渓流のタグまとめ

渓流」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには渓流に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「渓流」タグの記事(58)

  1. 星野リゾート奥入瀬渓流ホテル③('ω') - ほっこりしましょ。。

    星野リゾート奥入瀬渓流ホテル③('ω')

    楽しみにしていたアクティビティ『早朝渓流カフェ』朝4:50分にホテルを出発して渓流を見ながらコーヒーを☕私たちはすぐ申し込んだのですがそんなに朝早く希望者が集まるのかな?と思っていたら人気のアクティビティらしく、シャトルバス2台満員でした。少し足元が濡れているかもしれないので長靴を借りました。お洒落なレインシューズがサイズごとに並んでいます。服が濡れないようにスタジアムコートも借りて乗り込み...

  2. 2012.6.6 道北.初夏の釣り - river side

    2012.6.6 道北.初夏の釣り

    数年振りに訪れた道北の流れ豊富な水量が音もなく流れていく様は、大型の虹鱒が潜む道北のフィールドとしての貫禄を感じさせた未明のロングドライブの果てに辿り着いた流れは、2人の期待を裏切ることはなかった水中、水面とステージを変えながら山深い流れを歩いてゆく出ると思ったポイントで水面を割った55cm大きなカディスで出なければしつこく底を流し、奥へ奥へ時折顔をみせる雨鱒達ティペットがバチンと切れる音に...

  3. 2012.6.26 初夏の渓歩き - river side

    2012.6.26 初夏の渓歩き

    夏を迎え入れる渓に青空が映えていたやや減水気味の流れゆっくりと歩いていこう、日々の運動不足を少しでも解消するために緑に包まれた世界は、日常の喧騒を全てリセットしてくれるだろうゆっくりでいい釣り師は確かめるように初夏の渓に一歩を踏み出したドライフライの釣り鱒の気配濃厚なポイントゆらりと大きな影が浮いてきて、ゴボンと水面を割るフライを食ってはいない、どうやら見切られたようだあれこれと品を変える3...

  4. 奥入瀬渓流(動画付き) - ヨモギ日記

    奥入瀬渓流(動画付き)

    夏の旅行も無事終わり、明日からお仕事です(動物達は皆元気でした^^)奥入瀬は雨がパラつくことも多かったのですが、水も濁らず、気温も20℃位で本当に涼しかったです。観光地というより秘境という印象の強い場所でしたが、渓流沿いに14キロも散策路が整備され、起伏も少なく歩きやすい。こんな場所は日本でも珍しいのではないでしょうか。宿泊した星野リゾートのホテルには、岡本太郎さんの遺作とされるオブジェがあ...

  5. 2011.8.2 夏景色 - river side

    2011.8.2 夏景色

    渓へと続く夏の夜道小さな集落を過ぎたあたりに車を停めた今夜の宿は車の中だ物音ひとつしない静寂な星空は、多忙な日常から非現実空間へ入り込む回廊のように思えた霧が立ち込める早朝の流れ日常の全てを忘れ、釣りだけに没頭する何度もフライを流し終えたポイント…見切りをつけ、立ち去ろうとするとガボンとライズが起こる先程と同じフライを上流から流すと、いとも簡単に大きな鱒が飛び出してきた鱒の頭上に何度もフライ...

  6. 2011.9.28 巡る季節 - river side

    2011.9.28 巡る季節

    久しぶりに訪れた渓は抜けるような青空が広がっていた白い玉石、クリアーな流れ、そして宝石のような虹鱒…来てよかった仕事に追われ、休日に釣りに出掛ける気力さえも失せていた私をフィールドへ引っ張り出してくれた友には格別の感謝を…そして最高のコンディションで僕らを迎えいれてくれた十勝の大地にも感謝の気持ちを忘れないブラインドでの釣りあがり多くの鱒達がロッドを絞り込むここぞの大場所ではライズを待ち、大...

