真空管のタグまとめ (44件)

真空管のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには真空管に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

試聴会が終わってから、どうも生活リズムがズレてしまって変な感じ。家に帰ってグッタリして気がつくと寝落ち。ああ!イカン!!と思いながら目が覚めたら最後、こんどは寝られなくなって結局3時ぐらいまでゴソゴソしていて朝は6時起き。それでもって寝不足で仕事終わりでダウン…こんな毎日が続いています。今週金曜から再び東京なので今のうちにリズムと体調を整えておかないと。そんな今日はPitch FM(今日まで...

まだ完全とはいえないまでも、もうじき"メール1000本ノック"もひと段落しそうな雰囲気。明日は"FMジャズ喫茶Pitch"の3月放送分2本録りが午後あるので、その流れのイメージでも考えるか…と思っていたところに電話。何となく声に聞き憶えがあるなあ…と思っていたら、10年ほど前にJB300B(現行JB320LMの前身)を完成品で納めたHさんだと分かって、お久しぶりですねえ!と申し上げていたら、...

初めて行った埼玉の羽生市から会社に戻ってきたのが午前1時半。そこからメールチェックを始めて緊急性の高いものを返信して、これからブログ。印象が鮮明に残っているうちに…。まず昨日(23日)は月イチのMUSIC BIRD収録。今回特にお伝えしておきたいのは3/31(再放送4/7)の回。ジャズベーシスト小林真人さんのライブにお邪魔して一気に意気投合。トントン拍子に話が進んで僅か三週間で収録とは我なが...

昨日のHさんのコメントを読んで下さった多くの同志から"超いいね!"を沢山いただきました。正直Hさんのように初の試聴会参加であのように音を「言の葉」に託すことが出来る方は多くないかもしれません。でもHさんのコメントを読み返してみると"あ、そうだよね!"と共感を持って下さった方もいらっしゃったのではないかと拝察致します。Hさん、本当に有難うございました!今日はTさん(大放談永世ゲスト)が偶々こっ...

昨日おそくに会社に戻って明日からまた四日間東京という(笑)。トンボ返りと言うけど、本当はこっちがベースなんですけど…今月は三週連続で上京なので余計に密度とスピードを上げて頑張っているところです。こんな時間ですがショールームはAC/DC-"Let's Get It Up"爆音再生。アゲアゲな感じで明日の準備中です。ところで数日前から"新かわら版"のご要望が急激に増えています。恐らく初日の"はじ...

そして始まった試聴会二日目。今日は昨日の"はじめての真空管えらび(基礎編)"につづく応用編といったところ。現行300Bの聴き較べと"普及価格帯と高価格帯アンプを同じ出力管を使って比較するというテーマを中心に行いました。これrはSV-S1628Dにおける845と211の比較のなかでお宝、Generaral Electric VT4-C/211(1942)を説明しているところですね。アンプの価格...

初日が終わって撮っていただいた写真を見ながら、今日は一体何だったんだろうと一日を振り返っています。開場予定時刻の1時間近く前からお客さんが入りだし、デモ開始前時点で満席。そのあと予備の椅子を出せるだけ出したのですが、一時は立ち見が出るような状態に。2004年からずっとやってきた試聴会ですが、今までで最も沢山の方がいらっしゃったことは確実です。何がそうさせたのか…はよく分かりません。ただ今回の...

まだ仕込み続行中ですが、会場の雰囲気をお伝えしておきます。入力周り。プリ3台,フォノイコ2台をSV-353で切替えしていきます。デジタル系は全てMC-3+USBに入力してクロック洗浄を行っています。今回パワーアンプ/プリメインアンプは全部で15台以上の布陣。コマによって鳴らすアンプを分けていきます。エレキット,トライオードの主力アンプも設置完了!こちらは技術相談コーナー。さまざまなご質問にお...

この一週間、イロイロと自分なりに準備してきてやっと"よし!"というところまで来ました。明日トラックに機材を一切合財積み込んで皆で出発します。今回の試聴会は今までと少し流れが変わっています。今までは意識せずに"分かってる人"を対象にしてしまっていた自分が居て、これからタマを!という皆さんには少し(大いに?)分かりにくい内容だったのかも?・・・ということに今更ながら気付いたところもあり、今回は最...

来週の東京試聴会を目前に控え、当日のプログラムやキャンペーン,新かわら版の準備でバタバタしているところですが、TU-8150SVの初回入荷分の即完(!)や近日再入荷予定のTU-8340SV_2の球の段取り等で大わらわの状況。加えてSV-S1628Dが予測より2ヶ月早く初回ロットが完売になってしまい、海外発送分も含め大至急手当てしている…そんな今日このごろ。今日は1628D/211仕様を完成さ...

