源氏物語のタグまとめ

源氏物語」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには源氏物語に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「源氏物語」タグの記事(17)

  1. 「紫式部からのクイズ」の答え - 憂き世忘れ

    「紫式部からのクイズ」の答え

     問題は下の歌の「かごとがましき虫」は何の虫でしょう。 というものでした。  つれづれと わが泣きくらす 夏の日を     かごとがましき 虫の声かな  かごとがましい=恨みがましい。 答えは「くつわ虫」でーす。 「くつわ」=葛葉。裏が白い。 安倍晴明の伝説「葛の葉」ってあるでしょ。  恋しくば 尋ねきてみよ 和泉なる      信太の森のうらみ葛の葉 そうしてね、「幻」=無真で「馬」のこと...

  2. 紫式部からのクイズです - 憂き世忘れ

    紫式部からのクイズです

    「源氏物語」の「幻」に以下の歌が出てきます。  つれづれと わが泣きくらす 夏の日を     かごとがましき 虫の声かな  かごとがましい=恨みがましい。  問題 「かごとがましき虫」は何の虫でしょう。 ちなみに、教科書的答えは「ひぐらし」。前の文章で「ひぐらしの声はなやかなるに」とありますから。 しかーし、何でひぐらしが「恨みがましい」のか。 もっとバッチリの虫がいるんですよね。 答えは後ほど。

  3. なぜ、橘と時鳥はセットなのか。 - 憂き世忘れ

    なぜ、橘と時鳥はセットなのか。

    「源氏物語」の「花散里」とは「花散」=「火山」のことでございまして。 あくまでも学校では教えない「源氏物語」の話ですから、くれぐれも誤解なきよう。「火山」=イオウ。これが「祝う」となって、おめでたい橘の花が登場します。 じゃあホトトギスは、どういう立場だ? 硫黄が出ているところは、殺生石など、きわめて危険ですから、そーゆー意味で「死出の田長」であるこの鳥が出てくるのか。 とも思いましたが、そ...

  4. 「夢の浮橋」とは何か - 憂き世忘れ

    「夢の浮橋」とは何か

     「源氏物語」の最終章のタイトルです。 また、其角に以下の句があります。   蚊柱に 夢の浮はし かかる也 定家には以下の歌があります。  春の夜の 夢の浮橋 とだえして     峰にわかるる 横雲の空 「源氏」を深読み、解読いたしますと、  「夢の浮橋」とは「虹」=二字=武士「武士」は同時に、魂である「刀」も表します。「二字」が武士の異名で、深沢の「風流夢譚」に登場する「午前2時」の意味は...

  5. 「紫式部からのクイズ」2の答え - 憂き世忘れ

    「紫式部からのクイズ」2の答え

      来し方を 思ひ出づるも はかなきを  行く末かけて なに頼むらむ  問題は「歌に隠れている二つの乳製品はなーに」でした。 来し方=祖=蘇(チーズ) 行く末=後=醐(バター) なぜ、こんなものが隠れているかというと、 総角=双角=牛だからでーす。

  6. 「紫式部からのクイズ」2 - 憂き世忘れ

    「紫式部からのクイズ」2

      来し方を 思ひ出づるも はかなきを   行く末かけて なに頼むらむ 歌意は、 今までのお約束を思い出してみても、頼りなかったのに、今また将来のことを、何を頼みにするのでしょう。  「総角」に出てくるこの歌には、二つの乳製品が隠れています。 何でしょう。当然、平安時代にあったものです。 答えは後ほど。

  7. 紫式部からのクイズです - 憂き世忘れ

    紫式部からのクイズです

      「源氏物語」の「橋姫」に出てくる歌です。  泣く泣くも 羽打ち着する 君なくば     われぞ巣守に なりは果てまし   *巣守=孵化しない卵。 歌意は、 「悲嘆に沈みながらもお育てくださった父上がいなかったら、私は成人することもできなかったでしょう。」  ここでクイズです。 この歌は、「橋姫」に関係のある「漢字一文字」を表しています。何でしょう。 答えは後ほど。  

  8. 紫式部の漢字力 - 憂き世忘れ

    紫式部の漢字力

    「源氏」を深読みしていますと、式部姐さんの博識にびっくりするとともに、漢字の知識の豊かさにも驚かされます。 同音の漢字や熟語は一杯ありますよね。 蕭々、少将、少々、悄々…など、ワラワラと出てきます。表の字面ではでませんが。当時、辞書はあったのでしょうか。 とにかく、式部さん、記憶力もシャレのセンスも半端ありません。 それでね、思えば、漢字って日本と中国だけですよね。 韓国は廃止したみたいだし...

  9. 「田蓑の島」って何ですか? - 憂き世忘れ

    「田蓑の島」って何ですか?

     昨日、ずーっ悩みました。未だにワケワカメ。 「源氏物語」に出てくる「田蓑の島(たみののしま)」。頼みの綱ではありませんよ。 定説では、どっかに実在する地名があって「歌枕」とかなんとか。 信じません。式部姐さんの歌は、絶対に細工されていますから。そもそも和歌とはそういうものだと、「村上かるた」でも明らかではありませんか。 「1Q84」に、既存の権威を「小バカにする」というような表現が出てきま...

