絵巻のタグまとめ

絵巻」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには絵巻に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「絵巻」タグの記事(48)

  1. 『絵巻水滸伝』ハイライト(234) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(234)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(21)  その時、戦場に声が響いた。「岩七狼殿──御戦死!!」 秦明が一瞬、型を崩した。史文恭は素早く秦明の背後に馬を回すと、防護のない脛裏のわずかな隙に槍を突いた。 秦明は膝を貫かれ落馬した。  (『第68回 帰還』より)『絵巻水滸伝/「第124回 嵐の日、その星は輝き(四)雷」』公開中!( キノトロープ/絵巻水滸伝)我々は決して負けない!...

  2. 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十九 - Suiko108 News

    絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十九

    第49位★地闔星“火眼シュン猊”トウ飛(ちこうせい かがんしゅんげい とうひ)両目が火のように赤く、あだ名は“火眼シュン猊”──「赤目の獅子」。人肉を食うのを好むために、目が真っ赤になったのだという。鉄鏈の名手で、ひとたび手にすれば近づける者はなかった。飲馬川で山賊をしていた時、流罪となって護送途中の“鉄面孔目”裴宣を助け、飲馬川の首領に迎えた。飲馬川に来る前も、“錦豹子”楊林と強盗をしてい...

  3.  ★第2巻登場好漢【2】 - Suiko108 News

    ★第2巻登場好漢【2】

    “智多星”呉用(ちたせい ごよう)東渓村に住む読書人であった呉用は、諸子百家の学に通じ、策多く、あだ名を“知恵多き星”と呼ばれていました。字は学究、道号を加亮先生と云い、これは三国の天才軍師・諸葛孔明にもまさる智慧の持ち主という意味です。常に道服と羽扇を身につけ、その姿も諸葛亮を彷彿とさせるものがあります。彼は没落した旧家に生まれ、本来ならば万巻の書に埋もれて静かな生涯を送るべき人でした。し...

  4. 『絵巻水滸伝』ハイライト(233) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(233)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(20)  その時、林冲に従っていた“鉄笛仙”馬麟の鉄笛が鳴り響いた。合図である。 鉄笛の音色に応えるように、空に黄金の鷹が舞う。 魏定国は背後を振り向いた。凌州軍の背後には、欧鵬率いる“黄門山”の賊軍一千が、すぐそこまで迫っていた。 かつて“摩雲金翅”欧鵬と“鉄笛仙”馬麟は、“神算子”蒋敬、“九匹亀”陶宗旺とともに“黄門山四怪”と呼ばれた同胞...

  5. 『絵巻水滸伝「第124回 嵐の日、その星は輝き(四)雷」』公開中! - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝「第124回 嵐の日、その星は輝き(四)雷...

    「竜巻だ!」杭州城を目指し、銭塘江を遡らんとする、阮小七ら梁山泊の小船団。行く手を阻む、風!雷!嵐!さすらいの“地狗星”に、天馬は見えるか。銭塘江に沈みゆく“船火児”張横の、行方や如何に。殺戮の星──“天殺星”と、荒ぶる死神──“地暴星”。危ない漢どもが、欲望のままに駆け抜ける。“宋国最強と言われた男”と“生きながらにして伝説となった男”──“天雄星”と“天勇星”。止まることを忘れた二人の男...

  6. 『絵巻水滸伝「第124回 嵐の日、その星は輝き(四)雷」』本日公開! - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝「第124回 嵐の日、その星は輝き(四)雷...

    「竜巻だ!」杭州城を目指し、銭塘江を遡らんとする、阮小七ら梁山泊の小船団。行く手を阻む、風!雷!嵐!さすらいの“地狗星”に、天馬は見えるか。銭塘江に沈みゆく“船火児”張横の、行方や如何に。殺戮の星──“天殺星”と、荒ぶる死神──“地暴星”。危ない漢どもが、欲望のままに駆け抜ける。“宋国最強と言われた男”と“生きながらにして伝説となった男”──“天雄星”と“天勇星”。止まることを忘れた二人の男...

