筒井康隆のタグまとめ

筒井康隆」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには筒井康隆に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「筒井康隆」タグの記事(5)

  1. 答えは不要でただ設問だけが重要なのかもしれない——筒井康隆『虚人たち』 - 思索の森と空の群青

    答えは不要でただ設問だけが重要なのかもしれない——筒井...

     筒井康隆『虚人たち』中央公論社(中公文庫)、1984年。51(1049) https://www.chuko.co.jp/bunko/1998/02/203059.html 単行本は1981年に同社 妻と娘を誘拐された男が息子と妻と娘を探す物語。結末がないというか、物語の水準が1次と2次を行き来し、さらに物語にとっての不要・不在も記されていくので、展開は安定していません。読点なし、改行少な...

  2. 筒井康隆にどうせならしてほしかった発言 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    筒井康隆にどうせならしてほしかった発言

    筒井康隆にどうせならしてほしかった発言「みてみろ!いま、俺が「無人警察」で訴えたかったような監視社会になりつつあるじゃないか?」筒井康隆にどうせ放言するならいまして欲しかった発言だった。「噂の真相」や「文学部唯野教授」でバブル期に一世を風靡した作家で俳優の筒井康隆。彼の「少女像」を巡る恥ずかしい発言。だいぶ時間が経った。 筒井という男は、いわば露悪的ポストモダニズムのチャンピオンだった。権力...

  3. 筒井康隆は昔からああいう芸風だったとの擁護は的外れ - Roaming people

    筒井康隆は昔からああいう芸風だったとの擁護は的外れ

    老人性鬱とか全面的に、同感である。筒井康隆は昔からああいう芸風だったとの擁護は的外れで、かつて愛読してたワシが知る筒井だったら、“こっちは各国大使館の前に安倍昭恵のマ●コ銅像を建てて「ご自由にお使い下さい」と書いたらどうだろう”と全方位の眉をひそめさせるくらいのことを言ってたと思うわ。— ナスカの痴情ェ (@synfunk) 2017年4月6日安楽死について、まじめに考えているらしいから、ち...

  4. 筒井康隆に小説のモデルにと打診された三浦和義 - 楽なログ

    筒井康隆に小説のモデルにと打診された三浦和義

     八十年代に週刊文春が騒ぎ立てたことから始まった「ロス疑惑」のせいで渦中の人となった三浦和義氏は、芸能人の家系であったことから本人も芸能人っぽく、それで週刊誌とワイドショーに大騒ぎされた。小さいころは子役として映画に出演していたが、その作品はすべて水ノ江タキ子が関係するものだった。彼女が言うには、甥の三浦和義の方から興味をもって出たいと言ったらしいが、どうも芸能が性に合わないと感じて途中で嫌...

  5. 筒井康隆という男を甘やかしてきた恥ずかしい日本 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    筒井康隆という男を甘やかしてきた恥ずかしい日本

    筒井康隆という男を甘やかしてきた恥ずかしい日本筒井康隆が、ここで、書くのも恥ずかしいような発言をした。筒井と言えば日本の「逆張り系ポストモダン」のチャンピオンともいえる文学者であり、「文学部唯野教授」で一世を風靡し、「断筆宣言」では物議を醸した。従来の常識を打破することを、格好いいとして持ち上げる気風が、いわゆるポストモダン時代にはたしかにあった。筒井のような芸風を一言で表現すれば「露悪的な...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