  10. 書だ!石川九楊展@上野の森美術館 - La Dolce Vita 1/2

    書だ!石川九楊展@上野の森美術館

    日曜、上野の森美術館で「書だ!石川九楊展」を鑑賞し、「源氏物語」などに感動した。子どもは黒い画面に「モグラ」と言っていた。電子書籍写真集 『光の象の島 スリランカ』(Amazon 楽天kobo)電子書籍写真集『イタリアの光・イベリアの炎~La Luce Italiana,El Fuego Iberico~』(Kindle版・Amazon)映画『水の馬、火の兎、風の獅子』(YouTube) 「...

  11. 神主さん、「源氏」読んでないでしょ - 憂き世忘れ

    神主さん、「源氏」読んでないでしょ

     九州の某神社に石碑があって、紫式部の歌というのが彫ってあります。「玉鬘」に出て来る歌です。 君にもし 心たがはば 松浦なる    かがみの神をかけて誓はん 「かがみの神」と出て来るから、よし、これにしようと、立派な石碑に刻んだのでしょう。 たしかに紫式部が創作した歌ですが、登場人物、しかも玉鬘に嫌われているのにしつこい、ストーカー的人物が詠んだ歌でございまして。 このキモい男の歌に対して乳...

  12. 「古今和歌集」の正しい読み方 - 憂き世忘れ

    「古今和歌集」の正しい読み方

     初めて知りました。「古今和歌集」は「万葉集」に比べて、くだらないとかまったくダメだとか、正岡子規はじめ、多くの人が云っているのね。 確かに、冒頭の歌からして、   年の内に 春はきにけり ひととせを     こぞとやいはん ことしとやいはん だからどーした。と云いたくなりますね。「うじやま」「むべ山風」と同じ。 じゃあね、紀貫之さんたちは、なぜこの歌を評価したのか。「古今集」は普通に読んで...

  13. 「 はこ鳥」と「かお鳥」 - 憂き世忘れ

    「 はこ鳥」と「かお鳥」

     これも、よくわかっていない鳥のようで。 「はこ鳥」は「源氏物語」の若菜(上)に出てきます。  深山木に ねぐらさだむる はこ鳥も     いかでか花の 色に飽くべき 和歌のテクニックから考えますと「はこ」は「は後」でしょう。「いろはにほへと」で「は」の後は「にほ」。ウソみたいにヒット、鳰になりました。 鳰はカイツブリです。水鳥で、生涯を通じて深山などへは行きません。 「はこ鳥」が鳰なら、こ...

  14. 入佐山(いるさのやま) - 憂き世忘れ

    入佐山(いるさのやま)

     百千鳥などと同様、この入佐山もはっきりしないものらしい。 実在する地名で「歌枕」ということになっています。一方で、月が山の端に沈むときを「いるさの山」に掛けて使うとも書いてあります。 「源氏物語」の和歌に、二回出てきます。「定説」は無視して、深読みいたしますと、式部姐さんは地名として使っていません。 「里(さと)」という言葉と組み合わせると、「いるさ」=「とはいらない」=戸隠となります。も...

  15. 源氏物语中的性描写 (PART 1) - デンマンの書きたい放題

    源氏物语中的性描写 (PART 1)

     源氏物语中的性描写 (PART 1) (oiran11.jpg)(genjiero4.jpg)(saiko01.jpg)(hime003.jpg)(himiko22b.gif)デンマンさん。。。 タイトルの中に中国語の簡体字である“语”という文字が入っていますわねぇ~。。。(kato3.gif)あれっ。。。 卑弥子さんは現代中国語も知っているのですかァ~!?この程度のこ...

  16. 源氏物语中的性描写 (PART 2) - デンマンの書きたい放題

    源氏物语中的性描写 (PART 2)

     源氏物语中的性描写 (PART 2)【卑弥子の独り言】(himiko22.gif) ですってぇ~。。。あなたは、どう思いますか?たとえ、尾木ママがテレビで『源氏物語』の性描写はスゴイ、などと言ってしまったとしても、その話を真に受けて『源氏物語』を読み始めるのは邪道ですわよう。。。絶対、読んでからガッカリしてしまうのでござ~ますわァ。。。あとで、ガッカリしないためにも、他に面白いお...

  17. 嵯峨天皇繋がり?! - いととはり

    嵯峨天皇繋がり?!

    またしても名前の「太郎・タロウ」が気になり…調べていましたら凄いことが分かっちゃいました!!何とあのブラック政治家の麻○太○と松○聖○は祖先が同じ遠い親戚だったんですね〜ご存知でたか⁈私どちらもイケ好かぬ方なのでどうでもいいのですが、ちょっとびっくりでした。太郎という名は一般的には長子・長男につける名前とあり「嵯峨天皇が第一皇子の幼名に命名したのが初見」とありました。この嵯峨天皇の子のなかに...

1 - 17 / 総件数:17 件

似ているタグ