秘境のタグまとめ

秘境」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには秘境に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「秘境」タグの記事(15)

  1. 大場村道路元票 - みとぶら

    大場村道路元票

    大場村道路元票大場村は昭和30年まで存在し、その後常澄村になりそして平成4年に水戸市になりました。道路元標(どうろげんぴょう)とは道路の起終点を示す標識です。ですので、大場村時代は、ここを基準に街道や枝道の距離を測定したようですよ。今は草叢にぽつっと残っているのですが、これは大場村役場があったところにあったようです。その後農協の支所となりその後にも建物は転用されたようです。建物の入口の左側に...

  2. 藤田八束の鉄道写真@小幌駅物語、秘境日本一の駅小幌駅、北海道鉄道物語・・・廃線にする愚か者 - 藤田八束の日記

    藤田八束の鉄道写真@小幌駅物語、秘境日本一の駅小幌駅、...

    藤田八束の鉄道写真@小幌駅物語、秘境日本一の駅小幌駅、北海道鉄道物語・・・廃線にする愚か者 秘境日本一の駅として街の観光に一役かっている駅舎が有るとお聞きしました。NHKの朝のニュースです。トンネルとトンネの間が数百メートルしかないのにその間に小幌駅という小さな駅が有ると言う。この駅が今年ブレークしたようです。それを考えただけでも北海道はそんな駅舎が山とあります。絶景ポイントの整備とホテルの...

  3. さると、いのししと、ぶたさんが - ぶっちの幸せ

    さると、いのししと、ぶたさんが

    観光列車です  有名処  コンパニオンたぬき  2017’ 6月のかずら橋 道の駅「夢舞台」  鮎がうまい***************** 以上、サービスだぃ ********************■ かめねーさんは、風呂が大嫌いだ。 中身はカラスなのか、とにかく直ぐにあがってくる。 いったい身体は洗っているのか、シャンプーはしているのか? 石鹸は使わずに、石鹸にお湯をかけて...

  4. 破壊と創造 - みとぶら

    破壊と創造

    破壊と創造凄いスローガンですね。目に入ったときにウンン?となりましたよ。これがあるのは、ミトリカ という会社にあります。ミトリ カ で区切ってしまいました。そうではなく ミト リカです。というわけで、ミトリカってごめんなさい。知りませんでした。元々、水戸理科ガラスという会社で、検索すると、高品質のガラス・石英セルをはじめ分析用光源のホロカソードランプ、重水素ランプ、理化学機器など、様々な加工...

  5. 夢のThe Wave。。。アメリカRV横断旅行 2017 - 気ままなLAヴィンテージ生活

    夢のThe Wave。。。アメリカRV横断旅行 2017

    TheWave当日 パンジャが居るので暑くなると帰ってくるのが大変なので朝早めに起きて出る事に 辺りはまだ薄暗く肌寒い。因みにこれは前日に撮った写真です。Wire Passのパーキングにはレジストする所があるので 名前と人数 何処に行くか 車のナンバープレートなどを書き込み いよいよ出発です。とことこ歩いていたらパンジャが何か見つけました。野ウサギです。さすがお犬様です。そしていよい...

  6. 土壇場と冥加淀と吉沼磔場を考察する - みとぶら

    土壇場と冥加淀と吉沼磔場を考察する

    渋井町緑地と境橋(地獄橋)と吉沼磔場といわれている場所を中心とした空中写真を用い考察していきます。昭和27年新川の河川改修が行われる前の状態です。河が蛇行して現在とは大きく違います。中心辺りにあるのが境橋。この橋が架かる前はどこに橋があったのかな?河川改修で消えた冥加淀は、橋の左側の木が茂っているあたりなのかな?昭和49年河川改修が行われ、川も道も農地も大きく変化してしまい、改修前の面影がほ...

  7. 吉沼磔場は本当にここなのか? - みとぶら

    吉沼磔場は本当にここなのか?

    吉沼磔場は本当にここなのか?と書いておきながら、そもそも磔場があったのかは知りません。「水府異聞」に書かれている言い伝えしか情報を得れるものがありません。水府異聞読んで、ああそうなんだ~、ここ磔場なのねって思っていて訪問したんですが、行ってみるとなんだか違和感・・・・わざわざ土壇場と呼ばれた「死者を埋める土地」があって、磔場があったならば、わざわざ橋を渡ってそのような施設を作るのかな?江戸時...

  8. かつて「土壇場」と呼ばれていた渋井町緑地  - みとぶら

    かつて「土壇場」と呼ばれていた渋井町緑地 

    渋井町の末端部、新川沿いに整備された渋井町緑地です。碑があるのですが、その裏側に碑文があります。渋井町緑地碑この地は 渋井町の田園地帯の一角にあり自然環境が豊かに残されているところである年々歳々自然環境が失われているなか地域からこの自然環境を守り育てる意識のもとに 公園としての要望がありその熱意に応え水戸市が整備したものであるまた この地は 幕末における藩内の争乱の際に処刑された人々の遺骸が...

