美術館のタグまとめ

美術館」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには美術館に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「美術館」タグの記事(154)

  1. 『藤城清治 光のメルヘン展』@新津美術館 - ♪アロマと暮らすたのしい毎日♪

    『藤城清治 光のメルヘン展』@新津美術館

    昨日は新津美術館の『藤城清治 光のメルヘン展』へ行ってきました。あと1週間で会期が終わるってこともあるのだろうけれど、駐車場も美術館の中もものすごい混雑。ぜんぜんゆっくり見られない・・・係の方のお話によると、最初から平日休日関わらずけっこうな混雑だったのでそう。子どももたくさん、おとなもたくさん、すべての年代の方々が藤城ワールドに見とれていました。グッズ売り場も大行列。会場の作りが細かくくね...

  2. 大正モダン - へんてこりん

    大正モダン

    雑誌「子供之友」原画展へ。素敵すぎる原画にくらくら。 大正モダン、見てるだけで楽しい♪ そのうえ 展覧会とコラボした「昔なつかしのナポリタン」まで企画されてて。パプリカやらズッキーニが入って、今風のお味のナポリタンでしたけど。それでも、気持ちは大正モダン。その時のお店にかかっていたBGMはアコーディオン曲で耳からも懐かしい感じを味わえた♪もうひとつのコラボはお茶菓子。雑誌「子供之友」の...

  3. 忘れていたこと - 小さな日々*

    忘れていたこと

    学生時代の友人から思い掛けない電話。数年ぶりだったので驚いた。思い切って平日に休みを取ったので、普段出来ないことをしたいと思ったのだと。私を思い出してくれてありがとう。これから一人で美術館に行くと彼女。「○(私)も絵が好きだったよね」そう言われて、はっとした。私は自分が絵が好きだったことをすっかり忘れていた。電話を切った後、好きだった絵を検索。クリムトの『接吻』女性を抱く男性の手、抱き方、女...

  4. Overwhelmed! - LOVE YOURSELF! BRAND YOURSELF! LIVE YOURSELF!

    Overwhelmed!

    いにしえの様々に想いを馳せて。微に入り、細に穿つ、巨匠たちの息使いに、圧倒されました。大エルミタージュ美術館展、お勧めです。* 。* .. * 。 * .* JIGENSHA は *.。* . * 。*.  。. * .. * 。 あなたの自分磨きを応援します * .。 * 。。*。。 * . 人生を楽しく彩るお手伝いをします 。* 。. *

  5. 「決定的瞬間-アンリ・カルティエ=ブレッソン展」 - Kyoto Corgi Cafe

    「決定的瞬間-アンリ・カルティエ=ブレッソン展」

    元「劇団東京ヴォードヴィルショー」の能見達也が亡くなって驚いたのに続いて、子供の頃好きだったロジャー・ムーアが亡くなったと聞いて残念です。007シリーズを母と一緒によく観に行きましたが、テレビで深夜にやってた「ダンディ2・華麗な冒険」がすごい面白かったんですよね。トニー・カーティスを吹き替えた広川太一郎のアドリブが絶品でした。ロジャー・ムーアの声は佐々木功。DVDになってる様で、観てみたいで...

  6. そうだ京都へ行こう2017初夏 - りきのおでかけ

    そうだ京都へ行こう2017初夏

    風薫る5月14日、都市緑化フェア開催中で花の溢れる新横浜駅から向かった先は 京都。 憧れの京都鉄道博物館。 には行かずに京都国立博物館開館120周年「海北友松展」へ。開館時間前にすでにかなりの列。会場は京都国立博物館は平成知新館。つつじがきれい。 海北友松のことは全く知らなかったけれど勢いがあるかっこいい絵だった。武士の出なのに絵師として成功したのは周りの友人知人たちの取り立てがあったからこ...

  7. 花森安治の展覧会へ - へんてこりん

    花森安治の展覧会へ

    雑誌「暮らしの手帖」表紙絵。花森安治さんデザインの原画を見ることが出来ました♪美術館に行ったお土産は表紙絵のクリアファイル♪(左から2つ)「碧南市藤井達吉現代美術館」にて。最終日、混雑覚悟で行ったのだ♪嫌になるほどの混雑はなかったけど、字を読むのがとても遅いので、全て読まずに進まないといけなかったから、また花森安治さんの本など読んでみようという気がおきました。そして、美術館の駐車場は満車で止...

