秋のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには秋に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「秋」タグの記事(46)

  1. 木津川堤防で - Day by  day

    木津川堤防で

    RICHO CX615年の秋に木津川堤防で

  2. 松林図屏風 - 日々のしをり

    松林図屏風

               長谷川等伯『松林図屏風』            左隻 (クリックで拡大)            右隻 (クリックで拡大)ちょっと調べものをしていたら、たまたま長谷川等伯の「松林図屏風」に行き当たった。もうかれこれ二十年近くも前になると思うが、出光美術館でその屏風画を初めて目にして、やや暫くその場を離れられなかったことを思い出してしまった。...

  3. 懐かしの写真コンテスト(キタムラ フォトコンテスト 準特選) - 新 北国の花鳥風月

    懐かしの写真コンテスト(キタムラ フォトコンテスト 準特選)

  4. なかよし - photomo

    なかよし

    私が置いたのではありませんよ!

  5. メープル - photomo

    メープル

    神戸森林公園のメープルの森にて

  6. 秋 - kazuuブログ

  7. 澄んだひとみ - BOSS & ELLIE

    澄んだひとみ

    秋の或る日私達を見かけたご夫婦が近寄ってきて下さってBOSSとELLIEを可愛がって下さいました『力をもらえるね...』って♪よだれや泥だらけのBOSSとELLIEに...よしよし...うれしくて...温かさとやさしさをもらいました(^^)また春になって暖かくなったらお待ちしてます

  8. 紅葉狩り - Osanpo-Life

    紅葉狩り

    紅葉のきれいな季節になりました。山奥に出かけて、紅葉狩りを楽しんできましたよ。池の周りに散策道があり、2時間ほどかけて周りました。色とりどりの木々の中、落ち葉を踏みしめ、のんびりと歩く時間は、本当に幸せなひとときでありました。

  9. 古布で綴るかやぶき物語 - 林サヨコ創作キルトの世界

    古布で綴るかやぶき物語

    秋の美山かやぶき美術館で開催の、作品展のタイトルやイベント内容が決まりました。林サヨコ創作キルト展~古布で綴るかやぶき物語~10月31日(火)~ 12月3日(日)休館 月曜日かやぶき美術館入館料500円 林サヨコの作品世界が、かやぶきの風景に溶け込みます。かやぶきの四季の移り変わりを表現した新作タペストリーや、新しい取り組みの作品も発表いたします。日本の原風景の中にある、おとぎ話のような空間...

  10. 時遊 - 小さな感動 Photo blog

    時遊

  11. 色に埋もれて - 林サヨコ創作キルトの世界

    色に埋もれて

    今度の作品は、まつり縫いが多いです。そしてとてもたくさんの色彩でまとめていくので、配色に気を使います。複雑な縫い合わせが終わったので、黙々と単純にまつり続ける作業が続くのですが、これがとても楽しいのです。写真は秋の部分。縫い物をしながら、珈琲で休憩♪こぼさないように、、(笑)私の好きなディープトーンに囲まれて♪ワクワクする布達です。

  12. 山吹 - 小さな感動 Photo blog

    山吹

  13. 響緑 - 小さな感動 Photo blog

    響緑

  14. 家族の絆 - 小さな感動 Photo blog

    家族の絆

  15. 岸紅 - 小さな感動 Photo blog

    岸紅

  16. 1288 娘はダンス息子はギター父は夜鍋 - 紀本直美の俳句ブログ

    1288 娘はダンス息子はギター父は夜鍋

    ギターは弾けないので、うらやましいです!「娘はダンス息子はギター父は夜鍋 直美」(むすめはだんすむすこはぎたーちちはよなべ)〔季語:夜鍋(秋)〕

  17. 野分(のわき) - always over the moon

    野分(のわき)

     ドーベルマンに吐きもどされてゐる野分 (ドーベルマンにはきもどされているのわき)◇ 季語: 野分(のわき)、野わけ 【秋】 ・天文  (秋の強風。野を分けて吹くほどの意  by 角川必携季寄せ)◇ この時期に、秋の句なのですが、「いつき組新聞」の「野分の座」にエントリーされた句です。  1月発刊の新聞で、選の結果が出ました。貴重な票を入れて下さった方々に感謝です!  諸般の事情により、今年...

  18. 「宝筐院」京都2016秋の想出帖から - 雲母(KIRA)の舟に乗って

    「宝筐院」京都2016秋の想出帖から

    心の目でシャッターを切ろう。 嵯峨野の宝筐院。ここは、紅葉の美しさでよく知られている。朝の光が境内に入ると、庭の木々が輝きを増す。落ち葉がそのままただそこに在った。無駄を削りすぎない。遊び心やゆるやかな自然の気持ちから、何かが生まれることもきっとある。(撮影11月25日)

  19. 何丁目かの夕日 w - Photo*Latte

    何丁目かの夕日 w

    ♪ KAMATA♪ Rising Sun w

  20. 「晩秋の嵐山」京都2016秋の想出帖から - 雲母(KIRA)の舟に乗って

    「晩秋の嵐山」京都2016秋の想出帖から

    河のほとりに佇んでいると、谷山浩子の歌をいつも思い出す。 上桂の地蔵院から嵐山に向かった。中之島へ渡り、渡月橋の上から、晩秋の嵐山を眺めた。生前の父が好きだった谷山浩子の「河のほとりに」が聴こえてきた。

1 - 20 / 総件数:46 件

似ているタグ