神功皇后伝承地のタグまとめ

神功皇后伝承地」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには神功皇后伝承地に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「神功皇后伝承地」タグの記事(23)

  1. 糸島バスハイク2  染井の古道を探検した - ひもろぎ逍遥

    糸島バスハイク2  染井の古道を探検した

    糸島バスハイク2染井の古道を探検した 染井神社の下宮にいた時、地元の方が話をしてくれました。下宮から中宮への道があるというのです。「道は今は無い」と古書に書いてあったので、まさかのまさか。しかも、歩いて5分というのです。5分( ゚Д゚)5分♪中宮ヘは染井信号から車で上れます。一般車両はUターンできますが、マイクロバスは厳しいので、今回の予定から外していました。でも、下宮から5分?なんでそんな...

  2. 糸島の秋 彼岸花と赤米アート! - ひもろぎ逍遥

    糸島の秋 彼岸花と赤米アート!

    糸島の秋 彼岸花と赤米アート!秋のバスハイク、糸島を堪能してきました。今日は旬の光景です。天神からの都市高速でのシーホークとドームの光景。大好きな構図だけど、シャッターチャンスは一瞬!助手席でないと撮れないんですよね。ついにゲット。でも、ランプが正面(´・ω・`) また、いつか。カメラを持ってたら、一度は撮りたい彼岸花。稲と彼岸花を撮るなら糸島、お勧め♪染井神社の所。あちこちの田圃で見れます...

  3. 次回のバスハイク - ひもろぎ逍遥

    次回のバスハイク

    今日は次回のバスハイクのデザインでした。次回は9月の糸島です。糸島は昨年の3月3日に女神巡礼のバスツアーを組んで、皆さまをご案内しました。格別な思い出です。皆さまお元気でしょうか。リンクしたりして、もう少しシェア出来たんじゃないかと後で思いつきました。細石神社と櫻井神社では特に思い深く感じていらっしゃったようすで、名残惜しかったなと思っています。こうやって画像を見ると、空気がきれいな日でした...

  4. 愛する人の御魂を石に留めて 御勢大霊石神社 - ひもろぎ逍遥

    愛する人の御魂を石に留めて 御勢大霊石神社

    愛する人の御魂を石に留めて御勢大霊石神社 みせたいれいせき不吉な鷹が止まったという隼鷹神社。(上巻34)その鷹は南にある御勢大霊石神社の場所から飛んできました。 この地に仲哀天皇が羽白熊鷲攻撃のための陣を敷いて、祭祀を始めた時でした。高木の神が鷹に化身して飛んできたのです。そして、北に向かって飛んで行きました。ある日、天皇が夕暮れに前衛の兵士たちを励まして戻ってくる時、敵の流れ矢が天皇に当た...

  5. 隼鷹神社 運命の高木の神 - ひもろぎ逍遥

    隼鷹神社 運命の高木の神

    隼鷹神社 運命の高木の神御勢大霊石神社で仲哀天皇が神事をしている時、鷹が飛んできました。それから北を目指して飛んでいきました。そののち仲哀天皇が矢に討たれて崩御。神功皇后はその鷹が止まった松の木に高木の神を祀りました。松の木は枯れ、代わりにクスノキが 生長しました。 バスハイクにて撮影場所『神功皇后伝承を歩く』上巻34 隼鷹神社 鷹となって現れた高木の神を皇后が祀らせた小郡市いつもポチっと...

  6. 高樹神社と磐井城 - ひもろぎ逍遥

    高樹神社と磐井城

    高樹神社と磐井城バスハイク。久留米市。高樹神社です。地主神だった高木の神は高良の神に結界を張られて戻れなくなってここに鎮座しています。 高樹神社の境内から磐井城のあった丘がよく見えてい ます。正面の森の中です。ここは御井郡(みいのこおり)でした。その下の放生池は磐井川を堰き止めて出来ています。磐井城はもう一つ、北側にもありましたよ。 拙著『神功皇后伝承を歩く』の地図です。古墳と神社をしっかり...

