海雨のタグまとめ

海雨」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには海雨に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「海雨」タグの記事(9)

  1. 2016.1.1 道南.年明け - river side

    2016.1.1 道南.年明け

    道南の小漁港で元旦を過ごすやや強めの北西の風。港内に雨鱒はいるのだろうか…渋い反応が続いた。ラインを引く左手にゴゴンと手応えがあるものの、なかなかフッキングしない何度もフライを変えたり、立ち位置を変えたり…新年のファーストフイッシュは小さな雨鱒、その後は海アメらしい太い魚体に出会うことができたフィールドで過ごした新年の日。今年も釣りにどっぷりはまりそうな気がしている

  2. 2011.5.18 山上湖の釣り - river side

    2011.5.18 山上湖の釣り

    車は徐々に標高を上げてゆく荒れた道にヒヤヒヤしながらだ車で入れるのはここまでだ大きな期待をのせたロッドを担ぐと、2人の釣り師は木々に囲まれた小道を足早に歩いていったすっかり雪代が治まった小さな山上湖がその姿を現す十分に落ち着いているつもりだっただが神秘的なクリアーな湖水を目前にし、ラインをなかなかガイドに通せない自分には苦笑するしかなかったひとつのフライで釣れる鱒は2匹までだった最初に結んだ...

  3. 2014.8.17 道東サーフの岩魚釣り - river side

    2014.8.17 道東サーフの岩魚釣り

    ロッドさえ振れれば釣れる…道東サーフ海雨釣りのイメージだそんな過去のイメージがボロボロと崩れた今シーズンの道東の釣りタイミングなのか、潮まわりなのか、雨鱒達は何処に行ってしまったのだろうかテンションのかからないリトリーブ砕ける波でラインはぐちゃぐちゃだまともにキャスト&リトリーブできた回数は多くはなかったそんな状況でも、魚影の濃さが釣りを成立させてくれるのが道東サーフの懐の深さだったはず…目...

  4. 2011.1.3 島牧.真冬のアングラー達 - river side

    2011.1.3 島牧.真冬のアングラー達

    風雪が途切れるのを待ちキャストを繰り返す通称18番。波は低くはない再び風が強まると、指先の体温が瞬く間に奪われていくフルフィンガーのグローブをバックから取り出し、次なるキャストに備えた1月、年間をとおして最も寒さが身にしみる月だと感じている。一般常識論に言わせると、フライロッドを振る時期ではない隣近所の目につかぬように そそくさとロッドやウェーダーを車に積み込む少し恥ずかしいような気持ちも、...

  5. 2012.7.25 道東海雨ライン - river side

    2012.7.25 道東海雨ライン

    車を降りるとドド~ンと波の音が重たく鳴り響いていた霧の立ちこめる道東の海岸線波高は予報では1m、だが目前の海面はうねりを伴った波が大きく上下に揺れていたのだった波足が長い。沖の大きく盛り上がった海面に注意しながらタイミングを伺った引き波時になるべく前に出てのキャスト後退りしながらのリトリーブにラインのテンションを感じると、ズンと重みが伝わる音別界隈の海岸線らしく、雨鱒達の密度は濃く何度も何度...

  6. 2012.3.14 目覚め - river side

    2012.3.14 目覚め

    長い眠りから覚めたような感触だった数ヶ月振りとなるロッドグリップの質感を握りしめ、海岸線に目を凝らした春を思わせる穏やかな砂浜は雪も僅かで、遠目に数人のアングラーが確認できるだけだった江の島海岸の海アメ釣りは旬を過ぎたのだろうか誰もいない目前の砂浜に降り立ち、錆びついてしまったぎこちないスタンスのキャスト。すっかり出遅れた今シーズンの釣りがスタートした。澄んだ波間からは一向に生命感は伝わって...

  7. 2015.8.1 道東サーフ.片想い - river side

    2015.8.1 道東サーフ.片想い

    波高は行ってみなければ分からない濁りは釣りになるレベルなのか道東サーフへの釣行はフライ師にとってハイリスクな遠征だと思うそれでも遠距離を走る夏の海雨を釣りたい一心であちこちをうろうろと見て歩き、腰を据えたのは音別海岸サーフにはズラリとアングラー達が並ぶ9割がルアー、フライは1割。いや1人だけだった易くはないがフライは振れそうな波高、濁りはいつも通りのやや茶色序盤に波打ち際でヒットするもランド...

  8. 2015.3.29 島牧.鮭稚魚の釣り - river side

    2015.3.29 島牧.鮭稚魚の釣り

    島牧 AM6:00。 お目当ての河口域は既に満員だった河口から少し離れ海雨を狙うこの時期になるとよく耳にする鮭稚魚へのボイル…そんな釣りを今日は経験できるのだろうか流れ込みでは数回ヒットがあり、大型もでたようだいつものように私のフライには鱒達はかすりもしない射程内でボイルらしきものが数回確認できる、海雨はいる。スレている ということなのか…リトリーブの釣りに見切りをつけ、フローティングライン...

  9. 2016.5.1 気の向くままに - river side

    2016.5.1 気の向くままに

    ゴールデンウィークこの時期の引出しの少ない僕らには毎々微妙な釣りの旅となっている例年、西へ東へとフィールドを彷徨い、ドライブだけで終わった年もあった今日は久しぶりの友との釣りだ。気ままにいこう山上のダム湖木々が覆い被さる悪路を新車で走った報いはなかった桜鱒はいるのだろうかルアー師達に混じってフライロッドを振ったサーフ出迎えたのは海雨と呼ぶにはあまりに小さいイワナ君だった友のロッドにはグッドサ...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