翻訳のタグまとめ

翻訳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには翻訳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「翻訳」タグの記事(11)

  1. 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales(2017)を見ました、の巻。 - If you must die, die well みっちのブログ

    「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」Pirat...

    はい、見ました、見ました。みっち的評価は、5点満点で3点、まあ取りあえずは、見て損はないでしょう。この手のシリーズものは、とかくマンネリになりがちですが、この作はけっこう工夫があって、愉しめました。ちょっと残念だったのは、前作「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(2011)とのつながりはあんまりなくて、前作のヒロイン、アンジェリカ役のペネロペ・クルスも顔を出さなかったこと。みっちはこう...

  2. 「愛誦歌4首」 - 晴読雨読ときどき韓国語

    「愛誦歌4首」

    受講中の韓国語講座で、「日本の詩歌を韓国語に翻訳する」という課題が出されました。好きな短歌の中から現代短歌2首と万葉集の歌2首を選んで訳し、作者についての簡単な紹介を添えました。(2017年7月10日提出。) シルレア紀の地層は杳きそのかみを海の蠍の我も棲みけむ  明石海人          실루리아기의 지층도 아득히 먼 그 고생대를 바다의 전갈로 나도 살았으리라 園...

  3. Doktor Kazisvět(7) - ひつじ逍遥記

    Doktor Kazisvět(7)

    葬列の一行はゆっくりと、ウーイェスト門に到着した。当時、門はまだ、今日のように吹き抜けになっておらず、堅固な城壁が巻いていて、2本の長い湾曲した暗いトンネルが後ろへと続いていた。門の外にある墓地へ向かう、真のとば口であった。飾りのついた霊柩馬車が今、葬列を追い越し、ウーイェスト門の横に着いた。司祭たちが向きを変え、若者たちが葬儀用の担架をゆっくりと地面へおろすと、雨が降り始めた。それから馭者...

  4. 各言語の言い回しが洒落てます。 - おひとりさま 徒然なる老後

    各言語の言い回しが洒落てます。

    左のもの、堂島のアバンザさんのトイレに貼ってありました。以下の言い回しの差がおもしろかったです。・日本語:なくなった・英語:run out=外へでてしまった=尽きた・台湾語・北京語:用完了=使い終わった・ハングル語:?(私はハングル語がまったくわかりません)お国柄の差を的確に捉えていませんか?これ翻訳した人は洒落ているとおもいます。しかし、翻訳が本当に必要なのは、右のドアに貼ってあった"お願...

  5. 歴女の道をまっしぐら - Serendipity日和

    歴女の道をまっしぐら

    今日入手した翻訳資料です!中巻もやはり必要だな。。。

  6. Doktor Kazisvět(5) - ひつじ逍遥記

    Doktor Kazisvět(5)

    満足していたのは、近所に住むオストロフラツキーもそうだった。革職人で、参事官氏のとても近い親戚である。しかしながら生前、おじさんは彼を疎遠にしていた。が今やもう、オストロフラツキーは、遺言によってズラティー金貨5000枚、自分がもらえることを知っていた。そして葬列のあいだ、もう数回、ビール醸造人のケイジークさんにこう漏らした。「だけど丈夫だったのになぁ!」オストロフラツキーは柩(ひつぎ)のす...

  7. 翻訳資料(Navarino Callenge) - Serendipity日和

    翻訳資料(Navarino Callenge)

    Navarino Challenge、来年は参加したい!

  8. 翻訳資料リンク忘備録(スパルタスロン) - Serendipity日和

    翻訳資料リンク忘備録(スパルタスロン)

    国際スパルタスロン協会ってのがあるんだ。へー。日本支部のHPも、なかなか立派ですね!あ、それから、翻訳資料として読んだ↓の藤村シシンさんの「古代ギリシャのリアル」という本、メッチャ面白かったです。歴史好きの方、ギリシャ神話好きの方に超お勧めです!

  9. Doktor Kazisvět(4) - ひつじ逍遥記

    Doktor Kazisvět(4)

    六月の、晴れた日のことだった。そんな日には、最高に満足そうな微笑みが、天にも、地にも、そして人びとみんなの顔にも広がっているように思われる。さてその日の午後遅く、立派な葬列がウーイェスト門通りを門のほうへと進んでいた。埋葬されるのはシェペレル氏、ボヘミア地方財務局、あるいは当時の言い方では貴族財務局の参事官であった。ご容赦いただきたいのだが、その葬式にも、あの満足そうな微笑みが広がっているよ...

  10. 「赤毛のアン」は日本独自の文化なのか? - お料理と大学生活とロンドンの暮らし:Le tiroir de Lam(羅夢の引き出し)

    「赤毛のアン」は日本独自の文化なのか?

    あなたが子供の頃「赤毛のアン」は大好きな本だったでしょう?私はそうでしたよ。アンシリーズ10巻全部を繰り返し読んでいました。アンが大好きで、アンに自分を重ねてアンのようになりたいと思い、そしてアンの故郷カナダのプリンスエドワード島に行ってみたいと憧れました。9~11歳の頃だったと思います。大人になってから知ったけど、こういう人結構多いんですよね。最近のBBCの記事'Anne of Green...

  11. Doktor Kazisvět(3) - ひつじ逍遥記

    Doktor Kazisvět(3)

    ヘリベルト先生の青い瞳は、決まり悪さとでもいったものを湛えていた、蹴っ飛ばされた犬の目のように。顔は薄茶色のひげでぼうぼうだった――ひげぼうぼうの顔というのは、当時の人は、ものすごく無作法なものと見なしたのだが。冬には、灰色の、粉ひき屋が着るような分厚いカルムイク織の上っ張りを着て、頭には厚手の毛織物のキャップを目深にかぶり、そのキャップの下は、黒いモコモコした生地の襟だった。夏には、チェッ...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