老後のタグまとめ

老後」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには老後に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「老後」タグの記事(28)

  1. 生きていくのがしんどくなるとき(前) - 鯵庵の京都事情

    生きていくのがしんどくなるとき(前)

    統計というものは右・左に山があって真ん中がへこんでいても平均値というものがある60歳で定年を迎えて夫婦二人が死ぬまで(いわゆる老後)どれだけの金が要るだろうかという話題だ将来の平均余命を勘案してかつ平均して夫婦で30年間暮らすという仮定だ月の消費支出は2人で月25万円(60才以上の平均的生活)年に300万円、30年間で300×30年で9000万円にもなる夫婦の年金は月に20万円、30年間の年...

  2. 「人生100年時代構想」本気か? - おひとりさま 徒然なる老後

    「人生100年時代構想」本気か?

    堪忍してくれ!結局は年金が崩壊するので、働いて稼げと言うことだろう?私個人の独断と偏見だが、幼児教育?、幼稚園=託児所が庶民の本音だろ?法緩和して簡易託児所の増設をすればよい。余っている建屋・マンションの部屋は沢山ある。私的経験から幼稚園で学んだことは何ひとつない。言葉・文字などはテレビや絵本で学んだし、コミュニケーションは近所のガキ仲間と共に学んだ。英才教育したい親はそれなりの投資をするの...

  3. 年をとってしまったのか?四季の移り変わりが速すぎる - おひとりさま 徒然なる老後

    年をとってしまったのか?四季の移り変わりが速すぎる

    最近、急に肌寒くなったせいか、時の経つのが異常に速いと感じる。この前、祇園後祭りで亡妻を思い出し泣きべそをかいたところだ。五山の送り火はたった二週間前だ。夏は駆け足で去っていってしまった。いくらなんでも速すぎる。リタイアするとこんな風に過ぎていくのか!労働してた昨年までは「早く休みがこえへんかな~」とひたすら週末を待つライフスタイルだったので時間がとても遅く過ぎていく感じだったのだが。いやだ...

  4. 小さく生きるか、自分らしく投資するか - おひとりさま 徒然なる老後

    小さく生きるか、自分らしく投資するか

    今日は台風で涼しく快適だ。おもいのほか思索がはかどる。さてこれからどう生きようか?写真は知り合いのレジデンシャルスタジオだ。90年位に知り合った時から、東京での事務とここでの制作をうまく切換えて人生を歩んでいた。DTMや音楽そのものに多大な影響を下さった恩人だ。合歓の郷のアンサンブル棟が借りれなくなった今、自前で造ることも検討しなければならない。都市部でのアトリエも自己表現の場所として必要だ...

  5. えっ、もう終活って、まじですか - 孤独死覚悟のトーキョー漂流日記

    えっ、もう終活って、まじですか

    この前、私よりひとつ年下の友人と話をしたら、彼女ここのところ終活を真剣に考えているらしい。ちなみに彼女は独身ではなく、ただ実親はもうなく、子どももいない。そして、夫はよその国で単身赴任中と、いろいろ条件が違うわけだけど、(もちろん自分の)今年の夏休みの過ごし方を考えている身にとっては、けっこう衝撃的だった。私の場合は、自分よりまず親の終活が先。ふたりとも70代で、とりあえず死に直結するような...

  6. 通帳ぐらい整理してから旅立って下さい。 - おひとりさま 徒然なる老後

    通帳ぐらい整理してから旅立って下さい。

    この最近、父の相続についての法務局からのお尋ねへの回答作業にイラついています。相続税控除額が低くなってから世帯主が亡くなるともれなくやってくるようです。もちろん控除額以下で、全額あわせても母の介護費用すら満足させることができない程度なのですが、写真ほど通帳があり、その他のクソ債券、ゴミ不動・動産や保険を含めて数がやたらと多いので、疑惑をもたれた時のために金額と相続経緯をまとめておく必要があり...

  7. 高齢者はニュータウンに最高に住み易い:バブル組は"アメリカンぴーぽー"でした。 - おひとりさま 徒然なる老後

    高齢者はニュータウンに最高に住み易い:バブル組は"アメ...

