物語のタグまとめ

物語」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには物語に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「物語」タグの記事(21)

  1. 「権力味」誤記修正のお知らせ - 歴史チップス新聞「REXXXXXI(れきっっっっしー)」

    「権力味」誤記修正のお知らせ

     いえね。 いいわけですけどね。 あまり見たことなくて、うろ覚えだったんですね。 「疾風怒濤」じゃなくて、「超絶孤高」だったそうで。 あの人がモデルだとは一言も書いてませんけども、修正しておきました。

  2. 運命に翻弄される人々 - 魔女の見習い よもやま歳時記

    運命に翻弄される人々

    台湾に旅行に行った時、京劇を鑑賞するチャンスに恵まれた。観光客向けの一幕もののプログラムでしたが、孫悟空の冒険活劇や若い男女の恋の駆け引きなど、楽しい芝居を鑑賞させて貰いました。それは歌舞伎や能の体験で、興奮する外国人と同じ状況なんでしょうね。京劇特有のあの甲高い音楽や、衣装やアクロバットや演出に終始ドキドキさせられっ放しで、感動と興奮の一夜を過ごすことが出来ました。中国文化は途轍もなく大き...

  3. 現代都市とボランタリープリズナーズ |  THE WAY INN / Will Wiles - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    現代都市とボランタリープリズナーズ |  THE WA...

    現代都市とボランタリープリズナーズのはなしウィル・ワイルズの「時間のないホテル」を読んだ。原題:THE WAY INN / Will Wilesどこかの飛行場に隣接した、周囲は永遠に工事中なのかと思うような、ほぼ何もない茫漠としたエリアに建設された巨大コンヴェンション・センターと、それに直結される(予定の)メガホテルチェーンによるどこまでも抑揚のない匿名そのもののようなホテル。そのような場所...

  4. RUBYの独り言。。「誰が決めたの?」 - rubyの好きなこと日記

    RUBYの独り言。。「誰が決めたの?」

               「誰が決めたの?」「ねえ。誰が決めたの?」人形はいつだってこう問いかけた。「ねえ。誰が決めたの?」そう言えば、貴女はこうあるべきだと人に言われ続けそしてその期待を裏切り続けている。「ねぇ。それって誰が決めたの?」心の中の問い掛けはそのまま人形制作へと結び付き、人びとの期待を裏切り続けた私を、私はちょっぴり誇らしく思う。このまま、60代になっても、70代になっても、私は自...

  5. 近代数寄屋の軽妙洒脱なデザインを | 吉田五十八@吉屋信子記念館にて - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    近代数寄屋の軽妙洒脱なデザインを | 吉田五十八@吉屋...

    近代数寄屋の軽妙洒脱なデザインを愉しむ、そんな時間になりました。先日のお天気が良い日に鎌倉を散歩する機会があり、由比ガ浜の吉屋信子記念館を見学することができました。記念館でいただいた資料には特にいつごろできた建物かという記述はなかったのですが、調べてみると、昭和37年(1962年)に建築家吉田五十八(参考ページ)が古い既存家屋を改修したもの、という記事をネットで見かけました。吉田五十八は近代...

  6. 星の味方 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    星の味方

    星は夜空に輝く。何万光年も離れた場所から僕たちは夜の空を仰ぎ見るときその温度を感じる。光として。なんと不思議な現象であろうか。灼熱の太陽みたいな恒星は、遠くからだとその温度すら光となって、白くチカチカと夜空に明滅しすることになる。僕たちの祖先はその星星に物語をみた。星座が生き物のようにうつったのだ。それは長い年月の元、古代人たちは夜空に深い関心を示した。現代人は忙しく、星に関心すらないのかと...

  7. 骨盤王国の物語 - 魔女の見習い よもやま歳時記

    骨盤王国の物語

    スポーツクラブでピラティスのクラスに参加した時のこと。クラスの参加者は40~50代の女性が多く、意識高い系の大人の女性ばかりが集まっていた。あろうことかインストラクターの先生も同じ世代。だからレッスンは同世代同士の気のおけない雰囲気になり、加齢に伴うあの手の話題で大いに盛り上がりました。<二の腕のプルプルを解消するエクササイズ><下腹部をスッキリさせるエクササイズ><くびれを保つエクササイズ...

