絵巻のタグまとめ

絵巻」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには絵巻に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「絵巻」タグの記事(51)

  1. 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十二 - Suiko108 News

    絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十二

     第108位 地狗星“金毛犬”段景住   (ちくせい きんもうけん だんけいじゅう)西域から来たの回回の男。髪が赤く、ひげが黄色いため、“金毛犬”とあだ名された。夢に見た天馬に導かれて世界をさまよい、金国の王子から純白の名馬“照夜玉獅子”を盗み出したが、その馬を曽家に奪われてしまい、梁山泊に助けを求めた。騎馬民の出身ゆえに馬の扱いに長けており、歌で馬を操るという特技がある。馬と心を通わせるこ...

  2. 『絵巻水滸伝』ハイライト(241) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(241)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(26) 「オイ、待ちやがれ」 李逵は男の腕を掴んだ。 すると、男はさっと腰をかがめ、両手で李逵に組み付いた。李逵も咄嗟に腕に力を込めたが、四つに組んだと思ったのは、一瞬だった。 男はそのまま後ろに回り込むと、がっちりと李逵の首を掴んだ。あっと思った時にはもう、李逵は頭から仰向けに投げ飛ばされていた。「へッ、今のは手加減してやったんだ」 李逵は...

  3. 『絵巻水滸伝 書籍版』! - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝 書籍版』!

    『絵巻水滸伝』出版情報、再録です!速報をお伝えしてから、みなさん楽しみに刊行を待ってくれていると思います。“水滸伝”は好きだけど、まだ『絵巻』の存在を知らない……という方もたくさんいます。ぜひ、情報拡散にご協力を!最初は、「なんとかして第二部を……」という思いで、“命しらず”正子公也が私財を投じて出版に踏み切りました!するとなんと、キノトロープさんが“及時雨”のごとく「第一部の復刊もしましょ...

  4. 『絵巻水滸伝 書籍版』新情報! - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝 書籍版』新情報!

    付録本出来!こちらは第二部招安篇の第一巻に封入予定の特別付録です。表紙と中身を、ちらりとご紹介。気になる内容の方は、刊行を楽しみにお待ちください!我々は決して負けない!! All Men Are Brothers      梁山泊一同被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげます。被災地の復興をお祈り致します。平成28年熊本地震災害義援金東北地方太平洋沖地震消息情報検索日本語、英語、韓国...

  5. 『絵巻水滸伝』ハイライト(240) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(240)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(26) 「烏騅よ、烏騅よ」 冷たい風の中に佇み、呼延灼は灰色の空を見上げた。「わしは──どこへ帰るべきなのだ」  (『第68回 帰還』より)『絵巻水滸伝/「第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は」』公開中!( キノトロープ/絵巻水滸伝)我々は決して負けない!! All Men Are Brothers     梁山泊一同被害に遇わ...

  6. 水滸傳絵詞之六 『一丈青 扈三娘』 - Suiko108 News

    水滸傳絵詞之六 『一丈青 扈三娘』

    『一丈青 扈三娘(いちじょうせい こさんじょう)』 凛々しき顔立ち、目色涼しく眉に力あり。日・月二振りの刀を自在に操り、扈家荘の‘おひいさま’は華麗に登場、名だたる豪傑相手に堂々と渡り合います。投降後は集団に埋没して光なく、ただ戦場においてのみ呼吸を許されます。春の陽が虹色に陽炎となり、ものいわぬ佳人は籠から放たれた蝶のように、魔法の燐粉をふりまきます。                   ...

  7. 『絵巻水滸伝 書籍版』続報! - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝 書籍版』続報!

    先週末にお伝えしてから、みなさん楽しみに続報を待ってくれていたと思います。最初は、「なんとかして第二部を……」という思いで、“命しらず”正子公也が私財を投じて出版に踏み切りました!するとなんと、キノトロープさんが“及時雨”のごとく「第一部の復刊もしましょう!」と男前な名乗りをあげてくださり、第一部復刊の資金援助を約束、復刊実現のはこびとなりました。全員が力を合わせ赤字覚悟の大プロジェクト……...

