自閉症のタグまとめ (20件)

自閉症のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには自閉症に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by わたしの好きな物

アニスが繋いでくれた縁があります。毎朝「あ~ちゃんいますか」と言ってピンポンを押してくれた小学生がいました。もう3年生になりますが。その時に出会った自閉症の女の子を。ぐずっていてもアニスに会うとニコニコ顔になり歩き始めてましたっけ。お母さんの紹介で障害のある生徒が1引っ越すまでの1年、習いにくることになったりもしました。お父さんがシンガーソングライターで子供達の事を通して自閉症の子供たちへの...

by すずちゃんはASD

今日は、すずがお世話になった公立保育園の卒園式です。思い出すと、ベテラン女優のようにいつでも泣けます。本当に思い出深い、良い卒園式でした。この日のために、紙芝居「すずちゃんののうみそ」を自費出版したのでした。紙芝居は1年経った今も、パラパラとお問い合わせをいただき、250部が完売に近づいています。近々、第4刷を刷ることになりました。本当にありがたいことです。発刊1年を記念して、今までにお寄せ...

by 大隅典子の仙台通信

今週発売された週刊ダイヤモンドに連載コラムが掲載されています。今回は現在、我々の研究室の中心テーマとして位置付けている研究に絡んだお話です。書店で、あるいはオンラインでお読み頂ければ嬉しい限りです。週刊ダイヤモンド「大人のための最先端理科」第110回「生命科学」:精子の老化は自閉症に関連? 父高齢化と次世代への影響

by Record de croissance

もうすく小学校で「なわとび大会」があるんです。Wikiによると自らあるいは他人の回す縄が地上付近を通過する際に飛び越していく遊びがなわとびだそうです。ふぅくん ちゃんと縄は回せます。足元に来た縄を飛び越えることもできます。しかしそれをタイミングよく同時にするのは至難の技wまずは定番片手に縄を持って縄を回す練習。そして片手で回しながらリズムよく跳ぶ練習。色々と様子を見ながら考えながら練習をして...

by Record de croissance

今日はSTでお世話になっているデイでお箸の練習をしていただきました。なかなか手づかみから抜け出せないふぅくん。スプーンもフォークも使えなくはないはずなんですが…。お箸も使いたがった時期があって使わせてみたことがあるんです。割と上手に使えたので安心していたのですがすぐに手づかみに戻ってしまって…。何かの話からそんな話になって早速お箸の練習をしてくださったんです。お皿からお皿に1cm角に切った消...

by クララの部屋

目薬を自分でさせない 21歳 りんたろう。 目薬!と思ったとたんに思った場所で突然 ばたん!!と仰向けに寝ます。 今日はバアバの膝に。。。 胃腸炎もよくなり元気になりました!・

by すずちゃんはASD

大岡信ことば館の「釜芸がやってきた!」&「ぼくたちわたしたちの、まいにちのおすそわけ」展を見に行ってきました。釜芸とは、日雇い労働者が集まる大阪市西成地区の釜ヶ崎に、NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)が立ち上げた「学びたい人が集まればそこが大学になる」という理念の市民大学「釜ケ崎芸術大学」のこと。「ぼくたちわたしたちの、まいにちのおすそわけ」展は、すずが療育保育園、放...

数日前に聞いたポッドキャストでは、胃腸の調子を整えると欝などの病気にかかりにくいことがわかってきている、という話を聞いたばかり。今日は、Fecal Transplants (糞便移植)の治療を行ったら、自閉症の子供の行動パターンが改善したというニュースをめにした。GI Treatment May Improve Behavior In Kids With Autismどちらの研究ともまだまだ...

公開制作を見てくださった方から感想いただきました。・ノートをパラパラめくりながら歩く。座布団に座りまたノートをパラパラめくる。次は何をやるんだろう。もしかするとカレンダーなんて書かないんじゃないかとドキドキワクワクと演劇を見ているような感覚でいたら、ナカガワエリの一言でカレンダーを書くことが始まった。カレンダーを書き始め、8月になると猛烈に何かをアピールしている。あーー!!!公開制作前に「8...

by こどもたちは、みんなの希望。

仮面ライダーウィザード。数代前の仮面ライダーですが我が家のこどもたちの大好きな仮面ライダーのひとつです。仮面ライダーウィザードは、指輪の魔法使い。魔宝石から作られる指輪の魔力を使って、人々の絶望からうまれるファントムと闘い希望に変えていきます。絶望が、希望に変わるのです。わかってはいても、人の考えというものは実に多様なものだと思わされる出来事がありました。以前からおじゃまさせていただいていた...