  8. ワンブロック戯れ物語008 - 写メモ 時々うた・ 短歌もどき&戯れ物語

    ワンブロック戯れ物語008

    「微粒子の旅」冷淡に輝くグラスの中の氷は光の視線を避けながら不確かな存在について思いを巡らせていた。そのグラスの輝きに惹かれて集まったのは何億光年もの旅を続けてきた微粒子たちだった。彼らはグラスの中の透明な物体を眺め氷のなまめかしい表情に「異文化の微笑み」という名前をつけ自分たちの神として崇めることを決めた。しかしその神は時間という大きな怪物にカラダを少しずつ削られ存在を放棄させられつつあっ...

  9. 簡単!自分で悪魔祓い - 魔女の見習い よもやま歳時記

    簡単!自分で悪魔祓い

    映画<エクソシスト>を観た時のことは、今でも印象に強く残っている。リンダ・ブレアが悪魔に取り憑かれ、別人格となって暴言を吐きまくる様子に、少女だった私は真剣に恐れおののいた。<エクソシストごっこ>と称してベッドで跳ねて、周囲を笑わせてはみたものの、180度首をひねり白目を向く恐ろしい悪魔の形相に、夜が来るたび悩まされたものです。映画の中の悪魔祓い師・・・あれは架空の話ではありません。キリスト...

  10. 動物ブローチ!パート2。。ファンタジーアニマル製作中~~♪^^ - rubyの好きなこと日記

    動物ブローチ!パート2。。ファンタジーアニマル製作中~...

    サーニットの動物ブローチをコピーして。。石塑で模りして。。。ファンタジー系の生き物を。。。と。。う~~ん。。へんてこりんな生き物になってしまいました。。。><。。これ。。売れるのか?? ><。。。まあ。趣味満載なので、、いいか?楽しければ???まだ途中ですが、ペイント終わったのでUPします!!!なんだか、マカロン風のペイントで美味そうです♪^^これからブローチの部分を作るのですが、、、ペイン...

  11. ☆キングダムハーツ☆ - 忍たま・セラムン・王国心・ディズニー・サンリオのイラスト

    ☆キングダムハーツ☆

    ☆空の星 光を描く 物語☆

  12. 女体に宿る奇跡の花 - 魔女の見習い よもやま歳時記

    女体に宿る奇跡の花

    [女の体を宿主にして、鮮やかに花を咲かす植物がある]あなたはそんな奇跡みたいな話しを信じますか?以前観たファンタジー映画の、不思議な花のお話しをしましょう。映画<シャニダールの花>より  突然変異のこの花は、女性の身体を母体にして鮮やかな花を咲かそうとします。もちろんそれはごく稀な現象で、花を宿す女性を探すのはとても困難でした。しかし、花の花弁から摂取する成分には新薬開発の貴重な成分が含まれ...

  13. 時間と場所を行きかうための媒介者、あるいは | ゼーバルトの [改訳]アウステルリッツ - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    時間と場所を行きかうための媒介者、あるいは | ゼーバ...

    時間と場所を行きかうための媒介者、あるいは「建築」としての本。以前から気になっていた、W・G・ゼーバルトの「 [改訳]アウステルリッツ 」を図書館から借りて読んだ。鈴木仁子さんの翻訳である。著者はドイツ出身の英国の作家。ノーベル文学賞候補とされたようだが、2001年に57歳で自動車事故により没とウィッキにはある。少々長くなるが、以下に訳者あとがきから引用する。くり返しを厭わない、延々と従属文...

