特別展のタグまとめ

特別展」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには特別展に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「特別展」タグの記事(4)

  1. 近畿地学会第264回例会 番外編(2) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    近畿地学会第264回例会 番外編(2)

    近畿地学会第264回例会より1日、早く乗り込んだ最大の目的は、行ったことのない福井県立恐竜博物館の見学だ。ちょうど、「恐竜の卵~恐竜誕生に秘められた謎~」という特別展(~10/15)の開催中なのでラッキーだった。三連休前の金曜日ということで幼児連れのファミリーが多かったものの、平日ということでストレスを感じない状態だったのもラッキーだった。私が、驚いたのは、キョウリュウの卵の研究が大きく進ん...

  2. 新特別展“Witness to War: Remembering 1942”@シンガポール国立博物館 - シンガポール ミュージアム 日本語ガイド 

    新特別展“Witness to War: Rememb...

    シンガポール国立博物館では9月23日より新特別展を以下の通り開催します。今年はシンガポール陥落から75年。本展示は、太平洋戦争でのシンガポールの人々の体験から周辺地域の状況まで、1942年に焦点を当てた、新たな視点の展示です。<展示名>“Witness to War: Remembering 1942”(戦争の証人:1942年の記憶)<期間>2017年9月23日〜2018年3月25日<開館時...

  3. アジア文明博物館で現代アートも楽しむ - シンガポール ミュージアム 日本語ガイド 

    アジア文明博物館で現代アートも楽しむ

    現在アジア文明博物館では、特別展李朝展の開催に合わせて、韓国における『結婚』をテーマとした、現代韓国アートのインスタレーションを展示しています。このインスタレーション、21枚のフレキシパネルに5万個以上のボタンをピンで打ち付けて、吉兆模様の梅や蜘蛛の巣を表現しています。作成に1年以上の時間がかかったそうです。パネルの向かいの壁には、一対のフェニックスが5㎞以上の長さの糸によって表現されていま...

  4. もうすぐ終了!特別展「ニョニャの針仕事:刺繍とビーズが彩るプラナカンの世界」 - シンガポール ミュージアム 日本語ガイド 

    もうすぐ終了!特別展「ニョニャの針仕事:刺繍とビーズが...

    プラナカン博物館で開催中の特別展「ニョニャの針仕事:刺繍とビーズが彩るプラナカンの世界」、もうご覧になりましたか?多くのお客様を惹きつけてきた特別展ですが、ついに6月18日で終了となります。プラナカンの女性、ニョニャが好んだ華麗な作品の数々、まだの方はお見逃しなく!これは、婚礼ベッドにかけられていたカーテンの一部。このカーテンには、鳥や植物、仏教のシンボルなど50種類もの吉祥模様が刺繍されて...

1 - 4 / 総件数:4 件

似ているタグ