洋風のタグまとめ

洋風」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには洋風に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「洋風」タグの記事(27)

  1. メカジキのグリル ヨーグルトとホースラディッシュのソース - やせっぽちソプラノのキッチン2

    メカジキのグリル ヨーグルトとホースラディッシュのソース

    私は魚介類が大好きです。毎日食べたいくらいですが、アメリカに住んでいるとなかなかそうはいきません。昨日も比較的新鮮な魚が置いてあるスーパーに行ったのですが、魚の高いこと。先日も魚の値段について書きましたが、私にはどうしても他の食材と値段の釣り合いがとれていないように思えるのです。今回は安売りしていたメカジキ(swordfish)を買ってきました。ステーキ用の大きな切り身しかありませんでしたが...

  2. 胡瓜とカリフラワー、ミントの爽やかサラダ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    胡瓜とカリフラワー、ミントの爽やかサラダ

    朝から抜けるような青空が広がり、サンディエゴらしい涼やかな初夏になりました。公立学校は今週で終わり、長い夏休みに入ります。私の生徒も日本へ長い一時帰国や旅行、キャンプへと飛び立つので、大分ゆったりした時間が過ごせそうです。こんな初夏の日にふさわしい見た目にも爽やかなサラダを作りました。ピーラーで長く剥いたペルシャ胡瓜、生のカリフラワー、晒し玉葱、ミントのサラダです。塩胡椒、ライム(またはレモ...

  3. 小烏賊のファルシ トマトソース&キヌアとマンゴーのサラダ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    小烏賊のファルシ トマトソース&キヌアとマンゴーのサラダ

    先日ツナとトマトのパスタソースを作った際のトマトの缶詰が余っていたので、小烏賊と合わせることにしました。でも、烏賊をトマトソースで煮込んだ料理はつい先日も作ったばかりです。少し目先を変えようと、烏賊の胴に玉葱とエリンギ、烏賊のエンペラ(耳)をみじん切りにして炒め、それを詰めてみました。烏賊が小さかったので詰めるのは少し面倒でしたが、エンペラの入った詰め物は旨味が出て、美味しくできました。使っ...

  4. 塩レモンでマリネしたオヒョウの低温ロースト - やせっぽちソプラノのキッチン2

    塩レモンでマリネしたオヒョウの低温ロースト

    Halibut(オヒョウ)は好きな魚の一つですが、値段が高いのが玉に瑕。レストランで頼んだら35ドル以下では食べられません。ちょうど良い大きさのパックが11ドルで売られていたので、買ってきました。お刺身でもないのに一人分11ドルは私にしては良いお値段です。折角のオヒョウですから色々調べて、私なりのレシピを考えてみました。塩レモンとオリーブオイルに漬けてあるドライトマトでマリネして、低温(11...

  5. 洋風から和風まで。ポケットティッシュケース好評 - 工房アンシャンテルール就労継続支援B型事業所(旧いか型たい焼き)セラピア函館代表ブログ

    洋風から和風まで。ポケットティッシュケース好評

    函館土産にいかがでしょうか?ポケットティッシュケースの函館野外劇バージョン。洋風から和風まであります。問い合わせは、セラピアまで。セラピア函館電話 0138451287

  6. 鯛のカルパッチョ&ムール貝のサフランとクリーム風味のマリニエール - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鯛のカルパッチョ&ムール貝のサフランとクリーム風味のマ...

    昨日、子供のピアノの発表会が無事終わり、ほっと一息つきました。子供の発表会は自分自身のコンサートより気が疲れます。生徒の演奏は私の教え方を反映する鏡でもありますから、私が学ぶことも沢山あります。一生懸命演奏する子供の姿に、きっと親御さんも成長の証を感じられたことでしょう。このように一人一人の生徒の成長に関わりあえることが、教える楽しさ、喜びなのだと思います。さて、三日前に遡ります。毎週金曜日...

  7. 鮭のソテー 人参の葉のチミチュリ添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鮭のソテー 人参の葉のチミチュリ添え

    レインボーカラーの人参には大抵立派な葉っぱがついています。オーガニックのこの人参の葉っぱは栄養価が高いだけでなく、美味しいので、もちろん捨てずに食べます。昨夜は以前にもアップしたチミチュリにして、鮭のソテーに添えました。さて、チミチュリとサルサヴェルデ、ジェノヴェーゼはよく似ていますが、どこが違うのでしょうか?3つのうちジェノヴェーゼはナッツ類が入るので、一番違いがわかりやすいのですが、チミ...