  7. 2010.9.24 秋空と夏の流れ - river side

    2010.9.24 秋空と夏の流れ

    河原を抜ける風は少しだけ肌寒さを含んでいた澄んだ大気が、見上げた空の高さをよりいっそう際立たせていた時間はまもなく9時になろうとしているいつもよりも遅めのスタート、秋の釣りのスタイルだここ十勝を流れる虹鱒の川は、予想通りやや渇水気味それでも久しぶりに握った4番のロッドが、何度も何度も引き込まれた小さな虹鱒達の饗宴だ朝夕の冷え込みが続いた9月の下旬、メイフライのハッチに誘われた秋特有のライズを...

  8. 2009.6.1 北へ!虹鱒の川 - river side

    2009.6.1 北へ!虹鱒の川

    6月の道北雪代は収まっているとの確かな情報を得る心配なのは前日の雨の影響だった北上すること4時間、河原に辿り着く。笹濁りの流れに不安を覚えながらロッドを継いだ。何時もの入渓点に立ち込むと、増水した流れは見た目以上に重く、膝上までウェーディングすると水圧で流されそうになる。入渓点から前に進むことが出来ない…終了?それはマズい…4時間も走ってきたのだ気を取り直し、普段は水量の少ない上流へと車を走...

  9. 2014.8.10 幽谷の夏岩魚 - river side

    2014.8.10 幽谷の夏岩魚

    むし暑い夏の日が続いていた涼を求め、鱒を求め、釣り師は車を走らせた幽谷の岩魚釣り、欠かすことの出来ない夏の恒例行事だ苔むした倒木が横たえ、熊は頻繁に目撃される流れ…とりわけその上流域は釣り師の隠れ家だ澄んだ渓水にひんやりとした大気幽谷の住人達が次々とロッドを絞りこむものだから歩が進まない小場所はショートカットし現実への出口へ向かおう求めるもの全てが満たされた夢の時間だった ラストポイント.50cm

  10. 2014.9.14 夏の終わりに - river side

    2014.9.14 夏の終わりに

    夏の終わりに道東へ海から遡上した雨鱒はいるのだろうか…友と2人、河原を彷徨う雨鱒探しが始まった空は白く、流れは澄んでいたピンク色に染まる雨鱒達の斑点が印象的だった河原を歩き、少ない群れを丁寧に釣っていく、そんな釣りだったボトムの大きな影は鮭だ。フライを投げてはいけない間違ってスレがかりでもしようものなら大変な目にあってしまう…私のようにちなみに尾びれでした音別 6.24

  11. 2015.5.31 道北.小雨降る森の中で - river side

    2015.5.31 道北.小雨降る森の中で

    雪代による増水は例年より早く落ちていた一か八かのロングドライブだった小雨がぱらつく早朝の森道北の流れに虹鱒を追った1匹が貴重な釣りだった逃がした魚はどれも大きかった 虎の子の1匹は59cm頬の朱色が印象的な鱒だった 

  12. 2015.8.14 夏の釣り - river side

    2015.8.14 夏の釣り

    暑い夏。夜明けを待って谷を降りたひんやりとした風を頬に感じる。幽谷の流れは岩魚の気配に満ちていた本来、大岩魚ばかりの幽谷なのだが、大中小と様々なサイズが飛び出してきたこれも自然のサイクルなのだろうか釣り師は北へと車を走らせた8,6フィートのロッドからダブルハンドロッドに持ちかえるオホーツクでのカラフト狙いだ大移動のロングドライブ、時間は既に15時。夕刻までのワンチャンスの釣りだ。雄武町の海岸...

  13. 2008.9.9 秋へ向かう渓流 - river side

    2008.9.9 秋へ向かう渓流

    時折、冷たい風が川の上流から下りてきては、ひんやりと頬を撫でていく2週間振りの釣りということもあり、いささか張り切りすぎたようだ時間は6時前橋を渡り、林道脇に車を停めた。渓谷の底を流れる川を覗き込もうと、赤い錆びた橋へと歩くのだが、予想外の冷たい空気に驚かされた今日は27℃まで気温があがるという…炎天下の釣りを想定していたのだが、この凛とした空気は秋の訪れを感じさせるものだった急な斜面を慎重...

