深海魚のタグまとめ

深海魚」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには深海魚に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「深海魚」タグの記事(13)

  1. ゼノフタルミクティス・ダナ - うおろぐ3

    ゼノフタルミクティス・ダナ

    今週のカレンダーゼノフタルミクティス・ダナ学名:Xenophthalmichthys danae生息深度:0〜1250m 最大体長:10cm分布:大西洋、西太平洋ウルトラセブンに出てきそうな宇宙人顔(笑)イラストでは遠近感をデフォルメしてありますが、実際には鉛筆みたいな体型です。メタリックな銀色で、浮き袋を持っていません。突出した目は伸縮式だそうですが・・・どこが伸びるのかなー?フィッシュベ...

  2. ヨツメニギス - うおろぐ3

    ヨツメニギス

    今週のカレンダーヨツメニギス学名:Rhynchohyalus natalensis英名:Glasshead Barreleye生息深度:800〜1000m 最大体長:20.4cm分布:大西洋・西太平洋の熱帯水域頭が透明ヘルメットで有名になったデメニギスの仲間です。名前のとおり、目が4つあるのです。メインの2つの目は上を向いた管状眼。それぞれの目の下向きやや前方にもう1対の目を持っています。下...

  3. ウケグチザラガレイ - うおろぐ3

    ウケグチザラガレイ

    今週のカレンダーウケグチザラガレイ学名:Chascanopsetta prognatha生息深度:494〜550m 最大体長:24cm分布:モルジブ、日本、琉球トラフ「左ヒラメに右ガレイ」という言葉があります。目の付いている側でヒラメとカレイを区別するためなのですが、じつは「カレイ」の中でも、左側に目が付いている種類がいくつかいます。ウケグチザラガレイもそのひとつです。下アゴが大きく上アゴの...

  4. ラブカ - うおろぐ3

    ラブカ

    今週のカレンダーラブカ学名:Chlamydoselachus anguineus英名:Frilled Shark生息深度:120〜1280m 最大体長:200cm分布:大西洋と太平洋に局所的に分布、日本では駿河湾に多く生息口が頭部正面に開き、エラ裂は6対(現代のサメは5対)歯はデボン紀の初期のサメ、クラドセラキに形状がよく似ています。原始的なサメの特徴を残しているので「生きた化石」としても有...

  5. オンデンザメ - うおろぐ3

    オンデンザメ

    今週のカレンダーオンデンザメ学名:Somniosus pacificus英名:Pacific Sleeper Shark生息深度:0〜2000m 最大体長:600cm分布:北太平洋深海性のサメの中では、北大西洋に分布するニシオンデンザメと並び、最大種。推定で7mを超える個体の撮影記録もあります。寒い海域では海洋表面にも出現しますが、暖かい海域ではほとんど深海底付近で生活。尻ビレがありません。...

  6. サンシャイン水族館~「ゾクゾク深海生物」その2 - 続々・動物園ありマス。

    サンシャイン水族館~「ゾクゾク深海生物」その2

    ツボダイです昨日に続き、サンシャイン水族館「ゾクゾク深海生物より」ウデナガヒトデ見たまんまのネーミングです飼育例は少なく、生態も殆ど分かっていないそうですでーんと構えたオオエンコウガニオキナマコ日本近海にのみ分布する種ですオキナマコとアカザエビこれもアカザエビかなアカザエビとジンゴロウヤドカリ「生きたセンジュエビに会えるのはめったにないので貴重です」とあるので、一生懸命探してみたら・・・いま...

  7. サンシャイン水族館~「ゾクゾク深海生物」 - 続々・動物園ありマス。

    サンシャイン水族館~「ゾクゾク深海生物」

    深海生物の中でもメジャー級の人気者ダイオウグソクムシとオオグソクムシ今月5日まで開催された、サンシャイン水族館の「ゾクゾク深海生物」より何故かダイオウの元に集うオオグソクムシ妙に面白い光景ですオオエンコウガニ深海性のカニで、カニの缶詰等にマルズワイガニと記載されているのが実はこのカニのことですそんな食文化の中では、馴染み深いカニなんですがその生態は殆ど分かっていませんツノモチダコその名の通り...

  8. ハナトゲアシロ - うおろぐ3

    ハナトゲアシロ

    今週のカレンダーハナトゲアシロ学名:Acanthonus armatus英名:Bony-eared Assfish生息深度:1171〜4415m 最大体長:37cm分布:西大西洋の熱帯水域まるで白いヒトダマかオタマジャクシみたいな魚です。アシロ科の仲間はみんな似たような体型だけど、その中でもとくにトゲトゲしいのがこのハナトゲアシロ。英名の「骨耳」とは、エラから大きなトゲが伸びているから・・・...

  9. リノフリネ・アルボリフェラ - うおろぐ3

    リノフリネ・アルボリフェラ

    今週のカレンダーリノフリネ・アルボリフェラ学名:Linophryne arborifera英名:Bearded Angler生息深度:200〜1000m 最大体長:7.7cm分布:大西洋の熱帯亜熱帯水域、日本、ニュージーランドオニアンコウ科の中でもリノフリネ属はアゴ下に発光器を持つチョウチンアンコウ。頭の前方に生える疑似餌を「エスカ」と呼ぶのに対して、アゴ下の発光器は「バーベル」と呼ばれます...

  10. ヤバネウナギ - うおろぐ3

    ヤバネウナギ

    今週のカレンダーヤバネウナギ学名:Cyema atrum英名:Bobtail Eel(Arrow Eel)生息深度:330〜5100m 最大体長:15cm分布:南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、パナマ、チリ「ウナギ」と名前はついていますが、ウナギにしてはずいぶん寸詰まりで、くちばしみたいにとがった細い口、体の後端は背ビレと尻ビレで「矢羽根」のような形状になっています。細...

  11. 八景島 ZONE7~深海リウム:グソクムシは起きているか!? - 続々・動物園ありマス。

    八景島 ZONE7~深海リウム:グソクムシは起きているか!?

    深海生物界の人気者、オオグソクムシ(,,,,,▼ω▼)昨日に続き、八景島シーパラダイスZONE7より夕刻、再び訪れるとまた、ひっくり返っていましたこちらは、ダイオウグソクムシ近年では、比較的どこの水族館でも会えるスター生物になりました個人的にも大好きで、あちこちの水族館で数回お会いしてるんですが未だにこんな感じで隅っこ向いてる姿しか見たことがなくてですね・・・/ili´ ェ`)こちらも深海生...

  12. アカナマダ - うおろぐ3

    アカナマダ

    今週のカレンダーアカナマダ学名:Lophotus capellei英名:Unicornfish(North Pacific Crestfish)生息深度:0〜100m 最大体長:200cm分布:日本、ニュージーランドなど太平洋、大西洋の温かい海長い体に赤く長い背ビレ・・・リュウグウノツカイに似ていますが、背ビレの前部が長く伸びないし、長い腹ビレもないけれど、逆に小さな尻ビレがあります。深海魚...

  13. 八景島 ZONE7~深海リウム - 続々・動物園ありマス。

    八景島 ZONE7~深海リウム

    ラブカの剥製です深海ファンにとっては、憧れの生物標本とは言え、実物を見たのは初めてなので感動です八景島シーパラダイス ZONE7「深海リウム」その名の通り、珍しい深海生物たちに会えます先ずは定番の標本からリュウグウノツカイチョウチンアンコウここからは生きた深海生物ですオオホモラ後方の脚が変わった形をしておりますがこれで貝殻やカイメンを背負い、身を隠しますひっくり返っていたオオグソクムシツマリ...

1 - 13 / 総件数:13 件

似ているタグ