  7. 幸神社 山下影姫と幸夫人 武内宿禰の「乳母」を祀る宮か - ひもろぎ逍遥

    幸神社 山下影姫と幸夫人 武内宿禰の「乳母」を祀る宮か

    幸神社 山下影姫と幸夫人武内宿禰の「乳母」を祀る宮かバスハイク。高良下宮社です。三つの社殿の右の方に幸神社があります。幸夫人は物部膽咋(いくひ)の夫人の一人。物部膽咋は神功皇后の時代の人で、香椎宮での会議のメンバーの一人ですね。物部氏の長老的存在です。その膽咋が娶(めと)った若い幸夫人に赤ちゃんが生まれました。ちょうど、そのころ山下影姫が武内宿禰を出産しました。山下影姫の代わりに武内宿禰を育...

  8. 湧水の宮 味水御井神社 - ひもろぎ逍遥

    湧水の宮 味水御井神社

    湧水の宮味水御井神社 久留米に着いて最初に参拝したのが、御井町の味水御井神社です。駐車場が無いので、久留米大学前駅にバスを停めて、そこから歩いて行くことにしました。駅舎のすぐ左の橋を渡って行きます。下にはJRの久大本線が通っていました。石段からはいきなり森の中。泉がまず目に飛び込んできました。二、三か所、水が湧いているようすが分かります。阿蘇で見かける水源と同じです。思えば、都会の中の湧水で...

  9.  高良大社は平成の大修復中 - ひもろぎ逍遥

     高良大社は平成の大修復中

    第7回バスハイク高良大社は平成の大修復中 2017年7月13日、神功皇后の足跡を訪ねて久留米と小郡へのバスハイクでした。高良大社は只今大修復中。屋根の色が金色になっていましたよ。これまでの古式の色を見慣れていたので、印象が随分違っています。檜皮葺きというのかな?古代の人はこの黄金色を知って使ったのでしょうか。透明感のある銅のような甘い金色です。彩色が施されていたのも、初めて気づきました。青い...

  10. 豊玉姫の岩 - ひもろぎ逍遥

    豊玉姫の岩

    糸島染井の森木漏れ日豊玉姫が彦火火出見と共に祀られている宮豊玉姫は愛しき人を追って糸島へこの木の下の岩の上で髪をくしけずった同じ光景を見たのだろう撮影場所 上二枚『神功皇后伝承を歩く』下巻63 染井神社神功皇后がウケヒで白糸の鎧を井戸につけると赤く染まった下 志登神社 いつもポチっと応援ありがとう。にほんブログ村

  11. 苔と光 - ひもろぎ逍遥

    苔と光

    苔と光苔の世界の小宇宙。ガイアの森の世界撮影場所『神功皇后伝承を歩く』上巻28 高祖神社神功皇后は五十迹手の奉斎する宮で祈願したいつもポチっと応援ありがとう。にほんブログ村

  12. 海成分不足症候群 - ひもろぎ逍遥

    海成分不足症候群

    海成分不足症候群海成分が足りないな。 ならば、たっぷりと。 ここは織幡神社。オリハタ。武内宿禰がここで日本を守ってる。撮影場所『神功皇后伝承を歩く』上巻4 織幡神社 宗像市いつもポチっと応援ありがとう。にほんブログ村

  13. 寄せては返す - ひもろぎ逍遥

    寄せては返す

    寄せては返す 寄せては返す 寄せてばかりではいかんぜよ。シフトしようっと。撮影場所 綿津見神社 下巻75いつもポチっと応援ありがとう。にほんブログ村

  14. 相島積石塚―綿津見神社の参道―香椎宮古宮 安曇族の墓地と聖地を結ぶ不思議なライン - ひもろぎ逍遥

    相島積石塚―綿津見神社の参道―香椎宮古宮 安曇族の墓地...

    相島積石塚―綿津見神社の参道―香椎宮古宮安曇族の墓地と聖地を結ぶ不思議なラインチェリーが福岡市東区の綿津見神社の参道の向きに注目して、ラインを見つけてくれた。それは相島積石塚と香椎宮古宮を繋ぐライン上にあった。どれも安曇族関連の墓地であり、聖地だ。いったい何を示しているのだろうか。私の写真とのコラボを楽しもう。相島積石塚と香椎宮古宮のライン上に綿津見神社が乗ってくる。この積石塚は大きなヤツか...