    先ほどの記事は自分のものさしだけで書いてしまいました。よい面も記事に起こしておきます。となりの丁目の自治会集会所なのですが、吹き抜けを改造して2階を作り、そこを住民の憩うサロンにしたそうです。この地区はバブルの最中に分譲されたからでしょうか、住民のほとんどがイケイケ団塊世代です。①絵に描いた理想を夢見る=アメリカンドリーム、②なんとかなる=Take it Easy、あ~、70年代のカルフォル...

  8. 高齢者はニュータウンに最高に住み易い:砂漠の中のコロニー群 - おひとりさま 徒然なる老後

    高齢者はニュータウンに最高に住み易い:砂漠の中のコロニー群

    私の住むニュータウンは郊外の大規模開発区にあります。「今日は暑いな~」と窓を全開にして不気味な静けさを堪能しているのですが、今、わかりました。ここは、コロニーだったんですね。ロスアンゼルスのトーレンスに赴任していた時に、週末によく郊外にドライブに行っていたのですが、この州は郊外にでるとすぐ砂漠なのです。その砂漠を突き抜けるフリーウェイを小一時間ほど走っていると、その沿線にポツリポツリと住宅地...

  9. ミニマリストの家"方丈庵" - おひとりさま 徒然なる老後

    ミニマリストの家"方丈庵"

    今さらですが、3月に撮影した下鴨神社の方丈庵の写真と、朝日百科・日本の歴史(朝日新聞社)に記載されていた中西立太氏の内部イラストです。私の場合、仏間部がいろいろ模索するパソコンルーム・書斎を兼ねますね。今、すごく断捨離とかミニマリストとか流行り一人歩きしていますね。同じような内容のブログが立上がっていて、ごちゃごちゃと、こね回しています。主旨が置いてきぼりにされている感じがします。私も若い時...

  10. 野菜のめぐみ - 十色記

    野菜のめぐみ

    数日ごとにポストの上や玄関の戸の前に置いてある野菜たち♪たいていは、袋などに目印があってわかるのでメールや電話でお礼が言えます。ところが今朝は。。。わかりません。。。買い物袋の中にさやえんどうカリフラワーキャベツなどたくさんの野菜たちが。。。はて。。。持ってきてくださった方がわからないのであてもなく電話もメールもできません。ですが、とりあえず美味しく食べてます。とっても美味しいです。メモを書...

  11. おひとりさま高齢者の感じる不安とは? - おひとりさま 徒然なる老後

    おひとりさま高齢者の感じる不安とは?

    色々とレトリックをかえて様々な本がでてきていますが、書評やサマリーを見ていると、だいだい以下に分類・集約できました。その対応を私なりに考えてみました。しかし、よくこんな当たり前の事で本が書けて売れますね。一種の不安便乗商法のような感じがします。読者の心が落ち着くならそれはそれでよいことだとはおもいますが、、。■寂しさ・ひとり暮らし・心が通わない寂しさ・子離れ□対応・会社、大人になってからでき...

  12. 死後別居はしていました。(死後離婚の続き) - おひとりさま 徒然なる老後

    死後別居はしていました。(死後離婚の続き)

    さきほどの"死後離婚"の記事には、オチがありました。納骨も終わったので、実家に置いていた遺影写真をホームに居る母の所に持って行ったところ、「要らない」と言われてしまいました。最近、美白化粧品とかこっそり通販で購入しているので、お気に入りのヘルパーさんがいるのか?やはり、亡くなっても思い出は美化されずうっとうしいのか?弟にも受取拒否されたので、しかたなく、自分の家に持ち帰りました。しばらく妻の...

  13. 死後離婚 - おひとりさま 徒然なる老後

    死後離婚

    書類を整理していたら、母の為に調べたお寺のパンフレットがでてきました。実は、母、2年前に"死後離婚"宣言をしたのです。いつものようにお正月に実家に挨拶に行ってみたら、父が、「わしは墓はいらん!存在していたことも消したいんじゃ。骨は海にばら撒け。」と騒いでいました。よく二人の話を聞いてみると、母が "別宗派のお婆さんと叔母さんと同じ墓に入る" 宣言をしたので、父がやけになっていることがわかりま...

