病気のタグまとめ (172件)

病気のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには病気に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

天気が変わりやすく、昨日は雨、今日はうらうらと晴れて暖かい。週末はまた冷えるそうで、自律神経も狂うというものです。日曜日の発作の原因は便秘だろうと思いながら、火曜日にクリニックの先生に報告しました。「そうでしょうね。便秘は引き金になります、アンモニアがね、増えるんです」腸の調子がすごく悪いんです。「他に何かストレスになるようなことはありませんでしたか」6日から福岡の実家に帰省したことも話しま...

by ごまめ家族日記

アスランが尿路結石になった(号泣)日曜日の夜、トイレ奉公を始めました。何度も何度もトイレに行っては長いこと座ってるけどおしっこが出ない。2012年の夏に、アスランはストラバイト結石で尿道が閉塞してなかなか大変な目にあいました。あれから4年半、アスランはずっとストラバイト予防食のカリカリが主食。あと、茹でたささみや、時々おやつや牛乳をもらっては喜んでいた。でも、昨年秋に癌がわかってからはおやつ...

by 健康のための医学的知識

アルコールの大量摂取がもたらす肝障害は、一瞬で症状を表わすものではないのです。ですが、長きに亘って大量の酒を飲み続けていると、間違いなく肝臓は影響を受けます。ちょっとした風邪だと放置して、重い気管支炎に罹ってしまう実例も目につくそうで、高齢者の場合、気管支炎が元となった肺炎のせいで命をなくす例が、死因の第3位になっているらしいのです。簡単に心臓病と言いましても、数々の病気があるとされています...

お彼岸です。昼の時間と夜の時間がほぼ同じ。明るくなりましたものね。水も温んで、春本番も間近です。昨日は出かけたかったんです。でもなんだかどうも調子が悪い、気分がよくない、頭が痛くなってきた。ぼぅっとしてるうちに発作を起こしました。気がついたら夕方で、ぐぅぐぅ眠っていたようです。そんなにひどくはなかったようだけど、発作を起こしたことにやりきれなく落ち込みました。そんなに疲れてる感じもなく、睡眠...

by 我が家の暮らし

こんばんは♪今日のこちら地方は、 晴れ。かなり春らしくなってきました(*^_^*)喘息の悪化が気になっていましたが・・・意外と喘息は、それ以上悪化することが無く 良かったのですが、咳は、ひどくなる一方でした。卒園式が終わってから 午後より病院へ行きました。抗生物質が処方されましたが、いつものと違う抗生物質。調べてみると・・・はっきりと言われていないのでなんとも言えませんがマイコプラズマ肺炎?...

身体は正直ですね。7日の明け方目覚めたらふわふわっと。「まずい!久しぶりにあれだわ・・・」良性発作性頭位めまい症。すぐに耳鼻科に行ってお薬を処方してもらいました。7日快調だったので8日のランチデートも行けたのですが9日はひどかったです。とにかく横になると部屋中ぐるんぐるん回って吐き気に襲われ・・・レッスンを中止にすることもできずなんとか終了。パッと治るので忘れちゃいますがめまい体操がんばらな...

by アメタロウ・ダイアリー

連れ合いの検査入院は明日退院の予定が緊急処置が生じて、延期になりました。ありゃ~~。検査入院する前日の夕方、連れ合いが仕事から帰宅した時の顔色に私は不安がよぎったのです。ただの顔色が悪いのではなくて、黄疸っぽかったからです。でもお風呂で温まったあとはいい顔色に戻っていたので、やり過ごしていましたが、今日の夕方も数値が上がっていたので急きょ、内視鏡で胆管の何やらを、何やらして、何やらと・・・図...

by 健康のための医学的知識

腎臓病と言いますと、尿細管はたまた腎臓の糸球体が壊れることで、腎臓自体の働きがダウンする病気だと考えられます。腎臓病には何種類もの種類があって、ひとつひとつ原因や症状の出方に差が出ると言われます。蓄膿症の疑いがある場合は、いち早く病院で検査することが必要だと言えます。治療自体は長くかかるものではないので、普段とは違う鼻水が見られる等、おかしいと思ったら、躊躇なく病院に行くべきでしょう。ちょう...

どうも右のお尻から太ももにかけて痛いわと感じるようになったのが2月の上旬。そのうち治るかなと思いつつ、どうも夜中に痛い、寝返りが痛い、立ち上がるのが痛い、と困っているうちに、1ヶ月が過ぎてしまいました。ワタクシ、右手首のドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)がようやくなんとか手術なしで落ちつきそうだなと目安がついたと思ったら、今度は右の坐骨神経痛の痛みをこらえております。寝てると痛むんです。わらびの写...

