洋画のタグまとめ

洋画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには洋画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「洋画」タグの記事(17)

  1. ダンケルク - えろぶろ at Excite(あなぐらむ番外地)

    ダンケルク

    「インターステラー」以来となるクリストファー・ノーランの新作がSFから一転して歴史もの、戦争ものというのが伝え聞こえてきた時は意外だったし、何度も色んな所で書いてるけどこれはスピルバーグをやりたいのかなと思ってたのだが、実際は全く正反対のベクトルで作られた映画だった。これはパンフレットにある監督のインタビューで明言してるし、このパンフレット物凄く内容が濃くてもうネットのうざい評論なんて全部消...

  2. 常設展 - Artのある暮らし!

    常設展

    常設展開催中 9月19日(火)~9月24日(日) AM12:00~PM6:00 (最終日は17:00まで)

  3. ワンダーウーマン - えろぶろ at Excite(あなぐらむ番外地)

    ワンダーウーマン

    色々と悪評ばかりが目立つDCエクステンデッド・ユニバースにあって、公開前から好評の噂が聞こえ、いざ全米公開されるや一気にコミック原作映画として、また「女性監督映画」として歴代トップという興行収入を得てすぐさま続編の企画も始動したという本作、漸く観てこれたので書き留めておく。本項に関連して、以下のエントリもご参照頂ければ幸い。「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」 「マン・オブ・ス...

  4. ワンダーウーマン - きょうのできごと

    ワンダーウーマン

    ワンダーウーマン       3.8出演 ガルガ・ドット クリス・パイン 8月も 終わりだし 久しぶりに 気分転換したくて 映画を見てきましたスパイダーマンと どっちに しようかと 悩み字幕版で 時間的に 合った ワンダーウーマン にしました「スタートレック」シリーズのカーク船長役の クリス・パインさんも 出てるし~~上映時間が 2時間20分?キツカッタデス。ワンダーウーマン・ダイアナ役の ...

  5. キングコング 髑髏島の巨神 - 二丁目の鉄人29号

    キングコング 髑髏島の巨神

    公開時に評判が良かった作品なので、期待とともに観た。で、感想。コングの顔がゴリラみたい。いや、ゴリラには違いないんだけど、私はもうちょっとハンサムな方が好み。最後に登場するトカゲの親玉みたいなのが、ヒョロヒョロな体型のためか、いまいち弱そう。ハリウッドの作る怪物って、なぜかこういうのが多い。とはいえ、テンポのいい展開で飽きずに観られたし面白かった。でも、一番面白かったのは、エンドロールの後の...

  6. 映画「パターソン」 - マチの、映画と日々のよしなしごと

    映画「パターソン」

    有朋自遠方来不亦楽もう!もう!ジム・ジャームッシュ数年ぶり新作。ったく、「朋遠方より来たる」の思い。久方ぶりにワクワクしながら、公開初日の土曜日にイソイソと!彼の卒業制作「ロング・バケーション」が懐かしく思い出されるなぁ。この時の初々しさは数十年たった今も変わらず、それでいて、ありふれた日常の、何気ない時、何気ない空気を映像に掬い取る感覚の円熟された味樽の中でじっくりと熟成されたような………...

  7. 『気鋭作家9人、魅惑の絵画展』 - 一意専心のシャッターを!

    『気鋭作家9人、魅惑の絵画展』

    『気鋭作家9人、魅惑の絵画展』文化庁新進芸術家海外研修制度 50周年記念連動企画場所 京王プラザホテル 南館2階/メインバー<ブリアン>前 展示スペース期間 H29/7/25~8/31協力 アート・ベンチャー・オフィス ショウ http://www.keioplaza.co.jp/http://www.keioplaza.co.jp/guide/lobby-gallery.html#50th...

  8. 「少女ファニーと運命の旅」 - ここなつ映画レビュー

    「少女ファニーと運命の旅」

    こういう作品を観るといつも、人として高潔な人物はどこかに必ず存在しているのだ、と思い、そういう人達に対しては厳粛にこうべを垂れる気持ちになる。本作、主役は間違いなく少女ファニーなのであるが、影にそんな高潔な人達が居たことを忘れてはならない。僅かな巡り合わせの違いが、ファニー達のように生き延びることができたのか、収容所送りとなって還らぬ命となってしまったのか、を分けた当時だったのである。194...

  9. 『ローラ』 - わたしの毎日

    『ローラ』

    (1961年/ジャック・ドゥミ監督/フランス/88分)【シアター・イメージフォーラム】 多くの人にとって、そして私にも、宝物のように大切な作品(*)。もう一度スクリーンで観られるのならと劇場へ駆けつけました。 この上なく美しい作品だけれど、けして甘いばかりのおとぎ話ではない。「人生って美しいわ」と言うローラでさえ、深い闇や暗い影に付きまとわれる「人生」を知っているかのよう。「初恋っていつまで...

