男と女のタグまとめ (11件)

男と女のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには男と女に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 鯵庵の京都事情

京都の祇園花見小路、旅行者で一杯である小生も一度くらいは祇園で飲みたいと思うもちろんお茶屋へ上がって芸者を侍らすのでない限り金さえ払えばいくらでも飲めるこの頃の舞妓や若い芸者はお座敷でも上手く会話が出来ないで私語ばかりだとさる大物評論家の先生がおっしゃっていたそんな現場に小生が立ち入ることはないが、ある意味で貴重な証言である旅行者でも「夫婦子供連れで歩くのはやめときなはれ」と言うてやりたい花...

by 鯵庵の京都事情

人口動態統計、国の統計である昨年の結婚(初婚どうし)の平均年齢男性30.7歳、女性29.0歳と発表されたこれを40年遡れば男性27歳、女性24歳である明らかに晩婚化していることがわかる、と新聞にも書いているだが、この数値は夫婦そろって初婚の場合である初婚どうしは昨年の結婚の4分の3未満である4組に1組はどちらかがもしくはどちらも再婚であるそれを加えたら何歳になるのか・あるいは再婚の平均年齢は...

by 鯵庵の京都事情

大丈夫ですよだから携帯とったんですそっちこそ大丈夫ですかいつもメールで言うてくるのに電話をくれるなんて♪お久しぶりね こんな真夜中に♪あなたから電話をくれるなんて♪おかしいくらい 真面目な声で♪あたしに迫るから 眠気も冷めた鯵庵(2.2)

by 鯵庵の京都事情

愛を手に入れる方法はない?キレイになることだと思うキレイになる方法が間違っていると愛を手に入れることはできない幸せなのか不幸なのか、思い方次第だがやはり不幸は不幸であるキレイにも幸せにも循環というものがある循環に乗らなければいつまでも幸運や愛を手に入れられないのだ愛は売っていないがキレイになる方法は売っているのだそれを宝石だとか化粧だとかと思うと、本物が手に入らないのだ親からの愛で子供時代を...

ある出来事を覚えている。何かのニュースだったと思う。ぼくには感動的な出来事だった。男と女は違う生き物だ、というのがぼくの考えだ。その考えは古いかもしれない。現代的ではないのだ。だがぼくの考えを述べるとするなら、それはやはり違うべきだ、違って当然ではないかと思うのだ。もちろん同じ所は多い。でも決定的に違うものは現在でも存在する。それは変えようがない事実だ。母子像、それはぼくの好むある種のイメー...

by 鯵庵の京都事情

相手の年令=自分の年令÷2+7(式-1)(ここから後編)55歳で10歳下の再婚相手を得た友人は今、幸せである彼の艶福指数は22.5ということになる一般人ならそれでも艶福(えんぷく)の部に入る奥さん55歳で孫を持つ立場になったわけである45歳で年上の彼と一緒になって10年かかって落ち着いた娘さんは今35歳になっている家族という単位はすべからく女性が核である主婦という言葉はその全てを表現している...

by 鯵庵の京都事情

10年ほど前に同級生の友人が再婚したその時ちょっとした披露宴に呼んでもらったその彼らからいつもながら年賀状が来ている今年は娘さんに孫が出来たとあっただから、再婚した奥さんもおばあちゃんになったわけだ孫の面倒を見てもらうなら15年前に亡くなった奥さんも悋気(りんき)は辛抱してくれるか正月だからと、昼酒をいただいて昼寝した夢を見たから、初夢になるかもしれない自分が再婚する夢である届をするのに相手...

by 大屋地爵士のJAZZYな生活

年末に突然飛び込んできた訃報。『フランスのミュージシャンで俳優のピエール・バルーさんが28日、心臓発作のためパリの病院で死去した。82歳だった。クロード・ルルーシュ監督の映画「男と女」(66年)に出演。「ダバダバダ~」のスキャットで知られるフランシス・レイ作曲の主題歌で作詞と歌を担い、世界中でヒットした。ブラジル音楽のボサノバを仏に広めたことでも知られる』(朝日新聞より)「ピエール・バルー(...

今は男性だけではなく女性の浮気も増えていることが分かっています。いや、むしろ今は男性よりも女性の浮気率の方が増えているそうです。しかし、女性の浮気率が増えているとはいえ、男性の浮気率も決して少なくはありません。今は男女共に浮気をする人が増えているという事です。そんな今の日本の浮気事情ですが、どうやら男の浮気と女の浮気のきっかけ、傾向は男女によって異なるとも言われています。男の浮気と女の浮気に...

 昨日、職場での日常会話で歳の話となった。私とその人の娘が同じ年らしい。 …そしてその人の娘は、子供が既にいるらしい…。 まぁ過剰に意識しているのは何でも無い。「俺は子供を作ることができない。」ただそれでも思う。「子供がいないことは悪で、子供がいることが善というが…子供にとってそれは幸せか?」かつて親に聞いた。「なんで俺を産んだんだ」…答えは「授かったから。」ここからは人間として大切なものを...

by スペインタイル Nina spaintile art

いくつかの展覧会に参加するためにここのところバタバタっとしておりましたがどうしても観ておきたい映画が…といっても、ほとんど見たことあるのですが、やはりスクリーンで観るチャンスがあれば何度でも行きたい作品たち。なんだか、いまこの時代のもの多いでしょうか?特集でもないのだろうに、集中して上映されていました。『イングリット・バーグマン ~愛に生きた女優~』『男と女』『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ...

似ているタグ