舞妓勝奈のタグまとめ (28件)

舞妓勝奈のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには舞妓勝奈に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。
by ちょっとそこまで

 上七軒のビアガーデンは昭和30年代以来、今日まで途絶える事無くこの時期に開催されています。 芸舞妓さんたちのおもてなしがあり、今では夏の風物詩の一つとして定着しています。  笑顔が絶えない勝奈さんは、何時も人気者です。 お酌をしましても、決して呑んではいません(笑) 柔らかな明かりの歌舞練場でスナップ撮影です。 此方は勝奈さんのお姉さん芸妓 「 勝音 」 さんです。 勝奈さんと大の仲良し舞...

by ちょっとそこまで

 浴衣舞の最後はお約束の唄とともに掲載します。何時もの事ですが、唄と振付は不一致です。どうぞご了承下さいます様に。  夏はほたるの ともし灯に みじかき夜半を くよくよと 泣き明かしたる ほととぎす 仰げば顔に はらはらと あれ むらさめが袖うち振りて よいよい よいよい よいやさ さて、昨日から越中八尾では「 おわら風の盆 」が始まっています。私は今日から4日まで越中八尾の風に吹かれていま...

by ちょっとそこまで

 「夏は蛍」は流派毎に何度か掲載していますが、何れも裾引き。 浴衣舞は多分今回が初めて?  唄の振付とは不一致ですが、雰囲気をお伝えできれば幸いです。     浴衣舞の参へ続きます。 

by ちょっとそこまで

 浴衣姿の舞は、例えばゆかた会等で拝見できますが、撮影は禁止されていますので、雰囲気だけでもご覧頂けるように掲載しました。  唄は「夏は蛍」です。 浴衣姿にうちわで舞うと、夏の夜を感じます。 裾引きにはない軽妙さも・・・ 右足を上げていたとは、裾引きでは解りませんものね~ 浴衣舞の弐へ続きます。 

by ちょっとそこまで

 白塗りの時とは違う紅を注しています。  からげ姿の時は薄化粧です。 何時もの素顔の勝奈さんが 居ます・・・ 

by ちょっとそこまで

 桂春院の最後は清浄庭から華頭窓の勝奈さんを見ました。  撮影している時も、現像終えた今も不思議な気がします。 優しい横顔が 華頭窓に浮かんできます・・ それはまるで菩薩が微笑んでいる様にも・・・ 

by ちょっとそこまで

 ♪ 浴衣のきみは ススキの簪・・・ 勿論勝奈さんは吉田拓郎の「旅の宿」なんて、知る由もありません。 1972年の歌ですから(笑) 当時私は学生、青春時代の真っ只中でした。 夏の浴衣姿に8月の花簪「ススキ」を挿した姿を見ますと、ついこの歌を口ずさんでしまいます・・・  私事で恐縮ですが、8月は誕生月。 昨年は八朔の日に、裾引きで舞をプレゼントして頂きました。  今年は浴衣姿を楽しませて頂いて...

by ちょっとそこまで

 浴衣姿での舞は「ゆかた会」などで観ますが、 撮影は一切禁止されています。 そこで雰囲気だけでもご覧頂こうと・・・      

by ちょっとそこまで

 真如の庭への出入口を、つい額に見立ててしまいます(笑)  優しい風に運ばれてくる薫りに・・・  笑いを抑えようとし過ぎる時 あひる口になります(笑) 額縁舞妓です(笑) 

by ちょっとそこまで

 方丈から真如の庭を眺めています。     

by ちょっとそこまで

 楓の緑が 優しい風を運んでくれていました。     

by ちょっとそこまで

 今度は侘庭を背景にしてみました。  我々以外は訪ねる方も無く、庭師さんのお手入れの鋏の音が聞こえてくる、静かな時間の中です。   方丈へ続きます。 

by ちょっとそこまで

 妙心寺塔頭・桂春院の青もみじを訪ねました。  侘庭の碧にすっかり包まれた様です。     桂春院・侘庭-2へ続きます。 

by ちょっとそこまで

 何度目かの、 「君の瞳に乾杯!」  来年は成人式ですが、 その時は紅白のグラスで乾杯! 少し雰囲気を変えて撮影したら、其処には未だ少女がいました。お酒は未だ飲めないね~(笑) 時にはお茶目なところも! 19歳の勝奈さん、夏の参議院選挙へ投票してきました。 記念すべき清き一票です! 

by ちょっとそこまで

 祇園祭の喧騒を逃れて・・・  静かな宮川町へ。 提灯の灯を頼りに 撮影しています。 提灯の灯に浮かぶ 勝奈さんです。 此処は 静かな風が流れていました。 

by ちょっとそこまで

 今年も粽( 笹の葉で作られた 厄病・災難除けのお守り )を頂きに、菊水鉾へ訪ねました。粽は山鉾の由来により、厄除けの他色んなご利益があるそうです。 因みにこの菊水鉾は「不老長寿・商売繁盛」の御利益があります! 涼しい風が吹く祇園祭・宵々山の夕刻を駆け足見学しました!  舞妓勝奈さんは、今年のお正月からおふく髷を結っています。 お姉さん舞妓は祇園祭の期間中は「勝山」髷を結います。 昨年は割れ...

by ちょっとそこまで

 宇治の柴舟  早瀬を渡る  わたしゃ 君ゆへ  のぼり舟 さあ よいやさ  さあ よいやさ 花はいろいろ  五色に咲けど 主に見かえる  花はない さあ よいやさ  さあ よいやさ  何時もの事ですが、写真と唄とは一致していません事を、ご了承下さい。  (完) 

by ちょっとそこまで

 潮来出島の 真菰の中で  あやめ咲くとは  しほらしや さあ よいやさ さあ よいやさ 唄の歌詞は短かくて 三番までありますが、 振付は沢山あります(笑) 唄と振付は相も変わらず合いません。 舟のもやいをとって漕ぎ出し、水辺の菖蒲を眺めたりします。   潮来出島-四 へ続きます。 

by ちょっとそこまで

 宇治の柴舟  早瀬を渡る・・・かって流れが速い京都宇治川上流から 柴の薪を束ねて下流へ運んだところから、 私もあなたに逢うために 急ぎ船を漕いでいきます・・・  扇を舟の舳先に見立てています。     潮来出島-参 へ続きます。 

by ちょっとそこまで

 水辺に咲く菖蒲を眺めて、色とりどりに咲く花と比べても、あなたほどに心を惹かれる花はありません! 潮来出島は恋の唄です。  そんな、女心が 舞にも表れていますでしょうか・・・      潮来出島-弐へ 続きます。 

似ているタグ