中国の研究...

  6. 221 不思議と謎の寺・法隆寺 - 地図を楽しむ・古代史の謎

    221 不思議と謎の寺・法隆寺

    221 法隆寺は不思議だらけ奥の門前の右手に、若草伽藍址への出入り口があります。いつもは閉ざされていて、のぞき見すらできません。天智九年(670)に焼失した法隆寺が、若草伽藍(斑鳩寺)だったとされています。若草伽藍は燃えたのに、仏たちは無傷でした。先に西院伽藍に移されていたのです。まるで焼失が予測されたかのようです。では、誰が仏を遷したのか?過去のNHKの放送では、天智天皇の時代と年輪年代測...

  7. 219 法起寺式の伽藍 - 地図を楽しむ・古代史の謎

    219 法起寺式の伽藍

    219法起寺式伽藍は塔が東法起寺に行きました。日本で一番古いという三重塔があります。斑鳩のパンフレットにもそう書かれています。法隆寺から近いので自転車で行きました。なかなか美しいロケーションです。塔は古を留めていますが、金堂は今は有りません。金堂の跡が石で囲まれたところです。わたしは今まで法起寺を「ほっきじ」と呼んでいましたが、最近世界遺産に登録される時、「ほっきじ」から「ほうきじ」へと読み...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