石ノ森章太郎のタグまとめ

石ノ森章太郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには石ノ森章太郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「石ノ森章太郎」タグの記事(11)

  1. 『アクマイザー3』 - 【徒然なるままに・・・】

    『アクマイザー3』

    テレビシリーズ第1話の劇場公開ヴァージョン。地底空洞説というのはなんかロマンがありますなあ。ついつい見入ってしまいます。ザビタンがアクマ族を裏切った理由、イビルとガブラがザビタンに追随した理由、今作るならもう少し捻ったり、葛藤を入れたりするところかもしれませんが、割り切っちゃってるのもシンプルでいいもんです。悪事に加担したくないザビタン、その心意気に惚れたイビルとガブラ。一平もジュンも光彦も...

  2. 『仮面ライダーV3』 - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーV3』

    「仮面ライダーV3」の第2話の劇場公開版ではあるが、「仮面ライダー」の100話ということもあって、本郷猛も一文字隼人も客演に留まらない活躍を見せる。風見志郎=宮内洋のアクションも、これが初主演とは思えないほど見せ方を心得た動きを披露しているが、短い出番乍らも藤岡弘の動きには安定感があり。先輩としての意地もあったのだろうか。1号2号の後継者というイメージが色濃いV3だが、実は全編通して3人ライ...

  3. 『キカイダー01』 - 【徒然なるままに・・・】

    『キカイダー01』

    そのうちテレビシリーズ全話を見なそうと思いつつ、今回も劇場公開された第1話を再観賞。スケジュールが相当タイトだったという前作「人造人間キカイダー」も、地方ロケを敢行した立体映画が出来たのだから、本作にも劇場用新作が欲しかったところですが、スケジュールもさることながら予算もかなーりキツキツだったそうなので、その面でも実現は難しかったんでしょうな。ドリフの裏番組ながら大健闘したのだから、人気、知...

  4. 『サイボーグ009』 - 【徒然なるままに・・・】

    『サイボーグ009』

    ここ数年、新作の「サイボーグ009」はコンスタントに作られているものの、なかなか「これぞ009!」と呼べる作品には出会えない。キャラクターに新解釈を施したリブート版だったり、デビルマンとのコラボ作品だったり。それぞれはそれなりに愉しめたのだが、やはり「009」を見たなあという気分にはさせてくれなかった。それじゃあこの一番最初のアニメ版が「009らしい009」なのかというと、これもノー。初心者...

  5. 『変身忍者嵐』 - 【徒然なるままに・・・】

    『変身忍者嵐』

    「仮面ライダー響鬼」は当初、<仮面ライダー>ではなくこの「変身忍者嵐」のリメイクとして企画されていたのは有名な話らしいけれど、今でも時代劇版<仮面ライダー>をやってみたらどうかなあという気はします。でも<仮面ライダー>を止めて新しいヒーロー番組を作る勇気はなかなかないだろうし、各方面からのゴーサインも出にくいんでしょうね。ここのところコンスタンスにヒーロー番組が作られてる印象はありますが、そ...

  6. 『ゴーゴー仮面ライダー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ゴーゴー仮面ライダー』

    TVシリーズ13話を再編集した劇場版「仮面ライダー」第1作。仮面ライダーに倒された筈の怪人たちを次々と蘇らせ、新たな計画を練るショッカー。戦闘員ではなく、怪人たちが個々の能力を駆使して協力しあう図というのはなかなか新鮮。大概の場合、怪人同士はいがみ合うか、さもなければ単純なやられ役として右往左往するケースが多いからだ。そしてメインとなるのは、必殺技ライダーキックが通用しない強力な新怪人。ライ...

  7. 『仮面ライダーBLACK』 - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーBLACK』

    <第三期仮面ライダー>シリーズと呼んで良いものかどうか、「仮面ライダーBLACK」の劇場公開版である。テレビ放送開始から約半年後、23話あたりが放送されていたタイミングでの公開で、番組も軌道に乗ってきた頃か。監督は途中からローテーション監督の仲間入りをした小西通雄で、脚本は上原正三。ブラックはバトルホッパーだけでなくもう一台のマシン、ロードセクターを併用し、ゴルゴム側には新幹部の剣聖ビルゲニ...

  8. 『仮面ライダースーパー1』 - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダースーパー1』

    何度見ても面白いなあ、という昭和期の仮面ライダー映画では一二を争う傑作。上映時間が通常のエピソードよりも長いということもあるけれど、テレビからちょっと離れ、といっても大きくは外れていない安心できる世界で、古代の超兵器、ドグマのスケールの大きい作戦、劇場版限定の新怪人と再生怪人軍団の登場、そして8人ライダーの共演、という具合にスペシャル感が半端ない。歴代ライダーは全員変身後のみの登場だけれども...

  9. 『仮面ライダー/8人ライダーVS銀河王』 - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダー/8人ライダーVS銀河王』

    「仮面ライダーアマゾン」、「仮面ライダーストロンガー」では劇場用新作映画が作られなかったので、これが5本目の「仮面ライダー」映画。前作「五人ライダー対キングダーク」同様にタイトルに主役ライダーの名前がないが、元々番組タイトルにスカイライダーの名前がないのだから致し方ない。「仮面ライダー」シリーズが再開し、劇場版の製作も決まり、その予算の規模もアップし、上映時間も増え…と非常におめでたい雰囲気...

  10. 『ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー』

    テレビの放送終了から約3カ月経って公開された劇場用新作映画。「ジャッカー電撃隊」と前番組「秘密戦隊ゴレンジャー」の共闘を描いた、<まんがまつり>ならではの娯楽編。春休み興行の目玉として企画されたものだが、「ジャッカー電撃隊」の人気や知名度を考えると、ゴレンジャーとの共演があるとはいえ、これだけ間隔をあけて作られたのはちょっと不思議。またスカイエースなどのセットも健在のようで、撮影時期はいつ頃...

  11. 『飛び出す立体映画 イナズマン』 - 【徒然なるままに・・・】

    『飛び出す立体映画 イナズマン』

    最初の「仮面の忍者赤影」は別として、変身ブームの真っ最中に作られた立体映画が、「仮面ライダー」ではなく「人造人間キカイダー」に「イナズマン」だったのは何故だろう?スケジュールに余裕があったのか、それとも知名度や人気の面でライダーに劣るヒーローの救済作戦、というと大げさだが、広くアピールする場に相応しいという判断なんだろうか。それでもライダーと戦隊しかない今よりは恵まれた環境だったなあ。劇場映...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