by こどもたちは、みんなの希望。

三兄弟のママです。二男が自閉症です。公立の中学校で、教師をしていました。結婚を機に引っ越して当該自治体を離れたために、退職しました。子育てにひと段落ついたら今の自治体で採用試験を受け直し、復職の心づもりでいましたが、家庭の状況がそれを許してくれず、いまはまだ子育て中心の生活を送っています。元教師としての目線から、学校や幼稚園、療育機関の連携、発達障がいをとりまく環境のことを思うままに綴ってい...

by 大隅典子の仙台通信

今年の芥川賞受賞作『コンビニ人間』をようやく読了。実に興味深い作品だった。作者の村田沙耶香氏自身が、長年にわたり週3日ほどのコンビニバイトを続けているという経験にもとづいているため、コンビニ内の描写が実にリアル。誰もが知っているコンビニの裏側を知るという意味でも面白かったが、なんといっても主人公である古倉恵子がきわめて個性的なのが気に入った。冒頭で子どもの頃の恵子のエピソードがいくつか披露さ...

by Record de croissance

昨年の夏から週一で通い始めたデイサービス。STの先生とマンツーマンで40分。すごいですね。先生との相性も良かったんでしょうけれど徹底したインリアルアプローチ。尊敬してます…先生!まず自分からの要求の発信をするようになりなんとか伝えようとする姿が見え始め12〜13回目にして先生のマネをして「おしまい」と言い時々ではありますが促すととは言うものの発語が見え隠れしだして8歳のお誕生日を迎えた途端急...

by Record de croissance

今日から新しく療育を受けに行きだしたふぅくん。場所を選ぶので初めての時に入れないところは通うのが難しいんです。中でも「断固拒否!」のところは絶対に通えません。で…こちらはと言うとすんなり入れたんですよ!第一関門100点満点で突破!滅多にないことですw今日のセッションは先生もふぅくんもお互いに様子見w1年間で20回の療育セッション。月に2回…果たしてどこまで伸びてくれるんでしょうか?

by Record de croissance

8歳になったふぅくんですが言葉がポツポツと出だしてきました。促さないと出ないのですが言語聴覚士の先生に「せんせいやってー」と。最初は「おんぶー」の「ぶ」や「やってー」の「てー」など語尾だけだったのですが何度か繰り返してるうちに「せんせいやってー」と言いました。感動!自発的ではないにしてもちゃんと要求を言葉で出来たのはスゴい成長です。春までになんとか「やって」や「ちょうだい」そして「イヤ」の定...

by すずちゃんはASD

藤沢市のピープルファクトリーさんのカフェ(2階)で12月22日まで開催中の「すずちゃんののうみそ原画展」。12日に、イラストレーターの葉苗さん、活版印刷・製本職人の杉山聡さんとともに、在廊しました。早く着いたので、1階のリサイクルショップでお買い物。ピープルのメンバーのみなさんがきれいに磨きあげ、補修した商品は、分類してきれいに棚に並べられていて、見ているだけでもわくわくします。地元の方にも...

by 大隅典子の仙台通信

米国大統領選番狂わせの影響で放映日がずれ込みましたが、昨晩、NHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」を視聴しました。エンドロールに自分の名前が載った初めての番組なので、少し思いを記しておきます。そもそものきっかけはブルーバックスさんから『脳からみた自閉症 「障害」と「個性」のあいだ』を刊行したことでした。ディレクターの方の目に留まり、取材を受けることになりました。前回の「君が僕の息子...

「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」の本が出版され、番組で東田直樹さんを見た時、自閉症というものがどのようなものかそして実はその自閉症の子がどんなことを想っていたのか。それを衝撃的なものとして見た人が多かったのではないだろうか。 自閉症の子にも大いなる可能性がある。そんな視点を見せられたように思う。 あれから時が経ち24歳となった東田さんのドキュメンタリーが放送された。http://www.nhk...

by from ayako

以前、「君が僕の息子について教えてくれたこと」というドキュメンタリー番組のナレーションをしました。その続編とも言える番組が制作され、NHKスペシャルで放送されます。生きづらさを感じる人たちと、どう向き合うのか。自閉症という枠だけにとどまらず、考えさせられる番組でした。ご覧ください。「自閉症の君が教えてくれたこと」2016年12月11日(日) 
午後9時00分~9時49分この番組は、2014年...

by すずちゃんはASD

大岡信ことば館で12月25日まで開催中の、谷川俊太郎展に行ってきました。1階の「自己紹介」の文章で、即感動。すーっと伝わってくる、飾り気のなさ、伝わりやすい体温を感じる平易なことば遣い。2階では、高さの違う筒にフタがしてあり、フタを取って筒に耳を当てると、谷川さんご本人の声の朗読が聞ける展示があり、早口で力強い朗読を楽しみました。翻訳や絵本の文章でもたくさんの名作がある谷川さんの原点やプロセ...

似ているタグ