  8. 『絵巻水滸伝』ハイライト(239) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(239)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(25) 張り詰めた空気の中に、“大刀”関勝と“双鞭”呼延灼は向かい合った。 関勝と呼延灼は、ともに宋国の四天王と呼ばれた男である。 十年前、官軍には四人の名将がいた。東の聞煥章、南の関勝、北の韓存保、西の呼延灼──彼らはそれぞれ各地の国境に散って戦った。枢密院に抜擢された聞煥章の他は、滅多に東京に上がることもなかった。 関勝と呼延灼も、互いの...

  9. 【速報!】『絵巻水滸伝 書籍版』刊行!! - Suiko108 News

    【速報!】『絵巻水滸伝 書籍版』刊行!!

    お待たせいたしました!ただいま、全力で作業中です。合言葉は“好漢不求人”、「じぶんでやるのがいちばんだ」!キノトロープ、正子公也、森下翠、suiko108が迫られて梁山に登り、聚議庁に集結。無事に替天行道の旗を立てられるか、みなさん応援してくださいね!我々は決して負けない!! All Men Are Brothers          梁山泊一同被害に遇われた皆さまに、心よりお見舞い申しあげ...

  10. 『絵巻水滸伝』ハイライト(238) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(238)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(24)  燕青の横で、兵が手を合わせ、涙を流した。「托塔天王──」 黄金の光が溢れた。 天の高みに、かすかな白い雲がたなびき、風が静かに吹いている。 その下を、赤裸の盧俊義は真っ直ぐに歩いていく。 南へ──梁山泊へ。  (『第68回 帰還』より)『絵巻水滸伝/「第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は」』公開中!( キノトロープ/絵...

  11. 『第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は』公開中! - Suiko108 News

    『第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は』...

    杭州城、陥落──!「方天定が逃げた!」方臘の太子、“降魔”方天定脱出の報せに、騒然とする梁山泊軍。百華兵を犠牲に逃げる方天定が目にしたもの、それは、来るべき光明清浄世界の夜明けなのか、それとも──。“天魁星”、それは星々を導く星。「逃げようとしても、それは、もう出来ぬこと」“替天行道”の旗に、宋江は何を想うのか。第百二十四回「嵐の日、その星は輝き」、いよいよ最終話、「その星の名は」──。『絵...

  12. 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十一 - Suiko108 News

    絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十一

     第71位 地遂星“通臂猿”侯健   (ちすいせい つうひえん こうけん)あだ名の“通臂猿”とは「手長猿」のこと。色黒で動きが敏捷なため、そう呼ばれたのである。先祖は古代、長江流域に生息した樹上民だと云われている。裁縫の腕にかけては並ぶ者なく、“針を飛ばし、糸を走らす”と云われる名手。また、その針は武器ともなり、投げれば百発百中の腕前であった。梁山泊では、持ち前の腕を生かして旗や戦袍、鎧甲な...

  13. 水滸傳絵詞之五 『混江竜 李俊』 - Suiko108 News

    水滸傳絵詞之五 『混江竜 李俊』

    『混江竜 李俊(こんこうりゅう りしゅん)』 寡黙だが、常に世の不正には怒りを燃やす江湖の人、水軍総帥、人呼んで“混江竜”──。山塞に身を寄せながらも“自由人”たらんとする李俊はやがて、権力の走狗となり果てた梁山泊と袂を分かつことになります。月赤く、波静か、浄(きよ)い夜。新たな理想郷を求めて、真の自由を夢見て、李俊は大海に船出するのでした。                         ...

  14. 『絵巻水滸伝』ハイライト(237) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(237)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(23)  盧俊義は、炎の中に燃え上がる異形の神を見た。「おお……」 炎に包まれ、剣と宝塔を掲げる神の姿。「“托塔天王”──」 その神の名を、盧俊義は知っていた。 神は剣を振るい、盧俊義の胸に触れた。  (『第68回 帰還』より)『絵巻水滸伝/「第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は」』公開中!( キノトロープ/絵巻水滸伝)我々は決...

