琵琶湖のタグまとめ

琵琶湖」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには琵琶湖に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「琵琶湖」タグの記事(47)

  1. 膳所城址 - 光と影

    膳所城址

    本日も晴れ。天気は明日から下り坂で、水曜日はひと雨来るだろう。今年のゴールデンウィークはやっぱり天気がよさそうだ。どこかに登山でもするかな。写真は膳所城跡Nikon D500 AF-S 18-200mm VR-Iにほんブログ村写真日記ランキング

  2. 湖北・晩秋の夕景 - 写真の散歩道

    湖北・晩秋の夕景

    長浜市湖北町に、野鳥の水鳥が集う野鳥センターがあります。主に、速射カメラ+長尺レンズを所持した猛者が飛来する野鳥を撮影する場所ですが、ネイチュアカメラマンにとっても、湖畔の夕景を撮る絶好の場所です。晩秋の空気の澄んだ湖北にいるだけで身体中が洗われるような気分になります。ブロガーの方が雪の舞う湖岸から浮島や竹生島の冬の夕景を撮られているのを拝見し、感動を新たにしました。私は、2年前に、晩秋の夕...

  3. 湖国桜・琵琶湖岸へ - 「古都」大津 湖国から

    湖国桜・琵琶湖岸へ

    湖国桜~瀬田川の次は琵琶湖岸へ釣り人や犬の散歩に昼のお弁当食べている人湖と桜と空 気持ちのいい眺めに思わず深呼吸♡大津プリンスホテル前に広がるなぎさ公園のプロムナードには芝桜が咲き始めています♪そういえばミシガンに乗ったことないなぁ。。。船から眺める大津の街も一度見てみたい♪ 孫と来ようかな♡風邪気味で昨日は微熱が^^;喉の痛みもあって昨夜は早めに就寝。薬とうがいで少しマシになりました。気温...

  4. 張り切り~なおうちバル&琵琶湖散歩 - おばちゃんとこのフーフー(夫婦)ごはん

    張り切り~なおうちバル&琵琶湖散歩

    こんにちは~(●^o^●)木曜日!皆さんちょっとお疲れかしら~おばちゃんは、空元気~ですが~張り切っております~更年期なんて、ぶっ飛ばせ~ってね~曇り空に~叫んだの~~小さい声でね~(^^♪昨夜のおうちバルです(#^.^#)曇った顔じゃ、おじさんが、つまんない~疲れたおじさんを癒すのは、おばちゃんの能天気な笑顔~(●^o^●)と美味しい御飯(*^^)v昨日は、お昼寝もしちゃったしね~夕方には...

  5. 桜めぐり  奥琵琶湖 - 京都ときどき沖縄ところにより気まぐれ

    桜めぐり  奥琵琶湖

    私の桜ショット&お花見弁当陽が少し西に傾きだした頃 海津大崎へ賑わう手前を避けて 奥の静かなところに車を停めてのんびり桜観賞雨降る京都から抜け出して奥琵琶湖へ行ったのですが いいお天気でラッキーでした♪アテンザもお花見楽しめたかな?^^こんなにいいお天気だったのに 帰りの朽木では大雨に雷が・・・びっくりの空模様なのでした

  6. 琵琶湖産ワカサギの天ぷらDEおうち居酒屋さん開店 - おばちゃんとこのフーフー(夫婦)ごはん

    琵琶湖産ワカサギの天ぷらDEおうち居酒屋さん開店

    こんにちは~(●^o^●)変なお天気続いてますね~(;一_一)体調管理が、難しい~おじさんのお世話ばっかりやいてたらねおばちゃんの体調が、悪い~~(>_<)機嫌悪いと強くなる~ついでに、日頃の文句を休日のおじさんに~ぜ~んぶ言っちゃう~~?って、願望に終わりそうね~倍になって返って来ると、面倒だから~~(;一_一)昨夜のおうち居酒屋さんです(#^.^#)ランチの時間に帰って来たお...

