発達障害のタグまとめ

発達障害」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには発達障害に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「発達障害」タグの記事(124)

  1. HSP(ハイリーセンシティブパーソン)が異国を経験したら… - ロンちゃんが行く

    HSP(ハイリーセンシティブパーソン)が異国を経験したら…

    ロンちゃんがNZに行くと決めてから、さらに行ってからもいろいろな人に、ひとりで行くって凄いねぇ…うちはようひとりで行かへんわぁ…とか聞きますので、そんなにすごいんかなぁとか思っておりましたが、クラスの子5人ほどはみんな日本人の中学生なようで、結構来てるんやん、なんて思ってます。まぁ、全国の中学生生徒数を考えると、5人なんて数名だけどね。凄いって言われるからには、ロンちゃんひとりかと思ってたら...

  2. 障がい者地域サポートセンターいたみ杉の子で講演しました - 大隅典子の仙台通信

    障がい者地域サポートセンターいたみ杉の子で講演しました

    先週木曜日からの講演の旅の最後は、伊丹市にある社会福祉法人「いたみ杉の子」にて。伊丹空港はよく利用しますが、伊丹市に降り立つのは初めて。もともとは知的障がい者の方の作業所として始まった組織とのことですが、養育支援、放課後デイサービスなども展開されていて、現在では非常勤まで含めて職員数が160名ほど。こちらの施設の発達支援連携室室長の西村昌広さんからメールを頂いたのは昨年末のこと。拙著『脳から...

  3. 発達障害の子のやる気を引き出す行動療法/ABA実践マニュアルにツッコミ感想 - アラ還女の生きる工夫

    発達障害の子のやる気を引き出す行動療法/ABA実践マニ...

    発達障害の子のやる気を引き出す行動療法/ABA実践マニュアルにツッコミ感想 高齢母と知的障害娘の生活の工夫 #ABA #行動療法 #発達障害

  4. WISK Ⅲ検査の結果   はーだるっ、 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    WISK Ⅲ検査の結果 はーだるっ、

    ウィスク検査の結果を聞いてきました。驚くことに、進歩してると思っていたげんちゃんの結果は、2年とまったく変わりませんでした。私は、目の前が真っ暗になりました。ウィスク検査の項目を見ると、1 言語能力 (言語概念形成、言語による推理力、思考力、言語による習得知識)2 知覚統合 (非言語による推理力、思考力、空間認知、視覚ー運動協応)3、注意記憶 (聴覚的ワーキングメモリー 短期記憶 注意...

  5. 作業手順 - サクッと、あすぺ生活

    作業手順

    慣れない仕事や作業が私は苦手だ。たとえば、決まった完成物を作るという仕事があった時、慣れていないと、同じ手順を踏むことはなく、毎度作り方をその場で考えて作るという暴挙に出る。これはもはや癖だと思う。当然最高に効率が悪いし、おかげで普通ではありえないような間違い(番号が昇順に並んでないとか)を犯して注意される。どうして前回と同じやり方しないの?と言われるが、そもそも、前回のやり方なんて覚えてな...

  6. 脳を制御し、開発さえする意識の働き - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    脳を制御し、開発さえする意識の働き

      「意識をすることができるようになると、脳自体をコントロールすることができる。」と、知り合いのセラピストの先生からお題を頂戴したげんママですが、わかったようなわからないような気持ちで、日々けっこうもんもんと過ごしていました。ところが、今日、仕事していて、ふと、こんなことを考えました。 例えば、脳こうそくで、同じ場所に同じような麻痺をおこしてしまった患者さんが、二人いるとします。一人は、病...

  7. ロンちゃんの生い立ち ~赤ちゃん編~ - ロンちゃんが行く

    ロンちゃんの生い立ち ~赤ちゃん編~

    いつか書き留めておきたいと思っていたロンちゃんの小さいころからのエピソードを「学習障害」と「ギフテッド」の側面から記そうと思います。学習障害もギフテッドも幼児期から、「この子はちと他の子と違う」という思いが母親を突き動かして、学習障害・ギフテッドにたどり着いていたのであれば、その方向を見たうえでの子どものサポートも可能なのでしょうが、親が知らないままに育ててしまうと、気づいたときは不適応な行...