  8. ミュシャ展 - 遥かなる君と

    ミュシャ展

    スラブ叙事詩に圧倒されてきました。   ミュシャ展2017.3.8~6.5 新国立美術館公式HPはコチラ   アールヌーヴォーの寵児アルフォンス・ミュシャ。今回のミュシャ展は、その代表作から、晩年に制作した「スラブ叙事詩」の全作が一同に集まっていて、  2017年の展覧会の超目玉と言われています。  3月の公開から、空いた日を狙って行こうと、待ち続けていましたが、来場者は減りそうもないので、...

  9. バベルの塔展(ブリューゲル) に行ってきました - ヨリドリ*ボックス

    バベルの塔展(ブリューゲル) に行ってきました

    先日、大英自然史博物館に行ったのですが、(記事はこちら) 時間があったのと、連れがどちらかというとこっちに行きたかったようなので、同じ上野公園内のバベルの塔展にも足を運びました。会場は赤いレンガの建物、東京都美術館です。魚に足が生えているシュールな絵。「タラ夫」という名前がついている、この展覧会のキャラクターのようです。全く前知識なく入ったのですが、なかなか面白かったです。ブリューゲルのバベ...

  10. 伊香保・ハラミュージアムアーク、まで。 - 蛙声DIARY

    伊香保・ハラミュージアムアーク、まで。

     初夏である。 SLみなかみの運行日である。 高崎から渋川まで、SL乗車、渋川からハラミュージアムアークへ。大勢のSLファンに混じって、短い時間であったが楽しかった。幼い頃、父親の里へ家族で帰ったことがあった。信越線で篠ノ井まで、乗り換えて篠ノ井線で松本まで。記憶は定かではないのだが、石炭を燃やす煙の匂いは確かに覚えている。渋川で降りて、伊香保温泉行きのバスで20分ほど、伊香保温泉行きのグリ...

  11. 先生の絵 - ほんわかデザイン修業

    先生の絵

    前回紹介した大学時代の先生京都府の企画で100選に選ばれたそうですそしてひっそりと我が静岡にも絵が展示されていたのです特別展 日本画 こころの京都近場で見れてうれしい!早速出かけた秋野不矩美術館あいにくの雨、てくてく歩いて坂道を登って、息が切れ始めた頃に到着です私はいつ来てもパン屋のイメージがぬぐえないのですが…美術館です入ってすぐ、懐かしの先生の絵を発見!なんだか昔よりも丸くなったような…...

  12. 北澤美術館所蔵 ルネ・ラリックの香水瓶 アール・デコ ー香りと装いの美ー - so much Life

    北澤美術館所蔵 ルネ・ラリックの香水瓶 アール・デコ ...

    ちょいちょい気になる企画展をしている高崎市美術館。いつも駅のデッキの看板で開催中の展示を知るのですが、なんと!『ルネ・ラリックの香水瓶』箱根ラリック美術館に行ってからラリックはお気に入りなのです♡GWなので月曜でも開館してました香水瓶という枠にとらわれないデザイン。でも、香りや液体と一体となりひとつの商品となるようにできています。高崎市美術館では6/25(日)まで開催中。また、年末年始に松濤...

  13. 東京そぞろ歩き・建築探訪:国立新美術館 - 日本庭園的生活

    東京そぞろ歩き・建築探訪:国立新美術館

    草間彌生展が開催されている『国立新美術館』。「新」のシンボルマークをデザインしたのは、アートディレクター佐藤可士和。草間彌生にちなんで、幹には水玉模様が施されていました。建物は、クネクネの曲線が個性的。外壁材も凝っています。設計は、黒川紀章と日本設計。開館は、平成19年(2007)。波打つガラス壁が実に幻想的です。建物内は、ガラス壁により、かなり明るい空間になっています。館内のカフェも開放的...