  7. 『絵巻水滸伝』web更新日のお知らせ - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』web更新日のお知らせ

    『第124回 嵐の日、その星は輝き(四)雷』は、5月15日(月)更新予定です。どうぞお楽しみに!! 次回(第124回「嵐の日、その星は輝き(四)雷」)予告「竜巻だ!」杭州城を目指し、銭塘江を遡らんとする、阮小七ら梁山泊の小船団。行く手を阻む、風!雷!嵐!さすらいの“地狗星”に、天馬は見えるか。銭塘江に沈みゆく“船火児”張横の、行方や如何に。殺戮の星──“天殺星”と、荒ぶる死神──“地暴星”。...

  8. 『絵巻水滸伝』ハイライト(232) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(232)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(19) (伏兵か!!) 西方から押し寄せるのは、明らかに賊軍である。すでに先頭の姿が見分けられるほど接近していた。 それこそ、“飲馬川”軍、その数はおよそ一千。先頭を駆けるのは異形の男──“火眼シュン猊”トウ飛である。鉄鏈を振り回し、白毛の獅子頭をなびかせている。率いる手下たちもまた、奇毛を飾り、獣皮に身を包んでいた。  (『第68回 帰還』...

  9. 水滸傳絵詞之三 『没遮ラン 穆弘』 - Suiko108 News

    水滸傳絵詞之三 『没遮ラン 穆弘』

    『没遮ラン 穆弘(ぼっしゃらん ぼくこう)』※ランは「手偏に闌」です。 揚子江“三覇”のうち、掲陽鎮(けいようちん)に一覇をなすのが、この穆弘と穆春の兄弟です。宋江たちに縄ばりを荒され面子(メンツ)を潰された穆春は、屋敷に逃げ帰ると大声で怒鳴ります。「兄貴、兄貴、起きてくれッ」。“没遮ラン”──さえぎるものなし。任侠の風・長者の風有り。表の喧騒に、遅い昼寝から目覚めた穆弘は、のそりと重い腰を...

  10. 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十八 - Suiko108 News

    絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十八

     第21位 天異星“赤髪鬼”劉唐   (てんいせい せきはつき りゅうとう)生来の赤毛のため“赤髪鬼”と呼ばれる。若い時から各地を流浪し、好漢たちと男づきあいをしていたが、北京留守司・梁中書が宰相の蔡京へ十万貫の金銀珠玉を誕生日祝いに贈ると聞きつけ、“托塔天王”晁蓋に話を持ちかけようと東渓村へ訪ねていった。 十万貫の金銀珠玉──“生辰綱”。この不義の財を道中で奪おうというのが、劉唐の計画であ...

  11. 『絵巻水滸伝』ハイライト(231) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(231)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(18) 「敵か、味方か?」 新手の軍は埃に塗れ、装備も汚れている。魏定国の横で遠目のきく兵が叫んだ。「官軍です!!」 魏定国にも彼らの掲げる北京の旗が見えた。「北京軍?」 魏定国は目を凝らした。先頭に金色の大斧がきらめく。そのような武器を持つ者を、魏定国は官軍中に一人しか知らぬ。「“急先鋒”索超か!!」 北京で梁山泊軍に戦いを挑み、そのまま行...

  12. 『絵巻水滸伝「第124回 嵐の日、その星は輝き(三)乱れ星」』公開中! - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝「第124回 嵐の日、その星は輝き(三)乱...

    (“北斗”が欠けた)“赤髪鬼”劉唐、侯潮門に死す!“急先鋒”索超、“火眼俊猊”登飛──。激しい戦いのなか、次々と命を落とす、梁山泊の好漢たち。“軍神”呼延灼に、勝算はあるのか。そして、“智多星”呉用、最後の切り札とは──。「ひとつ“闘船”といこうかのう!」西湖に激突する、方臘水軍と梁山泊水軍。率いるは、水軍総帥“混江竜”李俊。目指すは、張順殉難の地──“湧金門”だ。※文中の「火眼俊猊」は、正...

  13. 水滸伝撲克・続報! - Suiko108 News

    水滸伝撲克・続報!

    ちょっと慌ただしくしているsuiko108ですが、忙しい時も水滸伝のことを忘れません。息抜きに先日ご紹介した人気(?)のトランプを見ていたら……気になるモノを発見!こちら!お分かりいただけたでしょうか。謎の楊春。これは蛇を巻いて(巻かれて)いるというよりも、「かぶりもの」に見えるんですが……?蛇の尻尾も見えないし、かぶりものだとしたら、楊春、ドンキで買ったのでしょうか。それとも手作り?いずれ...

