社会のことのタグまとめ

社会のこと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには社会のことに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「社会のこと」タグの記事(7)

  1. 定禅寺通り - I shall be released

    定禅寺通り

    仙台に行ったことがある方の中には、ここを歩いた人も多いでしょう。単に両側にケヤキの木が植樹されているということだけではなく、歩道の一部にはこのような彫刻がさりげなく我々を迎えてくれる。この定禅寺緑地の両側には車道があり、車がいつも行き交っているが、この道を歩いているとそんなことも気にならなってしまう。そして、この通りには建築物としても注目に値する建築物がある。そのひとつが「せんだいメディアテ...

  2. 風に吹かれて、海を見つめて - I shall be released

    風に吹かれて、海を見つめて

    最近のニュースを見ると、政権にとって都合の悪いことは何とかうやむやにして丸め込めようとする内閣の「どうせ自分たちの権力は揺るぎないのだから、強引に逃げ切ってしまえ」という姿勢が強く見えてきます。何かの疑惑に対して、その事実としての「答え」が地面に着きそうになると、突然風が吹き宙に舞ってしまう。Bob Dylanは、彼の最初となる伝記の中で「風に吹かれて」の唄ができた経緯についてこう語っている...

  3. 札幌地下街・地下歩道空間 - I shall be released

    札幌地下街・地下歩道空間

    いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑) にほんブログ村

  4. 私が猫を飼って動物虐待していると感じた時(3) - I shall be released

    私が猫を飼って動物虐待していると感じた時(3)

    さて、そんなわけで猫親子3匹との共同生活が始まったわけだが、強調したいのは「共同生活」を始めたという自分の認識だ。決して猫を飼ったという意識はなかった。そもそも経緯からして、少なくても私が望んだ同居ではなかった。どういう理由かわからないが、親猫が私の部屋を育児するための場所として選んだとしか考えられなかった。だから私としては能動的に「猫を飼った」という意識にはとうていなれなかった。また、相変...

  5. 私が猫を飼って動物虐待していると感じた時(2) - I shall be released

    私が猫を飼って動物虐待していると感じた時(2)

    その猫に対して、私は特別な感情を持たなかった。正確には、猫が好きな人のような可愛がり方をしなかったということだ。しばらく顔を出さなかったとしてもそれほど気にはならなかったし、たまに「あいつどうしているのだろう」と思うくらいで、とりあえず来た時のために缶詰を用意しておいているものの、まぁ、猫には猫の都合というものがあるのだし、他にもっと可愛がってくれる人がいるのだったらそれはそれでいいのだから...

  6. 私が猫を飼って動物虐待していると感じた時 - I shall be released

    私が猫を飼って動物虐待していると感じた時

    たまにはきちんと何かを話そうと思う。いや、これから話すことが「きちんとした」ことに分類されるのかどうかはわからない。それは読んだ方が判断することであろう。私が言う「きちんと」というものは、自分の考えをきちんと話そう、という意味だ。だいぶ前に書いたかもしれないが、本人でさえその確かな記憶がないので、ある部分まではもし重複していたとしてもとにかく書いてみることにした。それは私が20歳から22歳く...

  7. 海の向こうで戦争が始まる - I shall be released

    海の向こうで戦争が始まる

    アメリカがシリアに対してトマホークを59発撃ち放った。選挙前、世界の警察をアメリカがやねなんてまっぴらだ、と語っていたトランプ大統領が、事前にシリアを非難してはいたが、「正義を大義名分」にして自ら高家無゛木を始めたのだった。なぜこのタイミングにアメリカがシリアを攻撃しなければならなかったのは、今日段階でも諸説あり、その真意はまだ理解できないが、少なくともひとつだけ言えることがある。それは、「...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