  14. 重なり合う二つの時間を見つけた場所で | 春の散歩にて - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    重なり合う二つの時間を見つけた場所で | 春の散歩にて

    重なり合う二つの時間を見つけた場所であたたかで気持の良い日曜日の午後の風に誘われて散歩に出掛けてきました。いつもは車で通り過ぎるところを、一歩うしろに回ってみたら、ずっと昔からあるような里山の風景に出会いました。表通りは車の往来も多く、なんだかちょっと殺伐とした場所だと感じていたのですが、その裏にこんなところがあったのには少し驚き、楽しくなりました。少し離れた視点から見てみれば、同じ場所に重...

  15. 建築を発見的に生き始めている | 深沢の家にて - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    建築を発見的に生き始めている | 深沢の家にて

    建築を発見的に生き始めているご家族の姿が印象的でした。建主さんにお誘いいただき、深沢の家のお披露目会にうかがってきました。キッチンをはじめとして片付けはこれから・・・とおっしゃっていましたが、家自体がものごとの秩序をうみだし、あるべきところにあるべきものが納まりつつある、という印象を受けました。そしてそうあることで、そこに住む人たちの心にゆとりや希望のようなもの、あるいは自信でしょうか・・・...

  16. 魂 / SOULを込められたもの | 「わが永遠の魂」と「建築の居場所」 - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    魂 / SOULを込められたもの | 「わが永遠の魂」...

    魂 / SOULを込められたものと向かいあうことができました。(上:「わが永遠の魂」展示室 下:「建築の居場所」リーフレットより)少しずつ春の気配を感じるようになった先日、六本木の国立新美術館で草間弥生「わが永遠の魂」と乃木坂のギャラリー間にて堀部安嗣「建築の居場所」の展覧会に行って来ました。世代も表現も全く異なる二人の作家ですが、魂/SOULに満ちたものを創出する、その大切さを信じ、それに...

  17. 卒業旅行 ~20century @LONDON - ソラトシッポノカケラタチ

    卒業旅行 ~20century @LONDON

    昔々あるところに、春に学校を卒業して社会に出る青年がいました。その青年は学生時代の想い出にと、海を渡りロンドンという古い街を訪れました。そして、その街の仕立屋で一本の素敵なネクタイに出逢いました。しかし、そのネクタイはあまりに高価であったため、青年は諦めて店を後にしました。青年は、その後に何度か同じ柄のネクタイを探しましたが、何故だか縁がなく手に入れることができませんでした。 _ _ ...

  18. こびととくつや - ぽれぽれ切り絵Works

    こびととくつや

    ミニ切り絵でご紹介し忘れていたのがありました〜                              (2016年作成)ミニ切り絵・物語シリーズ「こびととくつや」です⇧グリム童話の有名なお話の一つですね。ある日の夜中、貧しい靴屋夫婦の元に突然こびとが現れ残り1枚となった材料の革で、とても素敵な靴を作った。その靴はすぐに売れて、新しく2足分の材料を買う事が出来た。次の日も、置いておいた革が...

  19. ワンブロック戯れ物語007 - 写メモ 時々うた・ 短歌もどき&戯れ物語

    ワンブロック戯れ物語007

    何気なくついたため息が灰皿の上に転がり落ちて1回転した。僕は慌てて手を貸そうとしたがため息は素早く体勢を整え僕の方を見た。「大丈夫かい」そう聞くと「君のため息にはポリシーがないんだよなぁ」とあきれた表情で呟いた。その言い方がカチーンときたのでさっき注文したブルーのソーダ水をストローで吸い上げ一気に頭からかけてやった。するとため息は「チクショー」と叫んで溶けていった。/////////////...

  20. 心の奥深くにあるものに語りかけてくる / Peter Salter  Walmer Yard - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    心の奥深くにあるものに語りかけてくる / Peter ...

    心の奥深くにあるものに語りかけてくる、そんな建築です。英国の建築家ピーター・ソルター(Peter Salter)が<Walmer Yard,W11>という集合住宅をロンドンに完成させたようです。以下のサイトにプロジェクトの詳細があります。http://www.walmeryard.co.uk/(写真は上記サイトのトップページのスクリーンショットです)ピーターは、私がロンドンのAAスクール(A...

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