病気のタグまとめ (166件)

病気のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには病気に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by 健康のための医学的知識

通常、体温が落ちると新しい細胞の誕生現象にブレーキがかかり、ウイルスを打ち負かす免疫力が落ち込みます。更には、夏と比較して水分を意識的に摂ることもなく、体内の水分量も不足しがちです。胸痛で苦悩している人が出現した時に一番大事な事は、軽快な行動だと思われます。速やかに救急車を手配し、AEDが近くにあれば心肺蘇生法を敢行するように頑張ってください。心筋梗塞は明け方に起きることが多いとのことなので...

by ☆ 主婦は見ていた 

ダンナさんは、14日に人工肛門閉鎖手術を最後に病院とはしばしのお別れです。まる2年 あしかけ3年の度重なる入院も最後となりました。今回もやはり・・・痛み止めとてんかん薬がケンカして、「あれっ 失神していますょ。」熱は出る、食欲は無くなる、おしっこも出なくなるといろんな障害が。それでも、なんとか10日目の23日に退院しました。1か月はこのダンナさんのサポートを私がやります。のんびりとして元の生...

by 健康のための医学的知識

膠原病は、あまたある病気を示す総称だと言われます。病気個々で、病態とか治療方法も相違するのですが、今のところ臓器の最小単位である細胞の、普通じゃない免疫反応が主因だと言われています。今日では医学も進歩して、多種多様な病気に関しましても、研究が進められています。にも関わらず、全くもって元通りにならない病気の方がたくさん見受けられますし、治療することが不可能な病気がかなりの数にのぼるというのも現...

by 我が家の暮らし

こんにちは♪今日のこちら地方は、曇り。雪も降ったりやんだりです。先日、朝から鼻水が止まらないコトがあったのです。悪化したくないし、すぐに治したいので 近所の生協でこちらを買ってきました。ローズヒップ&ハイビスカスティー「ローズヒップはビタミン豊富でいいんだよ~」と、聞いたことがあったので飲んでみようかと。調べてみると・・・ローズヒップには*ビタミンC・・・レモンの20倍*ビタミンE・・・玄米...

by 健康のための医学的知識

ALSにつきましては、筋萎縮性側索硬化症を指します。何故罹患してしまうのかは未だ謎ですが、症状が出てくる年を加味すると、神経系統の組織の劣化が関与している公算が強いと思われているようです。早寝早起き、同じ時間帯の栄養を考えた食生活を意識してください。きつ過ぎない運動は、ターンオーバー機能や呼吸・循環器系機能を向上させることに役立ち、ストレスも解消してくれます。ガンにつきましては、カラダ全体の...

by 月夜飛行船

少し風邪気味の時に寒さを忘れて寒い所にずっといた ということに気が付いたころに(ニブイので何日か経ってから) あれ? なんか変?・・・な具合になってきまして 久々に 実に久々に ――えー 前回は2年前の自転車大転倒事件のときでしたか―― 以来の もう一生行かない!と思っていた医者にやむなく行ってまいりました どんなに意志が強くても 痛かったり 不快だったり しんどかったりして ドラ...

by 健康のための医学的知識

少子高齢化のせいで、今なお介護に関係する人が足りていない我が国おきまして、後々尚のことパーキンソン病患者が増え続けるというのは、危機的な案件になると言って間違いありません。肺などに決定的な病状が確認できない時でも、胸痛が出ることがあり、胸痛はマズイという一般論から、増々症状が強烈になることがあると言われます。これまではアトピー性皮膚炎は、成人前の子に発症する疾病だと決めつけられていましたが、...

by 健康のための医学的知識

立ちくらみというのは、悪くすると、倒れてしまう場合も想定されるリスキーな症状だと考えます。時折見られるというなら、重篤な疾病に見舞われている可能性も否定できません。動物性脂肪を摂取することが増え、血管の内部に脂肪が堆積する結果となって、徐々に血管の内径が小さくなって、脳梗塞に陥るという一連の流れが普通だと言われます。糖尿病に関しては、常日頃から予防に努めましょう。それを実現するために、口に運...

by 健康のための医学的知識

運動するチャンスもほとんどなく、いつも満腹状態だというだけでなく、コレステロールの多い食物類が好きで好きでたまらない人、脂肪分や糖分で満たされた高カロリーな食物類を中心に食べる方は、脂質異常症になってしまうと教えられました。糖尿病と申しますと、平素から予防を万全にすることです。それを実現させるために、日頃の食事を日本のトラディショナルな食事にスイッチしたり、ちょっとした運動をしてストレスを取...

by 健康のための医学的知識

糖尿病と申しますと、常に予防意識が欠かせません。実現するために、口にする物を昔から伝わる日本食を中心にするようにしたり、適切な運動をしてストレスを克服するようにしましょう。咳というと、喉近辺に集まってしまった痰を無くす役割を果たします。気道を構成する粘膜は、線毛と名の付く細々とした毛と、表面を覆う役目の粘液が見られ、粘膜を護っているわけですね。睡眠障害は、睡眠にかかわる疾病全体を広く示す文言...

