白山のタグまとめ

白山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには白山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「白山」タグの記事(35)

  1. 百四丈の滝 - 白山に魅せられて

    百四丈の滝

    一里野ゴンドラ山頂駅側から加賀禅定道を歩いてきました(^^)。 5:00登山開始 可能なら四塚山まで行きたかったんですが雲行きが怪しいです。 前回の杉峠から持ち歩いているラジオから「台風の影響で荒れ模様」の予報が! 昨日の天気予報だとまずまずの天気だったのに残念です。美女坂の途中から雨が!そして強風です(泣)。今年初めて見る百四丈の滝です。 強風でチシマザサが踊っています(笑)。 写真は滝か...

  2. ちょっと南竜まで - 白山に魅せられて

    ちょっと南竜まで

    天気予報が雨だったんで、砂防新道から南竜まで往復してきました。 5時25分別当出合い出発 登り始めてしばらくで鳴り出した雷もすぐ遠ざかり、降り出した雨も大したことなく6時45分南竜との分岐に到着 ハクサンフウロやオタカラコウが咲きだしているようで、ヨツバシオガマもよく見かけます。テガタチドリハクサンフウロダイモンジソウ7時過ぎに南竜に到着 橋渡ってテン場に向かう斜面にはまだ雪渓がしっかりあり...

  3. 白山 楽々新道 - 白山に魅せられて

    白山 楽々新道

    久しぶりに楽々新道を往復してきました(^^)。 5時5分駐車場を出発 登り始めてしばらくのところで、辺り一面マイヅルソウの葉っぱのところがあります。いつか花が咲いている時に来たいです。小桜平7時38分着小屋までの湿地帯では時期が遅いのかハクサンコザクラを見かけたことがありません。 小屋より上の方でハクサンコザクラやクロユリをチラホラ見かけますが、コザクラはもうほとんど終わりのようでした。新し...

  4. 宴会ハイク @ チブリ小屋 - UNITY

    宴会ハイク @ チブリ小屋

    本当は南竜でテント泊宴会登山の予定でだったけど 翌日は相当に天気が荒れると言うことで、テント泊は早々に諦めて、別山のチブリ尾根避難小屋へここは気持ちのいいブナ林が避難小屋近くまで続くんで天候が悪くても森が守ってくれるですけどさっすがに小屋直前の開けたとこにくると、もう経験したことのないと強風に苦戦身を小さくしないと吹き飛ばされるってくらいで恐怖でしかなかったまそれほど雨に打たれなかったのが幸...

  5. 白山 ナナカマドの赤い実 - 白山に魅せられて

    白山 ナナカマドの赤い実

    久しぶりに観光新道から登ります。別当出合出発5:13マツムシソウダケカンバの向こうには釈迦岳マツムシソウ、向こうの山影は別山です。観光新道の花畑はマツムシソウ、トリカブトが見ごろです。特にマツムシソウがとてもたくさん咲いていて感激しました。馬のたてがみから見下ろす景色は最高です。赤い屋根は殿ヶ池の避難小屋弥陀ヶ原のナナカマドが赤い実を付けていました。御前峰に向かう木道を歩きます。草黄葉の弥陀...

  6. 平日の白山砂防新道♪ - 白山に魅せられて

    平日の白山砂防新道♪

    砂防新道から白山に登ってきました。 週末は人が多いのですが、平日はとっても静かです。朝方はガスもなく久しぶりに別山がしっかり見えました。 砂防新道から見える別山ってホント形がいいですね~シシウドは花が咲いて間もない時期はとても綺麗ですね(^^)。 大きいのでたくさん咲いていると圧巻です。タテヤマアザミでしょうか? 濃いピンクの花が鮮やかで綺麗です。弥陀ヶ原もどことなく秋の静けさを感じました。...

  7. 白山加賀禅定道往復 - 白山に魅せられて

    白山加賀禅定道往復

    前日に会社の後輩から燕岳一泊二日を急に誘われたんですが、宿泊経験なしの私は準備に時間がないと断ってしまい・・・結局白山に(笑)。白山加賀禅定道、四塚まで初めてのピストンです。 距離が長いハライ谷からは避けて今回も加賀新道からのスタートです。ムシカリが真っ赤な実を付けています。美女坂ではウメバチソウをたくさん見かけました。前回の強風と違って穏やかな百四丈の滝笈ヶ岳がハッキリと見えます。 笈ヶ岳...

