福島県のタグまとめ

福島県」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには福島県に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「福島県」タグの記事(42)

  1. 残されし大地 / ジル・ローラン - Les jours de la violette

    残されし大地 / ジル・ローラン

    《残されし大地》単館上映で全国を回り やっと大阪で観る事が出来ました。2011年3月11日東日本大震災が起き、映画のキーパーソンとなっている松村直登さんは 避難、疎開の流れから 福島県双葉郡富岡町を残る事を決めました。一昨年だったか、私は国道6号が開通された直後に車で走りました。この映画の最後その6号線が映るのですが、その模様は物悲しく、私の見た6号線は、何処かの映画で観た、まるで戦後の様な...

  2. 浄土平de星空散歩 日帰りバスツアー - 情報開発研究会_東北プロジェクト

    浄土平de星空散歩 日帰りバスツアー

    毎日暑い夜が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。今回ご紹介するのは、夜間の気温が20℃以下まで下がる福島県の浄土平です。私は宇宙や星空が大好きです♪空気の綺麗な東北の夜空は本当に美しく地球は宇宙の一部だということが地球に居ながら実感できます。何時間でも夜空を眺めていたくなります。参照:角田市のGW私の住んでいる所ですら、こんなに美しいのに標高約1600mの浄土平はどれ程すばらしい...

  3. 川の流れと共に - 花のこみち

    川の流れと共に

                 <クリックすると拡大します>                暗くなるころから                霧が動き出しました。                そして 次の朝には   ...

  4. 会津若松・春紀行 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    会津若松・春紀行

    今回の帰国では、P太が一緒じゃないこともあり、以前日本で暮らしていた時のように只ゆっくり過ごしたかったので、ほとんど東京の姉の家と福島の実家で過ごし、旅行には余り出ませんでした。唯一泊り掛けで出掛けたのは、磐梯熱海温泉と、このキチ吉ちゃんとの会津旅行だけ。郡山駅で待ち合わせて、この赤べこ「あかべぇ」柄の磐越西線の列車で出発しました。目指すは、会津地方の中心都市、城下町としても名高い会津若松市...

  5. 味噌の満田屋で昼御飯 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    味噌の満田屋で昼御飯

    私の友達の中でも一番のグルメ&食いしん坊&大喰らいのキチ吉ちゃんとの旅ですから、一食たりとも選択には気が抜けません!(爆) 旅行中の食事は、美味しいのは当然ながら、出来ればその土地ならではの、またはその店独特の食材や料理を味わいたいものです。そこで、会津若松での御昼御飯は、前々から行きたかった(私が)、老舗の味噌屋さん「満田屋(みつたや)」で、田楽を食べることにしました。満田屋さんは、江戸時...

  6. 一番列車が行く・・・・ - 花のこみち

    一番列車が行く・・・・

           <画面をクリックすると拡大します>          撮影日:2017・07・07    撮影地:奥会津  福島県     カメラ:NIKON Df    レンズ:AF-S NIKKOR24-120mmf/4G ED VR

  7. やっぱりTO-FU Café おおはたや -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    やっぱりTO-FU Café おおはたや

    三春町へ行ったら寄らずには居られない、老舗豆腐店の工場直営カフェの「おおはたや」。国産大豆を使用した豆腐、及び大豆製品の、独創的なお料理が目白押しで、三春周辺の人気飲食店の中でも、常にトップクラスにランクインしています。「福島さくら遊学舎」の近くとあっては、更に寄らない手はありません。ここのカフェの入り口に在るショップで売られている、豆腐や油揚げやがんもどきを始めとする大豆製品も、一工夫ある...

  8. 空想とアートのミュージアム「福島さくら遊学舎」 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    空想とアートのミュージアム「福島さくら遊学舎」

    東京へは自分だけで簡単に行けなかった子供時代、もし近くにアニメーションを作っている会社なんてのが在ったら、とても興味を持ったと思います。が、何と今、実家の結構近くにアニメ・スタジオがあるんです。それがここ、三春町の「福島さくら遊学舎」。合併で廃校になった中学校の校舎を利用し、美術館も併設されています。丁度猫の写真展が行われてたので、初めて訪問してみました。1991年に併統合に寄り設立された桜...

  9. 一生もの 四  - くろとかげの思い出 

    一生もの 四 

    私にとって「一生もの」のイメージは丈夫で使い勝手が良くて、飽きないもの。つまり次のものを買おうと思わない。時計やバッグもそうかなとは思うけれど、どうしても ( 飽きて ) 新しいものが欲しくなってしまう。だからキッチン用品が多い。( 2017年 元旦 )10年以上も前、福島県会津へ旅した時に何件かのお店を見て回りこれを購入。「会津塗のお膳」漆器は高いというイメージがあるけれど会津塗は割と普段...

  10. 第39回ふくしま花火大会 - 情報開発研究会_東北プロジェクト

    第39回ふくしま花火大会

    夏はやっぱり花火ですね♪今回の「ふくしま花火大会」は福島市制施行110周年記念事業及び福島商工会議所創立100周年記念事業として、実施されますので気合が違いますよ!尺玉やスターマインなど約10,000発の花火が夜空を彩ります。画像提供:こらんしょ ふくしま様花火大会は物凄〜く混むので、快適に見られることがポイントですよね。信夫ヶ丘球技場の【有料観覧席】(スタンドを1人500円)ならベストポジ...