  14. すみだ北斎美術館に行ってきました - 続☆今日が一番・・・♪

    すみだ北斎美術館に行ってきました

    今日は年に一度の股関節検診日でありましたのでそのついでと言ってはナンですが病院帰りに『すみだ北斎美術館』へ寄り道しました。北斎が生涯のほとんどを過ごした墨田区に去年の11月にオープンしました。すぐにでも行こうと思ってたのにいつでも行けるさの地元意識がジャマをして随分と経ってしまった。。。先ずは注目の企画展「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」鑑賞。有名な歌川広重の五十三次より30年前に北...

  15. ミュシャ展 - そのひそのとき

    ミュシャ展

    草間彌生展を見て、お目当てのミュシャ展   何年か前に東欧4か国14日間のツアーに参加して、プラハでは3っ日間滞在して    プラハ城内にある聖ヴィート大聖堂の豪華絢爛のミュシャの原画のステンドグラスに大感激をして     ミュシャ博物館で美しいポスター画を堪能したが        すらぶ叙事詩は見なかった。        この展示内は撮影OKですからみんなスマホでパチリ         ...

  16. 根津美術館と庭園とカフェ - うつわ愛好家 ふみの のブログ

    根津美術館と庭園とカフェ

    いきなり、美術館内のカフェ写真からですみません。。表参道にある根津美術館に行ってきました。毎年気になりながら、行けていなかった尾形光琳の「燕子花図」を観に。昨日までだったので、滑り込み。。15時前くらいに着いたので、先に庭園を散歩してから。途中薄日もさし、新緑がますます綺麗でした。庭の燕子花はそろそろ終わりでしたが、絵とリンクして見れて感慨深かったです。あんなにお庭が広いのですね。気持ちよか...

  17. ♪東京3泊4日アートな旅⑤万世橋~六本木「スヌーピーミュージアム」 - 日々の雑記ノオト

    ♪東京3泊4日アートな旅⑤万世橋~六本木「スヌーピーミ...

    六本木に行く前に神田で降りて「マーチエキュート神田万世橋」に寄ったのでした。1943年戦争中に廃止された万世橋駅をリニューアルした商業施設。halutaがあるので来たかったところ♪食事処もいくつか・・・フクモリと思ったけど、あさりのおそばにしました。このおそばを食べていたら…突然イクスピアリでよく食べた「ごぼうとあさりのスパイシーそば」をふたりとも同時に思い出した!もう無くなったお店ですが美...

  18. 美術館はしご     Rounded the two museums - B面“糸始末な日々”The back of "Thread&Yarn Handing Days"

    美術館はしご     Rounded the two ...

    久々、美術館のはしごをしました。I did the rounds of the two museums.一つはブリューゲルの“バベルの塔”展。もちろん、写真は不可ですが、出口近くに 高さを比較する展示があり、人間を170㎝の高さに換算すると・・・510mになるのだそうです。さらに、別場所に芸大とオランダの芸術科学保存会の連携の展示というのがあり、外にバベルの塔の模型があって、撮影OK。なにか...

  19. 頴川美術館 - 時の流れに身を任せ…

    頴川美術館

    公益財団法人頴川美術館は、兵庫県西宮市にある兵庫県の登録博物館。○概要重要文化財を含む美術工芸品等文化財の収集と保存及び公開と調査研究を目的に、実業家・頴川徳助(幸福銀行社長)が中心となって1971年に設立、1973年に開館した。2009年より、近接の関西学院大学と連携協力協定を締結している。水墨画や長沢芦雪、池大雅らの近世絵画および茶道具、墨蹟など約500点を収蔵・展示するほか、前述の協定...

  20. せっかくの芸術作品だけど、よくわかりませんでした。 - かなり感情移入してました。

    せっかくの芸術作品だけど、よくわかりませんでした。

    「芸術」というと、昔家族で箱根にある彫刻の森美術館に行ったことを思い出します。恥ずかしながら芸術館関係に疎い私は本格的な美術館に行ったことなどほとんどなかったので、有名な彫刻の森美術館に行けるのを楽しみにしていました。いざ行ってみると、果たしてそこには難解な解釈を要する(?)難しい芸術品ばかりで、子供だった私は芸術品も、説明文もさっぱりわからず途方にくれました。例えば、破れた板のようなものが...

1 - 20 / 総件数:154 件

似ているタグ