産経新聞のタグまとめ

産経新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには産経新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「産経新聞」タグの記事(23)

  1. 北朝鮮への制裁はチキンゲーム、話し合いこそ金正恩の思う壺である。   東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    北朝鮮への制裁はチキンゲーム、話し合いこそ金正恩の思う...

    ■安倍首相が臨時国会冒頭に衆院を解散する考えを示した。野党やメディアはあれこれ批判しているが、今の解散は安倍首相が今が良いと思ったからだ。首相のみが持つ解散権を行使して国民に信を問う、批判するほうが間違いだろう。安倍首相も与党もこれよりは、わき目もふらず余計なことも考えず突破あるのみ。目指すは現有議席維持か、それ以上。それがすさまじく困難なことは誰にも分かるが、それでも挑戦してもらわねばなら...

  2. 危うい民進党の一番危うい代表前原誠司は凡人中の凡人か    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    危うい民進党の一番危うい代表前原誠司は凡人中の凡人か ...

    ■仮面の顔をした女「山尾志桜里」の不倫騒動に続き、今度は自身が写った北朝鮮女性との破廉恥写真を週刊文春に暴露された民進党代表前原誠司。一度は幹事長に内定していた女と民進党新代表がともにスキャンダルに見舞われる体たらく。どちらも自業自得というのが民進党の深刻さを表している。これは民進党崩壊に突っ走るゴーサインか。(以下この項週刊文春より一部参考)前原の写真が撮られたのは2回生議員のとき、199...

  3. 山尾志桜里      東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    山尾志桜里      東京カラス

    ■波乱の幕開けとなった民進党前原誠司氏の代表就任。もっとも大事な人事で早速コケた。山尾志桜里・元政調会長(以下山尾)を一度は幹事長に内定したものの、週刊文春によるダブル不倫記事に衝撃を受けてあっさりと撤回。山尾の不倫劇は一部では周知のことだったというから、前原の情報収集力も案外頼りないものだ。山尾の人事も前もって幾人かの議員には伝えていたらしいが、それでも山尾の不倫に気づかなかった。民進党の...

  4. 民進党    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    民進党    東京カラス

    ■民進党新代表に旧人類が就任した。新陳代謝の進まない民進党に、フレッシュな人材を求めるのは酷というものだ。これからも、みんなで仲良く歳を取り、じきにみんなで後期高齢者だ。そのうち議場の野党席にはオシメがさりげなく捨てられ、予算委員会では入れ歯が飛び交い、国会の外まで加齢臭が臭うだろう。ううぅ 哀しい 哀しいことだ。すぐに蓮舫はしわだらけになり、野田はアル中になるかも、岡田はボケるかも。精一杯...

  5. 共産党のオバサンにも言わせて!   東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    共産党のオバサンにも言わせて!   東京カラス

    ■続き。共産党は護憲の党。自衛隊は違憲なので解消という位置づけです。共産党では、国や国民の守りよりも憲法が優先されます。民進党などとの連立政権になれば、民進党はほぼ自衛隊存続、共産党は解体、社民党は共産より、自由党はどっちつかず、という〇✖△□混合のムチャクチャな政府が誕生することになります。こんなデタラメな国は世界史にも見当たりません。でも志位委員長も党幹部も平気です。私たちとは、常識のレ...

  6. 不愉快な新聞は万病の元   東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    不愉快な新聞は万病の元   東京カラス

    ■不愉快な新聞は万病の元なり。世には不愉快な新聞社があり、その新聞社が載せる不愉快な記事が確かにある。沖縄の県紙(琉球新報・沖縄タイムス)もその偏向報道と隠ぺい体質ゆえに不愉快な新聞と言える。その県紙の購読をやめて八重山日報に替えたら三ヶ月で胃潰瘍が完治した読者の記事が掲載されていた。http://www.sankei.com/smp/politics/news/170811/plt1708...

  7. 産経新聞OBの証言 - 隊長ブログ

    産経新聞OBの証言

    産経新聞も内部は大変そう。東京新聞に大量移籍はちょっと笑える。8/14 LITERA 産経新聞OBが驚きの社内事情を証言!「本物の右翼はいない」「幹部は商売右翼」「東京新聞に記者が大量移籍」ー抜粋ー他紙を落ちて仕方なく入ってきた者もけっこういるらしいのだ。しかも、驚いたのが、産経の記者たちが自分たちの紙面を恥じているという証言だ。しかも、同書を読んでいて驚いたのが、産経を辞めた記者が一時、...