  8. 漢字ドリル - ピカルカ+ロビン→アロンソ

    漢字ドリル

    息子は「学校でみんな僕のことを陰で笑ってる」と言って落ち込んでいる。なんとなく状況は想像できる。まずは自分の身なりや行為が周囲にどう見えているか意識できるように。親として根気よく導いていきたいと思いました。宿題の漢字ドリル。息子「新出漢字が10文字もあって、全部10回ずつ書くと100文字だよ!   絶対に無理!!」私 「100文字でいいなんてうらやましい~。   お母さんは3日間で字幕を80...

  9. トウメイナココロニフレル vol.1 - 『イロイロナ』ココロニフレル

    トウメイナココロニフレル vol.1

    人が息づく場所には、誰かが何かを動かそうとしているメッセージがあります。イロトリドリ人の生き方と共に心を紐解いていこうという、心理学的リサーチ第一弾です。先日、「あうりんこ」という、児童発達支援・放課後デイサービス施設にお伺いしました。今年4月に開所したばかりで、身体機能を充実させる様々な器具や手作りのトレーニング用具が置かれています。こちらは、保育士さん手作りのフエルト絵本。ジッパーや靴紐...

  10. 発達障害関連基礎研究最近の論文より - 大隅典子の仙台通信

    発達障害関連基礎研究最近の論文より

    日進月歩の発達障害研究業界なのですが、最近出た興味深い基礎研究論文を紹介しておきます。一つ目は、理化学研究所多細胞システム形成研究センターの前センター長であった竹市雅俊先生のところからの論文です。疫学研究から自閉スペクトラム症、精神遅滞、てんかんに関係するリスク遺伝子として上がっていたプロトカドヘリン19(PCDH19)について、どのように病態に関わる可能性があるのかについて遺伝子改変マウス...

  11. 「ザ・コンサルタント」 - ピカルカ+ロビン→アロンソ

    「ザ・コンサルタント」

    祝日の今日、双子と夫は「怪盗グルーのミニオン大脱走」を観にいった。私も行こうかなと思ったけどスイミングを優先することにした。昨日と大違いの暑さで水泳日和であった。1250メートル泳いで満足。昨夜は台風による強風で夜中に目が覚めてしまった。DVDで「ザ・コンサルタント」を鑑賞。これは何の予備知識もなくなんとなく借りたんだけど、非常に興味深い作品であった。ベン・アフレック主演のアクション映画なん...

  12. ロンちゃん続報 ~NZ編~ - ロンちゃんが行く

    ロンちゃん続報 ~NZ編~

    NZへ羽ばたいてから1週間過ぎました。すべてが順調といいたいところですが、そんなわけな~い!毎日のようにLINEがやってまいります何が一番問題かっていうと、ステイ先の雰囲気なんです…わたしも若かりし頃、海外でホームステイしましたけど、確かにそっけないっていうか、日本人感覚でいうと冷たいような印象っていうのかな、そういう家庭におりました。居心地が悪いってことがどう伝わったのか、最後の1週間、他...

  13. げんママやっとつきぬけたかも。なるようになったところが人生最高の選択! - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんママやっとつきぬけたかも。なるようになったところが...

      前回のブログを書いてからも、ずっと私は迷走していました。まだ、そんなこともできないのかな~・・・みたいな事件もいっぱいおきていたし、げんちゃんの出力状態も、なんか、すさまじくばらついていたのです。 ある時は、ほう、げんちゃん、こんなに学習に対して理解力が上がっている!って、驚いたかと思うと、次の日は、え~~、なんでこんなのさえわからないの? というようなことがおこり、ジェットコースターに...

