真空管のタグまとめ (34件)

真空管のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには真空管に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

情報解禁のお触れが出たので、やっとお知らせできる今日のトピック。7月にレコーディングに参加したミキサーズ・ラボ/アナログシリーズ第二弾。待望の見本版が届きました。Stereo Sound Onlineから近日発売です!!何の話は分からない方はこちらをご覧ください。ミキサーズ・ラボ発のチェックディスクはCHECKING DVD BY MUSIC(2004)に続く二作目。前作のナビゲーターはジョ...

11月から新装開店した"FMジャズ喫茶Pitch" 。ノンジャンルにお送りしてきた"ようこそ!オーディオルーム"からジャズ専門番組になり、内容も一層深化した訳ですが、お陰さまでご好評を頂いて地元だけでなく東京の老舗ジャズ喫茶のマスターからもゲストで呼んでくれ!とオファを頂くなど、幸先良いスタートを切ることが出来ました。マスター神谷さん,常連客清水さん,そしてジャズ修行中のわたくし大橋によって...

今週のyoutubeは”大放談”2016年オンエアの中で最も反響の大きかった回がついに公開です!理由は恐らく二つ・・・一つは人気女性ヴォーカリスト井筒香奈江さんのナマ声がタップリ楽しめること。そして二つ目は香奈江さんの新譜”リンデンバウムより”をリファレンスにしてSV-284D(845パワーアンプ)をブースターモードで私どもの主力パワーアンプに繋いだときの変化がバッチリ聴けること、この二点が...

忘れられない一文があります。「音楽と食事には、共通点がある。それは、飢えていなければ楽しめないということだ」・・・これは「バイオリニストは肩が凝る 鶴我裕子のN響日記」の一節。著者 鶴我さんを紹介いただいたのが確か2005年の暮れ。そしてご自宅に初めてお邪魔させて頂いたのが旧店主日記によれば2006年のバレンタインデーでした。当日の日記にはこんな写真がアップされていました。もう10年かあ・・...

既に多くの方がホームページでの告知によってご存じかもしれませんが、先週金曜からクリスマスセールを開催させて頂いています。今回の企画は"完成品をキット価格で"というもので、このような形でのご案内は初めてかもしれません。この企画に関しては単に割引をしてお客さまの需要に応えるというだけでない私どもの願いをこめたつもりです。私が'98年に"キット屋"という、いま振り返っても気が利いたとはとても言えな...

皆さん待望の”大放談”四家さんゲスト回(オンエア16/10/14)をyoutubeにアップ完了しました。今回は四家さんの新譜「犬とたまねぎ」からリファレンス曲をピックアップ。私がCo-Producerとして参加させて頂いたこともあり、音源もバッチリ試聴できます!!さて!四家さんが選んだナンバーワン出力管は何なのか!?これは必聴です!!

今日は超久しぶりの骨休めデー。一日じゅう家で音楽を聴きながらボーっとしておりました。そんな訳で昨日の開放日レポートを一日遅れでアップです。前回の開放日は第二で行ったのが9月初めでしたので、会社でやるのは約3ヶ月ぶり。今回もさまざまな出し物がありました。まだ陽の目を見ぬEtude(習作)が聴けるのも開放日ならでは…今回は近県だけでなく熊本からもお客さんをお招きして賑やかな一日になりました。まず...

youtubeアップロードしました!今回は8/5オンエア「「半導体 VS 真空管…究極の比較試聴」(後編)です。半導体セパレートアンプの名機「アキュフェーズC200+P300」と「QUAD 33+303」とサンバレーアンプが激突!さて軍配は如何に?

毎年一年で一番バタバタするこのこの時期。書きたいことは山ほどあるのですが、今は暮れに向けての準備や交渉ごとが多く、なかなかゆっくりPCに向かう時間が取れないのが実態。あと一ヶ月余りで今年もお終いなんて信じられませんが頑張っていきたいと思います。今日はそんな忙しい毎日のなかでも特にお知らせしておきたいビッグなネタ。少々小難しい内容ですが是非最後までお目通し頂ければと思います。この写真をご覧くだ...

by ふろどうらく

しょのごは、その5ではなく、その後となる(811Aのシングルのお話です)。 いまごろになってで、交流点火から直流点火にしたのだが、ハムバランサーの調整が難しくてチョッと外装をコツンとやっただけで2mVくらいまで残留ノイズが増加してしまう。すると、何となく「ぶ~ん」とハムの雰囲気が現れてしまう(部屋が狭く、ニアフィールドな為)。また、音も少しばかり淡いというか、力ない感じになってしまったのと、...