  8. くたばれ朝日新聞      東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    くたばれ朝日新聞      東京カラス

    ●以下、(テレビ朝日の番組における)自民党岸田政調会長(の発言録)を11日の朝日新聞デジタルより一部抜粋した。「・・・政治家としての哲学・信念は簡単に言えば、首相が保守。あえて言えばタカ派なんでしょう。私はリベラル・ハト派。・・・・簡単に言えば、そういう違いがあったんだと思います」岸田文雄は自分でも認めるリベラル・ハト派であり、朝日新聞のお客さんだ。ではその朝日新聞自身は、よりリベラルでハト...

  9. さあ 再起のときだ安倍政権 インチキメディア何するものぞ     東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    さあ 再起のときだ安倍政権 インチキメディア何するもの...

    ■3日、内閣改造が断行された。手堅い顔ぶれで、安倍首相によれば「結果本位の仕事人内閣」というのがウリだ。ならどうして最初からそうしなかったの、と言いたくなるのは多くの国民に共通した感想だろうと思える。自民一強ゆえの安倍首相の油断、「このくらいは・・」だったのかもしれない。でもおかげでピンチがきた。この場合のピンチはチャンスと裏表だ。これをしのげば景色も変わる。ここでまた凹んでは、喜ぶのは「い...

  10. 無いものを有ったことに、有ったものを無いことに、それが朝日新聞    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    無いものを有ったことに、有ったものを無いことに、それが...

    ■有りもしないスキャンダルを有るように見せかけて国民・読者を煽った民進党や朝日新聞やNHK、その御用言論人たち。それに追従したTBSやテレビ朝日。そして共同通信の記事をそのまま垂れ流して安倍首相批判に加担した多くの地方紙。加計学園の記事が増えるとともに、恐ろしいほどの印象操作、統制報道が繰り返され、不正がきっとある、安倍首相はきっと悪人だ、の大合唱だった。目的は安倍首相の退陣と、その先の自民...

  11. 白を黒で包んで見た目を黒にする      東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    白を黒で包んで見た目を黒にする      東京カラス

    ■真実でなくてもかまわないし虚偽でも良い。安倍首相はこうだ、と読者や視聴者の頭に刷り込めて支持率が落ちればそれで良い。日本の多くのメディアが、これほどその無責任と悪質さを露わにしたことは記憶に無い。一昨年から今日まで、この三年は日本のメディアがいかに病んでいるかを教えてくれた。特に今年は、日本の多くのメディアは「隣百姓」という言葉のごとく、横に倣え他社に倣えという自己の信念も思想も無い愚劣さ...

  12. 戸籍にかかわる蓮舫の記者会見 民進党を包む霧はますます深くなり     東京カラス   - 東京カラスの国会白昼夢

    戸籍にかかわる蓮舫の記者会見 民進党を包む霧はますます...

    ■18日、5時からの蓮舫の二重国籍問題にかかわる記者会見。蓮舫は台湾籍の離脱証明、戸籍謄本、台湾旅券を公開して、日本人であるとともに台湾の籍は無いことも証明した。昨年に二重国籍問題が起きてから約10ヶ月。物事には何でもタイミングがあるが、それを外せば無意味になることも珍しくはない。今さらの記者会見と証拠の開陳は、低支持率と都議選の惨敗で自分の首が危うくなってきたせいだろう。蓮舫の頑なな姿勢の...

  13. 蓮舫の戸籍と国籍   東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    蓮舫の戸籍と国籍   東京カラス

    ■11日、民進党有田芳生は蓮舫の戸籍公開に反対してツイッターにこう書いた。(全文そのまま写した)「蓮舫代表に戸籍公開を求めることは、社会的・歴史的「いじめ」でありまちがっている。第一に多様性ある社会を求める流れに対する攻撃であり、安倍政権になって著しい排外主義に屈することになる。第二に戸籍問題は長年にわたる被差別部落問題などの闘いへの逆行だ。日本人である代表に全く問題はない」 蓮舫の怪しき二...

