発明者・著作者のタグまとめ

発明者・著作者」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには発明者・著作者に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「発明者・著作者」タグの記事(7)

  1. 著作 平成27年(ワ)23694号 店舗外観デザイン事件(共同著作) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    著作 平成27年(ワ)23694号 店舗外観デザイン事...

    ◆店舗の外観デザインに関し、共同著作者といえるかや著作物性の有無が争点となった事件。創作的関与がなく、共同著作者と認められない。【著作物性、不動産、建築物、店舗外観デザイン、ファサード、STELLA McCartney、ステラ・マッカートニー、デザインアワード、意匠物品、共同著作物、創作的関与、単なるアイディアの提供】http://www.courts.go.jp/app/files/han...

  2. 特許 平成28年(ワ)36784号 日本原子力研究開発機構職務発明対価請求事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成28年(ワ)36784号 日本原子力研究開発...

    ◆改正前35条3項に基づく職務発明対価請求訴訟。認められず。【職務発明、特許法35条、相当の対価】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/682/086682_hanrei.pdf「 上記認定事実によれば,原研が原告に対し本件発明に係る特許を受ける権利を承継したことにつき本件発明考案規程に基づいて出願ほう賞金及び登録補償金を支払ったことが認めら...

  3. 著作 平成28年(ワ)16088号 あぶらとり紙図柄事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    著作 平成28年(ワ)16088号 あぶらとり紙図柄事件

    ◆あぶらとり紙の図柄について著作権侵害が問題となった事件。原告は著作者Bから譲り受けた著作権に基づき権利行使をしたが、侵害不成立。【著作物性、複製、著作者、著作権譲渡、筆跡鑑定、権利行使主体、侵害訴訟】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/658/086658_hanrei.pdf「 そこで判断するに,上記①について,上記「ふるや紙」と「ふろ...

  4. 特許 平成27年(行ケ)10252号 浄化槽保護用コンクリート体の構築方法事件(発明者) - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成27年(行ケ)10252号 浄化槽保護用コン...

    ◆土木分野の発明に関し、土木の専門知識の無い被告が発明者に該当するか否か等が争点となった事件。発明者に該当する。【冒認出願、特許法123条1項6号、無効審判、審決取消訴訟、主張立証責任】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/649/086649_hanrei.pdf(主張立証責任について -規範-)「 本件のように,冒認出願(平成23年法律...

  5. 特許 平成27年(行ケ)10230号 噴出ノズル管の製造方法冒認出願事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成27年(行ケ)10230号 噴出ノズル管の製...

    ◆被告が真の発明者が否か(冒認出願、特§123①6)が問題となった事件。一部の発明につき発明者でないと判断(審決取消)。【無効審判、冒認、特許法123条1項6号、主張立証責任、発明者、着想/具体化、審決取消訴訟】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/479/086479_hanrei.pdf(発明者であることの主張立証責任-規範-)「 3 ...

  6. 特許 平成27年(行ケ)10191号 シャープ共同発明者事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成27年(行ケ)10191号 シャープ共同発明者事件

    ◆半導体装置の発明に関して共同発明(特許法38条)か否かが争われた事件。無効審判では共同発明性が否定されていたが知財高裁で共同発明と認めれ、審決取消し。【発明者、共同発明者、特許法38条違反、無効理由、審決取消訴訟、着想/具体化、課題の発見、試行錯誤、発明成立性、特許法2条1項】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/477/086477_ha...

  7. 特許 平成27年(ワ)6627号 ソニー損保職務発明対価請求事件 - 裁判例と知財実務 GKブログ

    特許 平成27年(ワ)6627号 ソニー損保職務発明対...

    ◆職務発明の対価請求に関してその特許が実施されていたのか否か(均等侵害も含め)が争点となった事件。均等不成立、実施しておらず請求棄却。【職務発明、特許法35条、「その発明により使用者等が受けるべき利益の額」、文言侵害だけでなく均等侵害も、均等の第1要件、判断手法、知財高裁大合議】http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/474/086474_ha...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