  14. ネット生配信がおもしろそうです。 - 徒然なる老後

    ネット生配信がおもしろそうです。

    最近少し、ネット生配信に興味があります。このコンテンツは、現在、観ているものですが、2人しか観ていない、というか、何も喋っていないのに2人も観てコメントが帰ってきている。それもこんな平日の朝に、、。老人たちがこれでつながる日もそう遠くないとおもいました。しきいが本当に低そうなので、機会を設けてダメもとで挑戦したいとおもいます。

  15. 生きがい? - 徒然なる老後

    生きがい?

    うちの老犬です。朝寝坊しています。昼前にむっくりと起きて餌をおねだりしてきます。準備すると、献立が不満なのか食べずに庭に出ていってしまいます。しばらくして帰ってくると、しかたがなく食べ始めますがまた残します。また庭に出て軒下で昼寝を始めます。毎日こんな調子です。

  16. 妻の仮一周忌でした。 - 徒然なる老後

    妻の仮一周忌でした。

    遠隔地の親戚の都合で、8日の命日に先立ち、仮の一周忌を行いました。1年はあっという間でした。昨年は、自宅で看取る決意をし、会社も休職し、約1ヶ月たっぷりと身の回りのことをしてあげることができました。息を引き取ったのが、深夜1時ごろだったのですが、開けた窓からなぜかお線香のよい香りがしてきました。ずっと付き添ってくれた妹さんが「お母さんが迎えに来た。」と言っていました。

  17. "カテゴリ"を変更しました。 - 徒然なる老後

    "カテゴリ"を変更しました。

    ■"おいしいもの"を"お出かけ"に統合しました。私は出かけるというよりは、食べに行くほうに大きなモチベーションがあります。かならず、美味しいものを求めて徘徊しているので、このほうがよいかとおもいました。■"お知らせ"を"雑感"に統合しました。大げさにお知らせする事もありませんし、時系列的に雑感として整理しておくのが好ましいかとおもいました。■"お楽しみ"を追加しました。やはり趣味をしている時...

  18. うちの老犬にダニがついた!ショックです。 - 徒然なる老後

    うちの老犬にダニがついた!ショックです。

    今、夜の23時です。うちの老犬にマダニがついてました。吸血していて、1匹は5mm位、もう1匹は3mm位でした。急いでアルコールで消毒し、ピンセットで除去しました。15年飼っていますが初めてです。草むらには連れていっておらず、庭も除草剤で雑草を除去したところです。犬小屋に潜んでいた可能性大です。いつのまにか無頓着になってしまって不潔にしていたようです。自分が不甲斐なく落ち込んでしまいます。こう...

  19. まじめに"ガールズバー"と"老人の性欲"について - 徒然なる老後

    まじめに"ガールズバー"と"老人の性欲"について

    昨年末に、勤めていた会社の仲間に初めて連れていってもらいました。大阪の京橋にあるお店で、ガールズバーなのですが、隣に来て接待してもらえるシステムでした。最初に女子が数人来てくれて、わいわいとお喋りしながらお相手を一人だけ選ぶようになっていました。腕や指が触れ合う位の多少のボディトークはありますが、きちんとお客さん主体で楽しいお喋りが進んでいきます。「なんだ、キャバレー・クラブと同じか」となる...

  20. おはようございます!アクセスのお礼 - 徒然なる老後

    おはようございます!アクセスのお礼

    おはようございます。ここのところ、毎日、約10人の方々にアクセス頂いているようです。すごく励みになります。ありがとうございます。京都・神戸タグでアクセス頂くことも多いのですが、神戸という割には中心部の記事がなく申し訳ないです。よく行っているのですが、幼稚園の時から行っている場所なので写真を撮っていませんでした。だいたい、街ブラ→洋食屋・中華料理店→ジャズ喫茶・バーを定番コースに徘徊しています...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