前に会ったのが2014年の夏でした。もうわたしが誰なのか、一瞬わかったかわからなかったかという状態の17年ぶりに会ったグループホームにいる父との対面。認知症が進んだ父に会って思ったのは不思議と違和感がないということでした。冷たいといったら、そうだと思います。でも、なんだか父が認知症になるというのは仕方がなかったような気がしてしまったのです。そうか、と現実をすぐに受け入れたわたし。脳の病気は凄...

by 健康のための医学的知識

最適な時間帯に、布団で目をつぶっているけれども、熟睡することができず、そういう背景から、昼の間の生活の質が悪くなることがあると、不眠症だと言い渡されます。生活習慣病については、糖尿病又は脂質異常症などが有名で、昔は成人病と呼ばれていたのです。油っこい物の摂取、飲酒など、何と言いましても日頃の生活スタイルが思っている以上に関係していると指摘されています。心臓疾患内でも、動脈硬化のために生じる虚...

by ごまめ家族日記

3月10日 金曜日アスランは無事に11歳になりましたマエストロが買ってきた、山のようなブレゼント王子は大フィーバー( ;∀;)この冬、何度も寝床に潜り込んできたアスランはこれまでは足元や枕元に丸くなっていたのに私の身体にピッタリとくっついてそのまま朝まで寝てるようになった。ピッタリ密着は、とても嬉しいけどなんとなく、不安で悲しい気持ちにもなるでも、ともかく最初の目標、11歳になる!は、サクッ...

by 健康のための医学的知識

ウォーキングというのは、カラダ全体の筋肉又は神経を鋭敏にする有酸素運動と言われているものなのです。筋肉を太くするだけじゃなく、柔らかくする作用もありますので、筋肉痛になり辛くなります。笑顔でいると副交感神経の機能が向上し、ストレスホルモンの分泌が阻害されますので、脳の温度が落ちるのです。それに対し、ストレスを受けますと交感神経の機能が向上し、脳の温度がアップするそうです。胃ないしは腸の機能が...

by ごまめ家族日記

うっかりしてるうちに、いつのまにか年度末だわ( ; ゜Д゜)またまた更新サボってしまいました(;∀;)最近の王子びよーんと伸びたり丸まったりやっぱり、寝てばっかり(笑)アスランの左手の肉球は、完全に腫瘍に占拠されてしまいました。肉球はもはや原型をとどめず、引き裂かれ、包帯交換のたぴにボタボタと血が滴り落ちます。そして、アスランも苦痛なのか、包帯交換のたびに唸ったり、悲鳴をあげたり。時間にすれ...

なぜ私だけ病気になるのかわからなくもない。不摂生とはまさにわたしのことを言うのかと思うほど。体質を変えるのには3年かかると聞いている。そうなると食事の制限がかかる。体質を変えようと真剣に考えたことはなかった。痩せたことは過去に1回あったが、健康的ではなかった。救いは、子供たちが(22,23,24)ほとんど病気をしないことだ。わたしは、子供たちに、健康で元気なからだをプレゼントしたと思っている...

by ひかりのおと

身体症状や病気を、スピリチュアルな視点で見るなら、この本はよいです。一つの有用な手がかりを与えてくれます。「自分を愛して」病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージリズ・ブルボー著 浅岡夢二訳 ハート出版この本、非常にいいです。一般的な心身症と言われるような病気以外にも、ざまざまな病気が網羅されていて、しかも、肉体・感情的・精神的レベルに分けて、詳しく記述されています。さらには、自...

by 健康のための医学的知識

疲労と言うのは、痛みと発熱と一緒に、人間の3大アラーム等と比喩され、いろいろな病気で見受けられる症状です。そういう理由で、疲労が出る病気は、かなりあると考えられています。今日でも意外と認知されていませんが、ぜんそくを放ったらかしにできないのは、生命を失ってしまう可能性のある疾患だとわかっているからです。一年間に、約2000人の患者さんが、ぜんそくの発作で最後の時を迎えていると聞きました。服用...

by 我が家の暮らし

こんにちは♪今日のこちら地方は 曇り。どんよりした空模様です。月曜日から 風邪を引いていまして・・・熱は下がりました。後は 鼻水と咳のみ。これが意外と治るのに時間がかかるのです。今日も早寝します。昨日の晩御飯です。日曜日に作っておいた 大根の出汁浸しでポトフを作りました。今回は体調がよくなかったので、こういう作り置きは 簡単に出来て助かるのデス。次女のYUNAが大根の出汁浸しが大の好物のよう...

by 健康のための医学的知識

普通、体温が落ちるようなことになると組織の新陳代謝が不活発になり、ウイルスを撃退する免疫力が下がってしまいます。この他には、夏と照らし合わせると水分補給もあまりしませんから、体内の水分量も不足することが多いと言えます。肥満ないしは高血圧など、誰もが聞いたことのある「生活習慣病」は、それ程年を取っていない時から一所懸命留意していても、仕方ないのですが加齢の為に陥ってしまう事例も多々あります。単...

by 健康のための医学的知識

過去はアトピー性皮膚炎は、小さな子供に生じる疾病だと思われていたようですが、現在では、20歳を越えた人にもちょくちょく見られます。きちんとした治療とスキンケアに精進すれば、治せる病気だと聞いています。胸をギュッとされる症状ばかりか、息切れに見舞われたことがあるという人は、「心不全」である可能性もあります。深刻な病気に入ります。発見の時期が遅くなればなるほど、死亡する割合がアップする肺がんの甚...

似ているタグ