  11. コーフン! 古墳公園「大安場史跡公園」 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    コーフン! 古墳公園「大安場史跡公園」

    いきなりタイトルが、ベタベタなオヤジ・ギャグですみません。イギリスに居る時、何気なく郡山市辺りの航空写真をグーグル・マップで見ていたら、何だか特異な地形に目が留まりました。調べてみると、本物の古墳群で、周囲を公園に整備したものとのこと。古墳公園なんて、埼玉県や宮崎県、近畿地方位にしかないと思っていましたが、地元福島県にも存在するとは。と、昔から異様に古墳好きだった私はトキメキました。そして今...

  12. 世紀末バカTシャツ伝説 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    世紀末バカTシャツ伝説

    磐梯熱海の温泉ホテルの売店で、P太へのお土産にぴったり~なTシャツを見付けました。漫画「北斗の拳」の、東北弁バージョンの柄です。言わば、最強のバカTシャツ。勿論思惑通り、何着か買って行ったお土産Tシャツの中でも、P太は一番気に入っていました。後で、弟も絶対喜ぶだろうから、弟の分も買って置けば良かったと後悔しました。主人公ケンシロウの御馴染みの決め台詞「おまえはもう死んでいる」を、東北弁訳で表...

  13. 磐梯熱海温泉のホテル「華の湯」 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    磐梯熱海温泉のホテル「華の湯」

    福島県の両親の家に帰省中、温泉に連れて行ってくれるというので、郡山市の磐梯熱海温泉のホテル「華の湯」を選びました。ここの滞在は二回目ですが、大きな温泉ホテルで、まるでホテル自体が温泉街、または温泉のテーマ・パークみたいなところが気に入っています。普通「熱海温泉」と聞けば、静岡県の箱根の麓ですが、福島で熱海と言うと、この磐梯熱海温泉を差すことが多いと思います。三年前ウィリアム王子が訪日の際、宿...

  14. 三春のカタクリの里 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    三春のカタクリの里

    今回の帰国で、両親の住む福島県中部の実家には、三春町の桜の開花時期に合わせて帰省しました。三春と言えば、日本三大桜の一つ「滝桜」を始め、桜の里として知られています。しかし、今回初めて「カタクリの里」なるものが三春に存在することを知り、訪ねてみることにしました。場所は、三春町の郡山市寄りの山田地区。この時期、カタクリの里への道順を記す看板は途中に沢山出ていましたが、そうでもないと辿り着けそうも...

  15. オヤジの庭 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    オヤジの庭

    今日は「父の日」なので、私の福島の実家の父の庭を御紹介します。私の父は、小学生の頃から煙草を吸う不良で、高校生の時には本当にやんき~になりました(本人曰く「ワルぶっていただけ」)。その後大学を卒業して教師になり、その初任給で買ったのが、何と植木! ガーデニング好きな元ヤンです(爆)。何でも、父が育った食糧難の時代の田舎では、植物を鑑賞する為の「庭」を持っていたのは裕福な家のみで、それに対し庶...

  16. 何度でもリカちゃんキャッスル 2 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    何度でもリカちゃんキャッスル 2

    「リカちゃんキャッスル」の一部屋に、非売品特別仕様のジェニーやリカちゃん人形がズラリ展示されていました。「伯母ちゃん! 全部写真撮って~」と言う姪と二人で、「あれがいい、これがいい」と、きゃーきゃー楽しみながら撮影して来ました(…念の為、この場所に他に人はほとんど居なかった)。説明札には、タイトルと簡単なコンセプトとモデル人形しか記してなくて、デザイナーや製作者名等は分かりませんが、数年前に...

  17. 何度でもリカちゃんキャッスル 1 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    何度でもリカちゃんキャッスル 1

    福島県の実家に帰省して、郡山市民美術館で「リカちゃん展」を見学した翌日は、小野町のリカちゃん人形のオープン・ファクトリー兼博物館「リカちゃんキャッスル」へ、またしても行きました。ええ、帰省する度に訪れるつもりです。義妹に車で連れて行って貰いましたが、彼女はリカちゃんは前日でもう十分だと言うことで、近くの図書館で待機中、姪と一緒に見て回ることにしました。正面玄関のロボテック・リカちゃんは、今回...

  18. 誕生50周年記念リカちゃん展 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    誕生50周年記念リカちゃん展

    日本に到着して約一週間後、東京の姉の家から、福島県の両親の家へ移動しました。義妹に会ったら、丁度郡山市の市民美術館でリカちゃん人形50周年展が開催されるところなので、私がそれに合わせて帰って来たんじゃないかと思っていたとのこと。そういう催しが松屋銀座で開催されたのは知っていましたが、その後全国巡回して、丁度郡山に来るとは全く知りませんでした。我ながら、何てタイミングが良いんだ。おまけに弟が仕...

  19. キハ40系 田子倉湖畔 - レイルウェイの毎日

    キハ40系 田子倉湖畔

    2424D 「只見線 普通 小出→只見」 只見線 大白川〜只見午後から晴れという予報だったので金山の道の駅で昼寝をして只見線の小出口へ。しかし昼になっても頭上の雲は消えることなく意気消沈。(きっとある)秋臨のロケハンということにして気持ちを切り替えた。キハ40-2023(新ニツ)+キハ40-2020(新ニツ)2017年5月27日

  20. キハ40系 只見川第4橋梁 - レイルウェイの毎日

    キハ40系 只見川第4橋梁

    426D 「只見線 普通 会津川口→会津若松」 只見線 会津中川〜会津水沼キハ40-5**(仙コリ)+キハ40-5**(仙コリ)2017年5月27日

1 - 20 / 総件数:42 件

似ているタグ