真空管のタグまとめ

真空管」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには真空管に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「真空管」タグの記事(39)

  1. 真空管ヘッドフォンアンプ2号 - すみません、取り乱しました。

    真空管ヘッドフォンアンプ2号

    HyCAAヘッドホンアンプいわゆるYAHAアンプの改良版が予想外にいい音だったので、今度はオペンプを使わずに高電圧でアウトプットトランスを使った昔ながらの真空管ヘッドホンアンプを作ってみた。と思ったらオペアンプがのっかていた。負帰還的なものだろうか。の回路を参照した。作ってみたが、乱雑な作りのせいか、ノイズが酷いし音が割れる。なんとかマシにならないかといろいろといじっていたら、無負荷でも電源...

  2. (5/14)アニソンHi(ゲスト編)+各社ブース訪問 - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (5/14)アニソンHi(ゲスト編)+各社ブース訪問

    OTOTEN二日目は先ずMUSIC BIRD注目の新場組"アニソンHi"のゲスト。アニソン知識も経験も浅い私ですが、パーソナリティ野村ケンジさんのレギュラーOAは毎回欠かさずエアチェックしていて、野村さんからアニソンの魅力を引き出す役目を仰せつかったと理解して臨んだ収録でした。この番組にゲストとして参画させていただいて、実は最後にどうしても申し上げたいことがありました。ピュアオーディオからの...

  3. (5/13))はじめての真空管アンプ選び(実況編) - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (5/13))はじめての真空管アンプ選び(実況編)

    この週末はOTOTEN2017での公開収録2本録り。やってきたのは有楽町の東京国際フォーラムです。勝手知ったる秋葉のイベントとはだいぶ雰囲気が異なるこの感じ。エントランスからしてこの規模です。例年2万人くらいの来場者があるとのこと。国内・海外の主要オーディオブランドが一同に会するビッグなイベントです。国際フォーラムの4階から7階までを借り切って開催されるOTOTENですがMUSIC BIRD...

  4. (5/3~5)mAAch ecute/MONOマガジンのイベントに出店して - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (5/3~5)mAAch ecute/MONOマガジン...

    神田川の向こうは秋葉原の喧騒。こちらは旧きよき日本の佇まいを残す…そんな街、神田。そこにmAAch ecute(マーチエキュート)があります。1912(明治45)年に完成した赤レンガ造りの旧万世橋駅の開業時に作られたホーム部分を整備し、歴史や記憶を活かしながら新たに生まれ変わらせたリノベーション施設です。階段、壁面、プラットホームなどの遺構がよみがえった空間の中に知的好奇心を掻き立てるような...

  5. (5/1)同じタマで一本勝負!①(Elekit+ADVANCE vs Sunvalley) - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (5/1)同じタマで一本勝負!①(Elekit+ADV...

    しばらくぶりのブログ…実は先月下旬にちょっと病院にお世話になることがあり、今日抜糸していただいて晴れて無罪放免となりました。明日からMONOマガジンのイベントのため上京しますので準備でバタバタしているところですが、GWでゆっくりされている方も多いと思いますのでがんばってyoutube「sunvalley audio」にコンテンツを一本追加しました。これは去る2月3日にOAされたもので、放送終...

  6. (4/24)AXPONAレポート - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (4/24)AXPONAレポート

    この週末、ローズモンド(イリノイ州)で北米最大規模のオーディオショーが行われました。その名はAXPONA(Audio Expo North America)。140以上のリスニングルーム+物販スペースを擁する巨大なスケールですが、今回SV-S1628Dが初出品されました。今回私は現地に行けませんでしたが、北米地区の代理店のレポートではSunVallery amp with voxativ a...

  7. (4/15)オーディオの夢、ふたたび - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (4/15)オーディオの夢、ふたたび

    土曜は調布のYさんと一緒に青梅のH邸へ。Hさんは先の東京試聴会(2月)を機に交流が始まった方で、試聴会後のご感想をブログでご紹介させていただいたところ、"はじめて音を聴いてここまで本質に迫るコメントが出せるとは!!"と多くのフィードバックがあり、私も一度お目にかかりたいものだ…とずっと思っていたのです。その後メールで何度かやりとりさせていただいたところ、JBL 4344を使っておられて"出来...