  14. 北部九州の豪雨、「備えよ」という自然の教えか   東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    北部九州の豪雨、「備えよ」という自然の教えか   東京カラス

     ■北部九州はいまだかつてない猛烈な豪雨に襲われ、各地で道路も鉄道も橋も流されている。日本にはあらゆる自然災害があり、竜巻も最近は数が増えている。そして災害の直後から始まるのが復旧と復興、土木と建築、公共工事である。信長も秀吉も家康もみな治山治水、土木建築には特に力を注いだ。土木と建築、つまり公共工事は日本の国と社会、国民が生きていくための根幹だ。すべてのものは道から始まる。道なくば、安全な...

  15. 常軌を逸した共産党の安倍首相たたき、あれは政治ではない。   東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    常軌を逸した共産党の安倍首相たたき、あれは政治ではない...

    ■都議選は都民ファースト49で小池都知事の支持勢力は過半数ぶっちぎりの79議席、対する自民党は大惨敗の23議席となった。民進党は2議席減で、共産党は「世間の情け」のような2議席増し。それとも民進党の2議席が共産党に流れただけか。(笑) あれほど騒いで安倍首相を悪人にし、政権も自民党もこき下ろしてきた民進党と共産党。その結果は互いに2議席減って2議席増えただけ。民進党がわずかに議席が残ったのは...

  16. 雨蛙     東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    雨蛙     東京カラス

    ■明日は都議選投票日。国政への影響は大きいとみて民進党や共産党、自由や社民の「いつもの4野党」は都議選と国政をからめて政権攻撃に必死だ。同じく反社会的メディア朝日新聞と毎日新聞と東京新聞という「いつもの新聞トリオ」も安倍政権打倒に必死だ。この新聞トリオも「いつもの4野党」と歩調を合わせて安倍首相追い落としと自民党下野に血眼で、目的が果たせるなら自分の親でも殺しかねないほど焦っている。しかも安...

  17. 国会閉まって都議選始まる   東京カラス    - 東京カラスの国会白昼夢

    国会閉まって都議選始まる   東京カラス   

    ■都議選が始まった。運よくというか、公明党と共産党の間で「公共紛争」が勃発し、志位共産党委員長は新宿での応援演説の最後で公明党を激しく非難した。非難の内容は目クソ鼻クソなので割愛させていただくが、この平和ニッポンにおいて共産党は今も破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体だ。つまり共産党は国と国民にとって「危険な政党」なのである。でも多くの国民はこれを知ってもノンビリとしている。破防法の...

  18. 忖度、総理の意向、官邸の最高レベル、それがどうした    東京カラス    - 東京カラスの国会白昼夢

    忖度、総理の意向、官邸の最高レベル、それがどうした  ...

    ■15日早朝、参院本会議において組織犯罪処罰法改正案が成立した。安倍首相と政府・自民党の中央突破に対して、民進党など「いつもの4野党」の知恵無く戦略も無き国会対策が結果としてプラスになったようだ。今回も「いつもの4野党」のダメっぷりと、反社会的メディア朝日新聞などの反安倍政権メディアの意図的で恣意的で薄っぺらな報道姿勢が露わになった。 何よりも法案が本当に危険な内容を含んでいるのか、反対派の...

  19. 生前退位 今上陛下には人生で初めての本当の春かも   東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    生前退位 今上陛下には人生で初めての本当の春かも   ...

    ■3日の東京、JR吉祥寺駅前で「天皇制廃止」を訴える左派団体「反天皇制運動連絡会」(反天連)を主な母体とする「6・3天皇制いらないデモ実行委員会」が「帰ってきた天皇制いらないデモ」を行った。百数十人の参加者が「天皇制いらない」「天皇制は差別の根源だ」などとシュプレヒコールを上げ、右派団体や機動隊・警備などで騒然となった。(ここまで産経新聞4日参考)最近は在日韓国(朝鮮)人や訪日韓国人、朝鮮総...

  20. 猫が笑う国際ペンクラブ   東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    猫が笑う国際ペンクラブ   東京カラス

    ■組織犯罪処罰法改正案に国際ペンクラブの会長が反対声明を出してきた。でもしかし、国際ペンクラブの会長が公正に日本語を翻訳した法案を読み込んだのだろうか。それほどヒマなポストではないだろう。彼自身が、これは問題だと判断したとは到底思えない。いくら国際ペンクラブ会長とはいえ、しょせんは日本という外国の話しだ。つまりは傘下の日本ペンクラブが”日本政府はこんな危ない法案を”とばかりにご注進の上、都合...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