  15. 不思議な光の玉 - ひもろぎ逍遥

    不思議な光の玉

    不思議な光の玉 カメラを覗いたら、白い玉がポツンと見えて、あれあれ?またカビさせた?と心配しながら、シャッターを押そうとすると、ピカピカピカと光の玉がいくつも出て来て、パシャリ。こんな画像になりました。ここは香椎宮の古宮。仲哀天皇が崩御して御前会議があった所。スピカを祀っていたという。掲示板に太宰帥(だざいのそち)が年に二回参拝する話を見つけて撮ろうとした所でした。そこだけは、ちゃんと写って...

  16. ムーミンの木にまた会えた - ひもろぎ逍遥

    ムーミンの木にまた会えた

    ムーミンの木にまた会えたバスハイクの皆さんと一緒にムーミンの木を仰ぐ。みんなで見ると楽しい♪古賀市 五所八幡宮にて。ここは青柳街道沿いの楠が茂る岬状の境内。仲哀天皇が崩御したために、祟った神を知ろうとして向かった小山田斎宮の途中に位置付けています。 こちらは綿津見神社で遊んでいたコ。にゃーーー。と大きな声で鳴きながらみんなについてくる。撫でて―と、頭をゴッツンしてくるコ。初対面なのに、なでな...

  17. 行って来ました(^^)/ 香椎~古賀 - ひもろぎ逍遥

    行って来ました(^^)/ 香椎~古賀

    バスハイク第6回香椎・古賀バスハイク、行って来ましたよ!とても良い天気でした。香椎宮参道。香椎宮拝殿。神殿。朝の神社はとても素晴らしいですね。朝日に輝いています。これは綿津見神社の横の三苫海岸。 初めての時と、こうして改めて参拝するときとでは、神社の様子が全く違って感じられます。どの表情もそれぞれに感じ入る所があります。「自然と歴史をまもる会」主催のバスハイクで、6回目でした。次回は久留...

  18. 歴史講座、ありがとうございました。 - ひもろぎ逍遥

    歴史講座、ありがとうございました。

    今日は香椎東公民館での歴史講座、「香椎が都だった頃」というタイトルで、仲哀天皇、神功皇后、そして安曇磯良を柱にお話ししました。沢山のご参加ありがとうございます。香椎宮の周辺には神功皇后の史跡が特に多く、謎に思っていた方も多かったと思います。講座を終えて、「点が線になりました」と話してくださる方もありました。今朝は香椎参道を通って行きましたが、楠の並木道が美しくて、感動しました。運転手席でない...

  19. 万葉集「いざ児ども 香椎の潟に」の歌はココ 香椎潟での玉藻刈りはミソギ - ひもろぎ逍遥

    万葉集「いざ児ども 香椎の潟に」の歌はココ 香椎潟での...

    万葉集「いざ児ども 香椎の潟に」の歌はココ香椎潟での玉藻刈りはミソギ香椎廟参拝後、この香椎潟に大伴旅人が馬でやってきて、玉藻を刈る歌を詠んでいます。 (御島神社と香椎潟)6巻 957番 冬11月、大宰の官人ら、香椎廟を拝し奉りおえて、まかり帰る時、馬を香椎浦にとどめて各々思いを述べて造る歌 帥大伴卿の歌一首いざ児ども 香椎の潟に 白妙の 袖さえぬれて 朝菜摘みてむ(さあ、みんな、香椎潟で白い...

  20. 『日本書紀』に書かれた「神功皇后の美豆良結い」の場所はココ 海の中の御島神社  - ひもろぎ逍遥

    『日本書紀』に書かれた「神功皇后の美豆良結い」の場所は...

     『日本書紀』に書かれた「神功皇后の美豆良結い」の場所海の中の御島神社香椎イオンに行く途中の橋の上に細長い公園があります。そこから見える海の中の鳥居が御島神社♫海ですねえ。ええ、岩礁が神社なんです。かつては大きい岩だったらしいですが。向こうには照葉の新しい街が出来ましたが、ちょっと前までは海でした。昔、この岩は船の人にとっては香椎宮へ向かうための良いランドマークでした。ここが『日本書紀』に書...

1 - 20 / 総件数:23 件

似ているタグ