  8. (4/14_2)ハイレゾ リファレンス チェック ディスクの驚愕 - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (4/14_2)ハイレゾ リファレンス チェック ディ...

    収録二本目は特別編。日本音楽スタジオ協会会長そしてMIXER'S LAB顧問 高田英男さんをスペシャルゲストにお招きし、レコーディング最前線のお話と最新音源の数々を試聴してみようというテーマです。高田さんはわが国のレコーディングエンジニアのレジェンド。なんと業界に入って48年…常に音楽と共にあった人生を走りぬけ、現在も第一線で辣腕を振われつつ後進の指導と業界の発展に寄与されているスーパーマン...

  9. (4/14_1)カップリングコンデンサー&NFB定数変更で音はどう変わる? - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (4/14_1)カップリングコンデンサー&NFB定数変...

    金曜日は半蔵門へ。TFMでMUSIC BIRD二本録り。6月OAの"真空管・オーディオ大放談"の収録でした。この回はリスナーズ・リクエスト企画。大阪のKさんから"以前番組でやったカップリングコンデンサ交換実験をもう一度やって欲しい"というご要望を頂きました。そこで今回はSV-S1616D/300B仕様をテスト機として真空管アンプの音質に大きな影響を与えるカップリングコンデンサーの交換と、もう...

  10. (4/13)カフェライブ@代々木上原 - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (4/13)カフェライブ@代々木上原

    場所は代々木上原。クリエーターやアーティストたちが集うこの街のカフェでライブがある…真空管アンプでPAやってみない?と声を掛けていただいたのが3月の終わり。ぜひ!とお応えして下見がてら伺ったのが火曜日。オーナーHさんに初めて会い、お店の雰囲気を感じて湧き上がったインスピレーション。そのままダッシュで一旦愛知へ戻り、機材を車に積んでトンボ返りした東京。到着して早速セッティング。店の雰囲気に合わ...

  11. (4/5)GWに"モノ・ショップ@mono横丁"に出店します!! - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (4/5)GWに"モノ・ショップ@mono横丁"に出店...

    4月は新年度の時期。今日は街を車で走っていても入学式と思しき親子の姿をそこかしこで見ました。桜も満開で今日は最高の入学式日和です。私どもの会社も4月から新年度。新たな気持ちで良いスタートが切れましたが、その新年度最初のブログはイベント出店の告知です!まずはGWの真っ只中、5/3(水)~5/5(金)まで超久々!のモノマガジンイベントに出させて頂くことになりました!!(イベント自体は5/7まで開...

  12. ななななばん - ふろどうらく

    ななななばん

    何だか慌ただしく、年度末の金曜日。プレミアムフライデーって何?しかも、明日は4月〇カ。KT66(QUADⅡで有名)やKT88(マッキン.のMC275でとくに有名)は良く聞くけど、真ん中のKT77は何だかあんまり聞かない。調べると、フィリップスのEL34(≒6CA7)に対抗した品種らしいけど、セカンドソース一杯のEL34には勝てなかった球らしい。探してみると、オリジナル(GEC/GOLDLIO...

  13. (3/31)スタビライザー第3の選択 - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (3/31)スタビライザー第3の選択

    最近は家に帰ってCDが回ることが多い毎日。TL3 3.0からMC-3+USBへはAES/EBUケーブルで伝送(MC-3+USBはリクロックモード)。TL3 3.0側で176.4kにアップサンプリングしリクロックされた信号をSV-192PROに戻す方法です。MC-3+USBからのワードクロック同期はSV-192PROのみ。そのうえでSV-192PROで24bit化してD/Aしています。CDを聴...

  14. (3/23_2)現行ビーム管総まくり+お宝WE300B大集合! - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (3/23_2)現行ビーム管総まくり+お宝WE300B...