  8. 鰤のグリル サルサ・ヴェルデ&小松菜とチョリソーのガーリック炒め - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鰤のグリル サルサ・ヴェルデ&小松菜とチョリソーのガー...

    日本食料品店にはかなりの確率で鰤の切り身が売られています。鰤は和風にすることが多いのですが、この日はイタリアンに。ガーリックの薄切りと鷹の爪、オリーブオイルに15分ほどマリネしてグリルしました。パセリとミントの葉のみじん切り、アンチョビペースト、オリーブオイルでサルサヴェルデを作り、ゆで卵のみじん切りを散らします。見た目にも色鮮やかで、ミントの爽やかさとゆで卵がなかなか合います。元はMari...

  9. 豚フィレ肉のサルティンボッカ風 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    豚フィレ肉のサルティンボッカ風

    月に1度、合唱の練習が夕方の6時45分から始まる日があります。空いていれば15分程なのですが、丁度ラッシュ時と重なるので、6時過ぎには家を出ねばならず、夕食をどうするか少しばかり頭を悩ませます。時間があり、お腹が空いていれば練習の前に夕食を済ませることにしています。やはり、エネルギーを蓄えておかないと、力一杯指導ができませんし、遅い夕食よりは早い方が健康的でしょう。さて、そんな昨日の夕食は冷...

  10. 空豆と生ハムのリゾット&鞘のスープ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    空豆と生ハムのリゾット&鞘のスープ

    先週末、鞘付きのグリーンピースを求めに知野ファームまで足を運びました。でも残念ながら今年のグリーンピースの期間は短く、既に終わっていました。グリーンピースのリゾットとその鞘でスープを作りたかったのです。代わりに空豆を買ってきました。さて、空豆はグリーンピースよりもっと鞘の部分が沢山あります。この鞘は食べられるのでしょうか?ネットで調べると、出てきました。もちろん空豆の鞘も薄皮も全部食べられる...

  11. 活き帆立のバター醤油 & ムール貝とチョリソーのマリニエール - やせっぽちソプラノのキッチン2

    活き帆立のバター醤油 & ムール貝とチョリソーのマリニエール

    金曜日に日本食料品店を訪れると、直径12センチほどの殻付きの活き帆立が売られていました。この春2度目のお目見えです。最初に見たときも買い求めましたが、ブログにはアップしませんでした。さて、この日はバター醤油に。殻から外した帆立は貝柱、ひも、生殖巣が食べられます。殻付きホタテのさばき方はネットにたくさん載っていますので、参考にしました。貝柱は洗って一口大に切り(手でちぎっても良いです。)、ヒモ...

  12. 豚フィレ肉のソテー 金柑添え&チェリーサラダ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    豚フィレ肉のソテー 金柑添え&チェリーサラダ

    マグロのステーキに合わせた金柑の甘煮。金柑は豚肉にも合うと思い、早速フィレ肉のソテーを作りました。先日、鴨肉に金柑ソースを合わせ、とても美味しかったので、それ以来金柑にはまっています。普通は冬のもののはずの金柑が初夏になってもまだ売られているのにびっくりしますが、一年中温暖なカリフォルニアならではのことでしょうか。さて、豚フィレ肉は斜めに厚さ2センチほどにスライスし、塩胡椒、オリーブオイル、...

  13. 烏賊のナポリ風 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    烏賊のナポリ風

    一人ですと、トマトの缶詰1缶(400g)は使い出があります。最初に魚とアサリ、次にズッキーニのファルシのソース。それでもまだ余っていましたので、今度は烏賊をトマトで煮込みました。缶詰だけでは少し足りなかったので、ミニトマトも加えましたが、烏賊とトマトは相性が良いので、美味しくできました。残りは次の日パスタにしてお昼に。さて、この葉っぱがなんだかお分かりでしょうか?そら豆の蔓です。物珍しさに買...

  14. 鴨のソテーと金柑 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鴨のソテーと金柑

    日本の旅行記を書いている間に作った料理の写真が何枚かたまりました。今日はそのうちの一つ、鴨のソテーと金柑のご紹介です。久しぶりに食べたくなって買い求めた鴨。どんな果物に合わせようかと考え、ふと、金柑とは組み合わせたことがないことに思い当たりました。金柑は実は酸っぱいのですが、皮はとても甘いです。ですから、皮のまま横に切って種を取り、砂糖と蜂蜜と水で煮ておきます。ソースは赤ワインとバルサミコ酢...