  14. 2016.10.30 道東.追憶の釣り - river side

    2016.10.30 道東.追憶の釣り

    見下ろす街並みが白い。占冠にさしかかるあたりから道東道は雪に包まれていた便乗させてもらった友人の車が、まだ夜の明けきっていない本別ICを降りていくふと、数年前の道東で雨鱒を釣った帰り道のことを思い出す。池田ICから高速にあがり、何故か帰りとは逆方向の本別へ車を走らせていた。あの時は疲れていたのか、標識を見てなかったのか…そんなことを思い出すと、助手席でひとり笑みがこぼれていた早朝、音別の畔に...

  15. 2009.7.29 岩魚路に咲く山女魚花 - river side

    2009.7.29 岩魚路に咲く山女魚花

    道東のサーフ濁った波を見つめる2人の釣り師…数ヶ所の漁港を彷徨ったあげく、山上の渓へと逃げ込んだ。そこには幾つもの通り過ぎた濁流の川とはうって変わって、澄んだ水の流れがあった。やっと釣りが出来る…2人は重いダブルハンドロッドを低番手のロッドに持ち替え、この岩魚路へ踏み込んでいった。岩を縫うような流れ…それらの緩流帯にフライを落とすと、かなりの確率で岩魚が飛び出してきた。鮮やかなオレンジ色を腹...

  16. 2014.8.24 深山緑渓 - river side

    2014.8.24 深山緑渓

    海岸線から山道へ折れれば、ものの5分で山岳渓流が姿を現す車1台がやっと通れるだけの難路に冷汗がとまらないゲートを越えると、大きな落石が林道を塞いでいた車を乗り捨て、ひたすら歩くしか選択肢はなかった岩を縫う流れにフライを落とすと岩魚が飛び出す開けた流れからはやまめが顔をだした少しだけ秋の色を身に纏った、厳しい顔つきのやまめだった夏の終わりを風が告げている青い空がひときわ高く広がるその下で、長い...

  17. 2017.8.13 3番ロッド - river side

    2017.8.13 3番ロッド

    ブラウン主体、たまにヤマメ。昔よく通った渓流の話だ。身近な川なのに、何年振りになるのかも分からないほどご無沙汰している。コンクリートの護岸ができてアプローチしやすくなってからは、駐車スペースにいつも2~3台の車を見るようになり、その頃から足が遠のいていた自分にとっては8月は樺太鱒を追いかけたり、岩魚の谷で涼むのが正しい夏のあり方なのだけど、なんとなく、ふらっと車を走らせていた道中、リアガラス...

  18. ::涼を求めて・・ - 花々の記憶        

    ::涼を求めて・・

    雨の朝になりました 蒸し暑さが、気になる九州地方です・・東の方では35度・・なんて猛暑熱中症注意報が 出ているようですねご用心ください・・すこしでも・・涼しい気分に・なっていただければ・・・・の 画像を・・***わたしは だれにも たよらないつよい おんな でしたあなたと であってあまえられるつよさが たいせつだと しりました***今日もご訪問イイネをありがとうございますにほんブログ村

  19. 夏の日差しを避けて - 春夏秋冬の写真集

    夏の日差しを避けて

    暑い日々が続きます。山を越えて渓流に入りました。暑い日差しは遮られ、涼やかな透明な水には夏の葉の色が移りこみその上を涼やかな風が通り過ぎていきます。

  20. 清涼感 - HI KA RI

    清涼感

    こんなとこでボーっとしたいですね^^* * * * *本日も拙い当ブログにお越しくださって誠にありがとうございます^^* * * * *

1 - 20 / 総件数:58 件

似ているタグ