    二本目の収録は5/12(再放送5/19)OA分の録り。この回のテーマは「現行ビーム管総まくり+お宝WE300B大集合!」。現在製造されている中国,ロシア製のビーム管(6L6系,KT88系真空管)を総まくりしてしまおうという企画です。比較的お求め易い価格で楽しめるビーム管の魅力はこの回を聴けばバッチリ分かる筈。アンプはSV-P1616D。登場した出力管は①Tung Sol 6L6GC STR②...

  15. (3/23_1)ドライバー管で音はどう変わる?+世界最古の真空管アンプを聴く(リベンジ編) - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (3/23_1)ドライバー管で音はどう変わる?+世界最...

    今日はMUSIC BIRDの収録日。まずは一本目4/28(再放送5/5)OA分の録りから。後半戦ではこんなことも。以前WE95A(1920年代のウエスタンのアンプで当時映画館の映写室のモニターアンプとして使用されたもの)の音をライン録りで収録したことがあったのですが、その際一緒に持ってきたWE7A(世界初の民生用真空管アンプといわれるもの。1922年~1927年製造で当時US400ドルという...

  16. (3/17)IさんのSV-9T SE完成レポートとJENSENアップグレード - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (3/17)IさんのSV-9T SE完成レポートとJE...

    今日は東京のIさんから届いたSV-9T SE完成レポートとカップリングコンデンサーのアップグレード(JENSEN)、そしてモノづくりの素晴らしさについて…。SV-9T SE 完成のご報告です。組み立てはあっという間に終わってしまいました。楽しい時間はあっという間でした。でも・・・感動しています!このアンプ凄いです。1628もかなり感動しましたが、ある意味それ以上かもしれません。こんな事言って...

  17. (3/13)高槻 vs PSVANE vsウエスタン - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (3/13)高槻 vs PSVANE vsウエスタン

    今日は日帰り人間ドック。最近チョイと気になるところがあるので、どうせなら全部調べて頂こうということで病院に伺った訳ですが、グッタリ疲れました。そんななか、久しぶりのyoutubeアップロード!今回は今まで秘蔵していた音源”高槻 vs PSVANE vsウエスタン”(2016年9月16日オンエア)を満を持して公開しちゃいます!!この回では現行300Bのなかでもハイクラス品として注目を集める”P...

  18. (3/9)或る極致 - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (3/9)或る極致

    昨日に引き続きTL3 3.0。急遽ライターS氏が大阪行きのところ途中下車して参戦してくれることになって一緒にあれこれやってます(笑)。これから縷々書くとしてS氏曰く"CD再生における或る極致かもね"と言った言葉が印象的でした。私は逆に"これがCDの音という事を忘れる意味においての或る極致"と感じています。それほど自然で滑らかな音。場所は第二。今日のプリはSV-722(C22)。パワーはS氏の...

  19. (3/8)TL3 3.0量産初号機 来る!(その1) - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (3/8)TL3 3.0量産初号機 来る!(その1)

    今日、ショールームで仕事をしていたら、いつものヤマトさんが"大橋さん、荷物!"と入って来られました。通常仕入れた商品は物流センターに入荷するので、私宛てに来るのは雑誌貸し出しのデモ機が戻ってくるか、新製品のサンプルがメイン。外函を見ると明らかにウチの製品の梱包と違うので、どれどれ?…とシャチハタ片手にドライバーさんのところに行くと、おお!待ってました!!CECのNewトランスポート、その名も...

  20. (3/4)音の殿堂 - オーディオ万華鏡(真空管徒然日記)

    (3/4)音の殿堂

    取材と宴が終わり、明けて日本コロムビア 南麻布スタジオへ。目的は二つ。先日ここにお納めしたSV-192PRO(D/Aコンバーター)についての稼働に関するニーズの把握、そして昨年から個人的に大注目しているORTプロセスのまさに作業の現場を見学させていただき、その音の秘密を迫りたい…と思っていたのですが、実際それ以上の…私にとってだけでなく、わが国の音の歴史の過去,現在,未来の全てが詰まっている...

1 - 20 / 総件数:39 件

似ているタグ