  15. 『第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は』公開中! - Suiko108 News

    『第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は』...

    杭州城、陥落──!「方天定が逃げた!」方臘の太子、“降魔”方天定脱出の報せに、騒然とする梁山泊軍。百華兵を犠牲に逃げる方天定が目にしたもの、それは、来るべき光明清浄世界の夜明けなのか、それとも──。“天魁星”、それは星々を導く星。「逃げようとしても、それは、もう出来ぬこと」“替天行道”の旗に、宋江は何を想うのか。第百二十四回「嵐の日、その星は輝き」、次回いよいよ最終話、「その星の名は」──。...

  16. 『第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は』本日公開! - Suiko108 News

    『第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は』...

    杭州城、陥落──!「方天定が逃げた!」方臘の太子、“降魔”方天定脱出の報せに、騒然とする梁山泊軍。百華兵を犠牲に逃げる方天定が目にしたもの、それは、来るべき光明清浄世界の夜明けなのか、それとも──。“天魁星”、それは星々を導く星。「逃げようとしても、それは、もう出来ぬこと」“替天行道”の旗に、宋江は何を想うのか。第百二十四回「嵐の日、その星は輝き」、次回いよいよ最終話、「その星の名は」──。...

  17. 『絵巻水滸伝』web更新日のお知らせ - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』web更新日のお知らせ

    『第124回 嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は』は、6月15日(木)更新予定です。杭州戦、ついに終結!どうぞお楽しみに!! 次回(第124回「嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は」)予告杭州城、陥落──!「方天定が逃げた!」方臘の太子、“降魔”方天定脱出の報せに、騒然とする梁山泊軍。百華兵を犠牲に逃げる方天定が目にしたもの、それは、来るべき光明清浄世界の夜明けなのか、それとも──。“...

  18. 絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十 - Suiko108 News

    絵巻水滸伝人物名鑑[完全版]其之二十

     第60位 地暴星“喪門神”鮑旭   (ちぼうせい そうもんしん ほうぎょく)闊剣(幅広の剣)を使い、獰猛な顔と性格。むやみに人を殺すため、あだ名を“喪門神”──「死神」と呼ばれて世間に恐れられていた。もとは枯樹山に六七百の手下を集めて強盗をしていたが、“黒旋風”李逵に誘われて梁山泊入り。“死神”のあだ名のゆえか生者より死者と近しいようで、時として死者の声が聞こえると云う。他の好漢たちとは交...

  19. 水滸傳絵詞之四 『行者 武松』 - Suiko108 News

    水滸傳絵詞之四 『行者 武松』

    『行者 武松(ぎょうじゃ ぶしょう)』 額に鉄の鉢巻、首には人骨を繋いだ数珠、燃え立つような、しかしまっすぐな眼をもち、酒を好むが、色は好まず、武松は大衆の代弁者であり、超人的英雄でもありました。虎退治では未だ行者姿ではないのですが、“虎と闘う武行者”に空想を遊ばせました。日没、深紅の光が宿った山々に、酔漢・武行者の、勝利の雄叫び がこだまします。                     ...

  20. 『絵巻水滸伝』ハイライト(236) - Suiko108 News

    『絵巻水滸伝』ハイライト(236)

    『絵巻水滸伝 第10巻〜結集百八星 』ハイライト(22) 「……おお」 郁保四は唸った。 それは、照夜玉獅子だった。鞍も手綱もなく、ただ純白の体が暗闇の中で輝いている。馬は郁保四の前で静かに首を垂れ、草を喰んだ。 郁保四は、その裸の背に跨がった。すると馬はまたゆっくりと歩き出した。 登ったばかりの月の下を、照夜玉獅子は翼を生やしたように駆け抜けていった。  (『第68回 帰還』より)『絵巻水...

1 - 20 / 総件数:51 件

似ているタグ