渓流ルアーのタグまとめ

渓流ルアー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには渓流ルアーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「渓流ルアー」タグの記事(8)

  1. ラインの話 2017年バージョン - Troutistの吐息

    ラインの話 2017年バージョン

    ○〇の話がシリーズ化しつつ有りますが。。。。。LINEの話です。といってもアプリのアレでは無く、釣糸の方のLINEです。渓流というか、BASS時代から淡水ではナイロンを使ってます。PEをちょっとの期間使用してみましたが、やっぱり自分にはナイロンが合ってます。まあPEのメリットは沢山有るんでしょうが、自分にはナイロンで充分なんです。あっ!でも海では、飛距離が必要なのでPEを使ってます。淡水でも...

  2. 転がるヘッドライト(公開版) - 第3の釣り

    転がるヘッドライト(公開版)

    先日渓流釣りで、殆ど遭難のような散々な目にあった。久しぶりに入った溪は登山道が修繕されて良くなっていた。川に降りたところの最初のポイントはダイバーの人(同僚)に譲り、何投かして反応が無いのを見てから、私もフローティングミノーを投げると大きな魚影が追いかけてきた。まだ、行けそうなのでさらに2投したところでいい型の魚がヒットした。重い引きごたえで上がってきたのは、20センチ余りのアマゴだった。そ...

  3. 樹屋万水ハンドメイドルアー 亜細亜50S入荷しました!! - アンパラなブログ   フライ、トラウトルアー編

    樹屋万水ハンドメイドルアー 亜細亜50S入荷しました!!

    長野県松本で地道に制作されている樹屋万水の渓流用ハンドメイドルアー、亜細亜50Sが再入荷しております!!レングス:50mmウエイト:3.5~3.8g(フックレス)推奨フック:シングル#8、トレブル#10販売価格:3,300円(税別)

  4. 【4月15日】伊那谷の川ー1 - Troutistの吐息

    【4月15日】伊那谷の川ー1

    まだ早いとは薄々判ってるんですが、やはりこの場所が好きなんです。前と後ろに3000m級の山々がそびえ立つ、この景色が好きなんです。ここ数年、HWというか4g以上のミノーを使うのを止めたので、PARAGONが非常にフィットします。またHATAKE.Works製のCardinal用Wハンドルもいいですね~相変わらずの綺麗な水に癒されます。またこの日、先日買ったウェーディングシューズも初使用しまし...

  5. 底の話しをしよう!-PART2 - Troutistの吐息

    底の話しをしよう!-PART2

    PART2続きですが、ウェーディングシューズを新調しました。自分は、かっちりしたアッパーが好きなのでSIMMSを愛用しています。で、場所によってVibramとフェルトを使い分けています。今回新調したのはVibramの方で、以前はHEADWATERS BOOTを使用。かれこれ5年以上は使った様な。。。。。慣れない頃は結構滑ってドボンしたりも有りましたが、慣れて来たのとクリーツを打ってからは結構...

  6. アングロイド PART2 - Troutistの吐息

    アングロイド PART2

    ブログを再開と言って固い決意のもと投稿したの2記事。。。。。早いもので、あっと言う間に1年経とうとしております。まあいい訳しますと、仕事がチョー忙しかった。。。。。。お蔭様で体は若干のメタボを除いて健康そのもです(笑)アングロ&カンパニー に発注しておいたロッドが完成しました。Pragon PR523 でブランクカラーはバンブーにして見ました。色々なロッドを使って来ましたが、結局Parago...

  7. 春の準備(2017年版) - 第3の釣り

    春の準備(2017年版)

    今日、実家に用があったので和歌山に帰っていた。今年も私には人事異動が無かったので、ホーム河川の年券(アマゴ)をいつもの釣具屋で買い求めた。解禁になって2週間近く経っていたので、入手した遊魚券の通し番号は130台だった。(この店で買った13X人目ということか?)思った以上に売れているようだ。歳のいった店主に釣れているか訊くと、解禁日は結構釣れていたと教えてくれた。どのくらいいいのかは、結局は自...

  8. 解禁 2017年 - ハーブガーデン便り

    解禁 2017年

    イングランドの詩人、サミュエル・ジョンソンの名言。「釣り竿は一方に釣り針を、もう一方の端に馬鹿者をつけた棒である」 ……言い返せません。まだまだ寒いこの時期に渓流は解禁。で、たった2時間ですが、行ってきました。しかも、こんな上流には誰も来ないだろうと思っていた所へ。しかしそこにはいくつかの足跡が。此処にも馬鹿者が。(笑)(言っておきますが、ご同輩に対しての愛情を込めてですよ)さらに左前方を見...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