  10. マンチェスター・バイ・ザ・シー - きょうのできごと

    マンチェスター・バイ・ザ・シー

    マンチェスター・バイ・ザ・シー    4.5出演 ケイシ―・アフレック ミッシェル・ウイリアムズ カイル・チャンドラー   (ケイシ―・アフレック アカデミー賞主演男優賞受賞)あらすじ:アメリカ・ボストン郊外でアパートの便利屋として働く     リー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)。     ある日、一本の電話で、故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーにいる     兄のジョー(カイル・...

  11. MaiAimheart マイ・エイムハート展 明日7.1まで! - OTO - BLOG 履歴

    MaiAimheart マイ・エイムハート展 明日7....

    ひとことにティムバートン。スチームパンク、不思議の国のアリス、'60映画、'60〜'70ROCK、北欧神話、伝説、、、が、ゴスなテイストでギッシリ詰められている。キャット、ウルフ、クロウ〜作品はこちらでもご購入出来ます。→ BASE ショップサイトグッズも盛りだくさんです。是非、お見逃しなく!

  12. 【ジーサンズ はじめての強盗】 - お散歩アルバム・・梅雨の徒然

    【ジーサンズ はじめての強盗】

    最近まだ上映しているの?といった出遅れ感のあるものばかり見ていた(でも空いているからいいのよ)ので、たまには最新映画を見ましょう!!と、今日から公開の「ジーサンズ はじめての強盗」を見てきました。現代は「Going in style」となっていて、コメディ感のあるタイトルではないのですが、今回ばかりは邦題の方が微笑ましくて、合っているかなと思いました。勿論はじめてのお使いにかけてあるので、日...

  13. 【ディズニー実写版「美女と野獣」】 - お散歩アルバム・・梅雨の徒然

    【ディズニー実写版「美女と野獣」】

    公開されてから随分日がたちますが、まだ上映していたので、見てきました(^^♪色々種類があり、字幕版、吹き替え版、IMAX、、吹き替えだとつまらないわよね~と、字幕版にしたのですが、チケットを買う時も探すのが大変で2巡してしまった。案の定、隣の席がだぶってオカシイな、あれ?これは吹き替え版では?なんちゅうトラブルもありましたわ。色々あると便利ですが、ややこしいですね。公式サイトです: 美女と野...

  14. パトリオット・デイ - えろぶろ at Excite(あなぐらむ番外地)

    パトリオット・デイ

    [2017/06/10鑑賞]「バトルシップ」でその筋(どの筋)のファンを狂喜させた監督、ピーター・バーグと「ローン・サバイバー」でも強烈な印象を残したマーク・ウォルバーグが三度タッグを組んで(間に「バーニング・オーシャン」が入る)ボストンンマラソン・テロの犯人確保までの経緯を描いた実話もの。こいつがなかなかにパンチの利いた作品だった。あらすじ↓2013年4月15日。 殺人課の刑事トミー(マー...

  15. 【ジャッキー/ファーストレディ最後の使命】 - お散歩アルバム・・梅雨入りの頃

    【ジャッキー/ファーストレディ最後の使命】

    公式サイトです: ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命3月末に公開された映画ですが、見る機会がなくて残念に思っていたら、少し遅めの上映もしてくれる港南台シネサロンにかかったので見てきました。ジャクリーン・ケネディをナタリー・ポートマンが演じていましたが、あまり似ていないのですね。そればかりが気になりました。 最近お気に入りの港南台シネサロンです。ポイントはつきませんが、109だとシニア1...

  16.  映画「アノマリサ」は不思議な後味・・・ - 美味しいもの見つけた! コマーシャルフォト&ドローン空撮の「スタジオ・フレックス」 北海道 札幌市

    映画「アノマリサ」は不思議な後味・・・

    今日 Amazonプライムビデオで何気なく見たアメリカ アニメ映画「アノマリサ」。大人向けのR15指定で制作された、ストップモーションアニメというワンカットずつ手作業で作るアニメ。なにせ妙にリアルで、不思議な映画だった。ラスト少し前に登場する日本芸者のからくり人形がまた場違いに怖い(笑)。10分くらい見たところでこりゃダメだと止めようと手がマウスに動いたが、なんとも気になり結局すんなり完食。...

  17. 映画「光をくれた人」 - マチの、映画と日々のよしなしごと

    映画「光をくれた人」

    これがポスターキャッチコピーは7割程度と思いながらも、じんわりと心を打たれ、思わず涙ぐむシーンをあるでしょうと、泣かせる映画ってのは好きではないけれど、じんわりと鼻の奥がつんとくるのも悪くはないと、そういう映画かなって思って、ちょっとは期待したんだけど……友人と二人公開初日、仕事帰りに観に行ってはみたものの……普通の映画。は~ん、こんなもん?ってちびっと白けて帰ってきた。あらためて、クリント...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