物語のタグまとめ

物語」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには物語に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「物語」タグの記事(14)

  1. ご先祖様とボン・ボヤージュ - 魔女の見習い よもやま歳時記

    ご先祖様とボン・ボヤージュ

    「お盆というのはワクワクします。だってご先祖様と一年ぶりに逢えるんですからね」いつだったか盂蘭盆会の法要の時に、住職はこんな話をしていました。お盆になるとご先祖は、わざわざ訪ねて来てくれる。それってありがたい話しですよね。霊魂って案外寂しがり屋なのだろうか?でもそういうことなら、たとえ向こうの世界の住人だろうと、客人として丁重にもてなさないと。自慢じゃないけど私、天使を招いたこともあるんです...

  2. 今そこにない時間や空間や場所について | 2017年8月6日に思うこと - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    今そこにない時間や空間や場所について | 2017年8...

    今そこにない時間や空間や場所について想像してみること、その難しさについて。(上写真は朝日新聞DIGITALからキャプチャー)先日夕刊を広げたら、なんだか素敵な写真が掲載されていました。光が流れる中をブタやウマや動物たちが駆けています。その表情もリアルです。記事を読むと練馬のとしまえんの回転木馬とのこと。以下2017年8月4日付朝日新聞夕刊の記事から。110歳の回転木馬の豚=東京都練馬区のとし...

  3. はてしない物語 - すくえあのーと

    はてしない物語

    モモと遊んだ後、果てしない物語を旅している楽しい今にほんブログ村

  4. 2017/6/30 家づくりの物語追加。 - 藤井工務店 お知らせブログ

    2017/6/30 家づくりの物語追加。

    家づくりの物語を追加いたしました。旭川市・Sさん宅「街中で緑の豊かさを感じる 変形地形を生かした住まい」詳細はコチラ一覧はコチラから

  5. モモと - すくえあのーと

    モモと

    モモのいる暮らし、うそはいらない、いがみ合いはいらない、モモと一緒に本当を生きるにほんブログ村

  6. 「権力味」誤記修正のお知らせ - 歴史チップス新聞「REXXXXXI(れきっっっっしー)」

    「権力味」誤記修正のお知らせ

     いえね。 いいわけですけどね。 あまり見たことなくて、うろ覚えだったんですね。 「疾風怒濤」じゃなくて、「超絶孤高」だったそうで。 あの人がモデルだとは一言も書いてませんけども、修正しておきました。

  7. 運命に翻弄される人々 - 魔女の見習い よもやま歳時記

    運命に翻弄される人々

    台湾に旅行に行った時、京劇を鑑賞するチャンスに恵まれた。観光客向けの一幕もののプログラムでしたが、孫悟空の冒険活劇や若い男女の恋の駆け引きなど、楽しい芝居を鑑賞させて貰いました。それは歌舞伎や能の体験で、興奮する外国人と同じ状況なんでしょうね。京劇特有のあの甲高い音楽や、衣装やアクロバットや演出に終始ドキドキさせられっ放しで、感動と興奮の一夜を過ごすことが出来ました。中国文化は途轍もなく大き...

  8. 現代都市とボランタリープリズナーズ |  THE WAY INN / Will Wiles - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    現代都市とボランタリープリズナーズ |  THE WA...

    現代都市とボランタリープリズナーズのはなしウィル・ワイルズの「時間のないホテル」を読んだ。原題:THE WAY INN / Will Wilesどこかの飛行場に隣接した、周囲は永遠に工事中なのかと思うような、ほぼ何もない茫漠としたエリアに建設された巨大コンヴェンション・センターと、それに直結される(予定の)メガホテルチェーンによるどこまでも抑揚のない匿名そのもののようなホテル。そのような場所...

  9. RUBYの独り言。。「誰が決めたの?」 - rubyの好きなこと日記

    RUBYの独り言。。「誰が決めたの?」

               「誰が決めたの?」「ねえ。誰が決めたの?」人形はいつだってこう問いかけた。「ねえ。誰が決めたの?」そう言えば、貴女はこうあるべきだと人に言われ続けそしてその期待を裏切り続けている。「ねぇ。それって誰が決めたの?」心の中の問い掛けはそのまま人形制作へと結び付き、人びとの期待を裏切り続けた私を、私はちょっぴり誇らしく思う。このまま、60代になっても、70代になっても、私は自...

  10. 近代数寄屋の軽妙洒脱なデザインを | 吉田五十八@吉屋信子記念館にて - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    近代数寄屋の軽妙洒脱なデザインを | 吉田五十八@吉屋...

    近代数寄屋の軽妙洒脱なデザインを愉しむ、そんな時間になりました。先日のお天気が良い日に鎌倉を散歩する機会があり、由比ガ浜の吉屋信子記念館を見学することができました。記念館でいただいた資料には特にいつごろできた建物かという記述はなかったのですが、調べてみると、昭和37年(1962年)に建築家吉田五十八(参考ページ)が古い既存家屋を改修したもの、という記事をネットで見かけました。吉田五十八は近代...

  11. 星の味方 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    星の味方

    星は夜空に輝く。何万光年も離れた場所から僕たちは夜の空を仰ぎ見るときその温度を感じる。光として。なんと不思議な現象であろうか。灼熱の太陽みたいな恒星は、遠くからだとその温度すら光となって、白くチカチカと夜空に明滅しすることになる。僕たちの祖先はその星星に物語をみた。星座が生き物のようにうつったのだ。それは長い年月の元、古代人たちは夜空に深い関心を示した。現代人は忙しく、星に関心すらないのかと...

  12. 骨盤王国の物語 - 魔女の見習い よもやま歳時記

    骨盤王国の物語

    スポーツクラブでピラティスのクラスに参加した時のこと。クラスの参加者は40~50代の女性が多く、意識高い系の大人の女性ばかりが集まっていた。あろうことかインストラクターの先生も同じ世代。だからレッスンは同世代同士の気のおけない雰囲気になり、加齢に伴うあの手の話題で大いに盛り上がりました。<二の腕のプルプルを解消するエクササイズ><下腹部をスッキリさせるエクササイズ><くびれを保つエクササイズ...

  13. ワンブロック戯れ物語008 - 写メモ 時々うた・ 短歌もどき&戯れ物語

    ワンブロック戯れ物語008

    「微粒子の旅」冷淡に輝くグラスの中の氷は光の視線を避けながら不確かな存在について思いを巡らせていた。そのグラスの輝きに惹かれて集まったのは何億光年もの旅を続けてきた微粒子たちだった。彼らはグラスの中の透明な物体を眺め氷のなまめかしい表情に「異文化の微笑み」という名前をつけ自分たちの神として崇めることを決めた。しかしその神は時間という大きな怪物にカラダを少しずつ削られ存在を放棄させられつつあっ...

  14. 簡単!自分で悪魔祓い - 魔女の見習い よもやま歳時記

    簡単!自分で悪魔祓い

    映画<エクソシスト>を観た時のことは、今でも印象に強く残っている。リンダ・ブレアが悪魔に取り憑かれ、別人格となって暴言を吐きまくる様子に、少女だった私は真剣に恐れおののいた。<エクソシストごっこ>と称してベッドで跳ねて、周囲を笑わせてはみたものの、180度首をひねり白目を向く恐ろしい悪魔の形相に、夜が来るたび悩まされたものです。映画の中の悪魔祓い師・・・あれは架空の話ではありません。キリスト...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