  8. チブリ尾根~別山~南竜周回 - 白山に魅せられて

    チブリ尾根~別山~南竜周回

    どんだけ白山が好きなん? 最近よく聞かれます(笑)。 こんな晴れた日は、別山から南竜に歩きたい。 ・・・と、自分の心の声に素直に行ってまいりました(^^)。 今年5回目のチブリ尾根・・・どんだけ好きなん(笑)。季節は秋ですね~ 涼しくなって汗のかき方が全然違います。別山の上から朝日がパーッと射してくるのが大好きなんですが、CanonのEF24-105f/4Lは太陽を入れると必ず派手にゴースト...

  9. 白山の紅葉がはじまった♪ - 白山に魅せられて

    白山の紅葉がはじまった♪

    今年17回目の白山です。砂防新道から翠ヶ池経由で大汝まで登り、釈迦新道で帰ってきました。1週間前と比べて秋を感じます。 甚ノ助小屋付近ではトリカブトの花が見頃を迎えていました。かなり冷え込んできています。 私は山をなめているかのように真夏とまったく同じ服装です(笑)。 やたら手がかじかむと思っていたら、黒ボコ下では霜が降りていました。 霜に覆われたアザミの花がとても綺麗!枯れかけているナナカ...

  10. 快晴の白山 - yukoの絵日記

    快晴の白山

    この夏一番の快晴♪8月最終、白山に登る事が出来ました。8月27日(日)市ノ瀬始発バスに乗れるようam3:00起床。市ノ瀬には3台のバスが待機。3台目のバスに乗車。ご存知のように、この人数大丈夫なの?ってくらいギュウギュウ詰めに乗車させられます。ラッキーなことに座る事が出来ました♪5:35 別当出合出発です。白山開山1300年ということもあり、多くの人が登っています。甚ノ助避難小屋で休憩。ここ...

  11. 夏の終わりの白山釈迦新道 - 白山に魅せられて

    夏の終わりの白山釈迦新道

    6月に土砂崩れで行けなかった白山釈迦新道を歩きました。市ノ瀬出発4:501時間の長い林道歩きがありますが、登山道に入れば釈迦岳にはけっこう楽に着いてしまいます。釈迦岳前峰着8:11釈迦新道の醍醐味は釈迦岳前峰に着いてから。御前峰、大汝峰を右手に見ながらしばらく歩くことになります。正面には四塚山、今から向かう七倉の辻は一番とんがった所・・・・まだまだ先だ(笑)。赤い実を付けたムシカリを多く見か...

  12. 開山1300年 白山ファミリー登山 170813 - UNITY

    開山1300年 白山ファミリー登山 170813

    翌日は3時起き、3時30分発風も穏やか、いまだ流れ星も見える状況。なら、ご来光も期待できる。左あたりのうっすらは福井の夜景でございます。 徐々に明るくなっていく。まーたぶん、間に合うだろうと思いながらも山頂は混雑するだろうから、いい席でご来光を眺めるためには気持ちがちと焦るほどなくして、特等席にスタンバイ。思ってたより人、登ってなかったな。雲海、遠く北アルプス、御岳山まで望めて最高のロケーシ...

  13. 開山1300年 白山ファミリー登山 170812 - UNITY

    開山1300年 白山ファミリー登山 170812

    昨年に引き続き、開山1300年の白山に家族で。実は昨年のご来光の際に長女が山頂直前に腹痛を起こして無念の下山(本人はそーでもないみたい)ということもあってのリベンジ登山。 登山開始時は霧雨だったけど、天気は予報通り徐々に回復室堂到着時にはこの景色室堂宿泊で予約後にはすぐに満床に。白山室堂は完全予約制なので北アルプスなんかでよくある混雑時の布団1枚に2人とかなく確実に布団1枚いただけるのはあり...