by 健康のための医学的知識

痒みは皮膚の炎症が誘因で生じますが、心理的な状況も関与しており、不安になったりピリピリしたりすると痒みが一段と増してきて、引っかくと、更に酷くなります。ウォーキングと言いますと、身体の筋肉であるとか神経を鍛えることもできる有酸素運動と呼ばれるものです。筋肉を太くするだけじゃなく、柔らかくもするので、筋肉痛とは縁遠くなることができます。ALSと言いますのは、筋萎縮性側索硬化症のことを意味します...

by 健康のための医学的知識

通常の風邪だと放って置いて、最悪の気管支炎に冒されるケースもかなりあり、高齢者の場合、気管支炎が原因となった肺炎のせいで命をなくす例が、死因の第3位にランクされています。咳に関しては、気道に留まった痰を外部に出す役割を果たします。気道の一部でもある粘膜は、線毛と命名されている繊細な毛と、表面を乾かないようにする粘液があって、粘膜をガードしているわけです。糖尿病については、平生から予防を意識す...

by 柚の森の仲間たち

本院のある患者さんが、病院で検査をした結果数値的には問題なく治療に至るまでもなかったそうです。それは良かったのですが、いろいろと気になる症状があり話をすると、いろいろと説明を受け、最終的に「気のせいじゃないですか」といわれたと。そこで院長曰く「西洋医学で“気のせい”っていうのであれば、それはもう(気の調整を得意とする)鍼灸で治すしかないわね~。」そうなんです!!東洋医学では「気」はとても大切...

by 健康のための医学的知識

ウォーキングというのは、体の筋肉とか神経を用いる有酸素運動というわけです。筋肉を強めるのは当然の事、柔らかくもするので、筋肉痛を知らない身体になり得ます。激しくエクササイズなどに取り組んだという状況で、筋肉に痛みが現れる現象が、筋肉痛と言われているものなのです。ひどい場合は、運動に加えて、単に歩くことさえ避けたいくらいの痛みを伴うことも稀ではありません。ストレスに弱い人は、俗称「ストレス病」...

急に甘えん坊度が増したくぬぼんです。ふだん、わたしとほとんどの時間を一緒に過ごしているので、ちょっとの留守番も「なんで帰ってきいひんの!?」となるんだろうと思うのです。昨日はリウマチのクリニックへ行ってきました。生物学的製剤の注射を打って、アゼルフィジン1ヶ月分をもらってきました。リウマチは症状がほぼ安定している、と言ってよいと思います。起床時に手がこわばっている、関節のどこかが痛かったりは...

振りかぶった。この人は誰?振り下ろした。当たった。佐川の地で10年ぶりくらいに見る元祖二男の姿だ。父の葬儀に駆けつけてくれた。もちろん元祖長男も。あちらから、父が見守ってくれることだろう。悲しい日々が、5人の息子たちのおかげで、和らいだ。初めてそろった5人息子を撮りそこなった。父の葬儀では、思っていても時間は別のところで流れている。そんな中、母の誕生日も来た。元祖長男は仕事で無理だった。残念...

by 健康のための医学的知識

体全体のいずれの部位をとっても、異常はないのに、手や腕だけが膨張しているという人は、血管狭窄が影響している循環器系の異常であるとか何かかんかの炎症が想定されます。脳卒中で倒れた時は、治療完了後のリハビリが肝要です。いずれにせよ早くリハビリに取り組み始めることが、脳卒中を引き起こした後の進展に大きく影響を与えるのです。腎臓病は、尿細管はたまた腎臓の糸球体がある意味イカレルことで、腎臓の働きが悪...

by ☆ 主婦は見ていた 

1月下旬に体調悪化で内科に受診 2年間も人間ドックを受けていないことに気づき、予約を入れた後・・またしても、風邪で体調悪化 受診したら平熱に近い37.1度だったのにインフルエンザA型だった。「これから高熱がでますよ。」のごとく2日間は39度の悪寒で苦しみました。インフルエンザ予防接種していたのに・・・なかなか状態も良くならず、ぶり返しも、それに加えて持病の喘息も発症してしまった。日中は温かく...

りにゃくんが嘔吐しちゃったからパパとねろたんのおデート。りにゃくん 元気になぁーーーれ!!!

by 健康のための医学的知識

いつも笑って過ごすことは、健康維持のためにも役に立つはずです。ストレスの解消だけじゃなく、病気の阻止にも役に立つなど、笑顔には思い掛けない効果が盛りだくさんです。立ちくらみというと、最悪、気絶するというヤバイ症状だとのことです。何回も見舞われる時は、シリアスな疾病に罹っている可能性も否定できません。老人にとりまして、骨折がこれ以上ない怪我だと断言されるわけは、骨折のために身体を使わない時期が...

似ているタグ