牧口常三郎のタグまとめ

牧口常三郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには牧口常三郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「牧口常三郎」タグの記事(7)

  1. 『創価教育学体系・Ⅱ』から学んだこと - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                            ゆっくりと、マイペースで更新です

    『創価教育学体系・Ⅱ』から学んだこと

    いよいよもって、読みたいと思っていた牧口先生の『価値論』が収められている『創価教育学体系・Ⅱ』を読むに当たって・・・価値論 (レグルス文庫)牧口常三郎,戸田城聖/第三文明社undefined↑このレグルス文庫の『価値論』は、「改訂の度合いが大きく価値論の重心の置き所ところを変えてしまっている。」との書評を読み、牧口先生の全集の旧版が原書とお聞きしました。改訂されたものではなく原書が読みたかっ...

  2. 『創価教育学体系・Ⅰ』から学んだこと - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                            ゆっくりと、マイペースで更新です

    『創価教育学体系・Ⅰ』から学んだこと

    『人生地理学』から30年の時を重ね「教育」について教師である牧口先生が真剣に目の前に居る子供たちを見ながら(教育現場に立ちながら)、何としても幸せな人生を送らせることはできないものかと思索され続けた思い(メモ書き等)を、一つの教育学体系としてまとめたものである。本として纏められたのは戸田先生のご尽力(「推理式指導算術」実験結果を含め)があったということを知った。創価教育学体系 1 (聖教文庫...

  3. 人生地理学 5 - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                           ゆっくりと、マイペースで更新です^^; 

    人生地理学 5

     牧口先生の人生地理学、ようやく最終巻となりました。この巻は、人生地理学 4 第三編 「地球を舞台としての人類生活現象」の続きで、国家地論・都市および村落地論・人情風俗地論・生存競争地論・文明地論と第四編 「地理学総論」地理学の概念・地理学の発達・地理学の名称ならびに人生地理学の科学的位置を論ず・地理学の研究法・地理学の効果および必要、です。人生地理学 5 (聖教文庫)牧口常三郎/聖教新聞社...

  4. 人生地理学 4 - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                           ゆっくりと、マイペースで更新です^^; 

    人生地理学 4

    人生地理学 (4) (聖教文庫 (76))牧口 常三郎/聖教新聞社undefinedこの巻は、第三編 地球を舞台としての人類生活現象難しそうだなぁ… と。 (汗)まず一番目に出てきたのは、「社会とは何ぞや」ここからですね。世間一般に使われる「社会」という言葉「社会のために」「社会制裁」「教育社会」「経済社会」「社会主義」「社会党」と称し、通俗には「世の中」「世間」「世上」。新聞紙上には、個人...

  5. 人生地理学 3 - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                           ゆっくりと、マイペースで更新です^^; 

    人生地理学 3

    人生地理学 (3) (聖教文庫 (19))牧口 常三郎/聖教新聞社undefined前回までの、1・2巻は、「第一編 人類の生活処としての地」、ということで分野でいえば地理、環境が多かったかな…私としてはとても苦手分野。森林や河川をテーマにした人との関わりは身近で楽しい感情があったけど、半島や港湾や海岸線なのど地形をテーマにした対外的な部分は読んでいてページをめくる速度が重かった^^;ようや...

  6. 人生地理学 2 - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                           ゆっくりと、マイペースで更新です^^; 

    人生地理学 2

    人生地理学 (2) (聖教文庫 (10))牧口 常三郎/聖教新聞社undefined前回、読んだ『人生地理学 1』では、地と人間との関係、観察の基点として日月、星、地球、島嶼、半島および岬角、地峡、山岳および渓谷、平原。は、人間の生活にどう影響ているかの視点で観察されています。諸物に対しても「人生」という言葉を使う意味「人間の生活」に関わる(係る)ことに視点を置いているため、身近なものから、...

  7. 人生地理学 1 - 昨日より今日 今日より明日へ 自分を信じて♪                           ゆっくりと、マイペースで更新です^^; 

    人生地理学 1

    牧口常三郎の『人生地理学』を読む村尾 行一/潮出版社undefined牧口先生の人生地理学を、読むにあたって副読本として 村尾行一『牧口常三郎の「人生地理学」を読む』を読んだ。その中で、村尾先生がこの本についてこう述べている。地理学の書物と限局しないほうがよい。率直にいって、当時の地理学界は牧口のこの労作を従来の地理学体系のなかで、どう据えたものか持てあましていたし、現在もそうである。という...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