  14. 白山お花松原 - 白山に魅せられて

    白山お花松原

    前回のリベンジで砂防新道からお花松原を目指します。5時12分別当出合出発今年は8月も終わりに近いというのに花が多いです。(黒ボコまでの写真は省略)弥陀ヶ原のナナカマドは青い実を付けています。室堂7時52分着今年はオンタデが多いです。赤い実を付けているナナカマドがありました。お花松原に降りていくとナナカマドは白い花白い花から赤い実まで・・・白山おそるべしです!(^^)9時30分お花松原着お花松...

  15. 出張から帰ってきたものの - 白山に魅せられて

    出張から帰ってきたものの

    今週1か月ぶりに出張から帰ってきました(^^)。目指すは白山お花松原です。ところが別当出合から砂防新道を登り始めてすぐ身体がすごく重く感じてきました。体調がイマイチっぽいです。南竜分岐あたりからシモツケソウが目立ち始めました。やっぱり今日は変、体力がすっごく低下してるみたい。室堂まで2時間40分しばらく休んでいたら脚までつってきた(泣)。お花松原は断念して南竜から下山することにしました(泣)...

  16. 開山1300年の白山 - 一度きりの人生 楽しんでいこう!

    開山1300年の白山

    白山開山1300年の節目に随分前から目論んでいた石徹白〜白川郷へ南北縦断。延々と続くトレイルは百花繚乱!今が旬、高山植物の楽園でした。雲の上に突き抜けると青空に。銚子ヶ峰・一ノ峰・二ノ峰と続き、三ノ峰へ。別山を越えて南竜ヶ馬場へのトレイル。やはり10時を過ぎると雲に覆われてきた。昼過ぎに南竜ヶ馬場へ無事到着。幕営が先か?ビールが先か?やっぱりビールでしょ!開山1300年仕様の生ビール¥700...

  17. 白山 170711 - UNITY

    白山 170711

    別山の翌日は、マイメンと共に普通に白山登山 途中で別のマイメンを発見し結果、3人でお登りこの日は、今年一番なくらいの快晴で、ワイワイガヤガヤゆっくりと。月並みですが、1人も気楽でいいですがマイメンたちと過ごすのも悪くないっすね。左の運動不足と、今年はやる気スイッチ入りまくりのどうしたらそんな色合わせになるんだ、な右と山頂でパシャリ室堂でゴチになったBEERと運び上げたつまみを炙りながらゆーっ...

  18. 別山 170710 - UNITY

    別山 170710

    石川の百名山「白山」には、白山という名の頂上はありません。御前峰、大汝峰、そしてこの日お登りの別山の3つの頂の総称を白山としているわけですね。 そんな別山もここ数年ぶりしばらくは気持ちいいブナ林を走り抜けぼちぼち咲き始めている名の知らない花たちを横目に(まーったく興味なし)チブリ尾根小屋に到着。曇り空の天気ともともと日帰りではハードとされているためか、ここまで誰にも出会うことなし別山は水場が...

  19. 開山1300年 海抜0~2702 ジャーニー DAY2 170630 - UNITY

    開山1300年 海抜0~2702 ジャーニー DAY2...

    白山開山1300年 夏山開き前日の朝を迎える。それも雨の中疲れからガッツし眠れたんですけど結構な雨に降られて、若干荷物が浸水するってところから目覚め。この日は仲間と合流して別山経由で南竜のキャンプ地へ向かう予定でしたがちょっとキツめの飴のため、あえなく予定変更して車で別当出会まで行き、そのまま南竜へ向かう事に。開山日前日ということもあり、雨予報にも関わらずにぎわう登山口 トンネル地獄の時の夕...

  20. 開山1300年 海抜0~2702mのジャーニー DAY1 パート3 - UNITY

    開山1300年 海抜0~2702mのジャーニー DAY...

    吉野谷を出発後に向かったのは「綿ヶ滝」手取り渓谷にあり、落差30メートルの迫力とマイナスイオンを満喫ここまで、のんびり、ゆっくり歩いてきた分、ここからは少し締めて行かないとなーと思いそそくさと歩き出す。とタスキを掛けた2人組のランナーに追い抜かれる。これ、事前に調べてわかってたんですけど開山1300年を祝ってタスキを繋ぐキャンペーンがあるんですけど、同じく、海抜0から総勢30名くらいでタスキ...

1 - 20 / 総件数:35 件

似ているタグ