胃がんのタグまとめ

胃がん」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには胃がんに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「胃がん」タグの記事(9)

  1. 抗がん剤治療5クール目は中断 - Paradise & Lunch

    抗がん剤治療5クール目は中断

    手術後235日目、本日病院で定期健診、4クール目からリンパ液が溜まり出した。リンパ節を取ったからか今頃むくみが酷くなった。ふくらはぎから始まり大腿部、鼠径部とお腹周りが浮腫みパンパンの状態になった。利尿剤を出して貰った。白血球、血球球が相変わらず減少し、抗がん剤治療5クール目は中断となり、浮腫みの状態を確認するため臨時に胸部、腹部のCTとレントゲンを撮った。医師はTS-1が合わないと考えてい...

  2. 雨の日曜日は読書 3/26 - つくしんぼ日記 ~徒然編~

    雨の日曜日は読書 3/26

    朝日新聞を50歳で早期退社&電気代月200円生活、で話題の稲垣みえ子さんの本「魂の退社」どんな感じなのかなぁ?と思い読んでみました。今現在持っている電化製品が、PC・スマホ・オーディオ、そして部屋の電灯、「これだけ!」とあります。”起きて半畳寝て一畳”的な境地に入られているのかなぁ。最近”断捨離”も流行っているし、自分の周りをもう一度考えてみようと、思いましたただ、アマゾンの書評は厳しいのが...

  3. 余命90日 2 - 日本救護団

    余命90日 2

    八戸で出会った忘れられない人々これを映像で記録しようこう考えたのもYOUTUBEというネットアップ方法があったから時代はネット、一億国民がカメラマンになったスマホで動画を撮影、それをすぐ報道機関に送付、またネットアップをする臨場感溢れる災害、事件の映像が飛び出すこうした、タイムリーな報道以外にも、地域の人物伝を撮影しようと思い立った元市川公民館長の木村先生を訪問し、映像を録画したときに、思い...

  4. 胃がん、肝臓転移、余命90日宣告、あなたならどうする1 - 日本救護団

    胃がん、肝臓転移、余命90日宣告、あなたならどうする1

    沖縄の日赤で胃がんが見つかった即、胃と肝臓の一部を除去すると言われた沖縄では知り合いもいない八戸市民病院に転院することを決めて、沖縄から八戸に戻った日赤では検査、検査で一週間入院足の筋肉が一週間で落ちた人間の体は使わないと弱る八戸市民病院は通院で検査に検査結句、市民病院では胃を全摘し、肝臓を一部除去しても取りきれないと匙を投げられたそこで、癌研の東病院に紹介状を書いてもらった抗がん剤治療と決...

  5. 胃がん、肝臓転移、余命90日宣告、あなたならどうする1 - 日本救護団

    胃がん、肝臓転移、余命90日宣告、あなたならどうする1

    沖縄の日赤で胃がんが見つかった即、胃と肝臓の一部を除去すると言われた沖縄では知り合いもいない八戸市民病院に転院することを決めて、沖縄から八戸に戻った日赤では検査、検査で一週間入院足の筋肉が一週間で落ちた人間の体は使わないと弱る八戸市民病院は通院で検査に検査結句、市民病院では胃を全摘し、肝臓を一部除去しても取りきれないと匙を投げられたそこで、癌研の東病院に紹介状を書いてもらった抗がん剤治療と決...

  6. 3月になりました! 3/1 - つくしんぼ日記 ~徒然編~

    3月になりました! 3/1

    3月となりましたお正月と思ったらもう3月、早いですねぇ、、、。今日は、“春のイメージ”で、チューリップの写真をアップしました!これだけギュッとたくさん咲かせるには、いくつ球根を植えたんだろうターシャ・テューダーさんもたくさん植えていましたっけ。夢の庭に、近づきたいものです。さて、今夜からお天気が崩れるようです。体調にはくれぐれもお気をつけ下さい担当:n             ・つくしんぼ鍼...

  7. ピロリ菌がいたよ。 - 花の自由旋律

    ピロリ菌がいたよ。

    先週胃カメラで検査した時にピロリ菌も調べましょう、と言うことで・・・結果は陽性でした。それで朝夕、一週間続けて薬を飲むことになりました。ピロリ菌は胃がんの原因と言われているそうですので除菌は仕方ないですね。ほとんどの人は5歳ぐらいまでにかかっているとか言われているそうです。井戸水を飲んだとか、幼児期に口移しで食べ物を与えたとか、いろいろ原因があるようです。繰り返し胃に不快感があった時はもちろ...

  8. 日本にたった2人しかいない病気の人たちがお互いに知り合えた理由  - 難病もちの理学療法士&幸せと笑顔を運ぶ きっかけびと さあらのブログ

    日本にたった2人しかいない病気の人たちがお互いに知り合...

    それは2人のうち、1人がブログで同じような人がいないか、まだ知らぬ誰かのために情報発信し、もう1人は自分の他に同じような症状の人はいないか情報を検索していたから。 この驚くべき出会いを聞いて私は心から驚きとお二人の素晴らしい努力に震えた。お二人の病名は、膵島細胞症または高インスリン血症低血糖症関西と九州に住んでいる。通常この病気は先天性で子供の病気としては知られているが、大人では稀なものだそ...

  9. 「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その9 退院後1カ月 - メルと歩けば

    「86歳の母が胃の全摘手術をうけました」の記 ●その9...

    早いもので母が胃がん手術をして退院してから1ヵ月あまりが過ぎました。手術から退院までの19日間はあんなに長く感じたのに、この一ヵ月はあっという間。病院での母は、人の付き添いがないと歩くことができず、今にも転びそうにヨタヨタだったので、退院後のことはすごく心配でした。夜中に吐いて、それがのどに詰まったらどうしようとか、トイレに行こうとして転ぶんじゃないか、あるいは認知症がひどくなった父が夜中に...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