  7. 豊公園(長浜城)の桜 2017(滋賀県長浜市) - びっと飴

    豊公園(長浜城)の桜 2017(滋賀県長浜市)

    2017.4.13

  8. 湖北の桜巡り(海津大崎・余呉湖・長浜城) - 写真の散歩道

    湖北の桜巡り(海津大崎・余呉湖・長浜城)

    マイカーを廃却したので、家内と日帰り観光バスで湖北の桜巡りをすることにしました。行き先は、湖西線の北端部に位置する高島市の海津大崎と湖北をUターンして長浜市に回り込み、余呉湖と秀吉が城下町を築いた長浜城のある豊公園のお花見でした。海津大崎の湖岸は、大阪城の城壁に使われた岩で防水堤が築かれ、桜の景観と調和していました。桜はちょうど見頃で湖水に映えて春景色を楽しませてくれました。それから、余呉湖...

  9. 雑誌「考える人」に - 蒼暮雨に詠う

    雑誌「考える人」に

    「考える人」この雑誌の「ここがぼくらのホームタウン」という連載に私たち家族を取り上げていただきました。ごく普通の私たちの今を、ライター近藤雄生さんの言葉と写真家吉田亮人さんの眼がとても鮮やかであたたかい記事にして残してくださいました。この本は、私たち家族の宝物です。ご縁をくれたマサちゃん、そして近藤さん、吉田さんに心からの感謝です。「考える人」は2002年から新潮社より刊行されている季刊誌で...

  10. 冬の琵琶湖 - 蒼暮雨に詠う

    冬の琵琶湖

    まだ幼い息子にとって、(大人の私たちにとっても)冬の琵琶湖のお楽しみといえば、3つ。1つ。渡り鳥のユリカモメにパンくずをあげる事。2つ。子持ちのとれたてワカサギの天ぷら。3つ。雪遊び!!先週末、待ちに待った大雪が降りました。それも一夜にしての銀世界。目の前にはふかふかの布団のような雪、雪、雪。これが飛び込まずにおれようか!ジャボーン!息子の掛け声で一緒に飛び込む。身体がふんわり雪に包まれる。...

  11. 明けましておめでとうございます。 - 蒼暮雨に詠う

    明けましておめでとうございます。

    新年あけましておめでとうございます。気持ちのいい言葉だな、と交わす度に思う。私の父は母は、祖父母やまたその先代は、どんなお正月を迎え、心新たに何を思っていたのだろう。家族で囲む元旦のお雑煮をつつきながら、毎年そんな事をぼんやり考える。そう、今年は家族が増えました。年の瀬に産まれてきた娘。産まれたてホヤホヤの娘を迎えてのお正月は、慌ただしいものの喜びに満ちたものでした。顔を近づけると甘ったるい...

  12. 転職、、怪魚ハンターに、、 - 蒼暮雨に詠う

    転職、、怪魚ハンターに、、

    最近、夫山本くんが、、、怪魚とりにはまって困っています。仕事から帰りビールを一杯ひっかけ、どうやら真夜中12時ごろ、ふらっとチャイルドシートのついたママチャリで、前に投網・後ろにバケツ、モリを担いで夜な夜な出かけている様子。友達が遊びに来る連絡が入ると、「ああーナマズ食わしたらなあかんなぁ・・・」と無理やり使命感に駆られて、ホクホクした顔。たまにとってくる鮒や鮎は抵抗なく美味しいけれど、カム...

  13. ある夏の日 - 蒼暮雨に詠う

    ある夏の日

    季節はすっかり夏。梅雨入りしたものの、お天気の良い日の陽射しはまさに真夏並み。どこまでも青く望む琵琶湖と晴天の空に、しばし現実を忘れ目を細くする。最近、外注の木工仕事に忙しい夫の手伝いに時々入り、木のことを少し学んでいます。ほんの少し。普段は適当が歩いているような、ボサ髪髭面ボロ服でもなんにも気にしない夫だけど、仕事となればコンマ1の作業。私は細部の作業はノータッチ。そこらへんの履き掃除。今...

