石原慎太郎のタグまとめ

石原慎太郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには石原慎太郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「石原慎太郎」タグの記事(6)

  1. これも小池の私怨から始まった公開リンチの一環でしたね - 見たこと聞いたこと 予備3

    これも小池の私怨から始まった公開リンチの一環でしたね

    yahoo:「石原氏の責任否定文書、都弁護団が撤回 豊洲用地訴訟」東京都の豊洲市場用地のうち、都が東京ガス側から土壌汚染のある土地を578億円で購入したのは違法だとして、都民らが都に対し、購入を決めた石原慎太郎・元都知事に損害賠償請求をするよう求めた住民訴訟で、都の弁護団は7日、石原氏に賠償責任はないとする従来の方針を支える証拠文書を撤回したことを明らかにした。 都は元々、石原氏の決定に「違...

  2. 救急病院 - 新 LANILANIな日々

    救急病院

    ご自分の脳梗塞での入院をキッカケにヒントを得て書かれた本救急病院に運ばれる症例が次々と紹介されその患者の背景やくらしが描かれるんだけどいまどき・・・そんな若者、いる?院長と知り合いなので、コネを使ってすぐに検査をオーダーできるかもしれないけどそれ書いちゃって、いいもん?現代のお話なんですよね?でもなんだか、すべてが時代がかってて上から目線で、なんだかなあ(あくまでも個人的な感想です)

  3. 石原慎太郎「処刑の部屋」 - 憂き世忘れ

    石原慎太郎「処刑の部屋」

     文庫本「太陽の季節」に載っている「処刑の部屋」を読みました。 何じゃこれゃ。ですよ。当時は、日本文学といえば、陰々滅々なイメージがあって、そんな中での登場ですから、評論家の皆様は非常に褒めたみたいですね。 もうね、B級映画を観ている感じなのです。リアリティがないし、まあ、はっきり言って、ドタバタ、アクション物でごさいます。 それでね、ところどころ、気になる表現があるのです。 何というか「思...

  4. 『太陽の季節』石原慎太郎 - Tomomoの備忘録

    『太陽の季節』石原慎太郎

    ・内容女とは肉体の歓び以外のものではない。友とは取引の相手でしかない……退屈で窮屈な既成の価値や倫理にのびやかに反逆し、若き戦後世代の肉体と性を真正面から描いた「太陽の季節」。最年少で芥川賞を受賞したデビュー作は戦後社会に新鮮な衝撃を与えた。人生の真相を虚無の底に見つめた「灰色の教室」、死に隣接する限界状況を捉えた「処刑の部屋」他、挑戦し挑発する全5編。・メモ今まで読んだことが無かった石原慎...

  5. 石原慎太郎「太陽の季節」の謎 - 憂き世忘れ

    石原慎太郎「太陽の季節」の謎

     拙著『「楢山節考」に隠された謎を解く』は、深沢の小説にはいろいろなトリックが仕込まれているという本です。 そのトリックの一つに、表のストーリーとは全然関係のないものをモザイクのようにはめ込んでいるものがあります。「女中ボンジョン」はソフィア・ローレンだとか。  これは気づいた読者を嬉しがらせる「なぞなぞ」効果と、もうひとつ、文体に「ユニークさ」を出す効果があります。「この発想、どこからくる...

  6. 「太陽の季節」にビックリ - 憂き世忘れ

    「太陽の季節」にビックリ

     石原慎太郎さんは好きでした。都知事はやっぱ、文化人じゃないとダメだしと思っていたから。それが、ココに来て、小池さんも、朝堂院大覚翁も、あいつはダメとか言っている。 作家としての石原さんは、昔、ちょっと読んだ気がするけど覚えていない。 いったいどういう人なのか。「文は人なり」ということで、「太陽の季節」を、今日図書館で読んでみました。作家としてはあまり興味がなかったので、初めて読みました。石...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