源氏物語のタグまとめ

源氏物語」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには源氏物語に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「源氏物語」タグの記事(11)

  1. 嵯峨天皇繋がり?! - いととはり

    嵯峨天皇繋がり?!

    またしても名前の「太郎・タロウ」が気になり…調べていましたら凄いことが分かっちゃいました!!何とあのブラック政治家の麻○太郎と松○聖子は祖先が同じ遠い親戚だったんですね〜ご存知でたか⁈私どちらもイケ好かぬ方なのでどうでもいいのですが、ちょっとびっくりでした。太郎という名は一般的には長子・長男につける名前とあり「嵯峨天皇が第一皇子の幼名に命名したのが初見」とありました。この嵯峨天皇の子のなかに...

  2. ゆかた - いそや呉服店八代目ブログ

    ゆかた

    店舗でも、ネットでも、ゆかたの時期になりました~。お仕立てを考えてる方はお早めに。

  3. 二千円札! - 小さな日々*

    二千円札!

    頂いたお月謝袋に入っていたのは、なんと、二千円札!思わず歓声をあげてしまいました。何でしょう?この高揚感!(笑)2000年に発行されてからかなりの年月が経っているのに、ほとんど手にすることがありません。ちょっと調べてみたところ、既に製造されてないんですって⁈二千円札の人物は紫式部。先日、カードにも登場しましたよ!お札に書かれている文章は『源氏物語』鈴虫の一節。この時主人公の光源氏は50代。5...

  4. 紫式部@徒然 (PART 1) - デンマンの書きたい放題

    紫式部@徒然 (PART 1)

     紫式部@徒然 (PART 1) (lotus68b.jpg)(himiko22b.gif)デンマンさん。。。 紫式部をまた取り上げるのでござ~♪~ますか?(kato3.gif)いけませんかァ~?もしかして、京都の女子大学であたくしが腐女子たちに「日本文化と源氏物語」を講義しているので わざわざ紫式部を取り上げてくださるのですかァ~?。。。ん? 言われてみれば確かに卑弥子...

  5. 紫式部@徒然 (PART 2) - デンマンの書きたい放題

    紫式部@徒然 (PART 2)

     紫式部@徒然 (PART 2)【卑弥子の独り言】(himiko22.gif) あなたは、どう思いますか?そんなに簡単に、信じる者は救われるのでござ~♪~ましょうか?でも、あたくしは、次の歌を聴くと なんだか救われるような気持ちになるのでござ~ますわァ。。。あなたも ぜひ聴いてくださいませぇ~。。。(whitecliff.jpg)ところで、くどいようですけれど、あたくしは“平成の紫...

  6. 2017年源氏物語ゆかたサイトオープン - いそや呉服店八代目ブログ

    2017年源氏物語ゆかたサイトオープン

    女性用ゆかた、帯、下駄、巾着、アタバッグ掲載しました。

  7. 田上惠美子×津田美砂展  京都伊勢丹 - Misa's Party   ジェムストーンアクセサリー 

    田上惠美子×津田美砂展  京都伊勢丹

    2017年3月29日(水)〜4月11日(火)午前10時〜午後8時ジェイアール京都伊勢丹10階 和雑貨お問い合わせ:075(342)5727(直通)源氏物語54帖の各帖をモチーフにしたとんぼ玉やオリジナルアクセサリー、和コモノの展示販売。とんぼ玉アクセサリーのお仕立てもできます。

  8. 夕顔 床上手 (PART 1) - デンマンの書きたい放題

    夕顔 床上手 (PART 1)

     夕顔 床上手 (PART 1) (asa10.jpg+spacer.png)(girl912b.png)(satomi03x.png)(himiko22b.gif)デンマンさん。。。 源氏物語に出てくる“夕顔”のお話でござ~♪~ますかァ~?(kato3.gif)いけませんかァ?でも。。。、でも。。。、“夕顔”が床上手だったということは源氏物語の中には出てこないのでござ~...

  9. 牛が化ける - 憂き世忘れ

    牛が化ける

     日本語というのは超ややこしいのです。教養のない私などが、源氏物語を読むとなったら大変でございます。 例えば「牛=うし」。こんだけ変化します。  うし うじ ふし ぶし ぶじ ふじ ぶぢ ぶち ふち うち むし むじ むぢ むち  漢字に直すと、牛 丑 齲歯 憂し 節 不死 伏し 武士 仏子 無事 打ち 斑 淵 縁 扶持 内 家 虫 蟲 無視 蒸し 無地 無知 鞭……。 だから、ちょっとひね...

  10. 日の春をさすがに鶴の歩み哉 - 憂き世忘れ

    日の春をさすがに鶴の歩み哉

     もういっちょ其角です。これもね、悩んだ。其角ファンはみんな悩んだと思います。小峠さん風にいうと「なんで日の春なんだよー、フツーは春の日だろー」なのです。 師匠の芭蕉は「此五文字よろしからず、春の日か、立春はと置くべき」と言っている。つまりダメって言っている。  其角さんはワザとやっているに決まっています。ワタクシは今日、答えを見つけました。やっぱし「源氏物語」でしたね。「源氏」を読んだ人で...

  11. 闇の夜は吉原ばかり月夜かな - 憂き世忘れ

    闇の夜は吉原ばかり月夜かな

     これも其角の有名な句。このブログでも過去に取り上げてダブルミーニングだとかなんとか、悩んだ解釈をいたしました。何のことはない、やっぱし「源氏」という錠が下りている。鍵がないと、いくら考えても理解できません。 源氏物語に「雲隠」という巻があって何も書かれていない。これはね「闇(病み)」の意味なんです。 其角は逆方向に使っている。 「雲隠れ=葬式」の夜は吉原ばかり月夜。 落語ファンならピンとく...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