  14. 「不登校は問題行動ではない」文科省の通知 - ロンちゃんが行く

    「不登校は問題行動ではない」文科省の通知

    「不登校は問題行動ではない」という見解を文科省は1年も前に、すべての学校へ向けて通知していたのに、当の学校側は知らなくて放っておいたままという事実があるそうです。文科省としては、不登校は本人に非があるわけではないとしており、「学校復帰のみにとらわれない」対応をするべきだという考えがあるようで、これまでの不登校に対する認識を180度ひっくり返す発想の転換に近いものだと思います。私としてはもう1...

  15. 療育卒業 - ピカルカ+ロビン→アロンソ

    療育卒業

    昨日は療育センターで医師と面談。コンサータを処方してもらっているので3週間に1度のペースで私が通い、夏休みなどの長期休みのタイミングで息子が面談というのを続けてきた。今回は、夏休み明けの学校での様子は担任から「非常にいい表情で毎日過ごせている」「地区別運動会に向けた長縄の8の字跳びも頑張って上手になってきている」ということを医師に話した。そしてコンサータは夏のサマーキャンプから、本人の意思で...

  16. 発達障害とギフテッドの違いとは - Sophia Radiance ? Harmony with the Star Colours

    発達障害とギフテッドの違いとは

    ギフテッドとは並外れた成果を出せるほどの突出した才能を持つ子どもと定義されているようです。長けている一つの分野に卓越した能力を発揮するのが特徴でアスペルガーや高機能自閉症とも、似通って見えるかもしれません。ギフテッドには2つのタイプがあり英才型と呼ばれる、言語的認知、空間認知、記憶など全般的に高い知能を持っているタイプと著しい能力の凸凹(得意と不得意)を持つ2E型とする報告もあります。2Eに...

  17. 学童期の章―小学校時代― - Eupsychia~心の理想郷~

    学童期の章―小学校時代―

    第一節「小学校に入学、しかし中国へ飛ばされる」卒園後、私は自宅から歩いて行ける近くの地域小学校に入学した。当時の私が住んでいた場所は田舎であったため、小学校受験は存在せず、家から最寄りの小学校にみんな通うことが決まっていた。幼稚園時代から私の他者との意思疎通の仕方には、既に違和感が存在していた。しかし小学校に入学した当初は、勉強にも学校生活にも特に問題はなかった。その理由は、私の基本的な勉学...

  18. 発達障害とわがままの区別 - ロンちゃんが行く

    発達障害とわがままの区別

    最近はNHKのあさイチでも発達障害が取り上げられていて、いろいろな人がいろんなことを語りだし、それが実際の現場での支援につながっていけばいいなぁと思っています。番組自体見てなくて、見ればよかったんだけど、何かあんまり見る気になれなくて、おい、弱ってるのか私?と思ってるんだけど、結構番組とかに取り上げられてる人たちって確かに発達障害で大変な思いをされてきてるんだろうけど、ずば抜けた才能を持って...

  19. 日本神経化学大会@仙台と関連行事 - 大隅典子の仙台通信

    日本神経化学大会@仙台と関連行事

    先週、9月7日〜9日に、記念すべき第60回となる日本神経化学大会が福永浩司大会長のもと仙台国際センターにて開催されました。関連して、国際神経化学学会(ISN)の支援によるAdvanced Schoolも東北大学神経科学研究者の協力により9月2日〜6日まで開催。日本の神経系の学会としては、日本精神神経学会の歴史がもっとも古くて113年前に設立。こちらは臨床系ですね。そちらから別れた日本神経学会...

  20. 夢と、希望と、習慣化と、アスペ① - サクッと、あすぺ生活

    夢と、希望と、習慣化と、アスペ①

    私には、小さいころから大人になったらこうなりたいという夢とかやりたいことがなかった。実は今もない。明日あれをやろう、はある。でも5年後、○○の資格を取って、独立して、、、、みたいな、理想像というか、そういったやつがない。旦那は、小学生のころから今の仕事をしたいと思っていたという。定型の脳内では一体何が起こっているというのだろう。私には信じられないことだ。少し先の未来や将来でさえ、私は今の自分...

1 - 20 / 総件数:124 件

似ているタグ