  9. 神秘の絶景【シワガラの滝】へ冒険にでかけよう - ルーシュの花仕事

    神秘の絶景【シワガラの滝】へ冒険にでかけよう

    こんにちは大阪・堺市堺区の花屋フラワールーシュです。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■こんにちは大阪・堺市堺区の花屋フラワールーシュです。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■お友達に誘ってもらって兵庫県の新温泉町にある神秘の滝シワガラの滝へ自力ではかなり遠いので阪急トラピックスのバスツアーに参加。大型バスの入れない道らしく定員も限られていたためずいぶん前...

  10. 頭無地蔵尊(首無地蔵尊) - みとぶら

    頭無地蔵尊(首無地蔵尊)

    最初に述べておきますが、頭無地蔵尊、首無地蔵尊と呼ばれている地蔵はここにある地蔵の頭首がないからそう呼ばれているわけではありません。網代茂著、水府異聞を読むと、赤沼牢屋屋敷で斬首された遺体の慰霊に首なし地蔵(地蔵に首がない理由の記述はないのですが)・・・とあり、赤沼の牢屋敷のから始まり、頭無(首無)、地獄橋、までのことが書かれております。そして、地獄橋の先にある極楽橋に至るまで、何かストーリ...

  11. 秘境Seealpsee in Switzerland♪⑤ - YASCH+Y

    秘境Seealpsee in Switzerland♪⑤

    湖の残り半周をゆっくりお散歩していると・・・突然視界に大きな牛さん4頭が入ってきましたよ~!ワォ、この男性牛さんにキスされてるぅ☆もう少し先に進むと、今度は白ヤギさんたちが休憩中♪後ろに見えるのはお隣のオーストリアからやってきたボーイスカウトたち。最後は牛さんに「さようなら~」と挨拶をしてこれで湖を一周できました~!また来た道をズンズン・・・と戻って行くと、青空には色とりどりのたくさんのパラ...

  12. 秘境Seealpsee in Switzerland♪④ - YASCH+Y

    秘境Seealpsee in Switzerland♪④

    ズンズン・・・頑張って歩いた甲斐あって、ついに目的地のゼーアルプ湖(1141m)に到着で~す!アッペンツェラー方言の「ようこそ」という看板を記念に♪(アッペンツェラーと言えば、スイスを代表するチーズの産地ですよ)みなさ~~~ん、これですよ~!!!この美しい景色を見るために、やってきたのです。汗だくになりながら歩いてきたので、もうお腹がぺこぺこ(笑)朝早く起きて作ったサンドイッチと共にこの景色...

  13. 秘境Seealpsee in Switzerland♪② - YASCH+Y

    秘境Seealpsee in Switzerland♪②

    昨日からの続きです。ズンズン・・・と歩いていると、野いちご見っけ!可愛いですね~♪小さい子供ふたりを背負って、若い夫婦がズンズン・・・この少し前に3歳くらいの女の子は「もう歩けな~い!」と駄々を捏ねていたのです。お父さんは必死に宥めていましたが、ダメだったようで(笑)ちょっと道が傾斜してきたのがわかりますか~?このお花は何というのでしょう?これなら、傾斜がよくわかるでしょうか?お爺さんとお父...

  14. 秘境Seealpsee in Switzerland♪ - YASCH+Y

    秘境Seealpsee in Switzerland♪

    快晴の週末、一年前から主人が行きたかった秘境・・・ゼーアルプ湖へ行ってきました~!駐車場前の標識によると、ここから約1時間10分掛かるそう。標識の赤と白のサインは山道(狭くて、危険)を表しています。なので、登山靴を必ず履いてくださいね!少し歩くと、また標識が!えっ、さっきの場所から数歩歩いただけなのに目的地まで50分になってる???(笑)何か視線を感じると思ったら、かわいい女子2名が近付いて...

  15. 神崎寺には石仏めぐりの道があった模様 - みとぶら

    神崎寺には石仏めぐりの道があった模様

    天王町の神崎寺は古くからあるお寺です。今回紹介するのは、お寺入って右側に進んだところにある石仏群です。石仏群の先には西の谷の斜面に続く道の痕跡があります。そして少し離れたところにも、道の跡が・・・。2月で、草木の枯れた季節でもちょっと進める感じはしません。この道は、以前石仏めぐりの回遊路として整備されていたようです。八十八ヶ所巡りを模しているとも(未確認)・・・西の谷から神崎寺側の斜面を見る...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