  14. 奥琵琶湖の桜春 - 浜千鳥写真館

    奥琵琶湖の桜春

    琵琶湖桜巡りのバスツアーに参加。海津大崎、余呉湖、長浜の桜名勝を訪ねる。都会では満開ですが、北部にある琵琶湖では未だ、3分咲きというところだった。メタセコイア並木海津大崎の桜は5分程度前日から雨で今日も花曇りで視界が良くない。桜も煙ったようになった。何度も見ている景色だが琵琶湖の景色はやっぱりいいね。にほんブログ村

  15. 年の終わりに。 - 蒼暮雨に詠う

    年の終わりに。

    来年の足音がひたひたと聞こえてくる。 慌ただしい日々の中、気づけば今年もあと3日になっていた。 着物を織り終えた。 着物の名は、白秋。 この言葉のチカラを借りて、眼を開く。眼に映るものは透明で澄んでいて、その見えてるけれど見えないものを、着物に移しとりたい、と、一本一本の糸で永遠を織り込む想いで織った着物。 今年の秋は晩秋まで晴れの日が多く、何度朝焼け、特に夕焼けに魅了されたことだろう。 吸...

  16. この土地が好きになっていく - 蒼暮雨に詠う

    この土地が好きになっていく

    住む程にこの土地が好きになってゆく。湖上に吹く風に心を洗われ、朝焼け夕焼けに遠く思いをはせる。鮎、鯉、鮒にワカサギにウグイに海老に、四季折々にとれる琵琶湖の恵みを自らの知恵をしぼり道具でとる楽しみ、それを仲間で集って食べる楽しみ。畑もはじめた。先生は隣で耕す90のササキばぁちゃん。作業の合間にふと話して笑い合って。種たちよ、このこぼれた笑いも全部肥やしにして大きく育つんだぞ。そして今朝は、明...

  17. 琵琶湖の中へ - 蒼暮雨に詠う

    琵琶湖の中へ

    琵琶湖の中を進んでいるのか空の中を進んでいるのか一日の終わりに自作のカヌーに乗り込んで、夕暮れのお散歩。でっかい自然にでっかいパワーをもらう。また明日から頑張ります。2014年 9月7日 日

  18. 秋の始まり - 蒼暮雨に詠う

    秋の始まり

    どこからきたのか誰がよんだのか天高い空から、秋がすーっとやってきた。猛々しい夏がいつの間にか去って、生い茂りすぎた草木は親分に置いていかれて、急に寂しそうに見えてくる。どの季節も去る時はいつも思い出をこぼしていく。ひんやりしてきた夜風にあたりながら、何年も前の夏の思い出を時々頭に転がしては楽しむ、季節の変わり目、秋のはじまり。、、、でも今年は、授乳のためにノンアルコールのさみしいワタシ。一階...

  19. 琵琶湖の恵み - 蒼暮雨に詠う

    琵琶湖の恵み

    雨降りのまま過ぎたお盆。降ったり止んだりの中なのに、沢山の来客があった。家族、親戚、古くからの友人たち。みんなみんな巻き込んで、琵琶湖の旬を楽しみ味わった数日間となった。台風の影響で藻が打ち上げられ多少濁りはあるものの、ここマキノの琵琶湖は水もきれいで、浅瀬でも小鮎の群れ、ハス、イシンタコ、小エビやドジョウ、タナゴなど琵琶湖の魚に出会える。そこで、、、琵琶湖のもんはなんでも食べれるんや。とい...

  20. 関西3日目 - Curiosity**日々の覚書

    関西3日目

    関西旅行最終日。スケジュールに余白を残すのが好きなので、この日の予定は未定でした。朝、家族それぞれ行きたいところの候補を出し合って話し合った結果、京都へ向かうことに。次男が希望した二条城。豪華。本丸庭園。二条城を訪れたのは3回目ですが、修学旅行などでどれも駆け足だったので、二の丸から先に足を踏み入れたのは初めてでした。琵琶湖。私が道の駅でお土産やお昼を買って息子たちを迎えに行くと、二人とも琵...

1 - 20 / 総件数:47 件

似ているタグ