生田斗真のタグまとめ (5件)

生田斗真のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには生田斗真に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 酒とシネマと不登校児な日々

【彼らが本気で編むときは、】監督・脚本:荻上直子出演:生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラ、小池栄子、田中美佐子第67回ベルリン国際映画祭テディ審査員特別賞受賞「癒し系、スローライフなどが、私の過去の映画のイメージと言われてきました。しかし、もはや、癒してなるものか!この映画は、人生においても映画監督としても、荻上直子、第二章の始まりです。」ご自身がパンフレットに記されているように、5年ぶ...

by はっちのブログ【快適版】

ISやトランスジェンダーを扱った作品は多くなってきました。世間での理解はずいぶん変わってきたと思いますが、実際に自分の周りや現実に子供の友人だったりすると違うかも。生田斗真の演技が少しコントっぽかったのと、あの髪型は料理上手な女性ではない感じ以外は結構よくできていました。桐谷さんがこんな繊細な役がこなせるとは意外だったし、ミムラさんは画面にはあんまりクローズアップされていないけど存在感がすご...

 「うん、こういう女の人、いるよね」と思えた、生田斗真のトランスジェンダーの女性。美男は美女にもなれる。『かもめ食堂』荻上直子監督の5年ぶりの新作は、彼女のアメリカでの生活がベースのよう。20代の6年間を過ごしたアメリカに、夫と双子の子どもと戻ったのが12年ぶり。そこでまた1年間暮らした彼女の周りには、ゲイやレズビアン、トランスジェンダーの友人・知人が多かったという。彼女が日本に帰国して、そ...

by ここなつ映画レビュー

2016年は過去最高本数の映画作品を劇場で観た1年であった。(私にしては)サクサクブログをアップしたのもこれまた過去最高である。なので、どの作品を1年の締め括りとして最後に観ようか?というのは、割と重要な課題であった。本年の終わりに相応しく、自分らしく(ってそんな大仰なものでもございませんが)。そしてこの「土竜の唄」をチョイスする。疲れ果てた1年の終わり、くだらないこと山の如しの作品を観に行...

by はっちのブログ【快適版】

前作に続き宮藤官九郎が脚本を書いているが、今回も官九郎色がはじけていませんでした。何だろう?やはり話の設定がぶっ飛びすぎなのかもしれない。ギャグマンガを映像にしても厳しいのかもしれない。ヤクザ抗争も香港の中国マフィアまでくるとなんのこっちゃわかりません。リコーダーの音であそこの感じを表現するのも多すぎるとね~次あったら観に行きませんね。【作品情報】交番勤務のダメ警官から潜入捜査官に転身した男...

似ているタグ