  15. 鱈のムニエルと、鶏もも肉の簡単ポトフ風と、春キャベツのサラダと、サクラエビ、それ温奴 - かやうにさふらふ

    鱈のムニエルと、鶏もも肉の簡単ポトフ風と、春キャベツの...

    4月9日(日) 雨が降ったりやんだり。 15.5℃ (10:30)/ 9.9℃ (23:50)、73%。鱈のムニエル鶏もも肉のポトフ風(鶏もも肉、大根、新じゃが、新玉葱、グリーンピース、人参、キャベツ、ベーコン)春キャベツのサラダ(春キャベツ、人参、酢玉葱、ルッコラ)+ポン酢しょうゆ、EVオリーブオイル、黒胡椒サクラエビ(かま揚げサクラエビ、大根)温奴(木綿豆腐、削り節)焼海苔お味噌汁(大根...

  16.  #betterthaneatingout - マドモアゼルジジの感光生活

    #betterthaneatingout

    日曜日の昼食筍とアスパラガスとピーマンと新玉ねぎとエビ(これは昨夜の炒め物を利用)とチーズ入りのキッシュ。ポテトサラダ、ジャガイモと新玉ねぎの炒めたものとパセリと黒オリーブ。サラダオイル少々と酢とマヨネーズ塩胡椒で味付け。ミニトマトとクレソン。お豆腐と菊菜のお味噌汁。日曜日の夜。さわらのホイル焼き(さわら、生椎茸、もやし、人参とまだ残っている筍とアスパラガスとピーマンと新玉ねぎとエビ)ポン酢...

  17. 春のお夕食 - マドモアゼルジジの感光生活

    春のお夕食

    バターたっぷりを熱したフライパンで、薄切りにしたジャガイモを焼く。蓋をして、蒸し焼きにしながら、バターを吸い込み、茶色に焦げて柔らかくなるまで。鯛の切り身にお酒を少々ふりかけ、ペーパータオルで拭き取って、塩胡椒。粉をまぶし、油を熱したフライパンでこんがり焼く。ソースは、トマトを刻み、ケチャップと和えて、軽く煮てもいいし、そのままでも。お皿には盛大にクレソンをあしらう。昨日の残りの白菜と天ぷら...

  18. 鯛のムニエルと、ミネストローネと、香草サラダ、それに絹揚げ - かやうにさふらふ

    鯛のムニエルと、ミネストローネと、香草サラダ、それに絹揚げ

    3月26日(日) 終日冷たい雨。 7.6℃ (00:20)/ 3.3℃ (06:50)(正午5.0℃)、84%。鯛のムニエルとほうれん草のソテー(鯛、小麦粉、ほうれん草)ミネストローネ(待機中だったの)香草サラダ(ルッコラ、パクチー、春菊、ラディッシュ、酢玉葱)+ポン酢醤油、EVオリーブオイル、黒胡椒絹揚げ焼海苔お味噌汁(大根、ラディッシュの葉、シメジ、揚げ、煮干し)+味噌ごはん鯛のシーズン...

  19. ウェルカム・ランチ - マドモアゼルジジの感光生活

    ウェルカム・ランチ

    おかえりなさい。野菜不足かなと思って、コブサラダ。下には葉っぱを敷いて、ゆで卵、トマト、さやえんどう、新玉ねぎ、ささみのお酒ゆでたの、茹でジャガイモにベーコンを炒めて。ツナ、アボカドを、ピーナッツバタードレシング(マヨネーズ、酢、ピーナッツバター無糖小さじ2、砂糖小さじ1、醤油)バームクーヘンといちごのタルト。コーンスープで、お腹いっぱい。

  20. 春色の食卓 ♪水菜の花とカラスミのパスタ&海老とアボカド、カラカラオレンジのサラダ♪ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    春色の食卓 ♪水菜の花とカラスミのパスタ&海老とアボカ...

    冷たい海の水に冷やされた空気が霧になって陸地に押し寄せるので、午前中は曇ることが多いのですが、お昼が近づくと徐々に晴れ、春らしい暖かな光に満ち溢れます。そんな太陽の光を一杯浴びて、鉢植えの水菜に花が沢山つきました。水菜の葉っぱと花と、冷凍庫からカラスミとバジルのジェノヴェーゼを取り出し、パスタに。レシピは以前のここ⭐️を参考になさってください。黄色い愛らしい花は食卓にも春を運んでくれました。...

1 - 20 / 総件数:27 件

似ているタグ