特別講座のタグまとめ (10件)

特別講座のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには特別講座に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by アトリエTODAYのブログ

アート特別講座2017年度開講講座「楽しく描こう    人物クロッキー」参加者募集のお知らせ先日アトリエで開催したジャズ&クロッキーではジャズやクロッキーに興味を持つたくさんの方にお集まりいただき盛会のうちに無事終了いたしましたありがとうございました!今回の催しをきっかけにアトリエTODAY特別講座では以前から開講のご要望が多い「人物クロッキー講座」を久しぶりに開催することになりまし...

by アトリエTODAYのブログ

アート特別講座2017年度開講講座「アクリルガッシュで     バラを描く」参加者募集のお知らせ昨年下半期に実施して好評の特別講座「一輪からはじめるバラ水彩画講座」に引き続き今回は「アクリルガッシュでバラを描く」講座の参加者を募集いたします開講予定日2017/3/6、4/3、5/15、6/5毎月1回月曜日 午前10:00〜12:30全4回講座定員20名申し込み締め切り日 2/23(ただしお申...

背景を創作して描く〜モチーフに似合う背景とは〜(この講座は2016年1月10日に開講しました)対象物(モチーフ)を上手に描けたのに、最後の背景で失敗した、という経験はありませんか? モチーフに似合う背景、透明水彩らしい背景などを幾つかご紹介しながら、描いていきます。以下背景を描く時のポイントや注意点です。1 実物の背景がよほど良くない限り、描写することをお勧めしたくない。2 背景を描く手順は...

ペンを使って水彩画を描く〜線を楽しみながら絵にしていく〜(この講座は2016年12月13日に開講しました)今回はペンを使う楽しさやポイントをご紹介する講座でした。使用するペンは水性で乾くと耐水性になる、通称ミリペンペンと言われるものです。ペン先が0,03~2ミリと様々な太さがあり、描く箇所によって自由に使い分けることができます。また線だけでなく点や破線、加えてペンを寝かせたり、ペン先を素...

自然な光の表現〜対象物を見る目を養う〜(この講座は2016年11月29日に開講しました)水彩技法を習得しても、上手く描けないことが多々あります。その理由の多くは光や陰影の現象やパターンを重視していないからです。光の方向によって異なる描き方をしながら、光の自然現象を学びましょう。自然な光を表現するために1、光の方向を意識する   対象物に当たる光の角度によって陰影の出来方が異なることは皆さんも...

マスキングと塩まきで楽に描く〜塗りで失敗しないための方法として〜(この講座は2016年11月14日に開講しました)水彩画を完成させることは結構大変です。マスキング液をスパッタリングしたり塩を蒔くことで、様々な濃淡や表情を作り、同時にぼかしや重色など苦労を軽減します。上段左(紅葉枯葉)=予め使用する色を溶いておく(黄系・緑系・茶系)→ジグソーパズルのように(色を敷き詰めて)色を塗っていく(隣合...

透明水彩を簡単に楽しむ 〜実物の野菜・その他の表情を捉えて描く〜(この講座は2016年10月24日に開講しました)野菜や自然物を観察していると、とてもユニークで面白い表情を発見できます。それぞれの野菜に応じて異なる描き方をしていきます。(できるだけシンプルな行程で描きました)上(柚子)=ぼかしで陰影をつける→乾いてから柚子の黄色を塗る中(クワイ)・下(ブラウン マッシュルーム)=にじみで全体...

キレイな色で描く(この講座は2016年10月12日に開講しました)実物の色と透明水彩の色とは天と地ほどの違いがあると言っても過言ではありません。実物の色に囚われず、ある程度自由に色を楽しむことで、透明水彩らしい軽やかな色合いになっていきます。鎌倉・浄智寺の灯篭境内に うっかりすると見過ごしてしまいそうな灰色の灯篭がありました。しかしよく見ると苔が微かに生え、石自体の色もピンクやブルーなどキレ...

花の上手な描き方[この講座は2016年9月30日(金)に開講しました]花は難しい題材の一つです。少しでも楽に描けるコツをお伝えする授業でした。注意する点は様々ありますが、その中で私が特に大切と思う事を次の4つに絞って授業を進めました。 花をキレイに描くコツは1 模様のある花は、最初に陰影を描き、最後に模様を描く。2 立体的な花は最初に大まかな陰影を塗ってから徐々に細部を描いていく。 例=菊・...

透明水彩の基本をマスターする [この講座は2016年9月14日(水)に開講しました]透明水彩の2大技法である「ぼかし」と「にじみ」、これをマスターするコツは水加減と筆さばきです。簡単なモチーフを幾つも描きながら、確実な習得を目指しました。■ぼかし について○ぼかしとは?   塗った色の境目を水を含ませた筆で軽く擦り ぼんやりとさせる技法。○コツは3つa, 最初に塗る色の量が大切  最初に塗る...

似ているタグ