  14. 『絵巻水滸伝』ハイライト(230) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(230)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(17) 「親分だ!!」 王英は叫んだ。砂埃は次第に大きくなり、こちらに向かって近づいてくる。「親分だ、親分だッ!!」 王英には見間違えるはずもない。どんなに遠くても分かる。砂埃の中を駆けてくる金茶の髪、金茶の髭、たなびく山鳥の羽。「待ちくたびれたぞ!!」“錦毛虎”燕順は朴刀を振るって叫んだ。背後には二千人の山賊たちが続いている。 燕順はタク鹿...

  15. 水滸傳絵詞之二 『黒旋風 李逵』 - Suiko108 News

    水滸傳絵詞之二 『黒旋風 李逵』

    『黒旋風 李逵(こくせんぷう りき)』 黒いつむじ風が吹くところ、屍は山となり血は海となる、力は牛の如く、堅きこと鉄の如し。又の名を“鉄牛”。殺戮を行うために下界へと降った天殺星です。無知で物騒で、されどその行動に我欲なく、飾ることを知らぬ愛すべき豪傑──。その圧倒的な存在感は、登場以来衰えることはなく、百八星の中でも最も光の強い星となりました。                       ...

  16. ★『絵巻水滸伝』中見せ!~part2★ - Suiko108 News

    ★『絵巻水滸伝』中見せ!~part2★

    今回は、第一巻の後編です。 見開きに必ず絵を……という縛りと、絵を入れる場所が限定されているため、レイアウトは本当に大変でした!なんとかページに収めるために、文章を削ったところもあるんですよ。 貴重な書籍版のお求めはこちらで!残部僅少です。我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地...

  17. 『絵巻水滸伝のススメ!』(3) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝のススメ!』(3)

    みなさんおはようございます!suiko108業務多忙につき……春の再録まつり開催中になっていますが、かなり自分でも忘れている記事がたくさん!こちらは書籍版5巻発売時に掲載した『予告』です。正子先生、渾身のデザイン!迫力あります。ブログを始めたのは、この5巻発行時の2006年末でした。この頃、みなさんはどこで、何をしていたでしょう?梁山泊とともに、我々もずいぶんと遠くに来ましたね……。   両...

  18. 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十七 - Suiko108 News

    絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之十七

      第19位 天空星“急先鋒”索超   (てんくうせい きゅうせんぽう さくちょう)もとは北京大名府正牌軍。非常に短気で、国家の大事には先頭を切って飛び出していく。そのため、あだ名は急先鋒。武器は金色の大斧“金サン斧”。北京に流れてきた楊志と意気投合し、親しくつきあうようになった。その後、楊志が生辰綱事件で出奔し、また盧俊義のことから梁山泊が北京に攻め寄せると先鋒として出陣する。梁山泊とは因...

  19. ★『絵巻水滸伝』中見せ!~part1★ - Suiko108 News

    ★『絵巻水滸伝』中見せ!~part1★

    『絵巻水滸伝』はイラストとテキストが一体化した『ヴィジュアル・ノベル』という形態をとっているため、web版やkindle版を読んでいる方には、「書籍版はどうなっているのか?」と不思議に思うのではないでしょうか。そんな疑問にお応えすべく、web上に公開されていたものが、どんなふうに書籍になったのか、少しだけご覧いただきましょう。書籍化にあたって描き下ろしイラストを多数収録、各巻それぞれ200点...

  20. 『絵巻水滸伝』ハイライト(229) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(229)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(16) 「ご主人様──!!」 ふいに盧俊義が動いた。振り向いて、一瞬だけ燕青を見た。次の瞬間、盧俊義の槍が閃光のように走り、敵兵は血を噴いてもんどりうった。 盧俊義は、強かった。 次の敵も一撃で、次は左右に薙いだ一払いで二人を倒した。 もちろん、燕青は知っていた。盧俊義は強い。しかし──それは、こんな強さではなかった。こんな、人を戦慄させる強...

1 - 20 / 総件数:48 件

似ているタグ