おとといの夜アップしたTU-8340SV。何となく予想はしていたのですが、いまのところご予約の80%がKT150仕様という結果に少し驚いているところです。通常は価格重視で真空管なしバージョンが先行するものですが、裏を返せば如何にKT150という球が多くの方の関心と注目を集めているかということなのだと思います。事前に数量を見込んで手当てしていた数を大きく超えてしまい、KT150は入荷待ちの状況...

youtube第三弾アップ完了です。今回の音源は約1年前、2016/1/8にオンエアしたもので、非常に反響の大きかった回のもの。SV-S1616Dの多極管仕様と300B仕様をテストベンチとして①China EL34(太管)②英 Mullard EL34(ヴィンテージ)③Golden Dragon KT88 Retro④英 GEC KT88(ヴィンテージ)⑤Tung Sol KT150(ダイオ...

11月に入って皆さんからお問い合わせがグンと増えてきたTU-8340。今日現在メーカーからの正式リリースが出ていない状況ですが、私どもではいち早くデモ機をお借りすることが出来、その優れた内容についてレポートして参りました。また過日開催されました第22回真空管オーディオフェアにおいていち早くデモを敢行しその音色についても多くの方と共有することが出来ました。最も激戦区と言われる多極管プッシュプル...

会社に一日いてまた東京にトンボ返り。今回の上京は12月放送分の”大放談”収録(2本録り)。一本目は”エントリーモデル VS ハイエンドモデル”。今までこの番組ではアンプを決めて真空管を挿し替えて音の違いを愉しむ…的な内容が多かったのですが、今回は球を固定してアンプを替える…それも最も身近な廉価帯アンプとハイエンドモデルで比較してみようじゃないかという企画。アンプそのものの音色(ねいろ)を深堀...

今日はまず千葉のF邸に納品がてら耳の保養。今回導入されたSV-284D。オールPSVANE WE仕様のSV-91Bと繋いでブースターオペレーションにするかSV-300LBと直結するか伺ったところ、まずは直結で音の違いを楽しみたいということでした。F邸にはSV-310も既に納めさせて頂いているので、SV-310+SV-91Bで中域の密度感と滑らかな倍音感を楽しんで頂き、SV-300LB+SV-...

お待たせしました。youtube第二弾のアップ完了です!!今回は9/2オンエアの”シングルVSプッシュプル、同じ球でもこんなに違う!”の音源です。前回同様、演奏音源部分はカットされていますが、コメントを聴いて頂くだけでも十分その個性を掴んで頂くことが出来ると思います。事実前回のコメントを視聴下さった方からTung Sol 6L6GC STRやKT150などの球のオーダーがバンバ入ってきていま...

真空管アンプを使いたいけど”自分のスピーカーで果たしてちゃんと鳴るんだろうか?”と逡巡されていらっしゃる方も多いと思います。ちょっと年配で”オレはタマには詳しいんだ”という御仁に訊けば”そりゃ最低でも90dB,出来れば100dB近いのがいいよ”という話になるんでしょうが、現行スピーカーで90dB以上は少数派で且つサイズも相当大きなモノに限定されてきます。”やっぱり真空管アンプは無理か…”とい...

前回のポストでチラッと書いたyoutubeでの情報発信がスタートしました。まずは「真空管・オーディオ大放談!」オンデマンド。過去の放送分から特にリスナーさんの反響の大きかった回の内容を今後定期的にアップロードしていきます。記念すべき第一回は6/24オンエアの”現行ナンバーワン多極管はこれだ!”(使用アンプSV-P1616D)。配信はMUSIC BIRDの配信許諾のもと行わせて頂いており、知的...

今日はまずお知らせから。3年半に亘って沢山の方に聴いて頂いてきました”ようこそ!オーディオルーム”、今月末で終了です。思い起こせば楽器別特集,ジャンル特集,レーベル特集,アーティスト特集,そして沢山のゲストの皆さん…いろんな方にサポート頂きました。本当に有難うございました!お陰さまで絶好調の”真空管・オーディオ大放談!”もこの番組での経験あればこそ。最終回の放送は今週の土曜22時~(再放送は...

第22回真空管オーディオフェア無事終了しました。今回もとても楽しい2日間でした!いつもと変わらない風景ですが、今回はデモのやり方を大きく変えました。従来は各アンプの個性を最も良く伝える曲をセレクトし、その音質的特徴と音源の持ち味を重ねてデモすることが多かったのですが、今回は”大放談”方式と名付け、同じ曲,同じスピーカー,同じ音量で聴き較べることにより、アンプ(真空管)によってこんなに音が変わ...

似ているタグ