本当は試聴会明けまで辛抱してからアップしようと思ったTU-8150SV。ブログを読んだ同志諸兄からヤンヤのリクエストもあって先ほどHPにアップしました。値段よし!作って楽し!聴いてよし!の三方良しアンプが堂々のデビューです!出荷は今月21日から!どうぞご期待下さい!!

今日は第二でエレキットTU-8150と初顔合わせ。出来立てホヤホヤの量産試作機。製品版ではシルク印刷代わりのステッカーを貼ってお化粧する訳ですが、それ以外は製品と同一です。シャーシは乳白色。フロントパネル左から電源SW,ヘッドフォン出力,入力ボリューム,いちばん右はステレオミニジャック入力です。リアパネル。入力はRCA1系統。スピーカーターミナルはバナナ対応。電源ケーブルは脱着式ですが2Pで...

"縁"というのは不思議なもの。求めたからといって向こうからやってくる訳でもないし、こっちから手を出してもスルッと逃げていく場合もあるし。時間を必要とする場合と無い場合もある…つくづく珍奇なものだと思う。昨日はそんな不思議な"縁"を感じたひと時でした。昨日はベーシスト小林真人さんが名古屋で演るというので仕事終りにフラフラと。SNSでフォローさせて頂いていてオーディオもお好きであることは知ってい...

一昨日第一報をお知らせしたTU-8150ですが、先ほど正式リリースが出ました。TU-8150メーカーリリースリーフレット左が標準6AQ5仕様。右が6V6仕様です。だいぶイメージが違いますね!私どもでは別注バージョン「TU-8150SV」(6V6つき)での販売を予定しております。出荷は2/21(火)~の予定です。気になるのは価格ですね!来週中にはホームページアップしますので、いま暫くお待ち頂け...

今日も昨日に引き続いてエレキットの話題。昨年秋に登場し忽ち完売したTU-8340SVを覚えていらっしゃるでしょうか。TU-8340が限定生産であることは分かっていたので、当初からSVバージョン(出力管なし)を別注する予定でした。TU-8340は半自動バイアス調整という斬新なアイディアによってEL34系(6CA7, KT77等)以外にも6L6GC系(5881, KT66等)やKT88系(655...

昨日は神戸で非公開セミナーのプレゼンター。聴衆が全員、第一線のプロだけにどんな内容にしようか少々思案しましたが、真空管アンプを取り巻く現状と展望,また今後の課題をお喋りしました。当初の予定では13時半に始まって15時半迄のスケジュールだったのですが、プレゼン後のエンジニアの皆さんとの意見交換が実に面白く、気がつくと17時。テーマは「なぜ、いま真空管なのか?」とし、・真空管アンプのイメージ・ハ...

今回の上京の総仕上げは横浜のYさん宅のパラゴン詣で。久しぶりの再会です。LM86BとSV-310を納めさせて頂いて暫く経った頃。Yさんから「片chの375(コンプレッションドライバー)が大音量時にビビってるみたいなんだよね」とご相談があったので、迷わずご紹介したのが山形の我が友「オーディオラボ オガワ」の佐藤さん。Yさんと相談して「どうせやるなら完璧を目指そう」ということになって、通常ですと...

朝4時半すぎに家を出て東京へ。ノリウチ(現場入り当日の本番のこと)のキツさを感じた今日の収録でした。一時はどうなるか…と思った二本録りでしたが無事終了しました。何が大変だったかというと一本目"世界最初期の真空管アンプを聴く"というテーマで持ち込んだウエスタン20年代のアンプ。スタジオで接続してみると…手前のWE7Aが元々ハイインピーダンス仕様(現代の真空管アンプが数Ωの負荷を想定しているのに...

明日から土曜まで東京。そして日曜,月曜と神戸へ。まず明日はMUSIC BIRDの収録。レポートは改めてするつもりですが今回のネタも凄いです!そのうちの一つはこれ!世界最古の真空管アンプ、Western Electric 7A! 1922年から1927年に生産された216Aのプッシュプル。当然モノラル。当時は518W(マグネチックホーン)を鳴らしていました。これをです!今回"大放談"の中で鳴ら...

今週土曜(1/28)発売の「管球王国」では待望の211/845特集ということで試聴記事としてSV-S1628D,SV-284Dが掲載の予定です。クリックで拡大私どもから編集部に提案したのは是非SV-396EQ(フォノEQ),SV-300LB(プリ),SV-284D(パワー)のシリーズモデルの音を聴いて頂けないか…ということで284Dは最強バランスド・シングル(MONO)モードでデモ機をお送り...

似ているタグ